【OLTA】ネット完結型ファクタリングサービス 請求書をすぐに資金化 -信頼性・手数料・評価-


【olta】請求書をすぐに資金化できるクラウドファクタリング -信頼性・手数料・評価-

oltaのファクタリングは、今までのファクタリングのシステムとは異なったシステムを採用しています。それが「クラウドファクタリング」です。

\ 事業者限定!おススメの5社 /


オンライン上ですべてを完結させるというものです。

すべての手続きがネットで完結。最短24時間以内に売掛債権を現金化。手数料もオンラインのため業界最安水準の2%~9%です。

サービス概要

買取金額上限下限なし
スピード最短即日
手数料2%~9%
契約形態2社間3社間
個人事業
設立2017年
対応地域全国
営業時間10:00~18:00
住所〒107-0062 東京都港区南青山一丁目15番41号 QCcube南青山115ビル 3階
電話番号050-3205-1008
会社名OLTA株式会社
サイトURLhttps://corp.olta.co.jp/
地図

公式サイトはコチラ

特徴 オンライン完結型ファクタリング

OLTAのファクタリングは、日本初のオンライン完結型ファクタリングを採用しています。

一般的なファクタリングは、ファクタリング会社に問い合わせをし、必要書類を提出し、審査。審査に通ると資金調達ができるといったものでした。契約の段階、とくに初めて利用される事業者の場合は、ファクタリング会社のスタッフとの面談を行なうケースが一般的であり、それに伴った時間的なロスがどうしても発生してしまいました。

ところがOLTAのファクタリングの場合、オンラインで完結するため、時間的なロスを最小限に抑えることができます。さらにオンラインで完結するということは人件費を最大限に抑えることができ、結果として手数料を低く抑えることができるのです。

ファクタリングにとって大きなポイントは手数料です。2社間ファクタリングであれば10%~30%、3社間であれば5%~10%あたりが相場とされていますが、OLTAの場合は2%~9%の手数料となっています。

非常に素晴らしいシステムを採用していると思いますし、従来のファクタリングのシステムをさらに強化したものだとも思います。しかし若干の疑問点としては、ファクタリングとはお金のやり取りが行われるため、そこに「人が入ること」は重要だと思います。なぜならファクタリングにおいて一番重要とされるのは「信用・信頼」であるためです。

とはいえ、現在のシステムで多くの実績を残していることも事実です。

審査に必要な書類

法人

  1. 本人確認書類
  2. 請求書
  3. 保有する全ての法人口座の直近7ヶ月分の入出金明細
  4. 昨年度の決算書
  5. 昨年度の勘定科目内訳明細書

個人事業主

  1. 本人確認書類
  2. 請求書
  3. 屋号名義、(屋号の届け出がない場合)事業で使用している個人名義口座の直近7ヶ月分の入出金明細
  4. 昨年度の確定申告書B(控え)と青色申告決算書(または収支内訳書)

審査に必要な書類はどれもすぐに揃えやすいものばかりというのも、人気の秘密でしょう。

客観的な判断のため情に訴えることは難しい!?

非常に優れ画期的なファクタリング方法ではあるのですが、場合によっては利用しづらいと感じる人がいるかもしれません。それはファクタリングにおいて大事とされるのは信頼関係です。人と人とのつながりです。

つまりOLTAのシステムはAIで判断されてしまうため、客観的に判断されてしまいます。つまり情に訴えることができないのです。これを良しとしない事業者は少なからずいるかもしれません。

買取金額 上限下限なし

買取金額に制限はありません。

多くのファクタリング会社では、たとえば50万円~5000万円といったように買取金額に制限をかけています。しかしOLTAはその制限がありません。

スピード

最短24時間以内で資金調達可能です。

審査に必要な書類が揃っていれば、最短で24時間以内で資金調達まで可能となっています。※翌営業日になることもあります。

契約形態

2社間と3社間の両方に対応しています。そして、債権譲渡登記もありません。

個人事業

個人事業者に対応しています。

対応地域

全国対応です。

会社所在

千代田線乃木坂駅より徒歩6分。銀座線青山一丁目駅より徒歩6分。

CONAIRと大きくロゴの入った建物の3階となります。

公式サイトはコチラ

ユーザーからの声

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

これから利用される方のために、レビューのご協力お願いします。

平均評価:  
 
0 レビュー

カテゴリー

目次