2社間ファクタリングに対応しているファクタリング会社

ここでは「2社間ファクタリングに対応しているファクタリング会社」を紹介しています。

ほとんどのファクタリング会社が2社間ファクタリングに対応しています。ここで注目したいのは「手数料」です。2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社によって手数料の幅が大きく異なってきます。

下は10%、上は30%程度と考えておいてよいでしょう。

売掛先に知られないのがメリット

2社間ファクタリングの最大のメリットは「売掛先にファクタリングを利用したことが知られない」ということです。

そのため、ファクタリングを利用する事業者の約90%が2社間ファクタリングを利用しています。

参照 2社間ファクタリングをもっと詳しく

 

一方デメリットとしては、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなってしまう点です。

参照 3社間ファクタリングをもっと詳しく

 

公表している手数料には気を付けよう

ファクタリング会社のサイトで公表している手数料はかなり低い数字で謳っています。現実的にサイトに表示している手数料で資金調達することはほぼ不可能に近いと考えておいた方がよいでしょう。

そのため、実際に問い合わせをし審査を受けてみて、どのくらいの手数料になるのか確認したほうがよいです。

ただしなのですが、契約直前に手数料を変更してくるファクタリング会社も中に入ると耳にします。もしそのようなことがあったらハッキリと断り、他のファクタリング会社を探すことをおススメします。

【えんナビ】土日対応で柔軟性のあるファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


えんナビは、24時間365日対応のファクタリング会社です。即日で資金調達可能、低水準手数料、柔軟性のある対応と、業界内でもサービス内容としてはトップクラスです。買取金額も30万円~5000万円となっており、幅広い事業者に愛用されています。

【アクセルファクター】事業資金を24時間以内で調達可能なファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


ここでは年間相談数2000件以上の実績を誇るファクタリング会社「アクセルファクター」の信頼性、手数料、評価を中心に紹介していきます。 「アクセルファクター」は、東京都新宿にあるファクタリング会社です。 ファクタリング会社 […]

【OLTA】ネット完結型ファクタリングサービス 請求書をすぐに資金化 -信頼性・手数料・評価-


oltaのファクタリングは、オンライン完結型のサービス「クラウドファクタリング」を採用しています。日本初となるシステムであり対面の面談や紙の書類、ハンコも必要ありません。審査、資金調達までのスピードも速く手数料も業界最安となっています。

【BeTRADING(ビートレーディング)】業界でも特に高い支持 -信頼性・手数料・評価-


BeTRADING(ビートレーディング)はファクタリング業界内でも知名度や、提供しているサービスの質の観点から言っても文句なしのファクタリング会社です。買取金額に制限がなく個人事業者も対象としているため、幅広い層の事業者が利用しやすいと言えるでしょう。

【ライジング】 クラウド契約+スピードに特化したファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


ライジングはスピードに特化し非対面で契約を行えるファクタリング会社です。ほぼすべての売掛債権を買い取り対象とし、事業状況が悪化している状態でも利用対象となります。担保や保証人も必要としないため、すぐに資金調達を行いたい場合にはおススメといえます。

【エーストラスト】 入金最短2時間で1万円から買取可能なファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


エーストラストは、入金最短2時間で1万円から買取可能なファクタリング会社です。買取率最大95%で売掛先1社につき最大5000万までの買取に対応しています。オンラインで完結させることも可能で非対面が強みです。

【西日本ファクター】九州・中国・関西地方に強いファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


西日本ファクターは、九州・中国・関西地方に強いファクタリング会社です。売掛債権買取金額が30万円~3000万円と、規模としては中堅であり利用しやすいと言えるでしょう。初回契約時に対面形式をとっており、事業者とファクタリング会社の信頼関係を築くことに重点を置いていると考えられます。

【日本中小企業金融サポート機構】完全非対面でファクタリング契約可能 -信頼性・手数料・評価-


日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人の資金調達に関する業務を行っており、その中の一つとしてファクタリングを扱っています。「完全非対面のオンライン契約」が強みであり、契約までの時間を大きく削減することで、スピーディーな資金調達が可能となるのです。

目次