福島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


福島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

福島県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

東北南部に位置し、宮城県に次ぐ二番目の人口と県内総生産を誇る福島県。東北における経済成長の一旦を担っている地域でもあります。

しかし中小企業は資金繰りが厳しく、黒字倒産が相次いでいることも問題視されています。売掛債権を早期資金化する「ファクタリング」が注目を集めていますが、果たして福島県の産業にマッチするのでしょうか?

今回は、福島県内の中小企業でファクタリングに向いている業種について解説していきます。

福島県の特徴

福島県は北海道、岩手県に次ぐ第3位の県面積を誇ります。太平洋側の地域に人口の85%、日本海側に15%が分布しています。

歴史的にも重要な地域で、近代では戊辰戦争や会津戦争といった、大きな戦争の場所にもなりました。戦国時代から江戸時代初期にかけては、伊達政宗や上杉景勝らが福島県を奪い合っていましたが、1643年に松平氏が入封してからは、戊辰戦争が起こる1868年まで会津藩領主として君臨していました。

地形は、大きく分けて3つに分かれており、浜通り、中通り、会津の3地域で区切られます。県全体が山地のため、地域によって標高差に伴う寒暖差が大きく、一部では豪雪地帯として指定されている場所もあります。

福島県の事業

福島県の産業は、第一次産業から第三次産業までバランスよく配分されており、第一次産業では、米やカツオ、養殖鯉などの主要産物が占めます。

第二次産業は首都圏からの交通の便がよいことから、県内に支社を多く大手企業があり、製造瀕死出荷額では、宮城県を抑えて東北1位になっています。

第三次産業は、主に郡山市を中心にして栄えています。郡山都市圏は周辺地域を巻き込みながら県内最大の経済圏を形成しており、東北では仙台に次ぐ第2位の商業年間商品販売額を誇っています。

福島県で資金繰りが厳しいとされている分野

福島県の資金繰りが厳しい産業は建設業です。新設住戸着工数が年々減少傾向にあり、同時に業務用建築物着工工事費も減少傾向にあります。人件費や材料費、物流費の高騰が全体的な景気の停滞に繋がっているという指摘もあります。

建設業にはファクタリングがおススメ

建設業の特徴として、経費の支払いが基本的に受注前に行なわれる慣習があります。流動資金で預金が少ない企業は、仕事を受注しても資金難によって、仕事が出来ないという悪循環に陥っているのが現状です。福島県に限らず、全国的に建設業の資金繰りは悪化傾向にあると言われています。

そこで注目したいのが「ファクタリング」による売掛債権の早期資金化です。ファクタリングは売掛債権を入金期日よりも前に資金化させることが出来る合法的な金融工学で、売掛債権を「モノ」として扱い、第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金化する方法です。

銀行の融資とは違い、審査は申し込み者ではなく、売掛先の企業に向けて行なわれる為、たとえ会社が火の車であっても、資金化ができるというメリットがあります。また、将来的な負債にもならないため、中小企業の経営者を中心に注目が集まっています。

銀行融資や助成金を検討する前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

福島県内のファクタリング業者

福島県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


福島市/会津若松市/郡山市/いわき市/白河市/須賀川市/喜多方市/相馬市/二本松市/田村市/南相馬市/伊達市/本宮市/

カテゴリー

目次