沖縄県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


沖縄県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

沖縄県内の銀行事情

琉球銀行

琉球銀行
住所 沖縄県那覇市久茂地1-11-1
電話 098-866-1212
URL https://www.ryugin.co.jp/
地図

沖縄銀行

沖縄銀行
住所 沖縄県那覇市久茂地3-10-1
電話 098-867-2141
URL https://www.okinawa-bank.co.jp/
地図

沖縄海邦銀行

沖縄海邦銀行
住所 沖縄県那覇市久茂地2-9-12
電話 098-867-2111
URL https://www.kaiho-bank.co.jp/
地図
\ 事業者におススメ!/


沖縄の銀行ファクタリングは存在する?使えるサービスを紹介

沖縄県の銀行シェアは琉球銀行が34.5%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、次いでゆうちょ銀行が26.3%、沖縄銀行が24.9%となります。琉球銀行と沖縄銀行の2つは沖縄県内の銀行シェアで60%近くを占めており、地方銀行が地域密着型のサービスを提供しています。

沖縄県内の銀行にもファクタリングに関連するサービスが用意されています。実際に使っていくと、資金繰りの安定や資金調達が楽にできるなどのメリットを得られるでしょう。ここでは沖縄県の銀行ファクタリングについて説明します。

沖縄県内の主要銀行について

沖縄県は主要銀行として琉球銀行と沖縄銀行の2つが占めており、60%近くのシェアを獲得しています。

琉球銀行は沖縄県那覇市に本店を置く地方銀行で、沖縄県内では主要銀行として定着しています。多くの年代に支持されており、高い利用率を誇っている銀行です。

一方で沖縄銀行も那覇市に本店を置く地方銀行です。琉球銀行よりもシェアは高くありませんが、北海道銀行と提携しているなど、多方面での提携を実現している銀行です。

どちらもアメリカが統治していた時期に誕生した銀行ですが、現在でも長く愛されてると同時に高い信頼性を持っています。

沖縄の銀行ファクタリングはあるのか

沖縄県の主要銀行である琉球銀行と沖縄銀行にはファクタリングに関連するサービスがほぼありません。沖縄銀行はABLを実施することはあるものの、ファクタリングというサービスは実施していないのです。

一見すると沖縄県では銀行ファクタリングが利用できないように思われますが、地方銀行である沖縄海邦銀行が「オーナーABL」というサービスを提供しています。

このオーナーABLというサービスは、銀行ファクタリングとは少し異なりますが、売掛債権を融資に使えるというメリットを持っています。一般的なABLよりも融資額が多く、最大で2億円まで資金調達ができる良さを持っています。

なお、鹿児島銀行で一括ファクタリングサービスが実施されています。隣県の銀行を検討しているなら鹿児島銀行に相談するといいでしょう。

まとめ:沖縄の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違いあり?

沖縄の銀行ファクタリングは少ないものの、一般的なファクタリングと同様に売掛債権を確認されるという共通点があります。銀行としてもファクタリングに利用する売掛債権はかなり気を付けている部分ですので、しっかりと信頼できる債権を提示しておきましょう。

一般的なファクタリングでは赤字経営でも融資を受けられる反面、銀行系のファクタリングは決算状況によって審査に落とされる場合もあるので注意してください。

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次