愛知県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


愛知県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

愛知県内の銀行事情

愛知銀行

愛知銀行
住所愛知県名古屋市中区栄3-14-12
電話052-251-3211
URLhttp://www.aichibank.co.jp/
地図

名古屋銀行

名古屋銀行
住所愛知県名古屋市中区錦3-19-17
電話052-951-5911
URLhttps://www.meigin.com/
地図

中京銀行

中京銀行
住所愛知県名古屋市中区栄3-33-13
電話052-262-6111
URLhttps://www.chukyo-bank.co.jp/
地図

愛知県の銀行ファクタリングについて

愛知県の地方銀行におけるシェアは、名古屋銀行が3.1%(2013年 NTTデータ経営研究所調べ)、と上位を占めています。名古屋銀行は、愛知県名古屋市に本店を置く銀行です。名古屋銀行では「でんさいサービス」と「でんさいネット」いう一般のファクタリングに似たサービスを行っています。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


ここでは、愛知県を拠点とする金融機関が行っている資金調達方法について解説していきます。

愛知県の主要銀行について

名古屋銀行は、愛知県内に多数の支店を開設している第二地方銀行です。1949年(昭和24年)2月、無尽会社の共和殖産株式会社として愛知県岡崎市に創業。12月 には名古屋殖産無尽株式会社に商号を変更し、1951年(昭和26年)10月、 相互銀行に転換後、株式会社名古屋相互銀行に再び商号を変更しました。

そして、1989年(平成元年)2月、普通銀行に転換、株式会社名古屋銀行と現在の商号に変更したのです。企業スローガン「絆をつくる、明日へつなぐ」をモットーに、地元の人から愛される地方銀行を目指しています。

愛知県の銀行ファクタリング

愛知銀行のファクタリング的サービスは「でんさいサービス」と「でんさいネット」が挙げられます。この2種類の中で「でんさいサービス」は、よりファクタリングの要素が強くなっています。

「でんさいサービス」とは、手形決済に変わる新しい売掛債権の決済方法です。一括決済だけでなく入金や振込もでんさいサービスで一本化することが可能です。でんさいサービスでの取引は、次のようなフローで行われます。

  • 電子債権の発生
    名古屋銀行でんさいサービスを通じて、でんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行います。それにより、電子債権が発生します。
  • 電子債権の譲渡
    名古屋銀行でんさいサービスを通じて、でんさいネットの記録原簿に「譲渡記録」を行い、電子債権を譲渡します。必要に応じて、債権を分割して譲渡することも可能です。
  • 電子債権の支払
    支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、納入企業の口座へ払込みします。手形と異なり、納入企業は、支払期日当日から資金を利用することが可能です。

このように、名古屋銀行が顧客にかわって債権回収の手伝いをします。従来の手形決済と違い、印紙も不要で経費の削減が可能なため、納入企業と支払企業ともにメリットのあるシステムです。

まとめ:愛知県の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違い

愛知県における銀行ファクタリングで一般的なファクタリングの違いは、でんさいネットへの加入が必要という点です。一般的なファクタリングは、直接ファクタリング会社に売掛債権を譲渡するので、でんさいネットへの加入は必要ありません。銀行ファクタリングはでんさいと銀行を介するため、資金調達には時間がかかるのです。

緊急のつなぎ資金などが必要であれば、一般のファクタリングサービスを検討することをオススメします。

カテゴリー

目次