茨城県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


茨城県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

茨城県内の銀行事情

常陽銀行

常陽銀行
住所茨城県水戸市南町2-5-5
電話029-231-2151
URLhttp://www.joyobank.co.jp/
地図

筑波銀行

筑波銀行
住所茨城県土浦市中央2-11-7
電話029-821-8111
URLhttps://www.tsukubabank.co.jp/
地図

茨城県の銀行ファクタリングについて

茨城県の銀行シェアは常陽銀行が47.7%(2017年 帝国データバンク調べ)、筑波銀行が18.8%、茨城県信組が10.76%という割合です。北関東三県に本店を置く銀行のうち、預金・貸出金残高は、都道府県シェアにおいてトップの規模を誇る銀行です。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


常陽銀行では「でんさい」「債権流動化」という、一般のファクタリングに似たサービスを行なっていることをご存知ですか?ここでは、宮城県を拠点とする金融機関が行なっている資金調達方法について解説していきます。

茨城県の主要銀行について

冒頭でも述べましたが、茨城県の主要銀行は「常陽銀行」で県全体シェアの47.7%を占めています。常陽銀行は、旧東京川崎財閥系列で、その経緯から三菱UFJ銀行とは現在も親密な関係と築いています。2008年には100%出資証券子会社を設立しています。

常陽銀行は、日本初の「教育ローン」を導入した銀行としてもその名が知られています。

茨城県の銀行ファクタリング

常陽銀行のファクタリング的サービスは”電子記録債権「でんさい」”と“債権流動化”が挙げられます。ただし債権流動化については常陽銀行のホームページ上で、取り扱いについて表示していません。窓口にての相談のみの対応となっています。

電子記録債権「でんさい」とは、売掛債権を資金化する一般のファクタリングと異なり、手形債権や売掛債権などが抱える問題(回収不能など)を克服する事で、事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的としたサービスです。

電子化する事で、実績ある全国の銀行間ネットワークを活用が可能となり、安心で信頼できる決済サービスが提供できます。

  • 紙媒体をなくすことで安心・安全対策になる
  • 分割して譲渡や割引ができる
  • 期日になると自動入金債権を有効に活用できる

「でんさい」を受けるのは資金調達というよりも、債権の資金化に伴う様々な手続きを、電子媒体を活用することで確実に取り込み、資金調達の円滑化を図る為の対策を考えるべきでしょう。

まとめ:茨城県の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違い

茨城県における銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違いは、「でんさい」は、全銀電子債権ネットワーク「でんさいネット」に加入するという条件があります。

でんさいを利用するためには、でんさいネットに加入した取引のある金融機関を手続きをする必要です。その際には利用審査もあります。また手形同様、年2回の不払いを出せば、2年間の取引停止処分が下されます。

資金調達という点では、ビジネスローンなどがありますが、一過性の資金調達であり、長期のビジョンが立てにくい中小企業にとっては、リスクが大きいのも現状です。

つなぎ資金などが必要なのであれば、一般のファクタリングサービスを検討することをオススメします。

カテゴリー

目次