群馬県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


群馬県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

群馬県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

近年注目を集めている資金調達方法「ファクタリング」。売掛債権をモノとして扱い、第3者に買い取ってもらうことで資金化する金融工学です。今回は群馬県の主要産業にファクタリングがおススメの理由について解説していきます。

群馬県の特徴

関東地方の北東部にあり、内陸部に位置する数少ない県です。人口や県面積は47都道府県の中でも19位(197万人)、21位(6362.28㎢)と中位に位置しています。県内総生産は7兆2216億円で、日本国内では22位、県民所得は一人あたり268.9万円と発表されています。

関東平野と利根川、山稜地帯と自然が豊かな県として知られており、近年では自然を活用した観光産業にも力を入れています。また、2014年に富岡市の「富岡製糸場」などが世界遺産登録されたことによる観光客も増加に寄与しています。

前橋市は全国100都市を対象にした都市成長ランキングで、「子育てしながら働ける環境がある」分野で2位を獲得するなど、生活の利便性が高い都市としても有名です。

群馬県の事業

富岡製糸場などがあるように、昔から製造業に力を入れています。最近では工業系の製造業が県内総生産の半分を占めています。また、商業も盛んで、製造業に次ぐ第2位の産業として群馬県の経済をけん引しています。豊かな自然を活用した農業も主要産業として数えられています。多くの野菜が出荷数で上位にランクインされ、中でもキャベツとこんにゃくイモは、日本一の出荷数を誇っています。

群馬県で資金繰りが厳しいとされている分野

上記で挙げた産業の中でもとくに製造業は資金繰りがギリギリの状態とされています。大企業の下請け工場や孫請け工場が多く、売掛債権の入金サイクルによっては黒字倒産目前の企業も多く確認されています。

製造業にはファクタリングがおススメ

製造業の資金繰りにはファクタリングがおススメです。ファクタリングは冒頭でも触れましたが、売掛債権をモノとして扱い第3者であるファクタリング業者に買い取ってもらい資金化する方法です。歴史も古く15世紀にイギリスで行なわれたファクタリングが起源とされ、現在ではヨーロッパやアメリカの欧州地域では手形取引よりもメジャーな金融工学として知られています。

製造業の一番のネックは材料費をはじめとした経費の支払いです。運転資金が潤沢な大企業であれば問題ありませんが、技術を必要とする製造業では、後継者不足による人件費の高騰や、国際情勢による材料費の高騰、製造用の機械を動かすための燃料費などが年々上がっているのも事実です。

ファクタリングでは入金期日が長い売掛債権を早期に資金化することができ、融資と違い将来的な負債にもならないというメリットがあります。手数料が発生するため、短期的に見ればリスクが高いかも知れませんが、長期的に考えれば、運転資金の安定確保と確実な利益を得ることが出来るため、中小企業の経営者に人気の金策です。

製造業の運転資金調達に困ったら、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

群馬県内のファクタリング業者

ここでは群馬県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


前橋市/高崎市/桐生市/伊勢崎市/太田市/沼田市/館林市/渋川市/藤岡市/富岡市/安中市/みどり市/

カテゴリー

目次