宮崎県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


宮崎県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

宮崎県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

九州でも比較的温暖な気候で、春にはプロ野球のキャンプ地にも指定されている宮崎県。観光業や農業が盛んで度々メディアにも取り上げられています。

しかし、そんな宮崎県も不況の影響によって資金繰りが悪化している業種が存在しています。資金繰りから会社を守る手立てとして注目されているのがファクタリングです。

今回は、宮崎県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

宮崎県の特徴

宮崎県は九州の南東に位置し、県東部は太平洋に面しています。全体的に太平洋性気候ではありますが、降水量が多く、特にえびの高原や、鰐塚山は日本有数の降水量を記録しています。平野部での積雪はほとんどなく、初雪が観測されない年もあります。県内に広がる九州山地では積雪が一定量あり、日本最南端のスキー場が営業しています。

日本古来の歴史の地としても知られており、およそ5万年前から宮崎県で生活を営んでいたことが分かっています。古事記では「竺紫(つくし)の日向の高千穂のくじふる嶺に天降りまさしめき」という有名な一説があり、天照大神の孫である邇邇芸命(ニニギノミコト)が降り立った地としても有名です。さらに初代天皇と言われている神武天皇の先祖は邇邇芸命の孫という説が信じられています。

宮崎県の事業

宮崎県の主要産業は第一次産業である農業が挙げられます。県民所得に占める割合は日本で最も高い県です。農業産出額は日本でも常に上位に位置しており、キュウリやピーマン、大根などは全国TOP5に数えられています。

第二次産業の就業者数では、製造業が全体の12.2%、建設業が8.6%と他の県に比べて低い割合となっています。最近では隣県である大分県と共に東九州地域を医療機器産業の拠点として整備する「東九州地域医療産業拠点構想」、通称東九州メディカルバレー構想を発表しており、医療機器製造業の分野に力を入れています。ちなみに、延岡市は旭化成発祥の地として知られ、化学工業も昔から盛んです。

観光業などの第三次産業の就業者数では、小売業が16.0%、宿泊業で5.5%、医療福祉業で13.3%となっています。宮崎県は日本でも有数の長寿県ということもあり、医療関係の業種が今後増えてくるだろうと予想されています。

宮崎県で資金繰りが厳しいとされている分野

宮崎県の資金繰りが厳しい産業は、サービス業が挙げられます。観光資源が豊富な宮崎県ですが、個人消費の伸び悩みや人手不足が原因による倒産や休廃業が増加しています。県全体の景気は回復傾向にありますが、好況型倒産(黒字倒産など)が問題となっており、行政の頭を悩ませる結果になっています。

サービス業にはファクタリングがおすすめ

ファクタリングは、売掛債権を早期資金化することが出来る合法的な金融工学です。小売店などのサービス業では、売掛債権がそのまま負債になるケースもあります。そんな売掛債権を早期資金化し、確実な利益確保と運転資金を調達することが出来るファクタリングは多くの中小企業の経営者から注目を集めています。

売掛債権による資金繰りの悪化で倒産や休廃業を検討する前に、まずはファクタリングを考えてみてはいかがでしょうか?

宮崎県内のファクタリング業者

宮崎県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


宮崎市/都城市/延岡市/日南市/小林市/日向市/串間市/西都市/えびの市

カテゴリー

目次