ファクタリングは資金調達に有効な手段 事業者におススメしたい資金ショート解消への近道


ファクタリングは資金調達に有効な手段 事業者におススメしたい資金ショート解消への近道

ファクタリングは資金ショートを解決するための効果的な方法です。

とくに銀行などの金融機関からの融資が抱えるデメリットが解決できる資金調達方法として利用者が増えています。

世界規模で見ると有力な金融施策として知名度のあるファクタリングですが、日本においてはあまり認知度が高くないのが現状です。

そこでこのサイトでは「なるべく簡単にファクタリングの仕組みを紹介」したいと思います。

前提として伝えたいことはファクタリングという仕組みは非常に理にかなった有効な資金調達方法であるということです。

ファクタリングという言葉は聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は仕組み自体は非常に単純であり、非常に古くから存在する金融施策です。恐らく日常生活の中でも同じような仕組みを体験したことのある人もいるのではないでしょうか。そしてこの仕組みを知っているかどうかで、資金ショートを防ぐことができ安定的な経営を続けられる可能性が出てくるのです。

\ 選ぶならこの5社 /

 

厳選!ファクタリング会社

えんナビ対象契約形態スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
anew対象契約形態スピード
anew

法人

2社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
三共サービス対象契約形態スピード
三共サービス

法人

2社間
3社間

最短翌日

2001年創業の老舗で確かな実績。手数料は業界最低水準。
ウィット対象契約形態スピード
ウィット

法人・個人事業

2社間
3社間

最短即日

完全非対面。電話一本で資金調達可能。
ビートレーディング対象契約形態スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

まずファクタリングとはどのような仕組みなのかを紹介したいと思います。図解といっていますが対話文形式です。その方が分かりやすいかと思います。

難しそうに感じる方もいるのですが、理屈はとても単純です。「あなたの持っている売掛債権をファクタリング業者に売ること」をファクタリングと言うのです。

もっとわかりやすくいうと「あなたの持ち物を売って現金化すること」です。

これを前提として以下の対話文をご覧ください。

 

取引先に商品を提供した事業者

取引先へ商品を提供した。再来月には100万円が入金される予定なんだ。しかし今月資金が足らない。このままでは今月資金ショートしてしまう・・・。銀行から融資を受けたいが時間がかかってしまう・・・。困った・・・。

ファクタリングの利用をおススメファクタリング会社

ではファクタリングを利用してみてはいかがですか?

ファクタリングを知らない事業者事業者

ファクタリング?

売り上げを受け取る権利を持っているファクタリング会社

はい。取引先へ商品を提供し、入金待ちとのこと。取引先への売掛債権、つまり提供した商品代金を受け取る権利はあるわけですよね。問題点として、商品代金が今すぐに入金されなければ事業資金がショートしてしまう可能性があると。

現金が今必要事業者

その通りなんだ・・・。今、現金が必要なんだ・・・。

売掛債権は売却することができますファクタリング会社

ではその売掛債権を弊社で買い取らせていただきます。
売掛債権は100万円ということですので、手数料を差し引いた90万円で弊社が購入させてもらうことができます。

売掛金を売却することができることを知らなかった事業者

そんな方法があるとは!
しかし取引先にファクタリングを利用したことが分かってしまうのではないか?それでは今後の取引に大きく影響してしまうのだが・・・。

売掛先にファクタリングを利用したことを知らせることはない(2社間契約であれば)ファクタリング会社

ご安心ください。売掛先、つまり取引先様へこちらから通知をすることはありません。

資金ショートをファクタリングで防ぐことが可能となった事業者

ありがとう。これで資金ショートを防ぐことができる!

再来月まで待つことができれば、取引先への売掛債権があるため100万円全額を受け取ることができました。しかし今月資金ショートしてしまう可能性がありました。銀行から融資を受けようにも、審査に時間がかかり今すぐ資金調達できません。

しかしファクタリングを利用することで、将来的に入ってくる売掛金をすぐに手にすることができます。これによりすぐに資金ショートを回避することができました。

これにより経営を立て直すことができ、さらには銀行融資を受けるまでの時間を稼ぐこともできました。

 

ファクタリングでの資金調達は借金になるのか心配事業者

ちなみにファクタリングとは借金になるのか?

ファクタリングは借金ではない資金調達方法ファクタリング会社

なりません。ファクタリング会社はお金を貸しているわけではありません。あくまでも事業者の持ち物を買い取っているだけです。借金とならないため信用情報に影響することもありませんし、貸借対照表に借金の記載が入ることもありません。

 

ファクタリングで資金調達しても借金とはなりません。そもそも事業者の持っている持ち物を売って現金を調達しているわけであり、お金を借りているわけではないためです。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

事業資金調達方法として非常に優れている

事業資金調達方法として非常に優れている

事業資金がショートしてしまう、つまり事業資金が足りなくなってしまうといったという経験を持つ事業者の方は少なくないことでしょう。

売掛金は数ヶ月後に入ってくる予定だが、今必要。事業者

資金が不足しているのは今なんだ!来月、再来月に入ってくるかもしれないが「今」必要なんだ!

このような問題を解決してくれる金融施策の方法として「ファクタリング」があります。あまり知られていないファクタリングですが、事業資金を調達する方法として、多くの面で優れているのです。

金融機関の融資に頼った資金調達が一般的だが・・・

資金ショートしてしまったとき、何とかしてお金を工面しようと考えるものです。銀行などの金融機関から融資を受けたり、知り合いからお金を借りたり。

ただし資金調達の多くは「借金になってしまう」という事実があります。そのため定期的に返済を行い、さらに利子も支払って行くこととなります。借りた金額にもよりますが、返済し続けることは大きなストレスとなってしまいます。何よりも貸借対照表(バランスシート)に借金の記録が残ることになります。これは将来的に金融機関等から融資を受ける際にマイナスに働くことがあります。

Point

ファクタリングは借金ではありません。そのため返済という概念もありません。毎月返済をする必要がないのです。

金融機関から融資を受けられるのであれば、まだ良い方かもしれません。中には金融機関から融資を受けようと思っても断られてしまうケースも少なくありません。

金融機関は金利商売です。お金を貸し、貸したお金プラス利子をもらうことで利益を出しています。そのため貸したお金が回収できなければマイナスとなってしまいます。

これにより、回収できると思った相手にだけお金を貸し出します。それを見極めるために金融機関は審査を行います。

金融機関の審査のポイント 例

  • 定期的に一定額を支払う能力はあるのか
  • 今まで返済が滞った借金はないのか
  • 信用情報が傷ついていないのか
  • 万が一返済できなくなった時、返済金に充てられる担保はあるのか
  • 万が一返済できなかった時に代わりに返済してくれる保証人はいるのか

相手のことを細かく調べ上げるため、審査にはかなりの時間を有します。この「時間がかかること」が金融機関から資金調達する際の弱点となります。

ファクタリングの審査は金融機関の審査よりも断然緩い

ファクタリングの審査が厳しいのかが気になる事業者

ファクタリングで資金調達をしようと思っているんだが、審査が厳しいんではないか?以前銀行に融資を頼んだらNGを出された過去があるんだが・・・。

ファクタリングの審査は厳しくはない。どちらかというと審査にたどり着けないケースが多いファクタリング会社

ファクタリングの審査と銀行の審査はそもそも視点が違います。ファクタリングの方が審査は緩いとされていますから、まずは審査にかけてみることをお勧めします。

 

ファクタリングの審査は金融機関の審査に比べ「断然緩い」です。緩いというと語弊がありますが、金融機関の審査よりも柔軟性があると言えます。そもそも審査のポイントが金融機関とは違います。

そもそもファクタリングではお金の貸し借りは発生しません。事業者の持っている「モノ」を購入し、その代金を事業者に渡すといったものです。そのため、事業者の持っている「モノ」に価値があると分かればお金を出すのです。

今回の「モノ」とは「売掛債権」のことです。

さらに担保や保証人は必要ありません。これは大きなメリットと言えます。

まとめますとファクタリングとは、事業者の持っている売掛債権をファクタリング会社が購入し、その代金を事業者に渡すということなのです。ですからそもそも金融機関の審査とは視点が異なってきます。

審査のポイント 例

  • 売掛債権は本物なのか
  • 売掛先は存在しているのか
  • 売掛先と継続的な取引をしている証拠(銀行明細など)はあるのか
  • 事業者は信用できそうか

これらのポイントを確認することができさえすれば、ファクタリング会社は売掛債権の買取に前向きになってくれます。

この審査には時間はほとんどかかりません。早ければ1時間以内に審査は終了します。

売掛債権の信頼度が高ければ大抵の場合ファクタリングを利用することは可能ファクタリング会社

事業者様の持っている売掛債権が確かなものであると判断できれば、大抵の場合はファクタリング契約させていただきます。ただしたとえば売掛先の経営状況に不安があるような場合は、お断りさせていただくこともあります。

 

気を付けて!審査にすらたどり着けないケースが多い

審査は確かに金融機関に比べ緩いとされているファクタリングではありますが、その審査にすらたどり着けないケースが増えています。

それは「ファクタリングが多くの人に知られる反面、ファクタリングを融資や借金と勘違いしてしまっている人が増えてしまったこと」が原因と考えられます。

ファクタリングを利用するのなら、必ず必要な2つの条件があります。

必ず必要な「2つの条件」

  • 法人・個人事業の事業者であること。
  • 売掛債権(売掛金・請求書)があること。

つまり「ファクタリングを利用するためには、事業者(法人・個人事業の経営者)であり、売掛債権(取引先へ請求書を出している)が必要」となってくるわけです。

この2つの条件が少なくとも揃っていなければ、ファクタリング会社としても何も行動をとることができないのです。

参照 気を付けて欲しい!審査は緩いが審査にたどり着けないケースが多い

 

もしこの2つの条件を満たしていないにもかかわらず、対応してくれるファクタリング会社があったとしたら、それは真っ当なサービスを行っていない悪徳業者である可能性があり、将来的にトラブルになる可能性が大いに考えられます。

参照 こんなファクタリング業者には気を付けよう

 

審査が早いから資金調達までの時間も短い

どのくらいのスピードで審査結果が出るのか?事業者

ファクタリングはすぐに審査結果が出るというが、「すぐ」というのはどのくらいの話なんだ?

ファクタリングの審査は早ければ1時間以内ファクタリング会社

早ければ1時間かかりません。そのため申し込まれたその日のうちに、資金調達を完了させる事業者もいらっしゃいます。

 

ファクタリングの審査はとにかく早いです。そのため資金調達までの時間は短くなります。早ければ即日で資金調達をすることができるのです。

参照 即日対応のファクタリング会社

 

銀行から融資を受ける場合、どんなに早くても資金調達までに1ヶ月前後はかかってしまいます。ところがファクタリングの場合、早ければその日のうちに資金調達することができるのです。

このスピード感がファクタリングの大きなメリットです。

参照 ファクタリングのメリットとデメリット

 

\ 選ぶならこの5社 /

 

行動が速い事業者はファクタリングを利用する

行動が速い事業者はファクタリングを利用する

行動の速い事業者はファクタリングを利用することがあります。何よりも一番のリスクは「売掛債権を持ち続けること」だと分かっているためです。売掛債権は持っているだけでは何の利益にもなりません。

売掛金が入ってきて初めて利益になります。それまでは売掛金が入ってくるという権利を持っているにすぎず、現金を持っているわけではないためです。

 

売掛債権は売り上げをもらえる権利なだけであり、利益が確定しているわけではない。事業者

売掛債権はできるだけ早く現金化する必要がある。なぜなら会社の口座に入ってくるまでは、売り上げとして確定していないためだ。売掛先の都合によっては、入ってこない可能性も否定できない。

 

ちなみに、ファクタリングは日本ではあまりなじみのある言葉ではありません。しかし欧米では一般的に使われる金融の手法です。そして日本でもあまり知られていませんが、有名な会社ではファクタリングを利用し資金調達をしています。

つまり金融の情報を収集している事業者は、日本でなじみのないファクタリングも資金調達の選択肢の1つとして常に頭の中に入れてあるのです。

参照 9つの資金調達方法

 

ファクタリングを利用している事業者の目的はそれぞれですが、「確実に入ってくるか分からない売掛金を待つより、すぐに現金化したほうが効率が良い」と考えていたり「すぐに次の行動を起こしたいから現金を手元に用意したい」という事業者も利用している事実があります。

売掛債権が回収できなくなる可能性もある

事業者が取引先に対し商品やサービスを提供したら、その代金は支払われます。当たり前のことですよね。

これはつまり「事業者が取引先に対し売掛債権を持っている状態、つまり売掛金をもらえる権利を持っている状態」なのです。

しかしこれは相手に支払う能力があっての話です。「無い袖は振れない」といったことわざがありますが、相手に支払い能力がなければ、いつまでたってもお金は入ってきません。

そうこうしているうちに、取引先が倒産してしまったら、売掛金は手に入らなくなってしまいます。

売掛金が入ってこなくなってしまった結果、自分自身も共倒れなんてことも。

取引先の経営が危うくなると、連鎖的に影響を受けてしまう事業者

取引先の経営が危なそうだ・・・。このままでは先月納品した商品代金が入ってこない可能性がある・・・。そうなってしまうとこちらの経営も危うくなる・・・。困った・・・。

このようなリスクを抑えるためにも、ファクタリングは有効な手段と言えるのです。

「取引先の経営状況が怪しそう」

そう判断した事業者は、その取引先に対しての売掛債権をファクタリング会社に売却してしまいます。売却することで現金を確保します。売掛債権を売却した後、取引先が倒産してしまったとします。ここで損をしてしまうのは、事業者ではなく売掛債権を持っているファクタリング会社ということになります。

参照 売掛金が入ってこない恐れがある それならファクタリングで資金調達

 

売掛債権が膨らみ倒産してしまった大手企業も

ある大手企業で実際に起こった出来事ですあるとき売掛債権がどんどん膨らんでいきました。つまり、しばらくしたら売り上げが入ってくる予定の金額が膨らんでいっているわけです。

一見良さそうに見えますよね。しばらくしたら大きな利益になると思いますよね。

ところが膨らんだ売掛債権を回収できなければ利益になりません。結果としてこの大手企業は売掛債権を回収することができず倒産してしまったのです。

売り上げというものは、商品やサービスを提供し、自分の手元に現金が入ってきて初めて売り上げとなります。売掛債権の段階ではいうなれば「架空」なものであり「確かなものではない」のです。

この企業の経営陣が早い段階で売掛金をファクタリング業者に譲渡していれば、倒産せずに済んだかもしれません。

確認!ファクタリングはだれでも利用できるわけではない

有効な資金調達方法であるファクタリングですが、誰でも利用することができるわけではありません。

以下の2点確認してください。

ファクタリングを利用する最低条件

  • 法人・個人事業の事業者であること
  • 売掛債権があること

最低でもこの2つの条件を満たしていなければファクタリングを利用することはできません。この条件を満たしていない状態で問い合わせをしても、ファクタリング会社としてもどうすることもできません。

なぜこのようなことを言うかというと、「ファクタリング=資金調達」というイメージが強くついてしまっているためです。間違ってはいないのですが「ファクタリング=資金調達=お金を借りられる」と思っている人が少なからずいるのです。お金を借りられるわけではありません。売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達するのです。

このような勘違いは、事業者だけではなく一般の人の中でも一部で広がっているようです。

ファクタリングの利用条件は、事業者であることと売掛債権(売掛金)があることファクタリング会社

ファクタリングを利用するためには「法人・個人事業の事業者であること」「売掛債権があること」が最低条件です。例外はありません。

 

もし最低条件を満たしておらず、さらにはお金を調達したいと考えているのであれば、キャッシングを利用したほうがよいと思います。

ファクタリングを利用する際に必要な書類

ファクタリングを利用する際に必要な書類は以下の通りです。

 必要書類

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

これらを用意しておけば、多くのファクタリング会社と話をすることができます。これらすべてがなかったとしても審査してくれる会社もあります。

またこれらすべてを事前に用意しておけば、すぐに審査をしてもらうことができ、その日のうちに資金調達することも可能なのです。

ただしですが、初めからこれだけの書類を用意する必要はありません。ファクタリング会社にもよるのですが、2つの書類を用意するだけで、その後の審査を受けられるかどうかを判断していれる、もしくは審査をしてくれるファクタリング会社もあります。

その2種類の書類は以下となります。

 最低限必要な2種類の書類

  • 売掛債権(請求書)
  • 直近3ヶ月の通帳

この2種類の書類はファクタリング会社にとって、契約ができるかどうかを判断する上で非常に重要な書類となります。逆にこの2つの内1つでも欠けることがあるのなら、契約を結んでくれるファクタリング会社は皆無と言ってもよいでしょう。

請求書と直近3ヵ月の通帳だけでも審査を受けることができる場合もファクタリング会社

「未入金の売掛金があることの証明である請求書」「直近3ヵ月の通帳」は最低限揃えるようにしましょう。これらが無ければその先の話を進めることはできません。

 

\ 選ぶならこの5社 /

 

ファクタリングのメリットとデメリット

資金調達方法として有効な「ファクタリング」ですが、メリットもデメリットもあります。

ファクタリングの6つのメリット

 メリット

  • 資金調達が驚くほど短時間でできる
  • 返済や利息を心配する必要がない
  • 保証人や担保がいらないため審査が圧倒的に緩い
  • 売掛金を回収する必要がない
  • 借金の履歴・信用情報に影響しない
  • 資金調達が公にならない

資金調達が驚くほど短時間でできる

早い場合は最短即日で資金調達が完了します。大抵の場合でも3営業日以内で資金調達が完了します。

返済や利息を心配する必要がない

もともと手数料を引かれた金額で売掛債権を買い取るため、そしてそもそも借金ではないため、返済や利子といったもの自体が存在しません。

保証人や担保がいらないため審査が圧倒的に緩い

金融機関などから資金調達しようとすると、保証人や担保が必要となりますが、ファクタリングの場合は必要ありません。そのため審査も早くなります。

売掛金を回収する必要がない

売掛債権をファクタリング会社に譲渡したら、その売掛債権はファクタリング会社のものです。そのため売掛金の回収はファクタリング会社主導となります。

借金の履歴・信用情報に影響しない

ファクタリングは借金をしているわけではありません。ですから借金としての履歴は残りませんし、信用情報にも影響しません。

資金調達が公にならない

ファクタリング会社は秘密主義が原則です。

どれも資金調達をしたいと考える事業者が望むことです。これだけを見てもどれだけファクタリングが魅力的な資金調達方法であるのかが分かるかと思います。

売掛金があり今すぐ資金調達をしたいのならファクタリングは向いているファクタリング会社

売掛金があり、「今すぐ資金調達をしたい、借金の履歴を残したくない!」という事業者に対しては、非常にメリットの多い資金調達方法であることは間違いありません。

 

ただしどんな良いものにもデメリットはあります。

ファクタリングの3つのデメリット

ファクタリングにおけるデメリットは大きく分けて3つでしょう。

 3つのデメリット

  • 手数料が金融機関で融資を受けるときの金利よりも高い
  • 確かな業者を選ばないとトラブルになることも
  • 登記をされる可能性がゼロではない

手数料が金融機関で融資を受けるよりも高い

金融機関は「利息」、ファクタリングは「手数料」のため、本来違うものですが、敢えて比べたとしてもファクタリングの方が手数料は高くなってしまいます。それは売掛債権を買い取る行為自体が非常にリスクのあるものだからです。

ファクタリングは貸金業ではありません。そのため担保も保証人も必要ありません。だからこそ資金調達までのスピードが速いわけですが、逆に回収不可能になる可能性が高いということです。

金融機関の融資の場合、担保や保証人を用意するため、万が一本人からの回収が不可能になった場合には、担保や保証人から回収することができます。

しかしファクタリングはそれができません。貸金業ではないため取り立て行為ができませんし、そもそも償還請求権がない契約を結んでいるためです。これらの要因により回収リスクが高くなるから必然的に手数料も高くなってしまいます。そしてそのことが事業者にとってデメリットとなってしまいます。

参照 ファクタリングの手数料が高い理由

 

確かな業者を選ばないとトラブルになることも

ファクタリング業者になるために特別な資格は必要ありません。誰でもファクタリング業者になろうと思えばなれてしまいます。

これにより、さまざまな人たちがファクタリング業界に参入しています。その中には、貸金業者しか行えないような行為を行なったり、非人道的な行為を行なう業者の存在も耳にすることがあります。

参照 ファクタリングのデメリット

 

登記をされる可能性がゼロではない

売掛債権の譲渡を法的に証明するために、ファクタリング会社は登記を行なうことがあります。登記をすることでファクタリング会社のリスクは減りますが、売掛債権を譲渡した側の事業者のリスクが高まります。

事業者側のリスクというのは、売掛債権を登記すると法務局にて公開されます。公開された情報は調べようと思えば調べられてしまいます。そのため売掛先にファクタリングを利用したことが知られる可能性が出てきます。

多くの事業者は売掛先にファクタリングを利用したことを知られたくないためこれを嫌がります。そのためほとんどのファクタリング会社は登記をしませんが、される可能性もあるため心配な場合は事前に確認をしてみましょう。

参照 ファクタリングで登記はされる?

 

 

このようにファクタリングには沢山のメリットがある一方、そのメリットを一気に打ち消してしまうようなデメリットもあるのが事実としてあります。

そのため、少しでもデメリットを減らすために、しっかりと業者選びをしなければならないのです。

参照 ファクタリング会社一覧

 

ファクタリング会社は日本に100社以上あり、増え続けているファクタリング会社

ファクタリング会社は日本に約100社ほどあります。(当サイト調べ)それぞれに特徴がありますので、都合に合わせて利用してみるとよいでしょう。また実際に問い合わせると話が違っていたり、契約直前に話を変えてくるファクタリング会社も中には存在するという話ですので、複数社に相見積もりをした方がよいかと思います。

お抱えのファクタリング会社を持つのも1つの手段

お抱えのファクタリング会社を持つのも1つの手段

ファクタリングで資金調達すると、契約形態にもよるのですが銀行融資で利息を払うよりも手数料が高くなりやすいです。

しかしこの手数料を低くする方法があります。それは「複数社と相見積もりをすること」「同じファクタリング会社を使い続けること」です。

手数料を低くする方法

  • 複数社と相見積もりをすること
  • 同じファクタリング会社を使い続けること

どのようなことでも言えることなのですが、社会において大事なのは「信用」です。売掛債権には質の良いものと悪いものがあり、質の良い売掛債権を継続的に譲渡してくれる事業者は、ファクタリング会社から信用される存在となります。ファクタリング会社からの信用を得ることができると、手数料を低くしてくれたり、多少質の悪い売掛債権の買取も前向きになってくれたりします。

ファクタリングの審査で重要視するのは信用・信頼です。とくに売掛先の信用は重要ですファクタリング会社

ファクタリングで重要視する要素の1つが「信用」です。信用できる事業者に対しては、手数料を低くすることも相談に乗るケースはあります。

ただしですが、ファクタリングを継続的に利用することは信用を築く半面、場合によっては経営の不安定さを疑われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

複数社との相見積もりは必須!

ファクタリングにおいて相見積もりは絶対に必要なことです。ファクタリングにおいて重要なことは「手数料」「入金までのスピード」です。

手数料はファクタリング会社によって大きく異なり、2社間契約であれば10%~30%が相場とされています。たとえば100万円の売掛債権であれば、あるファクタリング会社では手数料が10万円であり、あるファクタリング会社では手数料が30万円ということもあります。かなり大きな違いということがわかりますよね。

そのため、少しでも多い金額を資金調達したいのであれば、複数社に声をかけるのは必須なのです。

手数料だけで判断はNG

手数料だけでファクタリング会社を判断してはいけません。ファクタリングを利用するにあたり手数料は切っても切り離せないほど重要なことではあるのですが、さらに重要なこととして必要な日までにお金が入金されるかどうかなければ意味がありません。ここで大切となってくるのが資金調達完了までのスピードです。お金が必要となる日までに手に入れられないのなら、手数料がいくら安くても利用する価値がありません。

有名な会社を3つほど選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際に一番失敗しない方法としては「有名なファクタリング会社を複数選ぶこと」です。ファクタリング業界には、さまざまな人間が参入してきています。たとえば手数料を安く提示され、契約直前に足元を見られ、手数料の金額を変更してくるといった悪い噂を耳にすることもあります。

そのため優良なファクタリング会社を選ぶ必要があるのですが、慣れていない事業者は何を基準に優良とするのかが分からないことでしょう。シンプルな方法としては、「知名度が高く多くの事業者が利用しているファクタリング会社3社前後との相見積もりをすること」が大事だと思います。やはり多くの事業者が利用しているファクタリング会社は、信頼度が高い証でもあります。

ファクタリングを利用するときには複数社への相見積もりは必須ファクタリング会社

ファクタリングを利用するなら複数社へ声をかけるのは基本です。ただしそれなりに有名で今まで多くの利用者のいるファクタリング会社を選ぶことが大事です。

 

\ 選ぶならこの5社 /

 

継続的な返済は信用を作るのと同じ

たとえば銀行融資の場合。1度融資を受け、毎月遅れることなく利息を上乗せして返済し続けることは「信用を作っている行為」となります。

そのため銀行側からしてみれば「この人は毎月遅れずにしっかり返済してくれているから信頼がおける。」となるのです。これにより、さらに大きな金額の融資も審査が通りやすくなります。

人によっては「銀行の低い利息を支払い続けるだけで信用が作れるなら安いもの」と考える人もいるくらいです。

同じファクタリング会社の継続的な利用は信頼を作る

ファクタリングの世界でも同じことが言えます。

ファクタリング会社によっても異なるのですが、継続的に利用することで信頼を作ることができます。そのため初めは手数料が高くても、何回か利用しているうちに手数料を低くしてくれる場合があります。

これは初めの段階でのファクタリング会社との取り決めにもよりますし、事業者の持っている売掛債権が確かなものであるということもポイントとなってきます。

ファクタリング会社からしてみても、何度も利用してくれる方は良いお客さんでありなるべく放したくはないと考えるものです。

 

新規のお客には慎重にならざるを得ない。常連のお客には若干柔軟になることも。ファクタリング会社

ファクタリング会社からしてみても、はじめてのお客さんは非常に不安です。
しかし何度かお付き合いのある事業者さんの場合は、信頼関係もある程度は築けているため、柔軟な対応をすることもあります。

 

突然契約してもらえなくなることも

継続的に同じファクタリング会社を利用することは、信用獲得、つまりは手数料を低くしてもらえるための方法といえます。

ただしあまり何度も同じファクタリング会社を利用していると、突然契約をしてくれなくなるケースもあります。

もちろん状況にもよるのですが、何度もファクタリング契約をしているということは、それだけ資金ショートしているということです。そのうち倒産をしてしまう可能性もあるわけです。売掛債権を購入した後に事業者が倒産してしまった場合、ファクタリング会社は償還請求権がないためお金を回収することができなくなってしまいます。それまでの手数料としてもらっていた利益を一気に失くしてしまう、さらにそれ以上の莫大な損失を発生させてしまうのです。

業界用語で「飛ぶ」とも表現されるわけですが、「この事業者、飛びそうだな」とファクタリング会社に判断されてしまうこともあるのです。

 

あまりにも連続的にファクタリング契約を申し込む事業者には、申し込みを遠慮することもファクタリング会社

またあの事業者からファクタリングの申し込みがあった。こんなに頻繁に資金ショートを起こしてしまっているということは、会社の経営がかなり怪しいと推測できる。飛ばれてしまったらこちらが大きな損害を出してしまいかねない。しばらくは契約を見送ろう・・・。

 

しかしそれではファクタリングでの資金調達を考えていた事業者からしてみると、急に当てが外れてしまう状態となってしまい、さらに経営が危うくなってしまいます。

そうならないように、継続的に売掛債権を売却したいと考えている場合には、複数のファクタリング会社に目星を付けておくのもよいかもしれません。

 

\ 選ぶならこの5社 /

 

ファクタリングを利用するときに気を付けたいこと

ファクタリングを利用するときに気を付けたいこと

ファクタリングを利用する際に気を付けたいことがあります。それは複数のファクタリング会社を比較しよく考えて選ぶということです。どのファクタリング会社も同じというわけではありません。

結論を言うと、ファクタリングの利用を考えているのなら、1社だけではなく複数社の相見積もりをおススメします。理由は、ファクタリング会社によって大きく条件が異なってくることがあるためです。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリングにおいて「条件」は非常に重要なポイントです。とくに手数料や入金日に関しては、気を付けた方が良いポイントとなります。

 

ファクタリング会社を選ぶときに気を付けたいこと

ファクタリングを利用しようとする事業者にとって、ファクタリング会社が掲げる魅力的な3つのキャッチコピーがあります。

それが「低い手数料」「24時間対応」「即日対応」です。

まず言えることは「すべてがファクタリング会社基準の言葉」であるということです。つまりこちらが思っていたものと違うといった解釈の違いがあるケースが意外と多くあります。

 低い手数料一般的にファクタリングの手数料は2社間で10%~30%、3社間で5%~10%です。ここで示した手数料よりも低く提示しているケースもありますが、それにはそれなりの理由があることも。

「結局いくら振り込んでもらえるのか?」というのを確認したほうがよいでしょう。

 

 24時間対応24時間対応というのは「スタッフ対応」なのか「自動音声・自動返信メール対応」なのかによって大きな違いとなります。結局スタッフが対応してくれなければ、詳しい話も聞けませんし、審査をしてもらうこともできません。

自動返信系の対応の場合、スタッフが対応してくれるのは翌営業日になることがほとんどであり、週末や祝日を挟むと、実際の対応までにかなりの時間を要してしまいます。

 

 即日対応「即日」という言葉はファクタリング会社によって解釈の仕方が違います。大きく「即日審査・即日入金」「即日審査」、さらには「審査通過後、即日入金」の3つに分けられます。なるべく早く、できれば今日明日中に資金調達をしたいと考えているのであれば、「即日審査・即日入金」を謳っているファクタリング会社にコンタクトを取った方がよいです。

ただし必ず「いつまでに入金してもらえるのか」ということは確認し、契約でもそこは約束してもらうようにしましょう。

 

ファクタリング会社によってはお客を増やすために、甘い言葉を投げかけることがあります。契約するまでは油断できません。とくに契約直前になって条件を変えられてしまうという話も聞くほどです。

ファクタリングを利用する事業者の多くは資金調達で悩んでおり、期限が決められています。契約直前に条件を変更されても、次のファクタリング会社と交渉している時間を確保できないということも。ファクタリング会社はそれを理解していてワザと契約直前に条件変更してくるのです。

だからこそ複数社への相見積もりを取りは必要となってきます。相見積もりを行ない交渉し、少しでも良い条件で資金調達をすることをおススメします。

 

手数料が10%以上というのは普通のこと事業者

相見積もりは当然しなければならないことだ。手数料が10%以上異なるといったことは、普通にある話だからな。

 

ファクタリング利用者が気を付けたいこと

ファクタリングを利用する側、つまり事業者が気を付けたいことや、してはならないことを紹介します。一歩間違えば犯罪行為(詐欺)となってしまいますので注意してください。

知らず知らずのうちにおこなっている可能性もあるため注意が必要です。

 気を付けたい3つのポイント

1.売掛債権の偽造

偽造した売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。

本当は売掛金がないのにあるように見せかけたり、売掛金の金額を誤った金額にしたりしてファクタリング会社に買い取ってもらうことは詐欺罪が適応される可能性が十分にあります。

2.二重譲渡

1つの売掛債権を複数のファクタリング会社に譲渡することです。

そもそもファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金調達することです。すでに売却した売掛債権は他のファクタリング会社に売却することはできません。

しかし同じ売掛債権を複数のファクタリング会社に譲渡する事業者が中にはいます。これも詐欺罪が適応される可能性があります。

3.計画倒産

売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、事業者は資金を手にすることができます。

その後、この事業者の会社が倒産したとします。するとファクタリング会社は還付請求権が基本的にはないため、どこからもお金が入ってこなくなってしまいます。

事業者に渡した金額がそのまま損害になってしまいます。

これを利用する事業者がいます。

意図的に大きな金額の売掛債権を作ります。それをファクタリング会社に譲渡し、現金を入手したのちに計画的に倒産してしまうのです。これにより事業者は多額の現金を手に入れる一方、ファクタリング会社は大きな損害を受けてしまうのです。

絶対に避けたい詐欺行為

このようにファクタリングを利用する側は、意図的に不正な方法でファクタリング会社から資金調達することが可能と言えば可能です。

実際に多くのファクタリング会社は被害を受けています。このようなことがあるからこそ、ファクタリングの手数料が高くなる理由の1つとなってしまうのです。他の利用者に迷惑をかけることにつながっているのです。

またファクタリング会社は金融のプロです。そして大抵の場合、顧問弁護士を付けています。被害を受けたときには黙ってはいません。あらゆる法的手段を講じてくることでしょう。そのため、意図的にファクタリング会社をおとしめる行為は避けましょう。

 

ファクタリング会社のスタッフは金融のプロのため、偽装債権は見抜いてしまうが時として見抜けないこともファクタリング会社

ファクタリング会社のスタッフは金融のプロです。万が一詐欺の被害にあったと分かれば、黙って泣き寝入りをする会社は少ないでしょう。貸金業ではなく、さらに償還請求権もないため取り立て行為はおこなえませんが、法的処置をとる可能性は十分にあります。

 

ファクタリングは借金ではない 売掛債権を売却し資金調達するサービス

当サイト内で繰り返しのように説明していますが、ファクタリングは借金ではありません。つまり融資ではありません。

ファクタリングの知名度は上がってきているのですが、いまだにファクタリングを借金と勘違いをしている人がいるようです。

 

ファクタリングで資金調達を希望事業者

ファクタリングで資金調達したいと考えているのだが。

売掛債権や請求書関連の情報を提示してくれと頼むファクタリング会社ファクタリング会社

はい、では取引先への売掛債権、請求書等、未入金の売掛金がある書類はお持ちでしょうか?

売掛金はないが資金調達したいと訴える事業者

売掛金?未入金の証明書類?そのようなものはない。ただ事業資金として資金調達が必要なんだ。ファクタリングは資金調達できるんだろ?

売掛金がなければファクタリングは利用できないと諭すファクタリング会社

申し訳ありませんが、ファクタリングは融資を行なうサービスではありません。つまりお金の貸し借りは行っていないのです。

聞いた話と異なると困惑する事業者事業者

聞いた話とは違うな。資金調達できるんだろ?

ファクタリングで資金調達は可能。しかしそれは売掛債権を売却し、売買益を事業資金に充てるということファクタリング会社

はい、確かに資金調達をすることは可能です。しかしそれは、あなたの持っている売掛債権を弊社が買い取った場合です。

ファクタリングの意味を理解する事業者

なるほど。そういうことか。では取引先への売掛債権や請求書など、未入金の売掛金がある状態ではないとファクタリングは利用できないということか?

ファクタリングの説明をし事業者に理解してもらうファクタリング会社

申し訳ありませんが、その通りです。

参照 ファクタリング≠借金・融資 よくある勘違い

 

そもそもファクタリングは売掛債権がなければ利用することはできません。そして売掛債権があったとしても、その金額内でしか資金調達することはできません。さらに売掛債権を担保として資金調達をするわけでもありません。

売掛債権をファクタリング会社に譲渡(売却)することで、資金調達することができるのです。

少額の売掛債権は取り扱ってくれない

ファクタリング会社ごとに、取扱金額が決まっています。ここで気を付けたいのは「最低取扱金額」です。

最低取扱金額は、30万円、50万円、100万円あたりが一般的です。

たとえば最低取扱金額が30万円のところに10万円の売掛債権を持って行ったとしても、ほぼ相手にはされません。問い合わせフォームから問い合わせても返事すらないこともあります。

そのため、ファクタリング会社のホームページに記載されている取扱金額を確認したうえで問い合わせるようにしましょう。ただしファクタリング会社としても売掛債権を事業者から購入しなければ商売は始まりません。場合によっては取扱金額外でも取り扱ってくれる可能性もあるので、一応聞いてみるのも1つの手でしょう。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリング会社にもよりますが、あまりにも低い売掛債権は扱っていないケースが多いです。ファクタリング会社側の人件費の方が上回ってしまう可能性が高く、ほとんど利益にならないためです。ただし下限を設けていないケースもあります。しかし手数料が引かれるため、ほとんど手元に残らないといった場合も。

 

9つの資金調達方法 その中でもファクタリングを選ぶ理由

9つの資金調達方法 その中でもファクタリングを選ぶ理由

事業資金を調達する方法は主に9つあります。ファクタリングはあくまでもその1つです。

どの方法を選ぶのかは、事業者の考え方や事業内容、状況により変わってくるかと思います。

それぞれにメリットデメリットが存在します。

「すぐに資金調達をする必要がある」というのであれば、ファクタリングかビジネスローンを選ぶとよいでしょう。

「資金が必要となるまでに1ヶ月は時間的余裕がある」というのであれば、金融機関、公的資金を選ぶとよいかもしれません。

「さらにもっと資金調達までに時間的余裕がある」という場合には、他の資金調達方法を試してみるのもよいでしょう。

基本的に、資金調達までの時間が短ければ短いほど、または審査が緩いほど手数料や金利は高くなります。

 

資金調達方法は数多くある。会社の状況から総合的に判断し選ぶことをおススメする。ファクタリング会社

ファクタリング以外にも資金調達方法はいくつもあります。会社の置かれている状況を総合的に判断し、ベストな資金調達方法を選びましょう。

 

回収できるリスクによって手数料や金利は変わってくる

どの資金調達方法でも言えることですが、資金を提供した側が提供した資金を回収するリスクによって手数料や金利は変わってきます。

審査が厳しく時間がかかるほど手数料や金利は低くなりがち

たとえば金融機関から融資を受ける場合。審査に約1ヶ月前後必要となります。さらに担保や保証人が必要となるケースが多いです。つまり金融機関からしてみると、少しでも提供した資金を回収できるよう、慎重に審査し、2重にも3重にも強固なある意味「保険」をかけた後に融資を実行するのです。

そのため融資した資金の未回収のリスクは低くなります。未回収のリスクが低くなるため、手数料や金利は低くなるのです。

審査が緩く時間がかからないほど手数料や金利は高くなりがち

ところが資金調達までのスピードが早い場合。金融機関ほどの審査の厳しさはありません。保証人や担保を取らないケースも多いです。だからこそそれが商売上の強みとなるわけですが、未回収のリスクが大きく膨らみます。

 

回収のリスクが高くなればなるほど、手数料や金利は高くなる事業者

未回収となるリスクが高い場合には、手数料や金利が高くなるわけだな。

 

「すぐに資金調達できる」 = 「手数料や金利が高い」

すぐに資金調達することができる「ファクタリング」や「ビジネスローン」は、スピードが早い分、手数料や金利は高めとなってしまいます。

どちらも最短即日で資金調達が可能となります。そして担保や保証人は必要ありません。それこそが「強み」なのです。事業者側からしたら大きなメリットです。

しかしお金を出す側からすると、担保や保証人を取らないため、未回収のリスクが一気に高まります。リスクが高くなってしまうため、手数料や金利はどうしても高く設定せざるを得ないのです。

 

事業者のメリットはファクタリング会社のデメリット。その逆もいえる。ファクタリング会社

事業者がメリットと感じることは、お金を出す側からするとデメリットとなり得ます。その逆もしかりです。

 

「調達までに時間がかかる」 = 「担保や保証人が必要だが金利は低い」

資金調達までに時間がかかる場合は、金利が低いケースが多いです。たとえば金融機関の場合です。

時間がかかる理由は審査が厳しく、担保や保証人が必要となるためです。

貸した金額以上に返ってくることで金融機関の商売は成り立っています。ただし危険な橋は渡ろうとはしません。そのため、融資実行をするということは、回収できる見込みがかなり高いと判断した場合のみです。

そのため未回収のリスクはかなり少なくなります。そのため金利を低く設定できるのです。

会社の体力内ですぐに資金調達できるファクタリング

紹介した9つの資金調達方法の中で、すぐに資金調達を現実のものとしたいのであれば、ファクタリングかビジネスローンのどちらかが有力な資金調達方法でしょう。

どちらも一長一短ですが、会社の体力内で資金調達をするのならファクタリングをおススメします。

ファクタリングは売掛債権を現金化することのため、売掛金を早期現金化することです。つまりそもそも売り上げがなければ利用することができません。

また借金ではないため、ビジネスローンのように返済をし続ける必要もありません。

さらにファクタリングがビジネスローンより優れている点は、連帯保証人が必要なく、償還請求権もないことです。

つまりビジネスローンは保証人は必要としませんが、連帯保証人が必要となるケースがほとんどです。そしてこの連帯保証人には事業者本人がなります。よって会社が倒産してしまった場合でも、借金は返済し続けなければなりません。

またファクタリングには償還請求権がありません。つまり売掛債権をファクタリングに売却し、資金調達したのちに、売掛先が倒産してしまったとしても、売掛債権を売却した事業者は何の責任にも問われないということです。逆に言うと、売掛先の経営が危険と判断したときには、売掛債権を売却し利益を確定させることもできるということです。

償還請求権は万が一の場合でもお金の返金をしなくてもよいということ事業者

会社が万が一の場合でも、事業者が責任を負わなくてもよいというのは大きなメリットだな。

 

\ 選ぶならこの5社 /

 

優れた資金調達方法のファクタリング 選択肢の1つとして覚えておきましょう

優れた資金調達方法のファクタリング

いかがだったでしょう。ファクタリングがどれだけ便利な資金調達方法であるのかが、少しはわかってもらえたかと思います。

大前提として「ファクタリングを利用するためには売掛債権を持っていることが最低条件」となります。

「売掛金を受け取る権利である売掛債権を売却すること」で資金調達をすることができるのです。金融機関のような厳しい審査はありません。早ければ即日で資金調達することができます。

これだけでも利用を検討する余地は十分にあるかと思います。

事業者にはそれぞれの経営スタイルがあると思います。資金が必要になったとき「金融機関から以外の資金調達方法を知らない」というのは経営を行なう上での弱点となってしまいます。

「たった一つのことを知っているか知らないかだけ」で、事業がその後も続いていくのかどうなのかが決まってしまうのです。

一つの資金調達方法として、ファクタリングも視野に入れておくと、もしものときの選択肢が増え、経営を円滑に進めることができることでしょう。

 

会社を作るのは簡単だが継続するのが難しい事業者

会社を作るのは簡単だ。しかし継続させることは非常に難しい。経営者は、自分の会社を守るための方法をはいくつも知っておく必要があるだろう。

 

よくある質問

ファクタリングとは?

事業者の持つ売掛債権を売却し、資金調達することです。 事業者(法人・個人)向けのサービスです。融資や借金の類ではありません。

ファクタリングは一般的な資金調達方法か?

ファクタリングは資金調達方法としてはあまり知られていませんでした。しかし近年、知名度を増してきており、多くの事業者が利用しています。

ファクタリングのメリットとデメリットは?

ファクタリングのメリットは「短時間で資金調達可能」、「保証人や担保が不必要」など数多くあります。その反面デメリットは「手数料が高い」ということです。

ファクタリングを利用する際に気を付けたいこと

ファクタリングは緊急で資金調達したい事業者が利用することが多いです。そのためファクタリング業者が足元を見て手数料を高く設定することがあります。 必ず複数社への相見積もりをするようにしましょう。

資金調達診断

数ある資金調達の方法の中で、どれがおススメか簡易的に診断。

資金調達までの時間
いつまでに資金調達を完了させなければなりませんか?

 

簡易チェック

ファクタリングを利用した場合、どのくらいの金額を資金調達できるか簡易チェック。

    売掛金の金額
    ご希望金額
    事業形態法人個人事業
    売掛先が法人か否かはいいいえ
    氏名(企業名)
    連絡先番号
    メール

    おススメファクタリング会社

    1. えんナビ

      えんナビ
      総合評価4.5
      スピード4.5
      信頼性5.0

      【対象】:法人・個人事業
      【買い取り額】:30万円~5000万円
      【契約形態】:2社間・3社間
      【対応地域】:全国
      【資金調達】:最短即日
      【運営会社】:株式会社インターテック
      【URL】:https://ennavi.tokyo/

      管理人のレビュー

      大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

      さらに詳しく 公式サイト

    2. anew

      anew 完全オンライン決済
      総合評価4.0
      スピード4.0
      信頼性4.5

      【対象】:法人
      【買い取り額】:上限下限なし
      【契約形態】:2社間
      【対応地域】:全国
      【資金調達】:最短即日
      【運営会社】:anew合同会社
      【URL】:https://www.a-new.co.jp/

      管理人のレビュー

      新生銀行とOLTAの合同事業のファクタリングサービスです。AIを利用したファクタリングサービスであるため手数料を低く抑えることができ、さらに書類提出から契約までネットで完結できます。

      さらに詳しく 公式サイト

    3. OLTA

      OLTA 完全オンライン決済
      総合評価4.0
      スピード4.0
      信頼性4.5

      【対象】:法人
      【買い取り額】:上限下限なし
      【契約形態】:2社間
      【対応地域】:全国
      【資金調達】:最短即日
      【運営会社】:OLTA株式会社
      【URL】:https://corp.olta.co.jp/

      管理人のレビュー

      従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

      さらに詳しく 公式サイト

    資金調達診断

    数ある資金調達の方法の中で、どれがおススメか簡易的に診断。
    資金調達までの時間
    いつまでに資金調達を完了させなければなりませんか?
     

    簡易チェック

    ファクタリングを利用した場合、どのくらいの金額を資金調達できるか簡易チェック。

      売掛金の金額
      ご希望金額
      事業形態法人個人事業
      売掛先が法人か否かはいいいえ
      氏名(企業名)
      連絡先番号
      メール

      目次