岩手県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 岩手県で選ぶならこの3社 /

 

岩手県の事業者。即日で資金調達をしたいと考えている。すぐに現金が必要なのに、すぐに用意することができない事業者

岩手県内で事業者を行なっている。資金繰りの調子が良くなく、今すぐにでも資金調達をしたいと考えている。しかし銀行の融資は断られてしまった。
何か良い資金調達方法はないだろうか?

 

銀行融資の審査は意外と厳しく、資金調達をしたくでもできない事業者はいます。

岩手県内には岩手銀行や東北銀行といった銀行や、盛岡信用金庫や宮古信用金庫といった信用金庫が複数あります。これらの金融機関のいずれかに融資のお願いをし通らなかった場合、他の金融機関で審査が通るでしょうか?難しいと言えるでしょう。

そのような時には、全く違った資金調達方法を探すしかありません。

そこで1つの候補として考えてみてほしい資金調達方法が「ファクタリング」です。

なぜならファクタリングの審査のポイントは、銀行の審査のポイントとは異なるためです。

そして一般的にファクタリングの審査が緩いとされているためです。そのため、銀行や信用金庫の審査で通らなかったとしても、ファクタリングの審査であれば通る可能性はあります。

ただし銀行からの資金調達とファクタリングでの資金調達は、意味合いが異なってきます。ファクタリングで資金調達する場合には「売掛債権」が必要です。これがなければ利用することはできません。

\ 岩手県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


岩手県でファクタリングを使って資金調達借金ではない資金調達方法

岩手県でファクタリングを利用して資金調達することは借金ではない。

「ファクタリング」とは、事業者が持っている売掛債権をファクタリング会社に譲渡(売却)することで資金調達する方法です。

事業者の持つモノ、今回で言うと「未回収の売掛債権(売掛金)」を売却して資金調達するため、審査に時間がかからないのが最大の特徴です。

審査で重要視されるのは「売掛債権の価値」であり、さらにいうと、「売掛先が本当に売掛金を支払ってくるのか、支払う能力があるのか?」という点です。つまり売掛債権を売却しようとしている事業者よりも、その事業者に売掛金を支払う予定の取引先が審査対象として注目されます。

取引先が審査対象として注目されはしますが、取引先にファクタリングを利用することを知られるわけではありません。ファクタリング会社側で独自の審査方法を利用して調べるのです。

また銀行から融資を受けるときのように、担保を必要とはしません。つまり担保の審査をすることもありません。そのため、その分の時間も短縮されます。

そのためファクタリングを利用して資金調達する際には、早ければ1時間以内で審査は完了します。

岩手県内でファクタリングは利用できるか?

岩手県内でファクタリングを利用するのであれば、民間のファクタリング会社に問い合わせて利用することが一番有力な方法です。

実はファクタリングに似た資金調達方法である「ABL(動産担保融資)」というものが岩手銀行や東北銀行で取り扱っています。売掛債権を担保として融資を受けられるというものです。「動産」というのは聞き慣れないかもしれませんが、会社で保有しているモノを担保として融資を受けることです。この「会社が保有しているモノ=動産」には「売掛債権」も含まれています。

ファクタリングと動産担保融資は、売掛債権を利用して資金調達をする面では似ています。ところがファクタリングは「売却益を得る」ことであり、動産担保融資は「融資を受ける」といった決定的に違う面を持っています。

またファクタリングは早ければ即日で資金調達可能です。一方、動産担保融資の場合はそれ以上に時間が必要となります。

このような面を考えても、すぐに、そして簡単に資金調達を行いたいと考えた場合には、ファクタリングの方が有利なのです。

岩手県内にはファクタリング会社は存在しない・・・しかし問題はない

岩手県内に拠点を置くファクタリング会社を当サイトの調査では見つけることができませんでした。もしかしたらあるのかもしれませんが、あったとしても非常に少数でしょう。

大抵のファクタリング会社は首都圏に集中しているのです。

しかしファクタリングを利用する際に、どこにファクタリング会社があるのかはあまり関係がありません。それはインターネットや電話で利用することが可能であるためです。

場合によっては面接が必要となるケースもありますが、ファクタリング会社のスタッフが足を運んできてくれるため、とくに大きな問題ではありません。

これまでの資金調達における3つのデメリット

たとえば金融機関から融資を受けたいと考えた場合、以下のようなデメリットがあります。

「3つのデメリット」

  • 時間がかかる
  • 条件が厳しい
  • 借金として履歴が残る

もちろん金利が安かったり、大きな金額を借りることができるといったメリットはあるのですが、資金調達ができなければ意味がありません。

 

すぐに現金を調達したいと考えている事業者

すぐに資金が必要なんだ。必ず審査に通らなければならない。
もし通らなければ、これ以上会社経営するのが難しくなってしまう・・・。

 

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングを利用すれば、金融機関からの融資における3つのデメリットを解消することができます。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」

そんな都合の良い資金調達方法があるのかと思われるかもしれませんが、実際あるのです。

資金調達することで資金繰りが改善され、会社の価値は向上します。会社の価値が向上するということは、これから先、金融機関から融資を考える場合にもプラスに働きやすくなるのです。

 

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことを解決できるのがファクタリングなのです!

 

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

ファクタリングには2つの方法がある

具体的にファクタリングの契約についてお話ししていきたいと思います。

ファクタリングの契約形態には大きく分けて2つ存在します。それは2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ここからはよく利用される2社間ファクタリングについて詳しく説明したいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

岩手県内で事業を営んでいる。取引先へ商品を提供し再来月には100万円入金される予定なんだ。しかし今月資金が必要なんだ。
御社は東京にあるとのことだが、距離が離れているがすぐに資金調達は可能なのか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

はい、問題ありません。まずは必要書類をご提出ください。

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

何が必要なんだ?

ファクタリングの説明ファクタリング会社

まずは2つお願いします。取引先への請求書と通帳のコピーです。

うなずく事業者事業者

それだけでよいのか?

未入金の売掛債権を入金予定日前に購入するのがファクタリングだと説明ファクタリング会社

まずこの2つの書類で審査に進めるかチェックさせていただきます。問題がないようでしたら、本審査に移ります。本審査も1時間程度で完了しますので、早ければ即日中に、そちらの口座に入金させていただきます。

新たな資金調達方法を見つけた事業者

ありがとう。これで資金ショートを防ぐことができる!

 

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

ちなみにファクタリングとは借金になるのか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

借金にはなりません。ファクタリング会社はお金を貸しているわけではなく、売掛債権を買い取っているためです。そのため信用情報に影響することもありませんし、貸借対照表に借金の記載が入ることもありません。

 

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

たとえばですが、ファクタリングのように売掛債権を利用した資金調達方法として「動産担保融資(ABL)」があります。

岩手県内では、「岩手銀行」や「東北銀行」で取り扱っています。

参照 ABL(動産担保融資)(岩手銀行)

 

参照 ABLの取扱いについて(東北銀行)

 

ファクタリングとの決定的な違いは、ファクタリングは売掛債権を売却して資金調達するのに対し、動産担保融資は売掛債権を担保として融資を受ける資金調達方法となります。

つまりファクタリングは借金とはなりませんが、ABLは融資であるため借金となります。借金となるため継続的な返済が必要となりますし、利息も発生します。

参照 経営者が利用する9つの資金調達方法

 

ファクタリング利用の流れ

一般的なファクタリング利用の流れを紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。電話でもメールでOKです。

②必要書類を提出

まず審査を受けられるかどうかを確認から始まります。以下の2つを用意しておきましょう。

審査前に用意したい書類

  • 売掛金の存在を確認できる書類(請求書、納品書など)
  • 直近3ヶ月の通帳

審査が受けられるということになれば、以下の書類が必要となります。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

③審査

審査スピードはファクタリング会社によって異なりますが、早ければ約1時間以内で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。
※ファクタリングには3つの即日があるため初めに確認しておきましょう。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。これで一連のファクタリング契約は終了となります。


[the_ad id="3232"]

岩手県内でファクタリングを利用する2つの方法

岩手県内でファクタリングを利用する際には、2つの方法があります。

  • ノンバンク系のファクタリングを利用する。
  • 独立系のファクタリング会社を活用する。

ファクタリングの持ち味である「資金調達のスピード」に注目するのであれば、「独立系のファクタリング会社を活用する」を選択したほうがよいでしょう。ただし手数料の面を意識するのであれば、銀行系がよいでしょう。

ちなみに独立系のファクタリング会社は、岩手県内で見つけるのは難しいです。そのほとんどが東京に集中しているためです。

※銀行系のファクタリングを探してみましたが、岩手銀行と東北銀行でファクタリングの取り扱いを見つけることはできませんでした。

ファクタリングの利用に距離は関係ない

岩手県内でファクタリング会社を見つけるのは難しいのですが、そのあたりはあまり問題にはなりません。なぜならファクタリングを利用する際に距離は関係ないためです。

たとえばクレジットカードを作る際に、わざわざクレジットカードの会社まで足を運ぶでしょうか?ノンバンク系の事業者ローンを利用する際に、事業者ローンの本社まで足を運ぶでしょうか?

今ならインターネットや電話を利用するだけで契約できます。

それと同じです。ファクタリングもインターネットや電話があれば利用することが可能です。場合によっては面接が必要となったり、事業者が面接を求める場合がありますが、そのような時には、ファクタリング会社のスタッフが出張に対応してくれます。

岩手県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

大都市圏にファクタリング会社は多いのですが、岩手県内にいながらでも売掛債権を持つ事業者であれば、スムーズにファクタリングを利用することができます。

よくファクタリングを利用する傾向の強い業種としては建築系となります。なぜなら売掛債権の回収サイトが長めであると共に、売掛金の金額が大きくなりやすいことで資金難に陥りやすいためです。

あまり聞かない業種としては飲食業です。飲食業の売掛金の回収サイトは非常に短いです。すぐに売掛金を回収できるスタイルであるため、売掛金が回収できないという問題自体が発生しないのです。

ただし、たとえばどこかの施設に毎日お弁当を納品しているような場合には、売掛金が発生します。そういったスタイルを取っている飲食業者であれば、もし資金ショートを起こしそうということであれば、ファクタリングの利用を考えてもよいかもしれません。

岩手県の一次産業者でもファクタリングは利用できる

売掛金を抱える業種であれば、基本的にはファクタリングを利用することができます。

農業、水産業、林業に携わる事業者においてもファクタリングを利用することは可能です。

自然を相手にする業種の場合、資金繰りが悪化しやすいとされています。

たとえば水産業ですが、平成24年に協議された農林水産業の「農林漁業成長産業化ファンド(仮称)の概要」では、ファクタリングによる水産業の資金繰り改善は、難しいものと定義されていました。しかし近年では、ファクタリング業者も徐々に増えてきており、その審査内容などにも徐々に変化が見られています。

実際に水産業を営む経営者がファクタリングを利用して資金繰りを安定させている事例もあります。水産業が盛んな神戸や岡山などではファクタリングを積極的に活用して資金繰りを安定させている企業も多く、ファクタリング業者と契約して、計画的なファクタリング運用を行なっている企業もあります。

水産業ファンドや、漁協のファンドは将来的に負債になってしまいますが、ファクタリングでは資金化する際に一定の手数料を支払うだけで資金化することが出来ます。売掛債権の全て、もしくは一部だけを資金化することもできるため、資金繰りの改善と利益の確保が一度にできることも魅力的です。

すべてのファクタリング会社が対応してくれるとは言えませんが、ファクタリング会社は数多くあるため、複数に声をかけてみるとよいでしょう。

岩手県内のファクタリング業者

岩手県内に登録されているファクタリング業者はありません。



岩手県でおススメのファクタリング会社

岩手県でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

北海道宮城県秋田県山形県福島県茨城県


盛岡市/宮古市/大船渡市/花巻市/北上市/久慈市/遠野市/一関市/陸前高田市/釜石市/二戸市/八幡平市/奥州市/滝沢市/岩手郡(雫石町/葛巻町/岩手町)/紫波郡(紫波町/矢巾町)/和賀郡(西和賀町)/胆沢郡(金ケ崎町)/西磐井郡(平泉町)/気仙郡(住田町)/上閉伊郡(大槌町)/下閉伊郡(山田町/岩泉町/田野畑村/普代村)/九戸郡(軽米町/野田村/九戸村/洋野町)/二戸郡(一戸町)

\ 事業者におススメ!/