愛媛県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


愛媛県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

愛媛県内の銀行事情

伊予銀行

伊予銀行
住所 愛媛県松山市南堀端町1
電話 089-941-1141
URL https://www.iyobank.co.jp/
地図

愛媛銀行

愛媛銀行
住所 愛媛県松山市勝山町2-1
電話 089-933-1111
URL https://www.himegin.co.jp/
地図
\ 事業者におススメ!/


愛媛の銀行ファクタリング事情

愛媛県の銀行シェアは伊予銀行が55.3%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、ゆうちょ銀行が18.2%、愛媛銀行が12.4%となります。半分以上のシェアを伊予銀行が確保していますが、第二地方銀行の愛媛銀行も1割以上のシェアを持っています。

愛媛銀行では債権流動化に関連するサービスにより、資金調達を楽にする方法を用意しています。銀行が提供する債権流動化を使っておけば、今まで時間のかかっていた資金調達も早くなるでしょう。

愛媛県内の主要銀行について

愛媛県内では伊予銀行が主要銀行として利用されており、シェアの半分以上を確保しています。愛媛県内最大の金融機関として利用される伊予銀行は、愛媛県だけでなく四国でも多くの場所に支店を置くほどの経営を実施しています。

伊予銀行は慎重な審査をする銀行として知られ、安易な融資は考えません。特に不動産に関連する投資には慎重な姿勢を見せており、過去の穴吹工務店が起こした経営破綻でも取り立てできない債務等がなく、被害を抑えることに成功しています。

愛媛銀行は地域密着型サービスを実現している銀行で、愛媛県内に多くの支店を置いています。預金額が多い第二地方銀行の1つであり、信頼して預金してもらえるためのキャンペーンや信頼性確保を実現しています。

愛媛の銀行ファクタリングはあるのか

愛媛銀行には債権流動化が存在します。売掛債権を中心に流動化による資金調達を可能にしています。売掛債権を持っていて資金調達を希望している場合は、愛媛銀行に相談するとファクタリングに近いサービスが受けられるかもしれません。

伊予銀行はABLは検討していますが、ファクタリングに関連するサービスは展開していません。ファクタリングを希望している場合は愛媛銀行に相談するか、伊予銀行にABLに関連する相談をするといいでしょう。

まとめ:愛媛の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

愛媛銀行が提供している債権流動化は、ファクタリングに近いサービスです。ファクタリングとの違いは銀行から審査が入るという部分です。審査によって経営状況に問題がないか、本当に債権を流動化させても大丈夫か判断されるのです。審査を受けるために経営状況が悪いとサービスを使えません。

一般企業が展開しているファクタリングの場合、審査は実施せず売掛債権の信用性が確認されるだけです。売掛債権の信用性を確保できれば、経営状況がかなり悪化している場合でもファクタリングが可能で、経営に問題を抱えているなら一般的なファクタリングがおすすめです。

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次