青森県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


青森県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

青森県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

本州最北端の県である青森県は、東北新幹線の開通で観光県として頑張っている中小企業が多く、運転資金の大部分を県の有力銀行である青森銀行と、みちのく銀行、そしてJAの融資によって賄っている企業が多いとされています。

中小企業の泣き所でもある資金難は、ここ青森県でも起こっています。とくに資金ショートによる黒字倒産は、青森県のみならず日本全体の中小企業にも起こっている問題といえるでしょう。そこで資金面での解決策となるかもしれない売掛債権を資金化する方法として最近注目を集めている「ファクタリング」をご存知ででしょうか。

今回は青森県の中小企業でファクタリングに向いている業種について詳しく解説していきます。

青森県の特徴

青森県は本州最北端にある県で、県の認知度も東京、沖縄、北海道に続くほどの高さを誇ります。県人口は31位、県面積は8位で、地方別に大きく分けると、青森市、弘前市、八戸市の3市を中心に経済が展開しています。

地形は、津軽地方、三八上北地方の二つに分けられ、県南には日本有数の湖である十和田湖や、世界遺産でもある白神山地が広がります。火山も多く、岩木山や八甲田山、恐山など、活火山が活動しているのも特徴です。

北海道に繋がる玄関口としても知られ、青函連絡船や、海底トンネル、北海道新幹線など、北海道と本州をつなぐ県としても有名です。

青森県の事業

青森県の名目県内総生産は2014年度の調査では、約4兆4000億円で、農業や漁業といった第一次産業が盛んです。またエネルギー産業の成長も著しく、風力発電では日本一の発電量を誇ります。

主要産業は、第一次産業が3.9%、第二次産業が21.4%、第三次産業が74.8%となっています。第一次産業が減少傾向にあり、第二次産業が徐々に増加しているのが特徴です。第二次産業の中でも製造業は、パルプ・紙・加工品と、精密機械・電気機械の生産量が伸びています。

第一次産業は減少傾向にありますが、従事者は日本全国平均の約3.1倍で、中でも漁業従事者は4.3倍もの人が従事しています。マグロやホタテ、ヒラメなどは、青森県の名産品としても度々メディアに取り上げられています。

青森県で資金繰りが厳しいとされている分野

青森県は、第一次産業県から第二次産業県へ変化しようと試みましたが、どれもあまり上手くいかなかったとされています。現在でも主要産業は農業と漁業ですが、人口流出と後継者不足により、第一次産業は資金繰りが厳しい状況にあります。

第一次産業にはファクタリングがおススメ

農業や漁業といった第一次産業は、季節や天候によって収入が大きく変動するのが特徴です。台風が滅多にこない青森県でも、大型の台風などで県の主要農作物であるリンゴに被害が及ぶなど、第一次産業の成長が阻害されていることも事実です。

また収入のサイクルがバラバラな所もネックでしょう。農業や漁業は、季節ごとに収入が変わるため、計画的な設備投資や、予算計画が立てづらく、後継者不足も相まって黒字倒産が相次いでいることも問題です。

ファクタリングは、売掛債権を資金化する合法的な金融工学で、融資と違い、将来的な負債にならない金策として個人事業主、中小企業の経営者を中心に注目されています。

売掛債権を「モノ」として扱い、第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金化をする方法です。国も推奨している金策で、行政の中小企業相談窓口でもファクタリングに関しての相談が増えています。

ファクタリングのメリットとして、資金化するための審査対象が、申し込み者ではなく、売掛先であるという点も挙げられます。例え経営状況が悪くても(決算状況など)、売掛債権の回収が確実であれば、資金化できます。

銀行融資やJAの融資を申し込む前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

青森県内のファクタリング業者

青森県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


青森市/弘前市/八戸市/黒石市/五所川原市/十和田市/三沢市/むつ市/つがる市/平川市/

資金調達診断

数ある資金調達の方法の中で、どれがおススメか簡易的に診断。
資金調達までの時間
いつまでに資金調達を完了させなければなりませんか?
 

簡易チェック

ファクタリングを利用した場合、どのくらいの金額を資金調達できるか簡易チェック。

    売掛金の金額
    ご希望金額
    事業形態法人個人事業
    売掛先が法人か否かはいいいえ
    氏名(企業名)
    連絡先番号
    メール

    カテゴリー

    目次