北海道の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


北海道の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

北海道内の銀行事情

北海道には、北海道銀行と北洋銀行があります。

北海道銀行と北洋銀行には、ファクタリングに似たサービスである債権流動化があります。債権流動化はファクタリングと仕組みが似ていますが、異なる点としては、さらにもう1社が関わってくる点です。また銀行系の資金調達方法であるため、審査がどうしても厳しくなってしまいます。

北海道銀行

北海道銀行
住所北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地
電話011-261-7111
URLhttps://www.hokkaidobank.co.jp/
地図

北洋銀行

北洋銀行
住所北海道札幌市中央区大通西3丁目7番地
電話011-261-1311
URLhttps://www.hokuyobank.co.jp/
地図

北海道の銀行ファクタリングについて

北海道の銀行シェアは北洋銀行が31.7%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、ゆうちょ銀行が27.0%、北海道銀行が19.5%と、地域密着型の地元銀行とゆうちょ銀行で締められています。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


北洋銀行では北洋一括ファクタリングシステム、北海道銀行では売掛債権保証サービス・アシスト!など、一般のファクタリングに似たサービスを行なっていることをご存知ですか?ここでは北海道を拠点とする金融機関が行なっている資金調達方法について解説していきます。

北海道の主要銀行について

冒頭でも述べましたが、北海道の主要銀行は「北洋銀行」「北海道銀行」でシェアの50%を占めています。

北洋銀行は札幌市に本店を置く第二地方銀行で、北海道最大の金融機関として定着しています。また全国の銀行を対象にした帝国データバンクの調査では、メガバンク三行、りそな銀行に次ぐ第5位の24911社(2016年12月時点)との取引がある地方銀行の中でもかなり規模が大きい銀行です。

北海道銀行は北洋銀行に比べるとシェア率は低いですが、富山県富山市のほくほくフィナンシャルグループと経営統合を行ない、拓銀破綻の影響で不調だった事業の建て直しを図りました。

どちらも北海道民に愛される地元密着型の地方銀行です。

北海道の銀行ファクタリング

北洋銀行のファクタリング的サービスは北洋一括ファクタリングシステムが挙げられます。このシステムは従来の支払手形振り出しに代えて、支払企業の買掛債権決済事務を北洋銀行で代行するというサービスです。下請企業や仕入先の資金調達支援につなげるサービスです。

北海道銀行のファクタリング的サービスは売上債権保証サービス「アシスト!」が挙げられます。他にもABLや債権流動化なども行なっています。

この売上債権保証サービス「アシスト!」では、企業が保有する国内外の売上債権(売掛金・受取手形・電子債権)について、保証会社が販売先1社ごとにあらかじめ保証限度額を定め、その範囲内で売上債権の決済を保証するサービスです。

どちらも一般のファクタリング同様、売掛債権を資金化する、もしくは保証するという意味では共通していますね。ただし両方ともサービスを受けるためには申し込み企業の審査が必要となります。そのあたりが一般のファクタリングサービスとは異なります。

まとめ:北海道の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違い

北海道における銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違いは、共通している部分では「審査がある」という点です。一般的なファクタリングでは基本的に売掛先の企業が審査対象になっている為、申し込み企業が、例え赤字経営であっても、資金調達が可能な場合があります。

銀行ファクタリングは、審査がある為自社の決算状況などに応じてサービスを受けられない場合もある為、注意が必要です。

参照 北海道でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

 

カテゴリー

目次