セールス アンド リースバックで資金調達 持ち物を売却し資金調達し売ったものをレンタルする


セールス アンド リースバックで資金調達 持ち物を売却し資金調達し売ったものをレンタルする

資金調達の方法の1つとして「セールス アンド リースバック」というものがあります。

簡単に説明しますと、「事業者(会社)が持っている財産を売却し資金調達します。売却したものを売却先からレンタルし、リース料を支払って今まで通り使い続ける。」といったものです。

「資金調達ができ、会社で今まで使っていたいたモノもそのまま使うことができる」といったもので、ただし今まで会社で使っていたものの所有権はもうないため、所有権を持つ人に対してリース料を毎月支払っていく必要があります。

セールス アンド リースバックで資金調達とは

セールス アンド リースバックの仕組みはシンプルです。

はじめに事業者の持つ持ち物を他の会社に売却します。売却するためその段階で資金調達ができることとなります。その後、売却したものを売却先からレンタルして利用します。これによりリース料を支払うこととなります。

もっと簡単に表現すると、「事業者(会社)の持ち物を売ってお金を得る。その後、自分の持っていたものを借りてレンタル料を支払う」といった感じです。

「事業者の持ち物を売却して資金調達する」といった面からすると、ファクタリングによる資金調達に似ている部分はあります。

参照 ファクタリングで資金調達する方法

 

対話形式でさらに分かりやすく説明

事業者事業者

はぁ、困った。資金調達したいんだが、よくある資金調達方法以外のものはないものか・・・。

リースバック会社リースバック会社

セールス アンド リースバックはいかがですか?

事業者事業者

セールス アンド リースバック?あまり聞き慣れないが、どういった資金調達方法なんだ?

リースバック会社リースバック会社

御社の所有物を弊社が購入させていただきます。その段階で御社はまとまったお金を資金調達できます。その後、弊社が購入した元御社の所有物を、御社に対してリースさせていただきます。

事業者事業者

つまり私、もしくは私の会社が持っていたものを、リース料を支払って使うことになるのか?

リースバック会社リースバック会社

そうなりますね。御社にとってはまとまったお金を資金調達することができるといったメリットがあります。それも会社の環境を変えずに。
弊社にとっては継続的に収入が入ってくるといったメリットがあります。

事業者事業者

もともと自分の持ち物だったものに対して、リース料を支払うというのはいささか抵抗があるな・・・。

リースバック会社リースバック会社

考え方次第ではありますが、その気持ちもわかります。ただ会社の環境を変えずに、資金調達できるのは大きなメリットです。

事業者事業者

契約期間はどのようになっているんだ?

リースバック会社リースバック会社

弊社としても損をしたくないため、御社の所有物を買い取ったとき以上の利益が出るような契約期間を条件提示させていただきます。ただこの辺りは双方の話し合いによるところですので、会社によって条件は異なってきます。

ここまででセールス アンド リースバックの仕組みは理解いただけたと思います。

セールス アンド リースバックの良い点としては以下の通りです。

メリット

  • 売却対象の者の価値で判断される。
  • 今まで通り利用することができる。
  • 売却するものによっては固定資産税が不要となる。
  • 将来的に買い戻すことも可能。

一見良いことばかりのように思えますが、デメリットもあります。

メリット

  • 売却価格が相場よりも安くなりやすい。
  • リース料が相場よりも高くなりやすい。
  • 買い戻す場合、売却価格よりも高くなるケースがある。
  • 将来的に買い戻すことも可能。

会社の持つ財産を売却することで、まとまった資金を調達することができるのはメリットと言えます。また会社の環境を変えずに仕事を続けられるというのもメリットでしょう。ただしすでに売却してしまったものをレンタルして利用するため、レンタル料が毎月発生してしまいます。長くレンタルすればするほどトータル的に見てマイナスになりがちです。

リースバック会社リースバック会社

会社のモノを売却して資金調達したのに、そのまま売却したものを使い続けられるのは、事業遂行の邪魔にならない点でメリットです。

詳しくは以下のサイトを参照してください。

参照 リースバック(wikipedia)

 

困惑してしまう事業者も

セールス アンド リースバックはもともと自分の持ち物を書いてに売却し、リース料を支払って利用し続けるといったものです。

もともと自分の持ち物であったため、リース料を支払っているという点に分かってはいるが腑に落ちるような落ちないような、といった違和感を覚えることもあるかもしれません。

事業者によっては

事業者事業者

これは元々、この会社の所有物だったんだよなぁ。でも今は違う。そして毎月お金を払って使わせてもらうんだよなぁ。なんだかなぁ・・・。

と思うこともあるかもしれません。とはいっても資金調達はできているのですけどね。

ファクタリングに似ている資金調達方法ではあるが・・・

事業者事業者

事業者(会社)の持ち物を売却して資金調達するのはファクタリングに似ているな。

セールス アンド リースバックは、会社の持つモノを売却して資金調達するといった点ではファクタリングに似ているところがあります。

会社の体力内で資金調達

事業者(会社)のモノを売却して資金調達しているということは、会社の体力内で資金調達できているのです。

時に事業者は、無理な資金調達をおこなうことがあります。借金をしてでも経営を盛り上げよう、もしくは立て直そうと考えます。もちろん悪い考えではないですし、多くの事業者が事業資金の融資を受け、会社を大きくしたり、ピンチから脱したりしています。

しかし中には、そうではない事業者もいます。借金というのは返さなければなりません。それも利息を上乗せしてです。借金をして計算通り事業が上手く成長すればよいのですが、そうではない場合、事業目的が借金返済となりかねないことも・・・。

会社の体力内で資金調達することは、大きな成長を期待しにくいかもしれませんが、大きくマイナスになるというリスクも軽減します。

事業者事業者

無理な資金調達は、単発的には良いと感じるかもしれないが、将来的に問題が起こる可能性があるからな。会社の体力内での資金調達は、将来の不安が軽減されやすいな。

資金調達までに時間が必要

セールス アンド リースバックで資金調達する場合には、対象となるモノの査定を行います。「セゾンファンデックス」「インテリックス」といったサービスがありますが、契約までに2週間~1ヶ月は見ておいた方がよさそうです。

会社に「不動産」「車」「機材」など、売却できそうなモノを持っており、それらを売却してその後レンタル料を支払って利用し続けても良いと考えている場合、資金調達までに2週間~1ヶ月時間を要しても良いという場合には、1つの資金調達方法の候補として考えておいてもよいかもしれません。

事業者事業者

もともと会社の私物を売って資金調達?それをそのままレンタルしてレンタル料を支払い続ける?お金に困っているから仕方のないことかもしれないが、なんか気分的になぁ・・・。
それに買い取り手が見つかるのに時間がかかることもあると言うし・・・。

このような考えも仕方のないことかもしれません。その場合はセールス アンド リースバックでの資金調達は避けた方がよいかもしれません。

すぐに資金調達したい!には向かない

「すぐに資金調達をする」という面に焦点を当てるとするならば、セールス アンド リースバックは向かないかもしれません。なぜなら資金調達までには2週間~1ヶ月必要とされているためです。

まず問い合わせをします。その後、経営の財務状況などの確認があります。次に売却するモノの査定、売却価格、月々のレンタル料を決めていきます。

問題点としては、そもそも売却しようと考えている会社のモノを条件内で買い取ってくれるかどうかです。条件の範囲内で買い取ってくれる会社が現れればよいのですが、そうでなければ資金調達まで時間がかかりますし、何よりも買取先がずっと現れない可能性すらあります。

すべてうまく事が進んでの2週間~1ヶ月であるため、動いてみなければ分からないという現実もあります。

一方、すぐに資金調達できる方法としてはファクタリングやビジネスローンという選択肢もあります。先ほどもお話ししたように、ファクタリングとセールス アンド リースバックは、資金調達方法として似ている部分があります。事業者(会社)が持っているモノを売却することで資金調達するといった面です。

参照 9つの資金調達方法

 

ファクタリングと似ている部分もある

セールス アンド リースバックは自社の持つモノを売却して、資金調達を行ないます。ファクタリングはやはり自社の持つ「売掛債権」を売却して資金調達を行ないます。持っているモノを売却しての資金調達となるため、借金には該当しません。

持っているモノを売却して現金を得るという点で、この2つは似ています。

ファクタリング会社ファクタリング会社

売却する売掛債権を持っていればファクタリングを利用することは可能です。持っていない場合は利用することはできません。

しかしその他の面を見てみると、まったく異なることがわかるかと思います。

所有者が異なる

まずセールス アンド リースバックで売却したものは、後にレンタル料を支払うことでレンタルして利用することができます。しかしファクタリングの場合、売掛債権を売却するため、後に利用することはできません。売掛債権の持ち主がファクタリング会社にあるためです。

資金調達までにかかる時間が異なる

次に、ファクタリングは早ければ即日のうちに資金を調達することが可能なのですが、セールス アンド リースバックに関しては、最低でも2週間~1週間必要となります。

継続性の有無

さらにセールス アンド リースバックは、レンタル料を支払い続ける必要があります。もしくは再び買い戻すことができます。ファクタリングの場合は、手数料を引かれた現金を手に入れた後は、レンタル料のように継続的に支払い続けるものはありません。

このように、事業者(会社)のモノを売却して資金調達する面では似ているのですが、それ以外は似ても似つかない性質を持っていることがわかるかと思います。

おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ
    総合評価4.5
    スピード4.5
    信頼性5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. 三共サービス

    三共サービス 老舗のファクタリング会社
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.0

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~500万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社三共サービス
    【URL】:https://sankyo-fs.jp/

    管理人のレビュー

    業界内でも老舗のファクタリング会社で安定したサービスを長年提供している安心感があります。手数料もトップクラスで低く設定されています。個人事業を扱っていないことが唯一の欠点です。

    さらに詳しく 公式サイト

目次