栃木県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


栃木県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法

栃木県内の銀行事情

栃木銀行

栃木銀行
住所栃木県宇都宮市西2-1-18
電話028-633-1241
URLhttps://www.tochigibank.co.jp/
地図

足利銀行

足利銀行
住所栃木県宇都宮市桜4-1-25
電話028-622-0111
URLhttp://www.ashikagabank.co.jp/
地図

栃木県の銀行ファクタリングについて

栃木県の銀行シェアは足利銀行が47.4%(2019年 帝国データバンク調べ)、栃木銀行が24.1%、群馬銀行が4%という割合です。足利銀行は、めぶきフィナンシャルグループ傘下の栃木県宇都宮市に本店を置く地方銀行です。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


足利銀行では「でんさい」「F-NET代金回収サービス」という、一般のファクタリングに似たサービスを行なっていることをご存知ですか?ここでは、栃木県を拠点とする金融機関が行なっている資金調達方法について解説していきます。

栃木県の主要銀行について

栃木県の主要銀行は「足利銀行」で県全体シェアの47.7%を占めています。2016年、足利銀行の親会社である足利ホールディングス(現:めぶきフィナンシャルグループ)が、常陽銀行と株式交換した事により、銀行持株会社傘下で同行と経営統合されました。

足利銀行は、地元では「あしぎん」の愛称で親しまれ「ありがとうを力に変えて」をスローガンとしています。

栃木県の銀行ファクタリング

足利銀行のファクタリング的サービスは”電子記録債権「でんさい」”と“F-NET代金回収サービス”が挙げられます。ですが、一般的なファクタリングの要素が強いのは「でんさい」です。

電子記録債権「でんさい」とは、平成20年12月施行された制度です。手形債権や売掛債権における課題をクリアする方法をして、電子記録化し事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的として施工された新たなサービスです。

電子記録を導入する事で、以下のメリットが期待されます。

  • 紙媒体をなくすことで業務の軽減、セキュリティー強化に繋がる
  • 分割して譲渡や割引ができ債権を有効に使える
  • 期日当日から資金として活用できる

「でんさい」は、資金調達というよりも債権の資金化に伴う様々な手続きに対し、電子媒体を用いる事で、より確実に資金調達の円滑化を図る為の対策をしてのサービスといえるでしょう。

まとめ:栃木県の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違い

栃木県における銀行ファクタリングで一般的なファクタリング違いは「でんさい」を利用する際、全銀電子債権ネットワーク「でんさいネット」に加入しなければなりません。

また、でんさいを利用するためにはいくつかの制約があります。

  • でんさいネットに加入した取引のある金融機関を手続きが必要
  • 利用審査が必須
  • 手形と同じ年2回の不払いで2年間の取引停止処分

資金調達という点では、ビジネスローンなどがありますが、あくまで借入なので返済義務が発生します。経済状態に左右されやすい中小企業にとってはリスクも視野にいれなければなりません。

つなぎ資金などが必要なのであれば、一般のファクタリングサービスを検討することをオススメします。

カテゴリー

目次