ファクタリングを利用する際の2つの条件 「事業者であること」と「売掛金」が最低条件

フリーランスが利用できるファクタリング会社を選ぶ方法は、意外とハードルが高いものです。

まずフリーランスとは、基本的にはどこかの会社に所属しているわけではありません。そのため定期的に収入を得られるわけではありません。クライアントの仕事をこなすことで報酬をもらう形が一般的でしょう。

通常であれば、請け負った仕事をこなした段階で報酬を受け取れるはずなのですが、クライアントの支払いが遅れてしまったり、何かしらの事情で受け取れなかったりすることは残念ながらよくある話です。

収入を安定させるためにも発生した報酬を回収することは絶対的に行わなければならないことです。

資金面で不安に感じたフリーランスが資金調達をするケースも増えてきました。そしてその中にはファクタリングを利用した経験を持つ人も。意外と珍しいことではなくなってきました。

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングは売掛債権を早期に現金化できるサービス

ファクタリングは売掛債権を早期に現金化できるサービスです。

もう少し簡単に説明すると、クライアントから受け取る予定の報酬を、早めに受け取ることができるサービスとなります。

そのため「なかなかクライアントから報酬が支払われない」「クライアントからの報酬が入ってくるか不安」という状況を全くのゼロにすることができるのです。

元々は法人向けのサービスとして広く知られていましたが、フリーランスや個人事業主や時代の流れとともに増えており、それに伴って法人以外の事業者を対象するファクタリング会社が増えてきたのです。

\ 事業者におススメ!/

フリーランスにファクタリングが人気の理由

フリーランスに人気のファクタリングですが、その理由は数多くあります。

すぐに報酬を手にすることができる

クライアント側にどのような事情があったとしても、報酬を受け取りたいときに受け取ることができます。

報酬が未回収となるリスクがなくなる

クライアント側から支払いが行われないというリスクを回避することができます。

審査が比較的緩い

金融機関の審査は比較的厳しいのですが、ファクタリングの場合は金融機関の審査とはポイントが異なり、比較的緩いとされています。
売掛金が存在する証明(請求書・納品書など)や通帳のコピーを提示できれば利用対象となります。

借金には該当しない

債権と譲渡(売却)して報酬を手に入れるため、借金にはなりません。借金というのは、その履歴が残ることになります。場合によっては、将来的に金融機関から資金調達を考えた場合、過去の借金の履歴が審査に影響することもあります。

担保や保証人が要らない

そもそも「お金を借りる」というものではないため、担保や保証人は必要ありません。

担保や保証人を必要としないため、それらを審査する時間を短縮できます。結果として早ければ即日で資金調達が可能となります。

償還請求権がない

これが一番大きなポイントかもしれません。償還請求権がないというのは「ノンリコース」ということです。

つまりファクタリングで資金調達し現金を手に入れた後、何かしらの問題が発生したとしても、受け取った現金はファクタリング会社に返す必要はないのです。

たとえば、クライアントから売掛金が入金されなかったとします。つまりファクタリング会社に戻すお金が入ってこなかった場合でも、受け取ったお金は返す必要がないのです。

クライアントに知られない

ファクタリングの契約形態が2社間契約である場合には、売掛債権をファクタリング会社に譲渡したことはクライアントには通知されません。つまりクライアント側からは、仕事を依頼しているフリーランスがファクタリングを利用したことは基本的には分からないのです。

このようなメリットがあるのです。フリーランスからしてみると今まで悩んでいたことが一気に解消されるような要素ばかりだと思います。

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングを利用するときのデメリット

数多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

手数料が必要となる

手数料が5%~30%と、ファクタリング会社ごとに設定されており、比較的高いです。

フリーランスの持つ債権金額はあまり大きな金額ではないため、ファクタリング会社としても大きな利益にはなりにくいです。そのため債権金額によっては利用を断られてしまうケースがあります。

業者選びに失敗ができない

ファクタリング業者になるためには、特別な資格は必要ありません。よって誰でも参入できてしまう世界です。この「誰でも」がネックとなることがあります。

ファクタリングを利用しようとしたのに、貸金の契約を結ばされてしまったり、ファクタリングでは取り立て行為はしてはないないのにもかかわらず、取り立てをされたりということもあるほどです。

このようなこともあるため、ルールを守った業者を選ぶ必要があります。

参照 悪質なファクタリング業者を見極める7つのポイント

 

繰り返しの利用は遠慮されることがある

資金難に陥ってファクタリングを利用するフリーランスの場合ですが、繰り返しファクタリングを利用するということは、常に資金難の状態であるということになります。

つまり事業としてうまくいっていないと考えられるケースがあり、そういったフリーランスと契約を結ぶのをリスクと考える業者もいます。

一応お断りとしておきますと、資金を調達する方法は数多くあります。しかしその中で、「万能な資金調達」というものはほぼ存在しません。必ずメリットとデメリットが存在します。

ほとんどの事業者はメリットとデメリットを天秤にかけ、メリットが多いと感じた資金調達方法を選んでいるのです。また本当はデメリットの方が大きいと思っている場合でも、どうしても資金調達をしなければならない状況下で、仕方なく選んでいるケースもあります。

参照 ファクタリングのメリットとデメリット

 

\ 事業者におススメ!/

おススメファクタリング会社

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
anew 対象 契約形態 スピード
anew

法人

2社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。
\ 事業者におススメ!/

フリーランスは法人よりも厳しいことも

フリーランスがファクタリングを利用するときには、法人に比べハードルが高くなりやすいです。

とくに取引先が同じようなフリーランスである場合には、さらにハードルが高くなると考えてよいでしょう。

社会的信用が法人の方がある

法人の方が社会的信用があります。

じつはこの社会的信用というのは非常に大事な部分となってきます。たとえば法人の場合であれば登記をしています。

「このような仕事をどこどこで行っている。」

といった内容を法務局にて登録を行います。そして情報は一般に開示されることになります。このことにより社会的信用を得るのです。

ところがフリーランスというのは個人事業主のことです。税務署に対して開業届を出すことが可能です。可能ではあるのですが必須ではありません。つまりどのような仕事をしているのか外部からは分からないケースも多いのです。

そのような場合には社会的信用の面からすると、どうしても法人に比べると劣ってしまうのです。

ファクタリング会社が重視するのは信用

ファクタリング会社が重視するのは、売掛債権を持ち込んだ事業者よりも、その事業者の取引先です。

そこで外部から情報を集め、取引先をチェックします。ところが登記されていない会社が取引先の場合、情報を十分に集めることができないのです。

情報を十分に集められないということは、取引先が売掛金を支払うことができるのか、売掛債権も本当に実在するものであるのかを判断することが難しくなってしまうのです。

ただでさえファクタリング会社にとって売掛債権を購入することはリスクの高い行為であるため、判断の難しい債権に対しては積極的になりにくいのです。

\ 事業者におススメ!/

債権金額が低いため取り扱いの可能性も

フリーランスの持つ売掛債権の金額は、法人のそれに比べると金額が低くなりがちです。

ファクタリング会社は手数料商売であり、買い取る債権金額が高ければ高いほど利益を出すことができます。利益を出すことはできるのですが、その分リスクがあります。

ところがフリーランスの持つ債権の金額は低いため、ファクタリング会社にしてみるとリスクが低いです。

このような考えを持っているファクタリング会社であれば、フリーランスでもファクタリングを利用することができることでしょう。

聞いてみなければわからない

結果としてですが、フリーランスがファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社に聞いてみるしかありません。

ただ一般論としては、法人に比べると利用しづらい状況ではあります。

問い合わせること自体は無料でできるため、一度聞いてみるのも良いかと思います。