長崎県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


長崎県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

長崎県内の銀行事情

十八銀行

十八銀行
住所長崎県長崎市銅座町1-11
電話095-824-1818
URLhttps://www.18bank.co.jp/
地図

親和銀行

親和銀行
住所長崎県佐世保市島瀬町10-12
電話0956-24-5111
URLhttps://www.shinwabank.co.jp/
地図

長崎銀行

親和銀行
住所長崎県長崎市栄町3-14
電話095-825-4151
URLhttps://www.nagasakibank.co.jp/
地図

長崎県内で銀行ファクタリング

長崎県の銀行シェアは十八銀行が35.9%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、親和銀行が28.8%、ゆうちょ銀行が21.7%です。十八銀行と親和銀行がシェアを分け合っている長崎県では、銀行が提供するサービスや地域密着型のサービスが注目されています。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


長崎県内ではどのような銀行ファクタリングサービスが実施されているのか、しっかり理解しておくと資金調達がかなり便利になります。ファクタリングについて理解し、実際に利用を検討してみましょう。

長崎県内の主要銀行について

長崎県内では十八銀行と親和銀行の2つがシェアを分け合うような形で、この2つの銀行が全体の60%以上を占めるシェアを確保しています。残りの20%以上はゆうちょ銀行がシェアを確保しており、90%近くを3つの銀行で占めています。

十八銀行は長崎県の南側を中心に展開する銀行です。以前から親和銀行との激しいシェア獲得争いが展開されていましたが、近年はより安定した経営のために親和銀行との統合を模索しており、現在は話し合いを続けているところです。

親和銀行は長崎県の北側を中心に展開していた銀行で、こちらも長崎県では大きなシェアを持っています。先に安定したグループに入り、資金面での地盤を強固なものにした銀行です。現在は十八銀行と統合に向けた話し合いが続いています。

統合されれば長崎県内では60%以上のシェアを誇る銀行が誕生しますが、話し合いは平行線で全く進んでいないのも現状です。

長崎の銀行ファクタリングはあるのか

親和銀行では売掛債権流動化と呼ばれるサービスが用意されています。ファクタリングと同じように、売掛債権や手形債権を現金化して、資金調達を早める方法です。名称こそ違いますが、イメージとしてはファクタリングと同じことが実施されていると考えてください。

十八銀行はABLや債権流動化を実施していますが、大々的に実施しているわけではなく、小規模な利用にとどまっています。

まとめ:長崎の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

長崎には親和銀行が提供する売掛債権流動化と呼ばれる方法で資金調達が早まります。この方法は審査が必要であり、利用するためには審査を通過する必要があります。審査を通過するという部分は、一般的なファクタリングにはない部分と言えるでしょう。

一般的なファクタリングには審査がなく、売掛債権の確認を取るだけで資金調達が実施されます。資金調達をかなり早められる可能性があり、一般的なファクタリングの方が短時間での調達には向いているかもしれません。

カテゴリー

目次