青森県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


青森県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

青森県内の銀行事情

青森県には、青森銀行みちのく銀行があります。

青森銀行

青森銀行
住所青森県青森市橋本一丁目9番30号
電話011-261-7111
URLhttps://www.a-bank.jp/
地図

みちのく銀行

みちのく銀行
住所青森県青森市勝田一丁目3番1号
電話011-261-1311
URLhttps://www.michinokubank.co.jp/
地図

青森県の銀行ファクタリングについて

青森県の銀行シェアは青森銀行が37.4%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、みちのく銀行が29.3%、ゆうちょ銀行が19.2%と地元銀行とゆうちょ銀行で実に85.9%を占めています。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


青森銀行では「ABL」、みちのく銀行では「債権流動化」など、一般のファクタリングに似たサービスを行なっていることをご存知ですか?ここでは青森県を拠点とする金融機関が行なっている資金調達方法について解説していきます。

青森県の主要銀行について

冒頭でも述べましたが、青森県の主要銀行は「青森県銀行」「みちのく銀行」の2社で県全体シェアの65%強を占めています。

青森銀行とみちのく銀行は、青森市内に本店を置く第二地方銀行で、青森県最大の金融機関としてシェアをほぼ二分しています。個人のみならず、法人格のメインバンク数としてもほぼ二分です。青森県の産業を支えている2大銀行と言えます。

青森銀行は「あおぎん」、みちのく銀行は「みち銀」と呼ばれており、どちらも青森県民に愛される地元密着型の地方銀行です。

青森県の銀行ファクタリング

青森銀行のファクタリング的サービスは“ABL(Asset-based Lending)”が挙げられます。このシステムは企業の事業に着目して、企業が保有する動産や売掛債権を担保にして資金調達方法です。不動産担保や個人の信用情報に依存しない融資を促進して企業の資金調達をアシストしています。

みちのく銀行のファクタリング的サービスは“ABL”と“債権流動化”が挙げられます。債権流動化とは、売掛債権や手形債権などの金銭債権を、SPCと呼ばれる特別目的会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。一般のファクタリングと異なるのは、申し込み企業が審査を受ける点です。

どちらも、一般のファクタリング同様、売掛債権を資金化する意味では共通しています。ただし、両方とも資金調達サービスを受ける為には、申し込み企業の審査が必要です。一般のファクタリングサービスとは、その点が大きく異なります。

まとめ:青森県の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違い

青森県における銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違いは、「審査がある」という点です。一般的なファクタリングでは基本的に売掛先の企業が審査対象になっている為、申し込み企業が例え赤字経営、赤字決算であっても、資金調達が可能な場合があります。

銀行ファクタリングは、審査がある為自社の決算状況などに応じてサービスを受けられない場合もある為、注意が必要だということを覚えておきましょう。

カテゴリー

目次