福岡県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法

\ 福岡県で選ぶならこの3社 /

 

確実に資金調達できる方法 ファクタリング事業者

福岡県内で会社を経営している。
最近、運転資金が底をつきかけてきている。資金調達をしたいと考えているのだが、赤字決済が続いていて銀行融資は利用できそうにない。
何か良い資金調達方法はないものか・・・。

 

計画的に行っていた事業でさえも、時代の流れに影響を受け、運転資金が思ったよりも減少してしまうことはあります。

そのような時に資金調達を行うことで資金問題を解決することはできます。しかし資金調達というのは簡単に行うことができるわけではありません。条件をクリアしなければならないのです。

たとえば当サイトで扱っているファクタリングですが、即日で資金調達をすることができます。ただし利用するための条件として、売掛債権を持っている必要があります。さらに事業者でなければなりません。もしこれらの条件に当てはまっていない場合には、ファクタリングを利用することはできません。

逆にいうと、売掛債権を持っている事業者であれば、取引先からの入金日を待たずとも現金を手にすることができるのです。

\ 福岡県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/

福岡で即日で資金調達する方法 それが「ファクタリング」

福岡県内で確実に資金調達できる方法

「ファクタリング」を利用することで、早ければ即日で資金調達することが可能です。

 

即日で資金調達できる方法事業者

即日で資金調達?
そんなに早く資金調達できるのか?怪しさしか感じないぞ。

 

今まで、ファクタリング以外の資金調達を利用してきた事業者からしてみると、即日で資金調達することができるということはにわかに信じられないことかもしれません。

資金調達も複数のカテゴリに分かれています。「金利や利息」「審査の難易度」「調達スピード」などです。この中の「調達スピード」が特に優れた資金調達がファクタリングなのです。そのほかにはビジネスローンも調達スピードが早いといえます。

ファクタリングを利用するためには、まず2つの条件を満たす必要があります。

ただしこの条件は、普通に事業経営を行っていれば基本的には満たしているためあまり心配する必要はないでしょう。

「2つ条件」

  • 取引先に売掛金があること
  • 事業者であること

「条件」といっていますが、多くの事業者はこの条件を満たしていることと思います。

もし現在の状況が、「取引先から入金予定の売掛金が今手元にあったら助かる」という状況であれば、ファクタリングの利用を検討してもよいかもしれません。

ファクタリングの審査を通しやすくするテクニック

未回収の売掛債権を持っていれば、ファクタリングを利用する対象にはなります。

そしてさらに以下の3つの条件が揃っていれば、かなりの高確率で審査に通過し資金調達をすることができるでしょう。

「3つ条件」

  • 売掛金の金額が1ヶ月の売り上げ以下であること
  • 売掛先との取引が継続的であること
  • 必要書類をすべて提示できること

これらすべての条件がそろっている必要はありませんが、条件を満たせば満たすほど、審査には通りやすくなります。

なぜこれら3つの条件をファクタリング会社としては気にするのかというと、「債権が偽造」されることがあるためであり、これらの書類はその真意を明らかにするための材料となるためです。

参照 ファクタリング利用者は気を付けよう 架空債権・二重譲渡・計画倒産

 

売掛金の金額が1ヶ月の売り上げ以下であること

多くの場合、月商の方が売掛金の金額よりも多くなるものです。

しかしファクタリング会社を欺く業者の場合、大きな金額を奪おうと考え、月商以上の債権を持ち込むことがあります。

売掛先との取引が継続的であること

架空の取引を作り上げる業者がいます。ファクタリング会社を欺くために、架空の取引を作り上げるのです。架空の取引であるため継続的な取引の記録がないのです。そのため継続的な取引を行っている証明をする必要があります。

必要書類をすべて提示できること

事業を行っていれば、ファクタリング会社が求める書類を提出することは難しいことではありません。たとえば「商業登記簿謄本」「印鑑証明書」「決算書」などです。しかし事業を行っているわけではなく、ただファクタリング会社を欺こうと考える人は、これらの書類を用意することが難しいです。

 

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリングは手数料商売です。たとえば20%の手数料で商売していた場合、100万円の債権を購入したら、利益は20万円となります。
100万円の利益を出すためには、同じ取引を5回行う必要があります。
つまり、5回の取引の中で1度でも騙されてしまい、お金が戻ってこなければマイナスになってしまうのです。だからこそ、騙されてはならないわけですが、実は偽装した債権を持ち込む事業者は意外といるのです。

 

どのファクタリング会社に話を聞いても、偽造された債権を持ち込まれた経験があると答えるかと思います。それほど、ファクタリングの世界ではよくある話であり、ファクタリング会社としては注意しなければならないことなのです。

とはいっても、あらゆる資金調達の中でもトップクラスに審査が緩いのは間違いありません。「債権が存在することの証明」「取引先の信用力」が証明さえできれば即日で資金調達することが可能です。

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングの仕組みは簡単 福岡でファクタリングを利用するために

ファクタリングは資金調達の中でもあまり知られていない部類に入るため、その仕組みをよく知らないという事業者は多いです。

WEB調査の結果では、これまでに資金調達を経験したことのある事業者の中の、約2%前後の事業者しか利用したことがないという結果が出ました。

ここからはそんなファクタリングの仕組みを対話文形式で紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

福岡県内で事業を行っている。
資金調達を行わないと、来週の支払いに間に合わない状態なのだが、支払うためのお金がない。
ファクタリングならすぐに資金調達できると話を聞いたが本当だろうか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

はい、可能です。取引先に対して売掛金がありますか?

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

ある。そのお金が入ってくれば、来週の支払いに間に合うのだが、まだ入金されていないんだ。

ファクタリングの説明ファクタリング会社

では、そのまだ入金されていない売掛金を弊社で購入させていただきます。そうすれば御社は売買益を得ることができ、支払いをすることが可能となりますよね。

うなずく事業者事業者

確かにそれはそうかもしれないが、売掛金を売ることができるのか?

継続的な取引が重要ファクタリング会社

はい、売掛金を受け取る権利を持っているわけですので、それはつまり売掛債権を持っているということです。手数料は頂きますが、売掛債権は売却することが可能です。

理解する事業者事業者

ではお願いする!

 

資金ショートしてしまう会社の多くは、未回収の売掛金を持っています。この未回収の売掛金さえ回収できていれば、資金ショートを回避することができるといった事業者も多いのです。

ところが売掛金の入金日は決まっていることが多く、それまでは取引先に交渉しても入金してもらえないものです。

ただ事実として「売掛金を受け取る権利を持っていることは確か」です。よってその「権利」は売掛金の金額と同じ価値があるのです。その「権利」をファクタリング会社は商品として扱っています。

参照 ファクタリングの仕組み

 
 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

ファクタリングを利用したら、どのくらいの時間で入金されるのだ?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

ファクタリング会社にもよりますが、弊社の場合でしたら、今日中にお振り込み可能です。

 

ファクタリングを利用する際には、必要な書類を提出し、審査を受ける必要があります。

審査といっても他の資金調達の審査とは異なる基準で行われ、早ければ1時間以内で結果が出ます。それにより、申し込みをしたその日に、口座に入金されることも珍しくありません。そのためスピード重視の資金調達といわれているのです。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングに必要な書類を紹介していきます。ファクタリング会社により審査内容が異なるため参考程度にしてください。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

ファクタリング会社によっては、これらの書類の提出の前、つまり審査の前に「請求書」「通帳のコピー」の提出をお願いしてくることがあります。

「請求書」の提出理由は、「本当に売掛金が存在するのか?」を確認するためのものです。そして「通帳のコピー」の提出理由は、「取引先と継続的な取引が行われているのか?」を確認するものです。

理由はこれら以外にもありますが、ファクタリングを利用するのであれば、この2つの書類は提示しておける状態にしておく必要があるでしょう。

審査通過率は90%を超える 初めの段階でほぼ結果は分かっているため

ファクタリングの場合、審査の前に「請求書」「通帳のコピー」の提出した段階で、そのあとの審査に通過するかどうかの結果は出ているようなものです。

つまり「請求書」「通帳のコピー」を確認し、問題ないと判断されれば、その後は最終確認をするようなものなのです。最終確認では、余ほどのことがなければ落ちることはありません。よって審査通過率が90%以上となっているのです。

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングの契約形態は2種類手数料と状況が異なるため注意

ファクタリングには大きく分けて2つの契約方法があります。

2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

どちらの契約形態を選ぶかは、売掛債権を売却する事業者が選ぶことができます。ただし9割以上の事業者は「2者間ファクタリング」を選びます。その理由は以下の表を見ていただければわかると思います。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

つまり端的にいうと、「2者間ファクタリングを利用すれば、取引先にファクタリングを利用したことが知られないため」です。

これにより、取引先に資金ショートしていることが知られなくなります。よって今まで通りの取引を行うことができます。

資金ショートしている会社との付き合いの危険性

世の中の会社によっては、資金ショートしてしまっている会社との付き合いを避けるケースがあります。

その理由は、資金ショートしているということは資金難に陥っているためであり、つまりは倒産の可能性があるわけです。倒産の可能性のある会社に仕事をお願いした場合、納品されない可能性が出てきてしまいます。結果的に自分の会社が損害を出してしまう可能性があります。

それであれば、同じような仕事を扱う会社はその他にもたくさんあるため、そちらに仕事をお願いしたほうがよいということになるのです。

このような可能性が十分にあるため、2者間契約を選ぶ事業者は多いのです。

2者間契約の欠点は手数料の高さ 手数料を選ぶか取引先を選ぶか

資金ショートの状態でも変わらず付き合いを続けてくれる会社もあります。そのようなときには、3者間ファクタリングを利用してもよいでしょう。

なぜなら2社間と3社間では、手数料が異なってくるためです。

ファクタリングを利用する際には手数料が必要となり、債権金額の5%~30%とかなり幅広くなっています。3社間契約であれば5%~10%であり、2社間契約であれば10%~30%ほどと考えてよいかと思います。なぜこれだけの開きがあるのかというと、ファクタリング会社が受けるリスクの問題からです。

どちらを選ぶかは事業者次第となりますが、ファクタリングを利用する9割以上の事業者は2社間契約を利用するという事実があります。

この辺りのことも考え、ファクタリングを利用して資金調達をするのか、それとも他の資金調達方法を探すのかを考えてみるとよいでしょう。

 

スピードに特化したファクタリング事業者

資金調達方法はさまざまだ。スピードに特化したファクタリングを利用すればこのような感じということだ。スピードに特化すれば手数料は高くなる。
同じようにスピードに特化したビジネスローンの場合でも、利息が高く設定されている。さらに保証人も必要となるケースも多い。
どのようなサービスを利用するのかは事業者の考え次第というところだな。

 


\ 事業者におススメ!/

おススメファクタリング会社

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。

\ 事業者におススメ!/

福岡県でファクタリング利用する方法

福岡県内には複数のファクタリング会社があります。

実はファクタリング会社は大都市圏にしかなく福岡県以外には、東京都や愛知県、大阪府や北海道に集中しています。

そのため、福岡県内の事業者であるのなら福岡県内にあるファクタリング会社を利用してもよいかもしれません・・・といいたいところですが、正直どこに拠点を置くファクタリング会社を利用してもあまり大きな違いはありません。

逆に、福岡県で事業をしているから福岡県内のファクタリングを使ったほうがよいという考えは、一度見直したほうがよいかもしれません。場合によっては大きく損をしてしまう可能性があるためです。

ファクタリング会社を選ぶ3つのポイント

ファクタリング会社を選ぶポイントは、「信頼性」「スピード」「手数料」です。

つまり「多くの事業者が利用しており、必要な時までに入金する体制が整っており、手数料がほどほど」といったファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。つまりそれは「長く経営を行っているファクタリング会社のこと」です。

長く経営を行っているということは、それまでに多くの事業者に利用されてきていますし、今でも利用されているということです。ファクタリング会社を選ぶ際には当たり外れがかなり大きいため、多くの事業者が利用しているファクタリング会社を選んだ方が無難ではあります。

そのため、福岡県内のファクタリング会社に限定せず、複数のファクタリング会社の話を聞いてみるとよいでしょう。相見積もりをすることで手数料を下げられる可能性もあります。

はじめから相場以上に低い手数料を打ち出しているファクタリング会社を選ぶのは注意が必要です。一般的な手数料以外に、その他の項目として請求をされる恐れがあるためです。

直接会って話をしたいのなら福岡県内の業者を選ぶのもアリ

事業者の中には、直接会うことを重要視している人もいます。

そのような場合には、足を運びやすい県内のファクタリング会社の中から選ぶのもよいかと思います。福岡県は幸いなことに、県内に拠点を構えるファクタリング会社が他県に比べ複数あります。

ただしそのほとんどは福岡市内にあります。

福岡市内の事業者であれば利用しやすいことでしょう。ただし福岡市から離れている事業者であれば、電話やメールでやりとりを行ったほうがよいというケースもあることでしょう。そうなると、どこに拠点を置くファクタリング会社を選んでも同じということになってしまいます。

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングで資金調達 他の資金調達にはない3つのメリットがある

ファクタリングで資金調達することは、他の資金調達ない大きな3つのメリットがあります。

ファクタリング 銀行
時間 最短即日 1ヶ月前後
審査 緩め 厳しい
その他 借金ではない 借金となる

スピード重視の資金調達方法であるため、とにかく口座に入金されるまでのスピードは、他の資金調達を圧倒します。

そして「借金という扱いにならない」という点も、事業者にとっては大きなメリットといえるでしょう。この先、金融機関からの融資を考えている場合には、過去の借金の履歴が審査に影響するためです。

ファクタリングのデメリット 売掛債権金額内で手数料が高め

スピード重視のファクタリングですが、それ以外の要素は、他の資金調達に比べると劣ってしまいます。

「売掛債権金額内でしか資金調達ができませんし、手数料が高め。」となるのです。

そのため、「売掛債権がない」「売掛金の金額が少ない」「売掛金以上の資金調達をしたい」「手数料を取られたくない」というのであれば、ファクタリングの利用は向いていないことでしょう。

想像するより高くない手数料

ファクタリングの手数料が高いとされていますが、ビジネスローンと比べてみましょう。

たとえば売掛債権の金額が300万円で、手数料が20%のファクタリング会社を利用するとしましょう。すると手数料は60万円となります。調達できる金額は240万円となります。このように見れば確かに手数料は高いです。

しかしたとえば同じように資金調達までのスピードが早いビジネスローンを利用したとします。同じ240万円を調達するとします。金利を13%と設定し返済期間を5年とします。すると返済総額は約330万円となります。つまり利息としてやく70万円支払うこととなり、尚且つ5年間毎月返済し続ける必要があります。さらに貸借対照表には借金の履歴が残ることになります。事業者自身も保証人となる必要があります。

どちらがよい選択なのかは事業者の考え方次第ではありますが、個人的見解としては継続的に返済したり借金の履歴を残したくはないため、ファクタリングの方を選ぶと思います。

デメリットを少しでも軽減するために必要な交渉 相見積もりは必須

ファクタリングのデメリットでもある「手数料」ですが、ファクタリング会社によって異なります。つまりファクタリング会社の都合で決定しているのです。

そのため、交渉次第では手数料を下げることは可能なのです。

 

スピードに特化したファクタリング事業者

ファクタリング会社は、売掛債権を購入しなければ利益を上げることができない。そして多くのファクタリング会社が、事業者の持つ売掛債権を欲しがって競争している状況だ。
そのため、相見積もりをし交渉することで、はじめに提示された手数料よりも全然数字を下げることは可能だ。
ファクタリングを利用する際に手数料を下げる交渉は必須なのだ。

 

さらに、契約形態を3社間にすれば、さらに低く抑えることも可能です。

よってファクタリングも使い方次第といえます。

福岡県内でファクタリングに向いている事業 資金難や売掛金回収に悩む事業者

福岡県内でファクタリング利用が向いている業種は、売掛金を抱える事業を営んでいて、それにより事業にマイナスの影響を受ける事業者であれば誰でも向いているといえます。

たとえば、大きな金額を扱い、さらに下請けへの支払い、さらには仕入れをしなければ仕事が始まらないような業種には向いている資金調達方法といえます。よくファクタリングを利用する業種としては「建設業」「塗装業」「運送業」「IT事業」などが挙げられます。

このほかにも「農業」「水産業」などの一次産業なども、天候に影響され収益に不安定であるため資金難に陥りやすく、ファクタリングを利用するケースも増えています。

黒字倒産を防ぐ特効薬となりえる

黒字倒産とは、売り上げがあるのにもかかわらず資金難に陥ってしまい倒産してしまうものであり、割合としては、企業の倒産件数の約半数を占めるほど多いのです。

それほど黒字倒産してしまう企業は多く、言い換えれば、それほど売掛金を回収できずに倒産してしまっているということなのです。

ちなみにビジネスとして次のような考え方があります。

「売掛金はできるだけ早く回収する。買掛金はできるだけ支払いを遅らせる。これにより、会社内にお金が残りやすい。」

といったものです。この考えを実践している事業者が取引先にいたとすると、支払いはなかなかしてくれないのです。よって、売掛金をもらう側の経営がどんどん悪くなってしまいます。

取引先が支払いの遅れもファクタリングで解消

どんなに取引先が売掛金の支払いを遅らせてきたとしても、そして売掛金の支払いを渋ってきたとしても、ファクタリングを利用してしまえば問題を解決できる可能性があります。

なぜならファクタリング会社に売掛債権を売却した段階で、その売掛債権はファクタリング会社のものとなるためです。そして売却するため事業者は資金を手にすることができます。

つまり取引先が売掛金の支払いをしてこなかったとしても、すでに売掛債権を売却してお金を手にしている事業者からすると損をすることはありません。損をするとすれば、債権を購入してしまったファクタリング会社が損となってしまうのです。

損をしてしまうリスクがあるために、ファクタリングの手数料は高く設定されているのです。

  • 事業者が売掛債権をファクタリング会社に譲渡(売却)する。
  • ファクタリング会社に取引先から売掛金をもらう権利が移動する。
  • 事業者は売掛債権の売却益を得る。
  • 取引先から売掛金が入金されない。
  • 事業者は売却益を得ているため問題ない。
  • ファクタリング会社は、事業者に渡した金額分の損失を出す。

ファクタリングの契約というのは大抵の場合、償還請求権がない契約、つまりノンリコース契約となります。つまり今回の場合でいうと、「取引先から売掛金が入ってこなかったとしても、事業者に渡したお金は戻さなくてもよい」という契約なのです。これはファクタリング会社にとっては大きなリスクなのです。だからこそ手数料が高めに設定されているのです。

よって、取引先から入金が遅い場合や、本当に振り込まれるのか不安な場合であれば、早めにファクタリング会社に対象の売掛債権を売却することも、経営判断といえるかもしれません。

売掛金は60日以内に支払うルールがある

売掛金は60日以内に支払うといったルールが下請代金支払遅延等防止法によって定められています。

そのため、売掛先の支払いは基本的には60日以内に行われなければならないのです。

参照 下請代金支払遅延等防止法(公正取引委員会)

 

とは言っても売掛先からしてみると、お金がなければ払えないという状態もあることでしょう。下請代金支払遅延等防止法に違反することになると伝えたとしても、支払えないものは支払えないという回答となることでしょう。

しかしそれでは売掛金を回収できないため、事業資金に大きく影響をもたらしてしまうことでしょう。よってたとえば今回紹介しているファクタリングを検討してみるのもよかと思うのです。



\ 事業者におススメ!/

福岡県でおススメのファクタリング会社

福岡県でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

福岡県でファクタリングを利用するなら銀行ファクタリングも 信頼度は高いがスピードの面で不安がある

福岡県内には「福岡銀行」「西日本シティ銀行」「筑邦銀行」「北九州銀行」「福岡中央銀行」と5つの銀行があります。

これらの銀行のサービスとして、ファクタリングに似たサービスを取り扱っていることがあります。それは「債権流動化(ABL)」であったり「一括ファクタリング」といわれるものです。

福岡銀行

福岡銀行
住所 福岡県福岡市中央区天神2-13-1
電話 092-723-2131
URL https://www.fukuokabank.co.jp/

西日本シティ銀行

西日本シティ銀行
住所 福岡県福岡市博多区博多駅前3-1-1
電話 092-476-1111
URL https://www.ncbank.co.jp/

筑邦銀行

筑邦銀行
住所 福岡県久留米市諏訪野町2456-1
電話 0942-32-5331
URL https://www.chikugin.co.jp/

北九州銀行

北九州銀行
住所 福岡県北九州市小倉北区堺町1-1-10
電話 093-513-5200
URL https://www.kitakyushubank.co.jp/

福岡中央銀行

福岡中央銀行
住所 福岡県福岡市中央区大名2-12-1
電話 092-751-4431
URL https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/

たとえば「福岡銀行」では、「動産担保融資」や「売掛債権流動化」を取り扱っています。

参照 経営のサポート(福岡銀行)

 

「筑邦銀行」では「ABL」を取り扱っています。

参照 ABL(筑邦銀行)

 

「北九州銀行」では、「ABL」も扱っていますが「債権流動化」も取り扱っています。

参照 売掛債権流動化(北九州銀行)
 

これらはファクタリングと似たシステムであり、とくに「売掛債権流動化」はほとんど同じなのですが、ファクタリングよりも劣ってしまう点があります。それが「スピード」です。

どうしても銀行のサービスを利用する場合には、時間がかかってしまうのです。それは銀行側で外部機関を利用して信用チェックや担保評価を行うためです。

民間のファクタリング会社の場合、その場ですぐに審査を行います。そのため1時間以内に審査結果が出ますし、即日入金も可能となってくるのです。もしファクタリングにスピードを求めるのであれば、民間のファクタリング会社の利用を検討してみるとよいでしょう。ただし手数料の面で低く抑えたいというのであれば、多少時間はかかりますが銀行のサービスを検討してみるとよいでしょう。

福岡県の銀行ファクタリング事情

福岡県の銀行シェアは福岡銀行が36.2%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、西日本シティ銀行が26.1%、ゆうちょ銀行が19.8%となります。福岡銀行と西日本シティ銀行がしぇあのはんぶんいじょうを確保しており、ゆうちょ銀行も合わせると80%のシェアがあります。

福岡県内の銀行では債権流動化に関連するサービスを提供しています。債権流動化を活用すると、銀行でもファクタリングと同じようなサービスが使えるのです。

福岡県内の主要銀行について

福岡県は福岡銀行と西日本シティ銀行の2つがシェアを多く確保しています。福岡銀行は多方面での展開を実施している銀行として、西日本シティ銀行は貸金等のつながりが強い銀行としてシェアを確保しています。

福岡銀行は九州全域に支店を設けている銀行で、九州では最も大きな銀行です。本州にも山口県をはじめとして支店を展開しており、関東でも東京都で銀行サービスを利用できます。九州地方の銀行とつながりが深く、不良債権処理などで健全な経営をサポートしています。

西日本シティ銀行は西日本銀行と福岡シティ銀行が統合して生まれた銀行です。2004年に誕生した銀行のため歴史は浅いものの、北九州地区を中心に銀行を展開しています。消費者金融とのつながりがあり、消費者金融のカードをATMで利用可能にしています。

福岡の銀行ファクタリングはあるのか

福岡銀行では売掛債権流動化を実施しています。これは売掛債権を現金化することで資金調達を可能にしている方法です。一般的なファクタリングと似たようなサービスを銀行が提供しており、短時間で資金調達を希望している企業におすすめの方法です。

西日本シティ銀行では金融債権流動化というサービスを展開しています。名称が少し違うだけで、実際に展開しているサービスは福岡銀行の売掛債権流動化とほぼ同じです。

どちらの場合も審査が必要であり、審査結果によっては利用できない場合があります。

まとめ:熊本の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

銀行が提供しているファクタリングは、一般企業が展開しているファクタリングと違い審査を受けなければなりません。銀行は信用できる企業にだけ売掛債権流動化のサービスを提供しているため、どうしても審査をして信用を確認しなければなりません。

一方で一般的なファクタリングの場合、経営状況に関係なくファクタリングが使えます。経営状況に左右されず、赤字経営が続いていたとしても利用できるのは安心できるポイントかもしれません。

近隣のファクタリング事情

福岡県に隣接する都道府県のファクタリング情報を紹介します。

佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県