宮崎県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


宮崎県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

宮崎県内の銀行事情

宮崎銀行

宮崎銀行
住所 宮崎県宮崎市橘通東4-3-5
電話 0985-27-3131
URL http://www.miyagin.co.jp/
地図

宮崎太陽銀行

宮崎太陽銀行
住所 宮崎県宮崎市広島2-1-31
電話 0985-24-2111
URL https://www.taiyobank.co.jp/
地図
\ 事業者におススメ!/


宮崎県の銀行ファクタリング事情

宮崎県の銀行シェアは宮崎銀行が52.3%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、ゆうちょ銀行が20.4%、宮崎太陽銀行が9.1%です。宮崎銀行が県内の半分以上でシェアを獲得しており、宮崎県内の主要銀行として利用されています。

宮崎県内の銀行ではどのようなファクタリングサービスが用意されているのでしょうか。そしてファクタリングサービスを利用するとどのような効果が期待できるのか、ここでは宮崎県内のファクタリングサービスについて説明します。

宮崎県内の主要銀行について

宮崎県内の銀行は宮崎銀行が52.3%とかなり大きなシェアを誇っています。次に地方銀行で大きなシェアを確保している宮崎太陽銀行が9.1%というシェアにとどまっているのは、それだけ宮崎銀行がかなり大きな銀行という証明なのです。

宮崎銀行は宮崎市に本店を置く地方銀行です。宮崎県内だけでなく、九州地方で多くの支店を展開しています。また、雑居ビルなどの2階を利用した空中店舗も存在しており、色々な場所で銀行のサービスが使えるようにしています。

2つ目の地方銀行として使われている宮崎太陽銀行は、第2地方銀行として展開しています。こちらも県外に支店がいくつかあります。ATMの提携が多くなっている銀行でもあり、九州地方の銀行と提携してATMで借りやすいサービスも提供しています。

宮崎の銀行ファクタリングについて

宮崎銀行は債権流動化のサービスを提供しています。主に手形債権を現金化する方法で資金調達を実施します。手形債権以外にも売掛債権に対応していますので、ファクタリングに近い効果が期待できます。

宮崎太陽銀行では債権流動化やファクタリングに関連するサービスは実施されていませんが、宮崎銀行に相談すればファクタリングと同様の資金調達が期待できます。ただ、資金調達のためには審査を受ける必要があり、普通のファクタリングと違い厳しい判断を受ける場合があります。

まとめ:宮崎の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

宮崎には銀行のファクタリングはABL程度しか存在しないため、銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違いは感じづらいかもしれません。ただ、銀行ファクタリングの場合は審査が必要となりますので、審査次第では資金調達ができない可能性もあります。

一方で民間の会社が提供しているファクタリングの場合、経営状況などに関わらず、売掛債権の安定性さえ確保できれば融資を受けられるメリットがあり、審査をほとんど受けずに資金調達が可能です。

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次