ファクタリング会社一覧 業者選びに失敗しないために知っておくこと

ファクタリング会社一覧を紹介してします。

当サイトが独自に調べた結果おススメできるファクタリング会社を5つピックアップして紹介しています。

そしてファクタリング会社選びに失敗しないためのポイントを3つ紹介しています。

ここで紹介している以外にも、魅力的なファクタリング会社は多数ありますので、一覧にして紹介しています。

 

事業者事業者

ファクタリング会社なんてどこも一緒だろ?

 

もしこのように考えていると、大きな損をしてしまう可能性が大いにあります。

おススメファクタリング会社 TOP5

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日
年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
anew 対象 契約形態 スピード
anew

法人

2社間

最短即日
ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。

ファクタリング会社 条件検索

スピード

土日・24時間 即日

契約形態

2社間 3社間 個人事業

手数料

最低手数料5%未満

取扱金額

上限5000万円以下 上限1億円 上限3億円

ファクタリング会社を選ぶ時の3つのポイント+α

ファクタリング会社はそれぞれ特徴がある

 

事業者事業者

ファクタリング会社選びに成功や失敗なんてあるのか?どこを選んでも同じだろ?こちらからしてみると資金調達できればどこでもよいのだ。

 

ファクタリング会社選びに成功や失敗はあります。

もし誤った選択をしてしまうと、事業の将来がマイナスの方向へ進んでしまう可能性があるのです。

とくに気にしてほしいのは以下の3つです。

  • 手数料
  • 調達までの時間
  • 信頼度

これらに意識するだけでも、結果的に大きな損失を防げる可能性が高まると考えられます。

自分に合ったファクタリング会社を探すことが大事

当サイト調べでは日本には約100社のファクタリング会社が存在し、それぞれに特徴があります。

とくに「手数料」「調達までの時間」「信頼度」は気を付けるポイントです。

まず気を付けてほしいのは、各ファクタリング会社のサイトに表記されている情報は必ずしも正しいとは限らないという点です。記載されている内容は宣伝文句であるケースが意外と多いのです。それが判断を難しくさせているかと思います。

そして意外と重要なのは「信頼度」です。選ぶ業者が信頼できる業者であるのか、そしてお互いに信頼しあって契約を行えるのかということが、実はファクタリングには大きく影響を与えるのです。

手数料 業者によって手数料はバラバラ

まず一番わかりやすいところから行くと「手数料」です。多くの事業者が2社間ファクタリングを利用します。割合としてはファクタリング 利用者の90%異常が2社間ファクタリングを利用するとされています。手数料の相場は10%~30%とされています。

たとえば100万円の売掛債権を売却しようとしたとしましょう。手数料が10%の場合は90万円資金調達できます。しかし手数料が30%であった場合には70万円しか資金調達できません。

売掛債権の金額が高くなればなるほど、手数料は大きく響いてきます。本来資金調達したくてファクタリングを利用しているはずなのに、金額的なマイナスを被るのは本末転倒ですよね。

参照 手数料について

 

 

事業者事業者

手数料が低いファクタリング会社を選べばよいのだろう?

 

難しいのは手数料が低いからといってよい業者であるのかというとそのようなことはなかったりするケースがあるのです。

ファクタリングを利用する目的にもよるのですが、表向きは手数料を低く記載しているのに契約直前になり数字を変更されたり、手数料は低いが調達までに時間がかかってしまうといったケースがあるのです。

またサイトなどで公表している最低手数料は現実的な数字でないことが多いです。たとえば「手数料3%~」と記載されている場合、「3社間契約で医療報酬債権であり金額が10億円である場合であれば3%~でOK」というケースがあります。

つまりほとんどのファクタリング利用者が該当しないのです。なので最低手数料はあまり当てにしないほうが良いかと思います。

調達までの時間 いつ資金調達できるのか

ファクタリングを利用する事業者の多くは、「できるだけ早く資金調達したい!」と思っているケースが多いです。そしてお金が必要な期限が決まっていることが多いです。その期限に間に合わなければ意味がないのです。

気を付けたいのはファクタリング会社によってスピードがかなり異なるという点です。公式サイトを見てもスピードに関しては分かりにくい表現をしていたり、記載されていたとしてもそれが事実であるとは限らないのです。

たとえば「即日」と謳っていたとしても、即日ではないケースはよくある話です。「即日」という言葉には3つの解釈があります。たとえば審査は即日で振り込みは数日後というのも即日として記載してあります。

実のところ、申し込んだその日のうちに審査を終え、契約、そして事業者の口座へ入金まで済ませるファクタリング会社はあまり多くはありません。

参照 3つの即日に注意

 

 

事業者事業者

期限までに現金が手に入らないと会社が潰れてしまう。今日が期限なのだ。だから明日とか明後日とかに振り込まれたとしても意味がないのだ。

 

取扱金額が異なる

それぞれのファクタリング会社には、取扱金額の下限と上限が設定されています。たとえば下限が50万円で上限が1億円であった場合。その範囲内でなければ契約をしてくれないケースもあります。

対応が異なる

ファクタリングの重要な要素は、ファクタリングを利用する事業者とファクタリング業者の信頼関係です。いわばパートナーのような存在となります。ファクタリング会社の審査の中には、「事業者の人間性」を審査の要素に入れているケースもあります。つまり信頼できそうかを判断するのです。

本来は信頼関係を築いて契約を結ぶものですが、ファクタリング会社の中には資金ショートした事業者の足元を見て、上から目線で接してくる業者がある一方、親身になって経営の立て直しをアドバイスをしてくれる業者も。

参照 面談で人間性を見極める

 

ファクタリング会社選びで重要な信頼

ファクタリング会社選びで重要な信頼

ファクタリング会社選びで重要視すべきなのは「信頼」です。

確かに手数料や資金調達までの時間も大切です。しかし信頼関係が成立されていないと、大きな失敗につながる可能性があるのです。それは事業者もファクタリング会社もです。

事業者が信頼できるファクタリング会社を探す理由

ファクタリング会社としても商売ですので、ありとあらゆる方法で売掛債権を現金化したいと思っている事業者にアプローチしてきます。そしてライバルよりも良い数字を出すことで、契約に結びつけようとします。

しかし契約直前で突然手数料を変えられたり、契約ができないと言われたりすることがあると聞きます。

 

事業者事業者

今日はファクタリング契約の日だ。明日までに資金調達しなければならなかったが、何とか間に合ったな。

ファクタリング会社ファクタリング会社

誠に申し訳ありませんが、再度審査しなおしたところ、契約はできないという結論に至りました。

事業者事業者

え!?いや、それは困る。明日までにお金が必要なんだ。売掛債権を買い取ってくれると言っていたから、他のファクタリング業者には声をかけていないんだ。今からでは他と話し合う時間はない。

ファクタリング会社ファクタリング会社

本当に申し訳ありませんが、まだ契約しておりませんし、決定事項ですので・・・。

 

事業者からしてみれば、契約直前と言えば「これで資金調達の目途が立った」と安心しているところです。そもそもファクタリングを利用する事業者の多くは、資金が必要な日時はすぐ目の前に迫っていることがほとんどです。

つまりもう他のファクタリング会社にコンタクトを取る時間がない、交渉する時間がない状態なのです。

この状態の時に、「今回は初めての契約なので手数料は高めに設定させていただきます。」「今回の契約は見送らせていただきます。」と言われたとしたら、事業者としてはどうしようもありません。契約をする前ですし、これら主導権はファクタリング会社にあるためです。

リスクヘッジのためにも複数社に声をかける

このようなことが無いように、信頼できるファクタリング会社を探す必要があるのです。変な話、「手数料が高くなるなら初めから高くなる」と言ってくれる、または、「契約できないなら初めからできない」と言ってくれる業者を選ぶべきでしょう。すぐに次のファクタリング会社に声をかけられるためです。

そもそもですが「相見積もり」を行なっておけば、最悪の状況を回避できる可能性はあります。

 

事業者事業者

どうやって信頼できるファクタリング会社を探せばよいんだ?

 

信頼できるファクタリング会社を探す簡単な方法としては、「利用者の多いファクタリング会社を選ぶこと」です。利用者の多いファクタリング会社をどのように探すのかというと、たとえばインターネットでよく宣伝をしているところです。

宣伝をしているということは単純に利益を上げています。利益を上げているということは利用者が多いと推測できます。

ファクタリング会社が信頼できる事業者と契約をする理由

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

事業者の人柄は、非常に大切な審査ポイントです。

 

ファクタリング会社が事業者の持ち込んだ売掛債権を購入することは、非常に勇気のいることです。なぜなら1度の失敗で自分の会社が傾きかねない損失につながる可能性があるためです。

ファクタリングは手数料商売です。手数料を引いた金額を事業者に渡します。それが戻ってきて初めて利益が確定します。もし事業者に渡したお金が戻ってこなかったら、大きな損失となります。

もし担保や保証人、償還請求権があれば、損失を防げる可能性は十分にありますが、ファクタリングにはこれらすべてがありません。つまりその分だけファクタリング会社側にはリスクがあるということです。

参照 償還請求権について

 

たとえば事業者が倒産してしまった場合、事業者に渡したお金は戻ってきません。売掛債権が偽造であった場合、そして事業者と連絡が取れなくなってしまった場合、お金は戻ってこない可能性があります。売掛債権が二重譲渡されていた場合、やはりお金が戻ってこない可能性があります。

参照 架空債権・二重譲渡・計画倒産

 

これだけのリスクを背負っているため、ファクタリングの手数料は高く設定されているのです。そしてだからこそ信頼できそうな事業者としか契約をしないのです。

ファクタリング会社のスタッフは、常にこういったリスクにさらされながら仕事をしています。そのためどういった人間を信用できるのか、そうではないのかという目が非常に肥えています。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

私たちは常に大きな損失と隣り合わせの状態です。事業者を信頼できるかどうかが、ファクタリング契約をするかどうかの大きな判断材料になります。もし1度でも失敗してしまうと、そもそも担保も保証人も取れませんし、ノンリコースのため、大きな損失に直結してしまうためです。

 

ファクタリング会社一覧 自分に合ったファクタリング会社を探そう

ファクタリング会社一覧

ここからは数多く存在するファクタリング会社を一覧にして紹介しています。

日本には100を超えるファクタリング会社が存在すると言われています。それぞれのファクタリング会社によって、資金調達までにかかる時間や手数料、買取金額の上限や下限、契約形態などが変わってきます。

そのため、自分に合ったファクタリング会社を選びたいところです。

このようなこともあり、複数のファクタリング会社に話を聞いてみる、相見積もりを取るのが、ファクタリングでの資金調達を成功させるための、そして損をしないための方法でしょう。

相性の良いファクタリング会社選びのヒント

以下からは、当サイトで紹介しているファクタリング会社を一覧として紹介しています。再三説明している通り、どのファクタリング会社が良いのかというのは、事業者の考え方、事業のスタイル、資金調達までの時間など、さまざまな要因が絡んでくるため、一概にどれが良いとは言い切れません。

たとえば以下のようなタグが沢山ついているところが、一つの判断材料としてもよいかもしれません。

ファクタリング会社のサービスタグ

これらのタグは、それぞれのファクタリング会社が自社サイトで公表している情報を基に作成しました。多ければ多いほど情報を公にしているということであり、1つの信用につながるかと思います。