佐賀県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


佐賀県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

佐賀県内の銀行事情

佐賀銀行

佐賀銀行
住所佐賀県佐賀市唐人2-7-20
電話0952-24-5111
URLhttps://www.sagabank.co.jp/
地図

佐賀共栄銀行

佐賀共栄銀行
住所佐賀県佐賀市松原4-2-12
電話0952-26-2161
URLhttps://www.kyogin.co.jp/
地図

佐賀で銀行ファクタリング事情

佐賀県の銀行シェアは佐賀銀行が44.6%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、ゆうちょ銀行が23.0%、福岡銀行が7.4%となります。佐賀銀行がシェアの中心ではありますが、隣県である福岡県内の銀行もシェアを獲得しており、様々な銀行が選択できる地域です。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


隣県にある福岡銀行を利用すると、手形債権の流動化によって資金調達が早まる可能性があります。ファクタリングに近い方法を採用している銀行の資金調達によって、より早く資金を得られる可能性があるかもしれません。

佐賀県内の主要銀行について

佐賀県内は佐賀銀行が44.6%という高いシェア率を確保しており、佐賀銀行が中心となって銀行サービスが利用されていると言っていいでしょう。2つ目にシェアを獲得しているゆうちょ銀行は全国規模で、3つ目の福岡銀行は隣県の福岡県内を中心とする銀行です。

佐賀銀行は古くから佐賀県内を中心に展開されている銀行で、現在は九州地方の銀行と連携しています。昔からキャラクターのノベルティを採用するなど、子供にも親しみやすい銀行としてサービスを提供しています。

福岡銀行は福岡県を中心としていますが、隣県の佐賀県でも利用する人が多いために支店を置いています。支店が多く置かれている結果、シェアでも7%を超える数字を確保しているのです。

佐賀の銀行ファクタリングはあるのか

佐賀銀行には銀行ファクタリングに関連するサービスが用意されていないものの、福岡銀行にある手形債権流動化サービスを利用するとファクタリングと同じ状況を作れます。

手形債権流動化というのは、売掛債権を売却して現金化する手法で、ファクタリングと全く同じ方法で資金調達を実施する手法です。資金調達にかかる時間がかなり短くなる他、融資と違い審査基準が変わり、審査を通過しやすい会社が出てくるメリットもあります。

ただ、一般的なファクタリングと違い、審査を受けなければなりません。審査の分だけどうしてもファクタリングの難易度は高いといえるでしょう。

まとめ:佐賀の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

福岡銀行の手形債権流動化を利用すると、一般的なファクタリングと同じように資金調達ができます。短時間での資金調達が期待できるメリットもありますが、実際に手形債権流動化をするには審査を受ける必要があります。

審査を基本的に実施しない一般的なファクタリングと違い、銀行のファクタリングは審査で会社の状況を確認しています。会社の経営状況に問題があると、ファクタリングサービスが受けられない可能性があるので注意しましょう。

カテゴリー

目次