熊本県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


熊本県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

熊本県内の銀行事情

肥後銀行

肥後銀行
住所熊本県熊本市中央区練兵町1
電話096-325-2111
URLhttp://www.higobank.co.jp/
地図

熊本銀行

熊本銀行
住所熊本県熊本市中央区水前寺6-29-20
電話096-385-1111
URLhttps://www.kumamotobank.co.jp/
地図

熊本での銀行ファクタリング事情

熊本県の銀行シェアは肥後銀行が48.8%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、ゆうちょ銀行が23.6%、熊本銀行が11.7%となります。肥後銀行が半分近くのシェアを獲得している熊本県ですが、熊本銀行も一定のシェアを獲得しています。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


熊本県の銀行では、どのようなファクタリングサービスを実施しているのでしょうか。現時点で利用されているファクタリング関連のサービスについて説明しましょう。

熊本県内の主要銀行について

熊本県内の主要銀行は肥後銀行であり、半分近いシェアを確保しています。県民の多くに利用されているだけでなく、多くの企業にも利用されています。他にも熊本銀行が一定のシェアを獲得しており、2つの銀行で熊本県内の60%近くのシェアを獲得しています。

肥後銀行は熊本県内では長い歴史を持つ銀行です。現在は鹿児島銀行と経営統合を検討していますが、銀行としての規模はかなり大きく、鹿児島銀行と統合されると九州ではトップクラスの銀行となります。熊本地震を支援するためのファンドを設立するなど、地震からの復興にも力を入れています。

熊本銀行は以前熊本ファミリー銀行という名称で呼ばれていましたが、シンプルな名称とするために改名しました。第2地方銀行として県内で1割以上のシェアを確保するなど、熊本では重要な銀行の1つです。

熊本の銀行ファクタリングはあるのか

熊本銀行では債権流動化のサービスを提供しています。持っている手形債権や売掛債権をファクタリングと同じように現金化するサービスで、資金調達を楽にさせてくれます。売掛債権や手形債権の流動化は、指定された範囲の中で現金化が実現できます。

一方で肥後銀行には債権流動化に関連するサービスが実施されておらず、ABL程度の利用にとどまっています。ABLを利用するなら肥後銀行に相談してもいいでしょう。

まとめ:熊本の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

銀行が提供しているファクタリングと一般的なファクタリングには、審査という部分で違いがあります。銀行のABLでも同様ですが、審査を受けないと利用できない場合が多く、審査を通過できるほどの信頼性が企業に求められているのです。

一方で一般的なファクタリングというのは、売掛債権の安定性という部分が重要視されます。経営状況という部分は基本的に判断されず、売掛債権に問題がなければファクタリングのサービスが可能です。つまり経営状況が悪くても使える一般的なファクタリングは、経営状況に関わらず使える便利なサービスと言えるでしょう。

カテゴリー

目次