山梨県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


山梨県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

山梨県内でファクタリングに向いている業種とは?

近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者に人気の金策です。

山梨県は世界遺産に認定された富士山を中心とした観光産業が発展していることでも知られています。しかし、隣接する関東県に働き手が流出しており、地方では過疎化が社会問題にも挙げられています。

今回は、そんな働き手不足が懸念される山梨県の産業にオススメの「ファクタリング」について解説していきます。

山梨県の特徴

山梨県は東側に隣接する関東県(東京都、神奈川県、埼玉県、静岡県)と、中部地方最大の面積を誇る長野県に挟まれた自然が豊かな内陸県です。県内面積は全国35位ではありますが、山岳地帯がその80%を占めるため、居住面積は47都道府県中45位という狭さになっています。

地形は東西南北を富士山、赤石山脈、八ヶ岳、奥秩父山地など、標高2000メートルを超す山に囲まれています。山地に囲まれているため、地域によって気候の変化が著しく、場所によっては集中豪雨などの災害に見舞われることも多いです。

山梨県の事業

山梨県はその地形を生かした農業が盛んな県としても知られています。農業と林業の第一次産業は県民全体の約7.2%で、この数字は全国平均に比べるとおよそ7倍の比率です。製造業などの第二次産業は約28.6%、小売業などの第三次産業は約70.4%となっています。

第二次産業は太平洋戦争前後で大きく変化が起こっており、戦前は養蚕・製糸業が盛んでしたが、戦後は徐々に衰退しています。大規模工場などが建設しにくい地形でもあることから、重工業が発展しにくい土地ともいわれています。しかし、山梨県は水晶(石英)の採掘地でもあり、研磨宝飾などを中心とした宝石加工業が発達しており、現在でも宝飾品や貴金属の加工に携わる企業が県内に多くひしめき合っています。

山梨県で資金繰りが厳しいとされている分野

山梨県の企業で資金繰りが厳しいと言われている分野は、第一次産業が挙げられます。農業や林業の後継者不足がそのまま業種全体の問題になっているのが現実です。県の主要農産物であるブドウやモモ、サクランボといった果実農業に従事している人が高齢化しており、第一次産業全体の衰退化につながっています。

第一次産業の衰退化は、農家を管理するJAなどにも影響が出ており、融資利率の引き上げや、貸し渋りが発生している現実があります。最近では観光農園を経営する個人事業主、法人が増えてきましたが、資金繰りに悪戦苦闘しているのが現状のようです。

農業にはファクタリングがおススメ

農業は水商売と言われているように、天候や景気など様々な要因が経営状況に影響を与える業種です。安定的な資金繰りは、作物の取れ高にも影響を与えます。資金繰りが悪いと、農業の担い手が育たず、結果的に農業全体の衰退にも繋がってしまいます。

根本的な資金繰り改善を行なわなければ、将来的な山梨県の農業は衰退してしまうという懸念が行政を中心に沸き起こっていることも事実です。

そんな資金繰りを助けてくれるのが「ファクタリング」です。JAの融資などは、将来的な負債になってしまうどころか、収穫量が少ない年には大きな負担になってしまいます。また、融資申し込みから融資決定までの時間が長く、経営状況によっては融資を断られる場合もあります。

ファクタリングは、売掛債権を資金化できる合法的な金融工学です。農業でも利用者が多く、市場出荷後の入金サイクルを安定化させることにも利用されています。

不作や冷害などで資金難に陥る前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

山梨県内のファクタリング業者

山梨県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


甲府市/富士吉田市/都留市/山梨市/大月市/韮崎市/南アルプス市/北杜市/甲斐市/笛吹市/上野原市/甲州市/中央市/

カテゴリー

目次