即日ファクタリングなら最短即日で資金調達可能

投稿日  / 最終更新日

即日対応しているファクタリング会社一覧

事業者事業者

至急資金調達したい!即日対応している資金調達は何かないのか?

 

すぐに、それも即日で資金調達をしたいと考える事業者におススメな方法としてファクタリングがあります。ファクタリングはお金を借りるのではなく、事業者の持つ売掛債権(請求書)を売却することで資金調達するといった方法です。

担保も保証人も必要なく、早ければ即日で現金を手に入れることが可能です。

ここでは「即日対応しているファクタリング会社」を紹介しています。

\ 即日対応 /

 

厳選!即日対応!ファクタリング会社

えんナビ対象契約形態スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間も対応。最短即日で資金調達可能。

OLTA対象契約形態スピード
OLTA

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。

ウィット対象契約形態スピード
ウィット

法人・個人事業

2社間
3社間

最短即日

完全非対面。電話一本で資金調達可能。

※ファクタリング利用時には相見積もりがおススメです。

 

「即日審査・即日入金」に対応している2社を紹介しています。紹介している会社以外にも対応しているファクタリング会社はありますが、私自身が試したことがないため断言することができません。

またここで紹介している2社においても、問い合わせの曜日や時間帯、混雑状況、売掛債権の状況によって即日での資金調達が難しくなる可能性もあります。

前提として確認すべきは「入金日」

前提として確認すべきは「入金日」

もしすぐにファクタリングで資金調達をおこないたいと思っている事業者なら、絶対に確認すべきことがあります。それは、

「いつ現金を手にすることができるのか?」

という正確な日時でしょう。資金調達においてはかなり重要なポイントです。

これを確認せずに「即日」という表現だけを信じて契約をしてしまうと、現金が必要な日までに用意できないという結果につながってしまうことも・・・。

 

事業者事業者

「即日」って言うくらいなんだから、今日ファクタリングの申し込みをしたら、今日中に現金を受け取ることができるんだろ?

 

このように考える事業者は少なくないと思います。しかしそうとは限らないのです。

そのため契約をする前に必ず、現金を手にできる日程の詳細を確認することが大事です。

気を付けたい3つの「即日」

ファクタリングで資金調達するなら気を付けたい3つの「即日」
多くのファクタリング会社は、「即日」という言葉でアピールしています。

しかしこの「即日」という言葉には大きく分けて3つの意味があります。

※当サイト基準で3つに分けてあります。

これらすべてが「即日」と表現されます。しかしこのどれもが違った意味を持っています。

すべてが似たような表現で分かりづらいかと思いますが、これらには大きな違いがあり、大事なポイントとなります。ここを間違って解釈しファクタリングの申し込みをしてしまうと、必要な日に必要な金額を資金調達することができなくなってしまう可能性があるのです。

そのためまず確認しなければならないことは、利用を考えているファクタリング会社の「即日」が、どの「即日」なのかを知るということです。

結論から言いますと、この中で一番最速で資金調達ができるのは「即日審査・即日入金」です。そしてそれに対応しているファクタリング会社は意外と少ないです。なのでまずここを確認しましょう。

即日審査・即日入金申し込んだその日のうちに審査を完了し、審査に通過すればその日のうちに入金まで完了。
即日審査申し込んだその日のうちに、審査完了。審査は完了しているが、入金日は不明。
「審査通過後、即日入金」審査に通過したその日のうちに入金。問題は審査日が申し込みをした人は限らないこと。

「3つの即日」について簡単に説明しましたが、違いが分かったでしょうか?同じ「即日」という言葉を使っているのですが、実際に入金される日に違いが出てくる可能性があるのです。

少し分かりにくいかもしれませんので、もう少し詳しくお話ししたいと思います。またその中で最良のケースと最悪のケースを紹介します。

即日審査・即日入金■最良のケース
申し込みをしたその日のうちに審査をします。審査を通過すると、その日のうちに入金が完了します。3つの即日の中で一番早く資金調達できるケースとなります。

■最悪のケース
審査が完了した時間帯が遅い時間であったり、利用する金融機関によっては、入金が実行されるのが翌営業日になる可能性があります。

即日審査■最良のケース
申し込みをしたその日のうちに審査をします。審査を通過すると、そしてその日のうちに入金が完了します。

■最悪のケース
申し込みをしたその日のうちに審査をします。審査を通過すると、翌営業日、もしくは数日後に入金が完了となります。そのため週末や祝日などが絡んできてしまうと、最短でも入金までに3日前後必要となります。

「審査通過後、即日入金」■最良のケース
申し込みをしたその日のうちに審査をします。審査を通過すると、そしてその日のうちに入金が完了します。

■最悪のケース
審査が申し込みをした翌営業日、もしくは数日後に行われることがあります。とくに多くの利用者を抱えるファクタリング会社は、審査が順番待ちとなってしまいます。
どのくらいの順番待ちになるかにより、入金までの時間が変わってきます。

このように一言で「即日」と言っても少なくとも3つの意味が考えられるのです。

そのため、利用しようと考えているファクタリング会社が、どの即日に対応しているのかを契約前に確認しておくことが大事でしょう。

\ 即日対応 /

申し込む曜日や時間がポイント 即日審査と即日入金は違う

申し込む曜日や時間がポイント

即日審査に対応しているファクタリング会社には、即日入金に対応している場合と、そうではない場合があります。まずここが気を付けるポイントとなります。

審査に通過しても、入金は翌営業日になることもあります。この「翌営業日」というのが実は問題なのです。

土日祝日は基本的に休み 審査ができないため

たとえば、ファクタリング会社の多くは「土日祝日といった休日には審査に対応していないケースがほとんど」です。なぜなら、審査するためにチェックをしなければならないことがあるわけですが、このシステムを休日利用することができないためです。

審査をしなければファクタリング契約を結ぶことはできません。そのため土日・祝日に即日で資金調達を考えている場合には、基本的には難しい話となります。

ただし即日というわけではなく、土日・祝日に資金調達すること自体は可能です。たとえば平日のうちに審査まで終わっている、もしくは契約まで終わっている状態で、週末にお金を受け取るだけというのであれば可能です。

参照 休日対応しているファクタリング会社

 

混雑が予想される日を外す

ファクタリングの申し込みには波があります。週末や毎月20日~翌10日辺りは、どのファクタリング会社でも問い合わせ数が増えます。とくに人気の高いファクタリング会社には申し込みが殺到します。

基本的には順番の対応となるため、即日で資金調達を考えている場合には、なるべく混雑していない時期を選んだ方がよいでしょう。

\ 即日対応 /

 

重要!いつまでに入金されるのかを必ず確認する

重要!いつまでに入金されるのかを必ず確認する

結論として、「いつまでに入金が可能なのか」を必ず確認することが重要です。

資金調達を望んでいる事業者も、そこが一番大切なポイントとなることでしょう。

そのために2つのことを頭に入れておいてください。

覚えておきたい2つのこと

  • いつまでに入金されるのかを必ず確認する
  • 必要となる書類をあらかじめ用意しておく

また気を付けることとしては曖昧な表現をするファクタリング会社です。

ファクタリング会社によっては「多分いついつまでには入金できると思います」といった表現をしてくることもあるでしょう。「多分」「思う」といった表現をしてくるようなファクタリング会社との契約は考えた方が良いかもしれません。

またファクタリングの審査や契約を行なう際には、以下のような書類が必要となりますが、事前に用意しておくことでスムーズな取引が可能となります。

 必要書類

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

ファクタリング会社によって必要となる書類が多少なりとも異なってくることがありますが、最低限これらの書類を用意しておくことで、入金までの時間を大幅に短縮することができるでしょう。

2つの書類だけで契約に向け話を進めることも可能

ファクタリング業界の競争は激化しています。そのためなるべくハードルを下げようという動きも一部の会社では見せ始めています。

以下の2つの書類を提示することができれば、契約に向けた話を進めることができます。

 最低限必要な2つの書類

  • 請求書(売掛債権)
  • 直近3ヶ月の通帳

逆にこの2つを揃えることができなければ、話を聞いてくれるファクタリング会社はほとんどなく、審査すら受けられないと考えても良いかと思います。

即日が可能なのは2社間ファクタリング

そもそもですが、即日で資金調達ができるのは2社間ファクタリングの場合です。3社間では難しいです。

2社間ファクタリングの場合、事業者とファクタリング会社の合意の下で契約が交わされます。しかし3社間ファクタリングとなると、事業者、ファクタリング会社、そこに事業者の売掛先が登場します。

売掛先に対し「ファクタリングを利用することの通知」をする必要があります。そのため時間的に見ても即日では難しくなることでしょう。

参照 2社間ファクタリングの解説

参照 3社間ファクタリングの解説

 

手渡しで即日で受け取ることも 来店不要のケースも

手渡しで即日で受け取ることも 来店不要のケースも

なるべく早く現金を受け取るために1つの方法として手渡しで現金を受け取ることが可能です。ファクタリング会社によるのですが直接現金を手渡ししてくれるケースもあります。

たとえば金融機関の都合上、着金までに時間がかかりそうだと判明した場合、そしてすぐにでも現金を手元に置いておきたいと思う場合には、ファクタリング会社へ直接足を運ぶか、出張をしてもらうことで現金を受け取ることも可能です。

ただしファクタリング会社のスタッフに現金を運んでもらう場合には、出張費を請求されることがあります。

ファクタリング会社へ直接足を運ぶ

ファクタリング会社へ直接行き、手渡しで現金を受け取ることが可能です。しかし対応している場合とそうではない場合がありますので、あらかじめ確認が必要です。

出張をしてもらう

ファクタリング会社のスタッフに直接お金を持ってきてもらう方法です。しかしこれに関しても対応している場合とそうではない場合があります。また多くの場合は出張費を請求されることとなります。

お断りしておきますが、ファクタリング会社からの入金は口座間でおこなわれることが基本です。ただしさまざまな事情ですぐに現金を手にできないといった場合には、現金を手渡ししてくれるファクタリング会社もあります。

何時でも届けに行くことも

某ファクタリング会社のスタッフの話ですが、売掛債権額によっては何時であろうと届けに行くこともあるそうです。たとえ夜中だったとしても、そして電車のない時間だったとしても、車で深夜に届けることも可能だそうです。

とはいえ滅多にある話ではなく、また出張するだけの価値がなければ基本的には断るそうです。

ファクタリング会社へ来店不要のケースも

ファクタリング会社の中には来店不要で契約可能というケースもあります。「来店不要」と聞くと便利そうに思われるかもしれませんが、やはりメリットデメリットがあります。

事業に関する資金を調達するわけですから、実際にファクタリング会社のスタッフに会った方が良いのは言うまでもありません。とはいえ、ファクタリング会社まで足を運ぶ時間を節約できるということは、会社を経営する上で時間短縮につながりそれもメリットではあります。

基本的に、ほとんどのファクタリング会社は対面による面談を行っています。ファクタリングにおいて重要なのは「信用・信頼」。互いのことを少しでも理解しあうためです。

参照 来店不要でのファクタリング契約は安全!?来店不要の実態とは

 

即日対応しているファクタリング会社一覧

  1. えんナビ

    えんナビ

    総合評価4.5
    スピード4.5
    信頼性5.0
    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/
    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. OLTA

    OLTA

    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.5
    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/
    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

 

即日対応はかなり特別なこと

即日対応してくれるファクタリング会社は意外と少ないのが現状です。ただし即日対応と謳っていたとしても、申し込む曜日や時間帯によっては、どうしても翌営業日になってしまうことがあります。

そのためにも、資金調達が必要と感じたのなら、そしてファクタリングを利用する可能性があるというのであれば、あらかじめ必要な書類は揃えていた方がよいでしょう。

先に述べたように、必要書類はファクタリング会社によって異なります。そのためファクタリングを利用する可能性がありそうならば、事前に必要書類は何なのかと利用予定のファクタリング会社に問い合わせておいた方がよいでしょう。

主導権はファクタリング会社!?

ファクタリングは、売掛債権を売却したい事業者と売掛債権を買い取りたいファクタリング会社の間での契約です。

事業者としては売掛債権を売却し資金調達したいですし、ファクタリング会社としては売掛債権を購入しなければ商売が始まらないため、なるべく買いたいと思います。

一つ言えることは「ファクタリング会社は売掛債権なら何でも購入するわけではなく、しっかり取捨選択をする。」ということです。問い合わせのあった売掛債権をすべて購入するファクタリング会社は恐らく存在しませんし、もしそのようなことをしていたら、ほぼ間違いなくそのファクタリング会社は潰れることでしょう。

その意味で言うと、お金で困っているのは売掛債権を持ち込む事業者であり、さらには即日を希望しているということは急いでいるということでもあり、それらのことを包括的に考えると、主導権はファクタリング会社にあります。持ち込まれた売掛債権を買うか買わないかは自由ですからね。

そのため、「即日に対応してくれるんだろ?早く購入しろよ!」といった態度で問い合わせをしてしまうと、断られてしまうケースもあります。またファクタリング会社の審査では事業者本人を見ます。信頼できるかどうかなどを話の中で判断します。そのため、高圧的な態度は得策とは言えません。

丁寧な対応をした方がよいことも

よく考えてみてください。「明日までに資金が必要なんです。明日までに資金調達できないと会社が倒産してしまうのです。」と事業者が伝えたとします。つまり即日での資金調達を希望しているということです。

事業者は急いでいることでしょう。会社の命運がかかっているわけですから。でもそれはファクタリング会社には関係のないことです。

それに即日対応というのはファクタリング会社にとってもリスクのあることです。じっくり審査した方がリスクを抑えることができます。

そういった意味でも、即日で対応してくれるファクタリング会社は貴重な存在なのです。

なので急いでいるからこそ、利用者側としては丁寧な対応をした方が良いと思います。

個人事業主の即日にも対応している

法人でも個人事業でも、売掛金は発生します。

ファクタリング会社の多くは、法人を対象としたサービスとなっています。しかし業界内での競争激化、さらにはフリーランスとして働く人の増加に伴い、個人事業主を対象とし始めている会社が増えてきています。

ファクタリングの場合、「売掛先の信用」が重要視されます。そのため、ファクタリングの利用者が法人でも個人事業主でもその点は大きな問題にはならないケースが多いです。そのため個人事業主がファクタリングを利用する際、売掛債権を持ち込みますが、売掛先が法人であれば、比較的買い取ってくれます。

しかし売掛先が個人事業主、もしくは一般的な個人の場合、利用を断られるケースが比較的高いです。

個人事業主と個人とは違う

ここで言っている個人事業主は「個人で事業を展開している人のこと」です。つまり事業の代表のことです。雇用主側であり雇用者のことではありません。一般的な会社員、アルバイト、パートの人たちのことを「個人」と表現することがありますが、それらの人たちは利用することができません。

即日の資金調達も魅力だが余裕を持った行動を!足元を見られることも

即日対応してくれるファクタリング会社について紹介してきました。

ただし1つ言えることは、なるべく早い段階で動き始めた方がよいということです。

 

事業者事業者

売掛先からの入金がもしなかったら資金ショートするかもしれない。

 

このような予測はある程度考えられることです。ギリギリの状態になってから慌てて動くことは避けましょう。長年会社経営を上手くしている事業者というのは、いくつものリスク分散をしています。

「もしこれがダメならあれ。あれがダメならそれ。」

といった具合に、いくつもの予防線を張り巡らせています。それは経営をする上で資金面でもトラブルは考えられるものだと分かっているためです。

そのようなこともあり、あらかじめ準備をしていくことは非常に大切なことです。ここで言う準備というのは、ファクタリング会社の選定必要書類の準備です。

参照 おススメファクタリング会社

 

そのため、「明日明後日支払いをしなくてはいけないが、資金面での都合がつかないから今日中に何とかしたい」という状況にまで追い込まないようにしましょう。もしそのような状況になってしまったとしても、必要書類を準備しておけばファクタリングで少しでも早い資金調達が可能になるかもしれません。

また早い段階で動き始めていれば、複数のファクタリング会社に相見積もりをすることができます。これにより手数料の交渉も有利に進めることができます。

ビジネスには駆け引きが重要です。早めに動き出せれば主導権は事業者に、ギリギリで動き出せば主導権はファクタリング会社に傾きやすいです。そのため少しでも有利な資金調達を行なうのであれば、早めに動き出すことをおススメします。

足元を見られることがある

即日で資金調達を望んでいるということは、ファクタリング会社からしてみると急いでいると判断されます。つまり足元を見られてしまう可能性があるのです。

「即日での資金調達を希望している」「資金が必要になるまでに時間がない」「他のファクタリング会社に相談している時間はない」「普段より手数料を上げても飲まざるを得ない」

と判断されてしまう可能性が十分にあります。

ファクタリングを利用することはビジネスの一環です。それは利用する事業者にとってもファクタリング会社にとってもです。

事業者からしてみると、少しでも手数料を低くしたいと考えます。ファクタリング会社からしてみると、少しでも手数料を高くしたいと考えます。この相反する考えをどちらに優位に働かせるのかは、事業者の状況なのです。

事業者の弱みが増えれば増えるほど、金融のプロであるファクタリング会社は手数料を高く見積もってきます。

ファクタリング会社に問い合わせると「いつまでに資金が必要でしょうか?」と必ず聞かれることでしょう。これで「この事業者は急いでいるのか?それとも他者と相見積もりをしている時間があるのか」を判断できてしまうのです。

そのため足元を見られないためにも、時間的余裕を持ち、「こちら側としてはほかにも選択肢があり、そちらを選択する可能性がある」といった意思を表しながら交渉し、資金調達を行うと良いでしょう。

ただしですが、あまりファクタリング会社と交渉しすぎて、必要な金額を必要な時までに得ることができなければ元も子もないため、気を付けましょう。

審査が緩いと言っても落ちることはある

ファクタリングの審査が緩いとは言われてはいますが、それは金融機関に比べての話です。もちろん審査ではじかれてしまうことはあります。即日に対応しているファクタリング会社でも、しっかりとした審査をおこなっています。そうでなければファクタリング会社自身が大きな損失を出してしまう可能性があるためです。

場合によっては1回の失敗で、会社が傾いてしまうこともあり得る世界です。

 

参照 ファクタリング利用者は気を付けよう

 

とはいえですが、ファクタリング会社により審査基準は異なります。そのため、複数のファクタリング会社に声をかけておくのは常套手段です。向こうではNGでもこちらではOKということがあるためです。

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリング会社によって審査基準は異なります。そのため複数のファクタリング会社に声をかけるのも1つの手でしょう。

誰でも審査を受けられるわけではない

そもそもの話ですが、ファクタリングの審査は金融機関に比べ緩いとされていますが、それは審査を受けられる場合の話です。実は審査にさえたどり着かないことが多いのです。

審査にたどり着かない理由は、利用者のファクタリングというサービスを勘違いしていることにあります。つまり審査を受ける条件に当てはまっていないのです。それほどまだファクタリングの仕組みは世の中に浸透されていないという意味でもあります。

参照 ファクタリングの審査は厳しい!?審査をしてもらえない理由と解決策

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリングを借金だと勘違いしている人が本当に多いです。対象者は事業者で売掛債権がある場合のみです。

 

ちなみにファクタリングを利用する際の最低条件は2つです。

ファクタリングを利用する最低条件

  • 法人・個人事業の事業者であること
  • 売掛債権(請求書)があること

このたった2つの条件を満たして入れさえすれば、審査をしてもらえる可能性は高くなります。

どこの誰かも分からない人にすぐに大金を用意しない

ファクタリング会社は事業者の持つ売掛債権を購入し、手数料を取ることで商売として成り立っています。そのため売掛債権はなるべく購入したいと考えるものですが、手当たり次第に購入するわけではありません。

なるべくリスクが少なく高確率で利益につながる売掛債権の購入を望んでいます。そのために審査をおこなっているのです。

つまり今まで取引のあった事業者から「すぐにファクタリングをお願いしたい」と言われた場合には応じることはあっても、全然知らない事業者から「すぐにファクタリングをお願いしたい」と言われても、しっかりと審査をしない限りは契約に至ることはありません。

参照 ファクタリングの手数料が高い理由は業者のリスクが高いため

 

大きな利益より確実な小さな利益

あるファクタリング会社のスタッフが言っていたことです。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリング会社は、売掛債権を購入することで始まる商売です。売掛債権を購入することができなかったら、商売自体始めることはできません。

そして大きな金額の売掛債権を購入したいという気持ちもあります。その方が手数料を多くいただけ、会社にとって利益が大きくなるためです。

ところがもし何かしらのトラブルで、出したお金が戻ってこなかったら、こちらの経営が一気に傾いてしまいます。そのため、利益が少なくても確実に戻ってくる売掛債権を購入する方が気持ち的には楽です。

このようなこともあり、初めてのお客さんに対しては、大きな取引を避けるようにしています。

 

ファクタリング会社は手数料商売のため、売掛債権を事業者から購入しなければ商売が始まりません。そのため、なるべく売掛債権は購入しようと考えます。

ところがファクタリング会社は問い合わせのあった売掛債権をすべて購入することができません。とてもリスクが高いためです。あるファクタリング会社の場合、実際購入できる売掛債権は全体の2割程度という話でした。それよりも低い割合のファクタリング会社もあります。

つまり「今日連絡があって、今日のうちに資金調達をしたい」と、初めてのお客さんから言われてたとしたら、それは「ただのリスク」でしかないのです。そのリスクを少しでも減らすために審査を行います。

もちろん、このようなファクタリング会社ばかりではありません。あくまでもこのような意見を持つファクタリング会社もあるということです。

ただ言えることは、今まで何度も取引をしている事業者からの連絡であれば、素性も分かっていますし、それまでの信用もあります。そのためスムーズに対応してくれる可能性は高いことでしょう。

再度確認!売掛債権の金額内でしか資金調達できない

再度確認!売掛債権の金額内でしか資金調達できない

「即日で資金調達をしたい」と考えている事業者は、急いでいる人が多いです。急いでいる人の中にはファクタリングを勘違いしてしまう人がいるようです。

ファクタリングは資金調達の方法の1つです。ただし借金ではありません。

ファクタリングは事業者の持っている売掛債権の金額内でしか資金調達することができません。そして売掛債権を持っている事業者しか利用することができないのです。

たとえば100万円の売掛債権を持っているとします。その場合、ファクタリングで調達できる金額の最高金額は100万円です。しかし手数料が引かれるため、実際には約80万円前後となってしまうことでしょう。

もし100万円を超える資金が必要だった場合には、ファクタリングでは資金調達できません。もちろん100万円までの資金調達なら可能です。

あくまでも売掛債権の金額内です。

ここを勘違いしてしまうと、「審査も緩いっていうし、いざとなったらファクタリングで資金調達すればいいや」といった考えでいると、必要な時に必要な金額を資金調達することができなくなってしまいます。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリングは売掛債権の「価値」を購入する行為のようなものです。つまり決められた価値以上の金額で購入することはできません。

100万円の売掛債権なら100万円以内、50万円の売掛債権であれば50万円以内でしか購入することはできません。それ以上の金額になることはあり得ません。それはどのファクタリング会社でも言えることです。

 

もし売掛債権以上の金額を提示されたとしたら、それは貸金業法に接触している可能性があります。タダでお金をくれる会社は世の中ありません。売掛債権以上の金額を提示されたら、超えた金額は「借金」に該当する可能性があります。ファクタリングはお金を貸す行為はしてはいけません。もしそのようなことがあった場合には、裏の顔を持ったファクタリング会社である可能性があります。

参照 こんなファクタリング業者には気を付けよう

 

即日で資金調達できるものだと勘違い

同じように焦って資金調達しようとする事業者の中には、「ファクタリングは即日で資金調達できる」と思い込んでしまうことがあります。実際に「即日 資金調達」などのキーワードで検索すると、ファクタリングについて書かれている記事が多く見受けられ、即日で資金調達することができるような内容となっています。

実際、「ファクタリングって即日で資金調達できるんでしょ?審査も緩いんでしょ?じゃぁすぐに頼むよ。」とファクタリング会社に問い合わせてくることが多いとのことです。

しかし即日で資金調達できる状態にない事業者からの問い合わせが多いとのことです。

それは以下の理由からです。

即日対応できない 例

  • 必要書類が揃っていない
  • 問い合わせが金曜の遅い時間
  • 売掛債権以上の金額を希望している
  • そもそも売掛債権がない

必要書類が揃っていない

必要書類が揃っていなければファクタリング会社としては審査をすることができません。審査ができなければ売掛債権を購入することができません。結果、事業者としては資金調達ができません。

基本的にはどのファクタリング会社でも必要書類は同じようなものとなります。しかし場合によっては、「直近数ヶ月分の通帳と請求書の2つだけ」で、話に応じてくれるファクタリング会社もあります。

問い合わせが金曜の遅い時間

問い合わせが金曜の遅い時間では審査ができません。審査が可能となるのは週明けの月曜日です。

売掛債権以上の金額を希望している

売掛債権以上の金額を希望しても、売掛債権内の金額しか資金調達ができません。それはどこのファクタリング会社でも言えることです。もし売掛債権以上の資金調達ができてしまったとしたらそれは借金であり、貸金業法違反となります。

そもそも売掛債権がない

そもそもですが、売掛債権が無ければファクタリングは利用することができません。これは絶対です。もしこれでファクタリング会社がお金を出してくれたとしたら、やはりこれも貸金業法違反となります。

ファクタリングで資金調達するためには、必要書類を揃え、問い合わせは週末を避け、売掛債権以内の金額であることが最低限の条件となります。ファクタリング会社

ファクタリングで即日で資金調達するためには、上記の条件が揃っていないと難しいです。

 

このように、ファクタリングであれば即日で資金調達することは可能ですが、すべての事業者が可能であるかというとそうではありません。

「必要書類が揃っていて、週末でなくて、平日の午前中のうちに問い合わせを行ない、しっかりと売掛債権があれば、即日で資金調達できる可能性はあります。」

焦って資金調達する前に、じっくりとファクタリングについて理解し、あくまでも資金調達の1つの方法・・・という認識で捉えていた方がよいでしょう。

\ 即日対応 /

診断 どんな資金調達方法が良いのか?

資金調達までの時間
いつまでに事業資金が必要ですか?

おススメの資金調達方法を簡単に診断できます。診断結果は参考程度にしてください。

参照 9つの資金調達方法

 

即日に対応するファクタリング会社は少ないが確実に存在する

3つのタイプの即日があり、本当の意味での即日に対応しているファクタリング会社は少ないです。今日申し込んだから今日資金調達できるという意味です。

もし即日中に資金調達を希望しているのであれば、利用者側としても必要書類の準備をあらかじめ行っておく必要があります。さらにすべてのタイミングが揃うことで、高い確率で資金調達を即日中に行うことができるでしょう。

 即日の確率を高める条件

  • 即日可能と謳っているファクタリング会社を選択
  • 午前中にはファクタリング会社へ連絡
  • ファクタリング会社の業務が立て込んでいない状況であること
  • 週末は避けること
  • 月末月初は忙しくなりやすいため避けること
  • 中堅どころのファクタリング会社を選ぶこと

これらのことに気を付ければ、即日中にファクタリングで資金調達できる可能性が高くなります。

よくある質問

即日対応しているファクタリング会社は?

存在します。しかし申し込みをしたその日のうちに着金まで可能なファクタリング会社は非常に少ないです。

即日対応のファクタリング会社で気を付ける点は?

即日対応にもいろいろあります。そのため「着金日はいつなのか?」を必ず確認しましょう。

ファクタリング会社の3つの即日とは?

ファクタリング会社は「即日」という言葉を使いますが、会社によって意味が異なることがあります。「即日審査・即日入金」「即日審査」「審査通過後、即日入金」の3つがあります。

 

 

【えんナビ】土日対応で柔軟性のあるファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


えんナビは、24時間365日対応のファクタリング会社です。即日で資金調達可能、低水準手数料、柔軟性のある対応と、業界内でもサービス内容としてはトップクラスです。買取金額も30万円~5000万円となっており、幅広い事業者に愛用されています。

【OLTA】ネット完結型ファクタリングサービス 請求書をすぐに資金化 -信頼性・手数料・評価-


oltaのファクタリングは、オンライン完結型のサービス「クラウドファクタリング」を採用しています。日本初となるシステムであり対面の面談や紙の書類、ハンコも必要ありません。審査、資金調達までのスピードも速く手数料も業界最安となっています。

【BeTRADING(ビートレーディング)】業界でも特に高い支持 -信頼性・手数料・評価-


BeTRADING(ビートレーディング)はファクタリング業界内でも知名度や、提供しているサービスの質の観点から言っても文句なしのファクタリング会社です。買取金額に制限がなく個人事業者も対象としているため、幅広い層の事業者が利用しやすいと言えるでしょう。

【ファクタートレーディング】債権買取金額が10万円~のファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


ファクタートレーディングは、債権買取金額が10万円~のファクタリング会社です。買取金額が10万円~というのは業界内でも低い方ですが需要はあるため使い勝手がよいといえます。手数料もリーズナブルのため、相見積もりの1社に入れてもよいかもしれません。

【クレディート】医療・介護等の診療報酬債権ファクタリングにも対応 -信頼性・手数料・評価-


クレディートは一般的な債権ファクタリングから、医療・介護等の診療報酬債権にも対応しています。最短1日で売掛債権を資金化可能であり、個人事業から法人まで幅広く扱っています。

【JSCファクタリング】弁護士や行政書士と提携しているファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


JSCファクタリングは、弁護士や行政書士と提携していることを強みとしているファクタリング会社です。そのたファクタリングのみならず補助金、助成金、融資などのサポートも取り扱っています。資金調達で終わらず事業者の売り上げアップを考える会社といってよいでしょう。

【ベストファクター】 買取率・振込実行率が驚異的な高さのファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


ベストファクターは2社間ファクタリングに特化したファクタリング会社です。業界内でも名の通っている会社であり、信頼性の面からすると問題ないでしょう。

【日本中小企業金融サポート機構】郵送ファクタリングで時間とお金を節約 -信頼性・手数料・評価-


日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人の資金調達に関する業務を行っています。その中の一つとしてファクタリングを扱っています。「郵送ファクタリング」を強みにしており、時間とお金を節約し、利用者の負担を少しでも減らしたいと考えています。

【株式会社ウィット】小口売掛債権専門・非対面のスピーディーなファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


株式会社ウィットは少額売掛債権専門のファクタリング会社です。少額専門で非対面だからこそ可能となる資金調達までの圧倒的なスピード。今すぐ資金調達を!という事業者にとってありがたい存在となっています。

【ファクタリングジャパン】 平均的なファクタリング会社だからこそ良い -信頼性・手数料・評価-


ファクタリングジャパンは可もなく不可もない平均的なレベルのファクタリング会社です。平均的だからこそ無難に利用できるという見方もあるでしょう。法人個人問わず対象で最短即日資金調達可能とされています。

【TRY(トライ)】 最短で問い合わせから着金まで当日中 -信頼性・手数料・評価-


TRY(トライ)は、最短で問い合わせから着金まで当日中に実行可能なファクタリング会社です。売掛債権の買い取り額は10万円~とリーズナブルで審査通過率も8割前後と高い数字を残しています。

【NSキャピタルマネジメント】償還請求権なしの契約だから安心 -信頼性・手数料・評価-


NSキャピタルマネジメントはファクタリング業界の中でも新しい会社。売掛債権買取金額は10万円~1億円で、とくに買取下限金額が業界内でも低水準のため、幅広い事業者が対象となっている。

【トップマネジメント】ファクタリング業界では老舗で顔出しが好印象 -信頼性・手数料・評価-


トップマネジメントは業界内でも老舗のファクタリング会社です。買取債権金額の上限も高めに設定されており、なおかつ手数料も低めに設定されているため、高額の売掛債権を持っている事業者にとってはうれしいサービス内容となっています。

【株式会社No.1】2社間ファクタリングに特化 -信頼性・手数料・評価-


株式会社No.1は2社間ファクタリングに特化しています。東京本社以外にも名古屋にも支店を置き、ファクタリング会社では数少ない複数展開をしています。

【有限会社WHATEVER】老舗のファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


有限会社WHATEVERは老舗のファクタリング会社です。手数料が1%~と表記され業界内では最低水準ではありますが、現実的な数字ではないため若干の不安があります。

目次