滋賀県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


滋賀県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法 width=

\ 滋賀県で選ぶならこの3社 /

 

滋賀県で確実に資金調達できる方法はファクタリング事業者

事業資金が不足気味だ。資金繰りに力を入れているが間に合わない。
何か良い資金調達方法がないかと滋賀県内で探しているのだが、どうしても見つからない。
何か資金を調達できる方法はないだろうか・・・。

 

滋賀県のみならず、資金繰りや資金調達に苦しむ経営者は少なくありません。

はじめのうちは銀行や信用金庫を利用していたとしても、繰り返して利用できるわけではありません。基本的に金融機関は、絶対に返済してくれる人にしか融資を行いません。」

それでも資金調達しなければならないケースもあります。そこで他の資金調達方法を探す必要が出てきます。

資金調達方法は大きく分けて3つに分かれています。「借りる」「売る」「もらう」です。それらの中にも複数の資金調達方法があります。

事業資金が不足気味という状況であれば、すぐにでもお金が必要ということでしょう。「すぐ」となると選べる資金調達方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングとは、売掛債権を売却して資金調達することです。

ファクタリングは銀行やノンバンク系、そして民間で取り扱っています。この中で一番資金調達スピードが早くなるのが「民間のファクタリング会社」です。

ただしスピードが早い分、どうしても手数料が高くなってしまいます。手数料は高くなりますが、早ければ即日で資金調達することができますし、赤字決済や税金滞納の状態でも利用することができるのが魅力です。

\ 滋賀県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


滋賀で即日で資金調達する方法 ファクタリングでスピード調達

滋賀県内で確実に資金調達できる方法

「民間のファクタリング」を利用すれば、すぐにでも売掛金を現金化することができます。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金をすぐに現金化することができる?そんなこと無理だろ。
売掛金というのは取引先から入金されるものだ。入金日がまだ先なのだからそれまで待たなければならない。

 

売掛金は、取引先が入金予定日に入金してくるものです。そのため入金日まで待たなければなりませんでした。これが今までの常識だったことでしょう。

しかし今の常識では、売掛金はすぐに現金化することができるのです。

また現在はいつ会社が潰れるかわからない時代です。そのため取引先が倒産してしまい、もらえるはずの売掛金がもらえなくなってしまうこともあります。そのようなリスクを避けるために、早めに売掛金を現金化することには意味があるのです。

 

売掛先が倒産してしまった場合は?事業者

ファクタリングを利用して資金調達した後に、売掛先である取引先が倒産してしまった場合はどうなるのだ?
ファクタリング会社にお金を返さなければならないのではないか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリングの契約は基本的にはノンリコースとなります。つまり何かしらの事情で売掛金が取引先から入って来ない場合でも、ファクタリングで資金調達したお金はファクタリング会社に返す必要はありません。

 

ファクタリングの契約はノンリコース(償還請求権なし)となります。わかりやすくいうと、何かモノを買った後に、「やっぱり返して」はできないということです。

早期に売掛金を現金化し利益を確定することができ、ノンリコースの契約であるということがあり、経営者によってはファクタリングをうまく利用し資金調達しているのです。

ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングの仕組み意外とシンプルです。ここからは対話文形式でファクタリングを紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

滋賀県内で会社経営をしている。最近資金繰りが悪化してきていて、資金調達をする必要があると思っていた矢先、急な出費が必要となった。
あまりにも急すぎて、銀行融資が間に合わない。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

それでしたらファクタリングを利用したらいかがでしょうか?

タイムリミットまで時間がない事業者

ファクタリング?ああ、売掛債権を現金化するという方法だな。つまりどこか取引している会社に対して売掛金があれば利用できるということだな。

滋賀県の業者が即日中にファクタリングで資金調達ファクタリング会社

そうですね。売掛金はありますか?

うなずく事業者事業者

ああ、そもそも売掛金が入ってきていれば今回も資金調達せずに済んだのだ。でも入金予定はまだ先で困っていたんだ。

まずはファクタリング会社にコンタクトを取るファクタリング会社

では取引先への請求書と、取引先と取引履歴のある通帳のコピーを提出してください。それを確認してから審査をさせていただきたいと思います。

連絡してみる事業者

わかった。ちなみにどのくらいでお金を調達することができるのだ?

まずはファクタリング会社にコンタクトを取るファクタリング会社

とくに問題がなければ今日中、もしくは明日までに御社の口座に入金させていただきます。

 

会社を経営していると、急な出費に必要に迫られることがあります。もし売掛金が入金されていれば、それで支払うことができたのに・・・という思いをしたことがある経営者は少なくないはずです。

そのようなとき、ファクタリングを利用することで入金予定の売掛金を早期で現金化することができます。厳密にいうと、入金予定の売掛金の金額からファクタリングを利用する手数料を引いた金額を受け取ることができます。

参照 おススメのファクタリング会社5社を徹底比較

 

決算状況が思わしくない事業者

入金予定日に取引先から売掛金が入ってきたらどうすればよいのだ?

ファクタリングは融資ではないファクタリング会社

そのまま弊社の口座に送金してください。それで一連の流れは終了となりますので。

ファクタリング利用 流れを簡単に紹介

ファクタリング利用の流れを今一度簡単にお話しします。

ファクタリング利用の流れ

  • ファクタリング会社に連絡
  • ファクタリングを利用できるかの条件確認
  • 審査
  • 契約
  • 入金

①ファクタリング会社に連絡
ファクタリング会社への連絡します。手数料や条件が異なるため、複数に問い合わせをして相見積もりをしたほうがよいでしょう。
相見積もりをすることで、手数料を低くできる可能性があります。

②ファクタリングを利用できるかの条件確認

ファクタリングを利用することができるのは「事業者」つまり「事業の代表」のみです。そして「未回収の売掛金(売掛債権)があること」が条件となります。

そのため、売掛債権の有無を証明するために「取引先への請求書」であったり「取引先との取引履歴のある通帳のコピー」が必要となることが多いです。

③審査

条件確認が終了したら、ファクタリング会社による審査が開始されます。

④契約

審査に通過すると契約となります。

⑤入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

申し込みをしたその日に契約まで完了することが可能であるため、その日の内に入金される場合もあります。

ただしこれは、即日ファクタリングに対応している会社の話です。

ファクタリングを利用するための2つの条件+3つの条件

ファクタリングを利用するためには、まず2つの条件をクリアする必要があります。

3つ条件

  • 法人・個人の代表であること
  • 未回収の売掛債権があること

ファクタリングは一般の個人が利用できるサービスではありません。法人の代表や個人事業主、つまり経営者しか利用することができません。

そして売掛債権を売却するため、売掛債権、つまりは売掛金を持っていなければ利用することができません。売掛金が存在することの確認のために、請求書を提出したり通帳のコピーを提出したりします。まずこれらの確認をはじめに行います。

たまに勘違いをする人がいますが、ファクタリングは借金ではありません、そのためお金を借りるということはできないのです。

はじめの確認が終わると、ファクタリング会社の審査が開始されます。ファクタリング会社によって異なりますが、審査に必要となる書類は以下のものです。

必要書類一覧

  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 決算書や確定申告書
  • 発注書、納品書、請求書
  • 入金履歴のある通帳

これらの書類を提出し、早ければ1時間程度で審査結果が出ます。審査に通過すればすぐに入金されます。ファクタリング会社によっては審査に1〜2営業日、入金に1~2営業日必要となるケースもあります。

もし少しでも早く現金が必要ということであれば、即日対応しているファクタリング会社を利用した方がよいでしょう。

月商と債権金額のバランスを見られることも

ファクタリング会社から審査の際に注目される項目の1つとして「月商と債権金額のバランス」があります。

あくまでも一般論ですが、会社の売り上げが毎月平均100万円なのに対し、売却しようとしている債権金額が500万円という場合、ファクタリング会社としては身構えるのです。ファクタリング会社として恐れるのは「債権偽造」です。

請求書や納品書、発注書などは簡単に偽造することができます。さらに入金履歴のある通帳でさえも偽造しようと思えばできてしまいます。

これにより、偽物の売掛債権を買ってしまうことがあるのです。ファクタリング会社としては大きな損失となってしまうのです。

そのため月商よりも債権金額があまりにも大きいと不自然と感じ、その不自然さが払拭できない限り、ファクタリング会社としては売掛債権の買い取りには応じないことでしょう。もちろん証明する書類などを提出することができれば大丈夫です。
またファクタリング会社によっても考え方が異なるため、気にせず買い取ってくれる場合もあります。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリング会社はリスクを嫌います。そのため疑問に感じた場合、そしてその疑問が解決できそうにない場合には、基本的には買取はお断りします。逆に疑問が解決できるのであれば、積極的に買取をします、

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの契約方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

契約方法によって手数料が大きく変わってきます。

まずファクタリングを利用する際のには「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

つまり売掛債権を売却したい「事業者」。その売掛債権を購入する「ファクタリング会社」。事業者に対して売掛金を支払う予定の「取引先」といった感じです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングには3つメリットがあります。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

つまり「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」ということになるのです。この3つを満たす資金調達方法は、ほかには見当たりません。

 

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことがメリットになっているのがファクタリングなのです!

 

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

滋賀県内でファクタリングに向いている業種とは?

滋賀県内でファクタリングに向いている業種に特定の業種はありません。

つまり売掛金が発生するような業種であれば、どのような業種であっても利用することは可能です。

売掛金の回収サイトの長さで決める

どのような資金調達方法を利用するのかは、売掛金の回収サイトによって判断したほうがよいでしょう。つまり「何日後に売掛金が取引先から入金されるのか?」と「どれだけ事業が持ちこたえることができるのか?」ということがポイントとなるのです。

売掛金の回収サイト、つまり「売掛金を回収するまでにかかる時間」は「業種」や「取引先との契約方法」によって異なります。
売掛金が入ってくるまでの時間の長さから逆算し、いつまでに資金が必要であるのかを考えます。つまりタイムリミットです。

タイムリミットまでの時間が1ヶ月もないということであれば、審査に時間のかかる銀行融資の利用は難しくなってくることでしょう。さらにタイムリミットまでの時間が1週間~2週間ということであれば、選択できる資金調達はスピード重視のファクタリングやビジネスローンくらいに選択肢が狭くなってくることでしょう。

滋賀県で資金繰りが厳しいとされている分野

滋賀県の企業で資金繰りが厳しいとされている分野として、たとえばですが農業などの第一次産業が挙げられます。

なぜなら気候に出荷額や市場価格が変動してしまうためです。さらに人材不足による人件費の高騰も資金繰り悪化の原因ともされています。

JAを中心とした金融機関も農業従事者に対する支援を行なってはいますが、農業で生計を立てている人のほとんどは、個人事業主か、組合グループ(互助グループ)で農作物を育てている人がほとんどです。農機具の購入といった設備投資を行なうことがなかなか厳しいため、収穫量は従事している人の高齢化に比例して減少しているのが事実でしょう。

そこで近年注目されているのが、ファクタリングによる安定的な資金繰りです。行政などもファクタリングを推奨しており、利益の確実な確保と、安定した資金繰りができる合法的な金策として、個人経営の農家さんにも注目されています。

JAや銀行融資を検討することも資金調達の1つの方法であることに変わりはないのですが、もしすぐにでも資金を調達したいと考えている場合には、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

滋賀県内のファクタリング業者

滋賀県内でファクタリング業社を見つけることはできませんでした。

滋賀県内の銀行 ファクタリング事情

滋賀銀行

滋賀銀行
住所 滋賀県大津市浜町1-38
電話 077-524-2141
URL http://www.shigagin.com/

滋賀銀行ではファクタリングに似たサービスとして「でんさいファクタリングサービス」と「ABL」を取り扱っています。

ただしABLに関しては情報が少なく、どうやら近江牛を担保として利用できるABLは開始されているようですが、そのほかの、例えば売掛債権を担保とした融資に関する情報は見つけることができませんでした。

もしファクタリングや、売掛債権を担保とした融資を行なっていたとしても、銀行系の場合は事業者との間に1つ機関を入れることが多く、どうしても資金調達までに時間がかかってしまいます。

そのため、もしスピーディーに資金調達をしたいと考えているのであれば、民間のファクタリングサービスを利用した方が良いかと思います。



滋賀県でおススメのファクタリング会社

滋賀県でファクタリング会社を探す   ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 

※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

京都府大阪府岐阜県兵庫県福井県富山県愛知県石川県


大津市/彦根市/長浜市/近江八幡市/草津市/守山市/栗東市/甲賀市/野洲市/湖南市/高島市/東近江市/米原市/

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次