大阪府でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


大阪府でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法

\ 大阪府で選ぶならこの3社 /

 

確実に資金調達できる方法事業者

大阪で製造業を代々を営んでいる。
銀行から融資を受ける予定ではいるのだが、審査に時間がかかる。それまでにいくらか事業資金が必要なのだが、また売掛金が入ってこない・・・。
何かほかに資金調達方法はないだろうか・・・。

 

銀行からの融資は、金利の面でも優れており、事業資金を確保したい事業者にとっては利用したい資金調達方法ではあります。

ところが審査に通過し入金されるまでに時間がかかってしまうのがネックとなってしまいます。その間、資金が不足し経営が悪化してしまうといったケースもあるのです。

そんなとき、売掛先から売掛金が入金されればよいのですが、取引先の事情によりこちらが欲しいタイミングで入金されてくるわけではありません。

そこで必要となるのが、銀行の融資が下りるまで、さらには売掛先から売掛金が入金されるまでの間の「つなぎ資金」となります。つなぎ資金であるため、審査や入金までに時間がかかっていては使い勝手が悪いです。

「できるだけ早くに資金調達できる方法」としておススメとなるのがファクタリングです。

今回の場合、売掛金があるとのことですので、その売掛金を利用しファクタリングで資金調達することが可能となります。

\ 大阪府で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


大阪でつなぎ資金を高確率です調達する方法 それが「ファクタリング」

大阪府内でつなぎ資金を高確率です調達する方法

「ファクタリング」は高確率で資金調達できる方法として注目されています。

 

確実に資金調達できる方法事業者

つなぎ資金を高確率で調達できる?
そんな方法があるのならぜひ利用してみたいところだが、本当にそのようなものがあるのか?

 

条件さえ満たしてば、ファクタリングを利用することで資金調達することは可能です。条件というのは以下の通りです。

「現在、未回収の売掛金があり、売掛金の回収先である取引先の会社の経営に大きな問題がない場合」

となります。

このような状態であれば、未回収の売掛金をすぐに手にすることができるのです。これにより現金を確保することができるため、しばらくの間のつなぎ資金として利用することが可能です。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金を手にすることができる?
取引先の入金予定日はまだ先だ。どんなに交渉しても予定日の前に支払ってくれるわけがない。
それに早く支払ってとはいえない。資金繰りが悪化しているのを伝えるようなものだからな。今後の取引に影響してしまう。

 

「売掛金をすぐに手にすることができる」というのは「間接的に」の話です。間接的にではありますが、ファクタリングを利用することで資金調達をすることはできます。

そしてファクタリングを利用することで、売掛先に資金繰りが悪化していることは知られません。またファクタリング会社が売掛先に対して請求をすることもありません。

そのため、仕事で付き合っているどの会社にも知られることなく資金調達をすることが可能なのです。

 

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリングのメリットは「秘密主義」という点です。

 

ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングの仕組み自体はとても簡単なものです。

「将来入ってくる予定のお金を、他の人間が代わりに支払う。その代わり手数料をもらうよ。」

といったものです。

そのあたりをもう少し詳しく紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

事業資金が必要で資金調達を考えている。できるだけ早く現金を手にしたいのだが、すぐにできる資金調達はないだろうか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリングであれば早ければ即日で資金調達可能です。取引先に対して請求書を送ったけど、まだ未入金の売掛金はありませんか?

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

ああ、それならある。その売掛金が入ってくれば、こんなにも困っていないのだが、入金予定はまだ先なんだ。

ファクタリングの説明ファクタリング会社

それであれば、売掛金を受け取る権利を持っているということになります。つまり「売掛債権を持っている」ということになりますので、それを売却して資金調達することは可能です。

うなずく事業者事業者

つまり売掛金が売れるということなのか?

継続的な取引が重要ファクタリング会社

そうです。売掛金はもらう権利のある売り上げです。つまりその金額分の価値があるということです。そのため、価値のあるモノは売却することが可能となります。

理解する事業者事業者

ではお願いしたい!

 

商品やサービスを取引先に納品し請求書を提出することで、取引先から納品物のお金をもらうことができます。そのことを「売掛金」といいます。売掛金の支払いを受ける権利を持っていることを「売掛債権」といいます。

つまり売掛債権を持っているということは、売掛金を受け取る権利を持つことになります。よって売掛債権は売掛金と同じだけの価値があるということにあります。

価値のあるモノであれば、売却することが可能であり、売掛金を専門に扱っているのがファクタリング会社ということになります。

ファクタリングは民間だけではなく、銀行やノンバンクの金融機関でも取り扱っているサービスです。

参照 売掛金は売却することができる

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

売掛金を利用して資金調達することができるのはよいのだが、どのくらいの時間がかかるんだ?時間がかかるのなら他の資金調達と変わらないぞ。

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

ファクタリングの最大の武器はスピードです。そのため最短即日で入金まで完了することが可能となります。

 

ファクタリングはスピードに特化した資金調達です。早ければ即日で入金まで完了します。「今すぐ資金調達したい」という需要は一定数あり、そんな需要を満たすサービスなのです。

銀行やノンバンク系の金融機関でもファクタリングや類似したサービスはあるのですが、資金化するまでにどうしても時間が必要となってしまい、「今すぐ」という需要は満たすことができないのです。

ファクタリングは借金ではない

勘違いされやすいのですが、ファクタリングは借金ではありません。

ファクタリングは事業者の持つ売掛債権を売却する行為です。それはつまり「会社が持つものを売却する」ということです。よってお金を借りて資金調達をするわけではありません。つまり借金ではないのです。

借金をして資金調達をすると、貸借対照表には借金の履歴が掲載されます。その記載が時として、銀行融資に影響してしまうことがあります。

ところが借金ではないファクタリングは、貸借対照表に影響を与えることはありません。よって銀行融資に影響を与えることがないのです。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリングの特徴を理解している事業者は、あえて資金調達でファクタリングを利用し、貸借対照表をきれいな状態にして置き、大きな金額の融資を銀行から受けるといった手法を取っています。

 

ファクタリングは融資ではないファクタリング会社

よく「融資」だと勘違いした問い合わせをいただくことがありますが、対応することができません。
もしお金を貸してしまうと、貸金業法違反となってしまうためです。

 

ファクタリング利用の流れ

もう一度、簡単にファクタリング利用の流れを紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。専用のWEBサイトからでもよいですし、電話やメールでもよいです。

②必要書類を提出

ファクタリング会社によって異なりますが、先ほど説明したような「請求書」と「通帳のコピー」だけでよいケースもあります。

ただしファクタリング会社によって決まりは異なるため、一概には何とも言えません。

最終的に審査までに必要となる書類は以下のものです。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

この書類に関しても、ファクタリング会社によって異なります。

③審査

審査スピードは1時間前後~翌営業日と、ファクタリング会社によって異なります。早ければ約1時間以内で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。これで一連のファクタリング契約は終了となります。

ファクタリングは手数料が高い それを見越して請求をする

ファクタリングの欠点は「手数料が高い」ことです。しかしファクタリングを利用することを前提としている事業者は、その手数料を初めから取引先の請求に上乗せしている事業者もいます。

その結果、ファクタリングを利用し手数料を引かれたとしても、経営に全く影響が出ないのです。そればかりか、売掛金の回収サイトを短くすることができ、素早く利益を確定することができるため、安定した事業経営を行うことができているのです。

そもそもファクタリングの手数料が高い理由は以下の通りです。

売掛債権を購入するリスクが非常に高いため

売掛債権はあくまでも売掛金を受け取ることができる権利です。

権利を持っていたとしても売掛先にお金がなければ支払ってもらうことはできません。ファクタリング会社からしてみると、売掛先の状況を調べますが、ハッキリとはわかりません。その状態で売掛債権を買うためリスクが高くなります。

スピード重視の審査のため

次にスピード重視であるからファクタリングに価値があります。

しっかり時間を取って審査をしたらどうしても時間がかかってしまいます。それではスピード重視ではなくなってしまいます。結果としてファクタリングの存在価値がなくなってしまいます。審査時間を短くすればするほどファクタリング会社のリスクは高くなります。

担保や保証人を取らないため

次に担保や保証人を取りません。取ってしまうと貸金業になるためです。

ファクタリングは貸金業ではありません。よって担保や保証人に対する審査が無くなるため審査スピードはアップするのですが、その分何か発生したときにはファクタリング会社としては損害を補填することができなくなってしまいます。

償還請求権のない契約であるため

最後にファクタリングというのは、償還請求権のない契約となります。

つまり事業者から売掛債権を購入しお金を渡したとして、何かしらのトラブルで売掛先から売掛金が入ってこなかったとします。そのような場合においても、ファクタリング会社は事業者に対して弁済を求めることができないのです。つまり事業者からすると、お金を戻す必要がないのです。

どれか1つを取ってみても、ファクタリング会社が抱えるリスクは高いことが分かるかと思います。リスクが高い分、手数料が高くなります。

ファクタリングの2つの契約方法 90%以上が2社間を選ぶ

ファクタリングには2社間3社間といった2つの契約方法があります。

どちらを選ぶかにより、手数料が大きく変わってきます。

先ほどリスクの話をしましたが、3社間の方がファクタリング会社にとってはリスクが大きく減ります。そのため手数料も一気に低くなるわけですが、ファクタリングを利用する事業者の90%以上が手数料が高い2社間契約の方を選択します。

理由は「2者間契約をすると、ファクタリングを利用したことが取引先に通知されないため」だからです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

売掛先に理解があり、資金繰りが悪化している状態であっても今後の取引に影響しない場合であれば、3社間を選択してもよいかと思います。

ところが一般的な考え方の話ですが、もし取引先が資金難の状態に陥っているとわかった場合、その会社に仕事を発注し続けるでしょうか?発注した結果、途中で会社が倒産してしまい、商品が納品されない状態になってしまうことを恐れないでしょうか?

このように考える事業者も一定数います。そのため資金繰りが悪化している会社よりも、そうではない会社に仕事をお願いするといったケースもあります。

そのため、資金繰りが悪化している状態であったとしても、取引を行っている会社にその状況を知られるのは都合が悪いと考える事業者がいるのです。

結果として多くの事業者が、2者間契約を利用し、取引先にファクタリングで資金調達をしたことを知られないようにするのです。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

大阪府でファクタリングを賢く利用する3つの方法

ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社にコンタクトを取るところから始めます。

ほとんどのファクタリング会社は東京にありますが、一部大阪にもファクタリング会社はあります。ファクタリングを利用する際にはとくに地理的な問題はないため、どのファクタリング会社を利用してもよいかとは思います。

長く経営をしている業者を選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際に気を付けたいこととしては、長く経営をしている業者を選ぶとハズレにくい傾向があります。

実はファクタリングの事業を行う際にはとくに資格は必要ないのです。そのため誰でもファクタリング業務を行うことができます。この「誰でも」というのがポイントであり、さまざまなタイプの人間がファクタリング事業を開始しています。

結果として、トラブルになっているといったニュースになることがあります。多いトラブルとしては「ファクタリングは貸金ではないのに、知らないうちに借金をさせられていた」といった内容が多いです。

トラブルを起こすような業者の場合、すぐにつぶれてしまったり、会社名を頻繁に変更したりします。

逆に長い間、同じサービス名や同じ会社名で経営しているファクタリング会社は、目立ったトラブルを起こしていないということになります。

さらに長い間営業を続けているということは、利益を出し続けているということです。利益を出しているということは一定数の顧客がいるということです。

ファクタリングの顧客というのは事業者です。つまり社会的に社長や代表とされている人たちです。経営のプロが長い間信用し利用しているということは、少なくても悪くはないということです。

逆に長い間営業を続けられないということは、顧客がついていないということです。つまりサービスの質に疑いがあります。

このようなことがあるため、長い間事業を継続できているファクタリング会社を選ぶとよいかもしれません。

 

事業者事業者

知名度は大切だ。ただしネットで情報収集をしたとしても、誤った情報が多い。そのため、長く経営をしている業者を選んだ方がよいだろう。これは登記簿や会社の設立年月日を見ればある程度判断できる。

 

参照 国税庁法人番号公表サイト(外部サイト)

 

必ず相見積もりと交渉

ファクタリングを利用する際には、必ず複数社と相見積もりをすることをおススメします。さらに交渉していくこともおススメします。

そもそもですが、ファクタリング会社からしてみると、事業者の持つ売掛債権はどうしても欲しいものなのです。売掛債権を買い取らなければ利益を生むことができないためです。

そのため本来であれば手数料を30%で契約を結びたいところですが、他のファクタリング会社と相見積もりをされていることを伝えれば、それなりに手数料を下げてくれるものです。もし下げてもらえないのであれば、他のファクタリング会社へ話を持っていけばよいだけなのです。

日本国内だけでも100以上のファクタリング会社があり、そのどれもが売掛債権を欲しがっている状況ですので、相見積もりをすることで、ある一定のところまでは手数料を下げてくれるでしょう。

ただしあまり極端に下げることはありません。ファクタリング会社として売掛債権を購入した時点で大きなリスクを抱えることになります。あまり低い手数料で大きなリスクを抱えたくはないと考えるためです。

 

事業者事業者

相見積もりは基本中の基本だ。少しでも手数料を下げる努力をしなければならない。ただしあまりやりすぎると、変な手数料を後から上乗せされる可能性もあるから注意が必要だ。

 

デッドラインは教えない

デッドラインをファクタリング会社に伝えないほうがよいでしょう。つまり「〇月〇日までにお金が必要」という日付です。

ファクタリング会社は、はじめのうちは、その日までお金を渡すことができるといった話をしてきます。そしてファクタリングの契約日を、何かしらの理由を付けてデッドライン直前に持ってきます。

契約をしようとすると、突然手数料を変更するといってきます。事業者からしてみるともうデッドラインギリギリなわけです。手数料の変更を断ったら契約ができず資金調達ができません。また時間もないわけなので、他のファクタリング業者に話をすることもできません。

結果として一方的に手数料を高くされ、契約することになってしまうのです。

そのためデッドラインだけは言わないほうがよいでしょう。

 

事業者事業者

実はかなり大事なことだ。もしデッドラインを教えてほしいといわれても毅然とした態度でいればよい。焦った態度は見せないほうがよい。漬け込んでくる可能性があるからな。

 

大阪府内でファクタリングに向いている業種とは?

売掛債権を持つ業種であれば、どの業種においてもファクタリングの利用の対象となります。そのため大阪府だからどの業種がファクタリングに向いているというものはありません。

また大阪の場合には、近隣に拠点を構えるファクタリング会社が複数あるため、他の地域に比べると足を運びやすいといえます。

大阪府で資金繰りが厳しいとされている分野

大阪府の主要産業は卸売業・小売業、製造業であり全体の8割を占めているとされています。

これら業種の倒産や廃業による減少数が多く、たとえば製造業の企業数でいうと2012年度の調査と比べると2300社減となっています。そして日本全体の倒産企業理由を調べてみると、黒字倒産が原因となっているケースが倒産件数の拍半分を占めているという事実があります。

つまり売り上げがあるが、その売り上げが入金されないことにより倒産してしまっているということなのです。もっというと、売掛金が入金される時間としては約1ヶ月~3ヵ月前後です。その数ヵ月間を耐えられない状況だということなのです。

ファクタリングで繋ぎ経営を継続させる

黒字倒産を解決する方法として有効な資金調達方法が「ファクタリング」でしょう。

たとえ売掛金の入金予定が3ヶ月先で、その間経営が持ちそうにないということであれば、その売掛金をファクタリングで現金化させてしまえば、しばらくの間経営を継続させることができることでしょう。

その間、社内の資金繰りを見直し、さらには金融機関からの融資を受ける準備を整えることで、事業の立て直しを図ることができます。

本命の資金調達は銀行からの融資です。しかし銀行としては、経営が悪化している会社に対しての融資には後ろ向きとなります。返済してもらえない可能性があるためです。

そのため審査の際には、その会社、もしくは事業者の過去の借入履歴から、融資の可否を判断する材料とします。借金関係で返済が遅れた過去があったり、何度も借金をしている過去があった場合には、少なからず審査に影響し、融資が下りないことも。

しかしファクタリングであれば、資金調達したのにも関わらず借金ではないため借金の履歴が残ることはありません。

このような点を踏まえても、つなぎの資金調達としてファクタリングは利用価値が高いと考えます。

また繋ぎの資金調達として必要な要素は「スピード」です。すぐに手元に資金が入ってくる必要があります。その点も早ければ即日で資金調達できるファクタリングは条件を満たしているといえるでしょう。

大阪府内のファクタリング業者



大阪府でおススメのファクタリング会社

大阪府でファクタリング会社を探す   ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 

※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

京都府奈良県兵庫県岡山県三重県和歌山県滋賀県


大阪市/(都島区/福島区/此花区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区)堺市/堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/豊中市/池田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/箕面市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次