山形県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


山形県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

山形県内でファクタリングに向いている業種とは?

東北地方南西部にある山形県は、サクランボの佐藤錦やラ・フランスなどの果物の栽培が盛んな農業県としても有名です。また、工業系の企業も多く本社を構えています。

中小企業の泣き所でもある、資金難による黒字倒産は山形県でも少なからず起こっています。特に、売掛金回収不可能による倒産は、年々増加しています。そこで最近注目を集めているのが、売掛債権を資金化する「ファクタリング」です。

今回は、山形県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

山形県の特徴

山形県は古代から農業が盛んな場所として有名で、特に米沢藩主・上杉鷹山や、奥州藤原氏の荘園が挙げられます。また、大陸からの貿易拠点としても栄えた時期があり、縄文時代の遺跡からは、大陸からの交易品が出土しています。

県全体の90%が豪雪地帯として指定されており、日本海側で隣接する秋田県、新潟県同様、冬が厳しいことでも知られています。

地形は山岳地帯、平野地帯、盆地地帯と、起伏に富んでおり、県中央を流れる最上川は、日本三大急流にも数えられています。

山形県の事業

山形県の産業は、農業、漁業、林業の第一次産業が全体の約3.6%、製造業などの第二次産業が約26.5%、サービス業や不動産業などの第三次産業が約69.1%を占めます。

業種別にみると、製造業が19.7%、サービス業が18.6%、農業が3.5%となっており、それぞれの産業がバランスよく配分されています。農業県としてのイメージが大きいですが、製造業やサービス業も盛んだということが分かります。

山形県で資金繰りが厳しいとされている分野

山形県の資金繰りが厳しい産業は、建設業が挙げられます。企業破産件数は、徐々に減少傾向にありますが、それでも年間で30社以上が破産申告をしており、特に建設業の廃業、倒産が相次いでいます。

原因は、原材料や人件費、物流費の高騰による資金ショートが主な原因として挙げられています。

建設業にはファクタリングがおススメ

建設業の特徴として、経費の支払いが基本的に受注前に行なわれる慣習があります。そのため、新しい仕事を受注しても、事前に経費を支払わなくてはいけないため、施工中に問題が起こった場合に、対応しきれずに経費がかさみ、企業の体力が奪われていくという悪循環に陥ります。

近年、日本全国の建設業経営者に注目されている「ファクタリング」はご存知でしょうか?

ファクタリングは売掛債権を入金期日よりも前に資金化させることが出来る合法的な金融工学で、売掛債権を「モノ」として扱い、第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金化する方法です。

銀行の融資とは違い、将来的な負債にならないというメリットがある他、資金化申し込みから入金までのスピードが速いこともメリットとして挙げられます。

急なアクシデントによる資金ショートで頭を抱える前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

山形県内のファクタリング業者

ここでは山形県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


山形市/米沢市/鶴岡市/酒田市/新庄市/寒河江市/上山市/村山市/長井市/天童市/東根市/尾花沢市/南陽市/

カテゴリー

目次