おススメのファクタリング会社5社を徹底比較 失敗しない優良会社の選び方


おススメのファクタリング会社5社を徹底比較 失敗しない優良会社の選び方

日本全国にファクタリングサービスを行っている会社は当サイト調べでおよそ100社あり、それぞれのファクタリング会社には特徴があります。

その中でも当サイトが選ぶ、とくに注目したいファクタリング会社を5社、比較し紹介したいと思います。

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
OLTA 対象 契約形態 スピード
OLTA

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
anew 対象 契約形態 スピード
anew

法人

2社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。

ファクタリング会社を選ぶ前に2点確認してください。

ファクタリングを利用する最低条件

  • 法人・個人事業の事業者のみ利用可能
  • 売掛債権があること

この条件に当てはまっていなければ、ファクタリングを利用することはできません。

そして最も重要なこと。それは「損をしたくないのなら相見積もりをおススメします。」

ファクタリング会社により条件が異なります。とくに「手数料」はかなりの差があるのです。1つのファクタリング会社で手数料が25%と言われたとしても、次に問い合わせたファクタリング会社では20%と言われることは多々あることです。また「向こうのファクタリング会社では手数料が25%と言われたけど、御社は?」といった感じで交渉すると、意外と手数料を下げてくれるものです。

さらに御社との相性もあります。そのため複数社に問い合わせをし相見積もりを取ることが大事なのです。そして電話での問い合わせは、実は相見積もりが難しくなることがあります。そのため、初めは問い合わせフォームで問い合わせた方がよいかと思います。


No.1 「えんナビ」
総合力で高い評価 柔軟性とスピード◎

【えんナビ】
総合評価 4.5
スピード 4.5
信頼性 5.0

「えんナビ」は東京都上野にあるファクタリング会社です。

2社間、3社間ファクタリングを行なっており、手数料は業界内でも低水準ということで有名です。ファクタリングを利用したいと考えるのであれば、まずは第1候補として選択肢に入れることをおススメします。

非常にフットワークの軽い会社であり、土日祝日はもちろん、24時間365日対応をしてくれているため、急な資金繰りにも対応してくれるところが強みです。

ファクタリングもさることながら、金融の知識を持ったスタッフが、ファクタリング以外の金融施策の指南もしてくれるということで人気となっています。

事業者にとって嬉しいポイントとしては、夜間や休日でもスタッフ対応をしてるところです。資金繰りで相談したいと思ったときには、いつでもスタッフが対応してサポートしてくれる事業者に寄り添ったファクタリング会社なのです。

サービス概要

買取金額 30万円~5000万円
スピード 即日
手数料 5%~
契約形態 2社間3社間
個人事業
設立 2017年
対応地域 全国
営業時間 24時間対応
住所 〒110-0015 東京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階
電話番号 0120-007-567
会社名 株式会社インターテック
サイトURL https://ennavi.tokyo/
地図

\ おススメNO.1 /

「えんナビ」公式サイトはコチラ

中堅ファクタリング会社ならではのフットワークの軽さが武器

えんナビは、ファクタリング会社の中でもバランスの取れている会社といえます。業界内で中堅のため、小回りが利き対応が柔軟と一番良いポジションでしょう。

この「小回りが利く」というのがファクタリングでは大事なのです。ファクタリングと言えばスピードが重要な要素です。どれだけ早く債権を現金化することができるのかがポイントとなってくるわけですが、えんナビは最短即日で対応してくれます。

また2社間、3社間、両方の契約も取り扱っており、さらに法人だけでなく個人事業主の債権にも対応しています。取扱債権金額は30万円~5000万円と幅広く、多くの事業者が利用しやすいファクタリング会社といえます。

そして大きなポイントとして最後に伝えたいのは、夜間や休日でもスタッフ対応をしてるところです。いつでも困ったときにすぐに相談に乗ってくれるファクタリング会社なのです。

\ おススメNO.1 /

「えんナビ」公式サイトはコチラ

事業者事業者

即日資金調達可能、24時間365日対応してくれるのは、資金調達を急いでいる事業者にとってはありがたいな。

 

No.2 「アクセルファクター」
事業資金を24時間以内で調達可能

【アクセルファクター】
総合評価 4.0
スピード 4.0
信頼性 4.5

アクセルファクターは「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社です。

インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

サービス概要

買取金額 30万円~1億円
スピード 最短翌日
手数料 2%~
契約形態 2社間3社間
個人事業
設立 2018年
対応地域 日本全国
営業時間 9:30~19:00
住所 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
電話番号 0120-542-465
会社名 株式会社アクセルファクター
サイトURL https://accelfacter.co.jp/lp2/
地図

\ おススメNO.2 /

「アクセルファクター」公式サイトはコチラ

今すぐ!の需要に応える

アクセルファクターは比較的新しいファクタリング会社ですが、業界で強みとされる特徴をいくつも兼ね備えています。大抵強みというのは1つや2つが一般的なのですが、アクセルファクターの場合は「入金までのスピードが速く」、「来店が不要」、「手数料は業界内でも最低水準」、「債権金額が低額から取り扱い」、「審査通過率が90%以上」など複数の強みを持っています。

ファクタリング会社選びで迷ったときには、候補の1つに入れておいてもよいでしょう。

\ おススメNO.2 /

「アクセルファクター」公式サイトはコチラ

来店不要というのは大きなメリット事業者

来店不要というのは大きなメリットだな。

 

No.3 「OLTA」
請求書をすぐに資金化 クラウドファクタリング

【OLTA】
総合評価 4.0
スピード 4.0
信頼性 4.5

OLTAはファクタリング業界でも注目のサービスを展開しています。それがクラウドファクタリングです。

ファクタリングの全てをオンライン上で完結させることのできるサービスであり、スピードが早く、手数料も業界最低水準と、今までのファクタリングから一歩先に進んだサービス展開を行なっています。

無料会員登録後、売りたい売掛債権の金額を入力するだけで簡易査定ができるため、どのくらい資金調達可能か簡単に分かるのが魅力です。

サービス概要

買取金額 上限下限なし
スピード 最短翌日
手数料 2%~9%
契約形態 2社間3社間
個人事業
設立 2017年
対応地域 日本全国
営業時間 10:00~18:00
住所 東京都港区南青山一丁目15番41号 QCcube南青山115ビル 3階
電話番号 050-3205-1008
会社名 OLTA株式会社
サイトURL https://corp.olta.co.jp/
地図
当サイトから オンラインで完結できるのは大きなメリット。AIを活用したクラウドファクタリングのため従来のファクタリングよりも人の手間を省けることから、手数料を低くできるのだろうと思います。提出書類も手元で揃えられるもののため、思い立った時にすぐに申し込みをすることができるもの売れしいところです。

\ おススメNO.3 /

「OLTA」公式サイトはコチラ

業界注目のクラウドファクタリング

OLTAはファクタリングの業界内では新しい会社です。新しく参入してきた会社の特徴としては、従来のファクタリングサービスをそのまま引き継ぐスタイルを取るところと、新しいサービスを展開する2つに分かれます。OLTAは従来のファクタリングサービスに磨きをかけたスタイルを確立しています。

多くのファクタリング会社では、少なくても初めての契約の際には対面式の面談を行なうことが多いです。しかしOLTAにはそれがありません。また必要書類も自分の手元で揃えられるものが対象となっているため、書類を揃える時間も大きく短縮することができます。

基本的には文句のつけようのないシステムを採用しているとは思うのですが、面談を行わないという点が若干不安ではあります。多くのファクタリング会社が面談を行っているのには理由があります。それはファクタリング契約の根幹が「信用・信頼」であるためです。そのあたりを省いているためどうなんだろうという思いはあります。

\ おススメNO.3 /

「OLTA」公式サイトはコチラ

ネットで簡単に申し込みができるのは楽事業者

ネットで簡単に申し込みをすることができるのは便利だな。

 

No.4 「三共サービス」
数多く取引実績で確かな信頼

【株式会社三共サービス】数多く取引実績で確かな信頼 -信頼性・手数料・評価-
総合評価 4.5
スピード 4.0
信頼性 5.0

老舗ファクタリング業者として2001年に創業してはや18年。業界内でもかなり知名度の高い業者です。

取引実績も多く月間100件以上、年間で1500件以上のファクタリング取引を行なっているとのことですので、多くの取引実績は強みともいえます。

サービス概要

買取金額 50万円~3000万円(1社あたり)
スピード 最短翌日
手数料 掛け目70%~80%、2社間 5%~8%、3社間 1.5%~5%
契約形態 2社間3社間
個人事業 ×
設立 2001年
対応地域 全国
営業時間 9:00~19:00
住所 東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階
電話番号 0120-43-4140
会社名 株式会社三共サービス
サイトURL https://sankyo-fs.jp/
地図

\ おススメNO.4 /

「三共サービス」公式サイトはコチラ

老舗ならではの信頼感と知名度

業界内でも老舗のファクタリング会社で安定したサービスを長年提供している安心感があります。手数料もトップクラスで低く設定されています。個人事業を扱っていないことが唯一の欠点です。

老舗というのは信頼があるからこそだな。事業者

老舗ということは長く利用者を確保し続けているということだから、安心して利用することができるな。

 

No.5 「ウィット」
完全非対面・電話一本で資金調達

【株式会社ウィット】評判・口コミ・手数料
総合評価 4.0
スピード 4.0
信頼性 4.5

完全非対面の業者ということもあり、対面する時間を大幅に削減することができ、スピード重視のファクタリング会社といえるでしょう。

少額の売掛債権を専門に扱う業者は意外と少なく、多くの事業者にとって利用しやすいと言えます。

サービス概要

買取金額 30万円~500万円
スピード 即日
手数料 明記無し(小口30万円を95%で買い取った実績あり)
契約形態 2社間3社間
個人事業
設立 2016年11月
対応地域 全国
営業時間 9:00~18:00
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二山本ビル5階
電話番号 TEL / 03-6380-2277 FAX / 03-6380-2273
会社名 株式会社ウィット
サイトURL https://witservice.co.jp/
地図

\ おススメNO.5 /

「ウィット」公式サイトはコチラ

非対面・少額債権専門

少額の売掛債権を専門に扱うファクタリング会社です。法人も個人事業主にも対応しています。

非対面で済むのは楽でいいな事業者

何よりも非対面という点が気楽でよいポイントだな。


 

をしたくなければ複数社の相見積もりは必須!

おススメは複数社の相見積もり

ファクタリングを利用する際には「相見積もり」することをおススメします。

 

事業者事業者

相見積もり?そんなのは面倒だ!結局どのファクタリング会社でも同じだろ?

 

このように考えていると、かなり大きな損をする可能性があります。

異なる「手数料」・「得意分野」・「対応」

一言でファクタリング会社といってもかなり特徴が異なります。

まず手数料が異なります。

ホームページ上で公表している手数料と実際の手数料が違うということはよくある話です。

基本的に2社間ファクタリングであれば「10%~30%」、3社間であれば「3%~10%」が手数料の相場とされています。この段階で大きな開きがあることがわかると思います。売却する売掛債権の金額にもよりますが、手数料の違いだけで数十万円~数百万円の違いが出てきます。そのため「実際どのくらいの手数料が必要なのか」ということを、複数のファクタリング会社に聞いて比較してみることが大切です。

次に各ファクタリング会社によって得意分野が異なります。

基本的にはどの売掛債権でも扱うことが多いのですが、ファクタリング会社によっては建築業が得意であったり、診療報酬が専門であったりとすることがあります。得意不得意は手数料の違いにも表れてきます。

最後に対応が異なります。

本当に会社によって全然違います。丁寧で迅速な対応を取ってくれ即日、もしくは翌営業日に契約までたどり着けるファクタリング会社もあれば、高圧的な態度を取ってきたり、契約まで時間がかかるケースもあります。大事な会社の資金を調達するのですから、できるだけ親身に、そして迅速に対応してくれるファクタリング会社を選びたいところです。

正確な手数料を知るためにも書類は用意しておく

正確な手数料を知るためには事前に審査を受ける必要があります。そのためには審査に必要な書類を用意しておく必要があります。

 必要書類

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

ここで紹介している書類はあくまでも例です。ファクタリング会社によって必要書類が若干異なってきます。また必要とされる書類が不足していたとしても相談次第で審査をしてくれるケースもあります。

最近では、請求書と通帳だけでもある程度の見積もりを出すことが可能となってきているファクタリング会社も多くなってきました。

相見積もりで気を付ける2つのポイント

相見積もりで気を付ける<span class="yellow">2つのポイント</span>

ファクタリング会社に見積もりを出してもらうときに、気を付けなければならないポイントが2つあります。

1つ目のポイントは「事業者がファクタリング会社の行動に対して気を付ける点」です。もう1つのポイントは「事業者自身が気を付ける点」です。

ポイント1 契約直前に手数料を変更してくる

初めに提示してきた手数料を、契約直前に変更してくるケースがあるのです。

ファクタリングを利用する事業者の多くは、すぐに資金調達をしたいと考えている人ばかりです。そのため、「あと残すは契約のみ」となった段階で手数料を変更されても、応じてしまうケースがあるのです。

もし手数料を変更されてしまった場合、一度冷静に考えてみることをおススメします。

ポイント2 知ってか知らずか二重譲渡をしてしまう

もし複数社に相見積もりを取っている状態であるのなら「売掛債権の二重譲渡」には気を付けましょう。

1つの売掛債権を売却する場合、1つのファクタリング会社へしか売却できません。しかしファクタリングの場合、複数のファクタリング会社に同じ売掛債権を売却することができるのです。

つまり100万円分の売掛債権があったとします。それをファクタリング会社Aに80万円で売却したとします。そして同じ売掛債権をファクタリング会社Bへ売却することができてしまいます。さらにファクタリング会社C、ファクタリング会社Dへといった具合に、本来1つしかないはずの売掛債権を複数のファクタリング会社に売却しようと思えばできてしまうのです。

売掛債権を売却した事業者からすると、手元にどんどんお金が入ってくるわけです。ところが最終的に回収できるファクタリング会社は1社のみです。では回収できなかったファクタリング会社はどうなるのか。そのまま黙っているはずがありません。単純にお金を取られてしまったわけですから。

この行為自体は詐欺行為に該当する可能性が高いため、それぞれの会社は法的手続きに入る可能性が十分にあります。

参照 二重譲渡には気を付けよう

 

知名度のあるファクタリング会社を選ぶのがカギ

知名度のあるファクタリング会社を選ぶ

当サイト内で紹介している以外にも、数多くのファクタリング会社があります。

売掛債権を売却しようとしている事業者との相性もあるため、一概にどのファクタリング会社が良いとは言い切れません。そのための複数社相見積もりです。今回紹介している5社の中から選ぶのも良いとは思いますが、そのほかのファクタリング会社を選んでもよいでしょう。

ただしファクタリング会社を選ぶときにおススメの方法があります。

それは「ある程度知名度があり、長くファクタリング業務を行ってきている会社を選ぶ」ことです。

怪しい業者には気を付けよう

ファクタリング業界には誰でも比較的簡単に参入できてしまいます。それは何かの資格が必要であったり、どこかに登録が必要であったりするわけではないためです。

つまり怪しい業者も参入しやすい状況なのです

参照 怪しい業者の見抜き方

 

このようなこともあるため、名前が知られ長くファクタリング業界に携わっている会社を選ぶとよいでしょう。

知名度が高く長く業界に携わる会社が良い理由

知名度が高いということだけで業界では武器となります。これはどの世界でも通じることです。

「ファクタリングと言えば〇〇」という状態になってしまえば、広告宣伝費を削減しても勝手にお客が集まる状態になります。つまり普通に営業してればどんどん利益が得られるため、わざわざリスクを冒してまで悪いことをする必要がないのです。

逆に知名度があるということは、悪いことをしてしまったら簡単に広まってしまいます。業界ではまともに商売できなくなってしまいます。

長く業界に携わっている会社が良い理由

長くファクタリング業界に携わっているということは、それだけ継続的な利用者がいるということです。

利用者がいなければ会社としての利益が立ちません。当然潰れてしまいます。実際今まで複数のファクタリング会社が潰れてきました。

よって業界で長く経営しているファクタリング会社は、継続的な利用者がいるということであり、指示されていると考えられます。なので新しいファクタリング会社を選ぶのも方法ではあるのですが、相見積もりの1つには業界でも老舗のファクタリング会社を入れるとよいでしょう。

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリングはお金が絡む商売です。つまり信頼第一です。長く業界で商売しているということは信頼を得られるような営業を行なっていると考えられます。

よくある質問

ファクタリング会社を選ぶ上でのポイントは?

状況にもよりますが、「入金までの時間」、「手数料」、「対応力」、「柔軟性」が重要です。

複数のファクタリング会社に声をかけて相見積もりしたほうがよい?

資金が必要なときまでに多少時間があるのなら、複数社に声をかけ、相見積もりをしたほうがよいでしょう。

知名度のあるファクタリング会社を選んだ方がよい?

「知名度がある=多くの事業者が利用している=安心して利用できる」が成り立ちやすいのは事実です。実際、怪しい業者もいるため、それなりの知名度を持っている会社を選ぶことをおススメします。

おススメの理由 ※必ずお読みください

おススメの理由 ※必ずお読みください

当サイトでおススメしているファクタリング会社5社は、各ファクタリング会社のサイトを閲覧した上で、サービス内容等を弊社基準で判断した結果でおススメとしています。

そのため各ファクタリング会社のサービスを完全に把握しているものではなく、サービス内容を保証しているものでもないことを前提としてください。


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

目次