神奈川県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


神奈川県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法

\ 神奈川県で選ぶならこの3社 /

 

神奈川の事業者の悩み事業者

神奈川で事業を行なっている。会社の資金がショートしそうで、すぐに現金が必要だ。
しかし銀行融資は時間がかかる・・・。どうしたら良いんだ・・・。

 

同じような悩みを抱えている神奈川県内の事業者は多いです。そして彼らは皆、資金調達を諦めているのでしょうか?いえ、資金調達方法は数多くあり、他の方法で資金調達に挑戦しています。

もし取引先から回収していない売掛金があるのなら、すぐにでも資金調達できる方法があります。それが「ファクタリング」です。

ファクタリングは銀行の融資のような借金ではありません。また審査も緩く、最短即日で資金調達することができるという大きなメリットがあり注目を集めています。

\ 神奈川県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


神奈川で借金ではない資金調達方法 それが「ファクタリング」

ファクタリングは借金ではなく確実な資金調達方法

「ファクタリング」とは、未回収の売掛金を受け取る権利である「売掛債権」をファクタリング会社に譲渡することで資金調達する方法です。

ものすごく簡単にいってしまうと、取引先からしばらく先に入ってくる予定の売掛金を今手に入れるといったシステムなのです。

資金調達にもいろいろな種類がありますが、持っているモノを売却して資金調達するため、売買益を得るといった形となります。

事業者の持っているモノ、つまり今回の場合は「売掛債権(売掛金)」を譲渡するわけなので、そのモノが価値があるものであると判断されれば、その判断された価格で売却することができます。

さらにファクタリングは借金ではないため、担保や保証人を必要としません。それらを審査する必要がないため、時間もかかりません。

早ければ即日中に資金調達することができるのです。

ファクタリングの弱点

ファクタリングにも弱点はあります。

まず売掛金以上の金額は調達することができません。形としては取引先から入ってくる売掛金を、代わりにファクタリング会社からもらうといったものだからです。

事業者がファクタリング会社に売掛債権を売却した瞬間に、取引先から売掛金をもらう権利はファクタリング会社に移ります。よって取引先から売掛金が入ってきたら、そのままファクタリング会社に渡す必要があります。

もう1つの弱点は、手数料の高さです。契約形態にもよりますが、売掛金の5%〜30%の手数料が必要となります。そのためたとえば手数料が20%のファクタリング会社に100万円の債権を売却するとしたら、実際に手元に入ってくるのは手数料が引かれた80万円となります。

もし手数料が高いと考えるのであれば、ファクタリングの利用は避け、取引先から売掛金が入ってくるのを待った方が良いでしょう。

神奈川県はファクタリングが利用しやすい地域

神奈川県は、ファクタリングを利用しやすい地域といえます。

ファクタリング会社の多くは東京にあります。神奈川から東京まではすぐに行くことができるため、ファクタリング利用時に必要な書類も直接、そしてすぐに持っていくことができます。

ファクタリング会社としても書類を基に審査を行うため、書類の提出が早ければ早いほど、早く資金調達することができるのです。

またファクタリング会社によっては面談が必要となりますが、その面談についてもすぐに行うことができる距離であり、他の地域に比べるとファクタリングを利用しやすい環境といえるでしょう。

はじめの書類提出はメールでも良いケースがある

神奈川県は東京に近いため、ファクタリングの利用が有利であると話しましたが、ファクタリング会社の中には書類提出をメールに添付する形を採用しているケースもあります。

ファクタリングには2つの審査があります。1つはファクタリングを利用できるかどうかの審査、もう1つは本審査です。

 

すぐに現金を調達したいと考えている事業者

2回も審査があるのか。厳しいな。

ファクタリングの利用条件は、事業者であることと売掛債権(売掛金)があることファクタリング会社

いえ、1回目は審査というよりもファクタリングを利用できるかどうかをチェックするだけです。売掛債権と通帳のコピーさえ提出できれば、基本的には問題ありません。
ファクタリングを借金と勘違いをする事業者が多く、その振るい分けをするために設けているに過ぎません。

 

はじめのファクタリングが利用できるかどうかを判断するために必要な書類が、「請求書」と「通帳のコピー」です。この2つであればメールに添付する形で送ることができます。

そしてファクタリング会社からの反応を待つ間に、契約に必要となる書類を用意します。契約に必要となる書類は以下のものです。

 必要書類

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

これらはあくまでも一例です。利用するファクタリング会社によって審査方法も異なるため、ここで挙げた必要書類が全てとは限りませんが、基本はこれらの書類が必要となるでしょう。

もしファクタリングでの資金調達を考えているのであれば、ファクタリング会社に問い合わせる前にこれらの書類をあらかじめ用意しておくと、早くに資金調達が実現できる可能性が高まります。

すぐに現金を調達したいと考えている事業者

利用予定のファクタリング会社に、どのような書類が必要なのかをあらかじめ聞いておくと良いだろう。

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングを利用すると、金融機関からの融資で感じた3つの大きなデメリットを解消することができます。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」

そんな都合の良い資金調達方法があるのかと思われるかもしれませんが、実際あるのです。

資金調達することで資金繰りが改善され、会社の価値は向上します。会社の価値が向上するということは、これから先、金融機関から融資を考える場合にもプラスに働きやすくなるのです。

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことを解決できるのがファクタリングなのです!

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

ファクタリングには2つの方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ここからは2社間ファクタリングについて詳しく説明したいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

神奈川県で会社経営をしている。取引先へ商品を提供し再来月には1000万円入金される予定なのだがそれでは遅い。事業資金が足りないんだ

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

売掛債権があるのならファクタリングを利用してみてはいかがですか?

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

ファクタリングとは?

ファクタリングの説明ファクタリング会社

取引先から入ってくる予定の売掛金をファクタリング会社が代わりにお渡しします。手数料を引いてですが。そして取引先から売掛金が入ってきた段階でファクタリング会社にそのお金を渡すといった仕組みです。

うなずく事業者事業者

つまり形としては、売掛金の入金予定日よりも早く売掛金を手にすることができるといった感じか?

未入金の売掛債権を入金予定日前に購入するのがファクタリングだと説明ファクタリング会社

そうなります。早ければ今日中に資金調達可能となります。

新たな資金調達方法を見つけた事業者

ありがとう。これで資金ショートを防ぐことができる!

 

たとえば神奈川県内にある銀行でも、ファクタリングと同じような仕組みの資金調達方法はあります。しかし銀行であるため、どうしても時間がかかってしまします。これがネックなのです。

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

ファクタリングは債権の売却益を得るということだから、借金には該当しないんだよな?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

はい、そうなります。そのためバランスシートに借金の記載が掲載されることはありません。この先、銀行融資を考えているのであれば、都合がよいことかと思われます。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ

一般的なファクタリング利用の流れを紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。電話でもメールでOKです。

②必要書類を提出

まず審査を受けられるかどうかを確認から始まります。以下の2つを用意しておきましょう。

審査前に用意したい書類

  • 売掛金の存在を確認できる書類(請求書、納品書など)
  • 直近3ヶ月の通帳

審査が受けられるということになれば、以下の書類が必要となります。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

③審査

審査スピードはファクタリング会社によって異なりまが、早ければ約1時間以内で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。
※ファクタリングには3つの即日があるため初めに確認しておきましょう。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。これで一連のファクタリング契約は終了となります。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

神奈川県内でファクタリングに向いている業種とは?

古くから港町として栄えた横浜市をはじめ、工業都市である川崎市やベッドタウンの相模原市など、日本でも有数の経済要所である神奈川県。しかし、2019年の東京商工リサーチの調べでは4月~9月の神奈川県内の企業倒産状況は前年同期比で25%増加しています。

倒産事由は企業ごとで異なりますが、特に目立っているのが「売掛金回収難」などの不況型倒産です。ファクタリングは支払期日前の売掛債権を資金化できる金融工学です。売掛金の回収代行や不渡りのリスクヘッジができるなど、神奈川県企業倒産事由に有効なメリットが多くあります。

神奈川県企業倒産を防ぐファクタリングのメリットを、神奈川県産業の特徴や事業を通じて解説していきます。

神奈川県の特徴

東京都に次いで全国2位の人口を誇る神奈川県は、関東地方の南西側に位置する県です。東京大都市圏の一角を担っており、行政や経済関連の要所が集まっている地区でもあります。

横浜市と川崎市、相模原市の3市で人口比率の50%以上を形成しています。逆に三浦市や南足利市では人口が5万人を下回っており、町村合併を含めた行政区画の見直しが図られていますが、進展はしていません。

神奈川県の事業

県内の事業所数は2001年の段階で309,441事業所です。全国シェアは4.9%で東京都、大阪府、愛知県に次いで全国第4位にランクインしています。事業所数の40.5%は「卸売・小売業」「飲食店」が占めており、次いでサービス業が29.1%と多くなっています。

工業の事業所数は10,966事業所で、製品出荷額は18兆5,660億円と愛知県に次いで全国2位です。輸出業も盛んです。神奈川県内の横浜港、川崎港、横須賀港の貿易額は輸出額が8兆3,112億円、輸入額が4兆5,389億円と全国港別貿易額ランキングでは全てが上位にランクインしています。

観光資源も豊富で横浜市や川崎市のような市街地から、江の島や鎌倉などの湘南地域を中心としたレジャー施設や観光地が多いことも神奈川県事業の特徴です。

神奈川県で資金繰りが厳しいとされている分野

2019年7月4日の日本経済新聞によると、神奈川県内の2019年1月~6月にかけての企業倒産数は257件でした。前年同月比で28.4%増と厳しい状況がうかがい知れます。倒産事由は「販売不信」による「不況型倒産」が増加していました。

業種別ではサービス業が66件、建設業が64件、製造業が40件と倒産件数の半数以上を、この3業種が占めています。特に建設業は前年同月比48.8%増、製造業は25.0%増と倒産企業全体数を押し上げました。

調査を行なった東京商工リサーチ横浜支店では、今後も不況型倒産件数は増える見込みと発表されています。特に中小企業の資金繰りに対する金融機関の支援状況の変化にも注意が必要と警笛を鳴らしているのです。

建設業にはファクタリングがおススメ

不況型倒産事由には、販売不振以外にも「売掛債権回収不能」も挙げられます。ファクタリングは売掛債権を売却して経営資金を調達する金融サービスです。ファクタリング利用業種で上位にいるのが「建設業」です。

建設業は着工時に人件費などの必要経費を全て支払うという慣習がありました。しかし、仕事の対価を支払ってもらうのは工期後の数ヶ月後というのが一般的です。高額な経費が必要なのにかかわらず、売上金の入金も数ヶ月後になってしまうため、資金力が無い企業は立ち行くかなくなってしまうのです。

ファクタリングで売掛債権を資金化すれば、経費の支払いはもちろん、作業効率化のための設備投資や急な機器の故障などにも余裕を持って対応できます。ほとんどのファクタリング会社で建設業のファクタリングを扱っていますので、少しでも条件の良いファクタリング会社を選んでください。

資金繰りで金融機関に泣きつく前に、まずはファクタリング会社に相談してみてください。

神奈川県内でファクタリングに向いている業種とは?

古くから港町として栄えた横浜市をはじめ、工業都市である川崎市やベッドタウンの相模原市など、日本でも有数の経済要所である神奈川県。しかし、2019年の東京商工リサーチの調べでは4月~9月の神奈川県内の企業倒産状況は前年同期比で25%増加しています。

倒産事由は企業ごとで異なりますが、特に目立っているのが「売掛金回収難」などの不況型倒産です。ファクタリングは支払期日前の売掛債権を資金化できる金融工学です。売掛金の回収代行や不渡りのリスクヘッジができるなど、神奈川県企業倒産事由に有効なメリットが多くあります。

神奈川県企業倒産を防ぐファクタリングのメリットを、神奈川県産業の特徴や事業を通じて解説していきます。

神奈川県の特徴

東京都に次いで全国2位の人口を誇る神奈川県は、関東地方の南西側に位置する県です。東京大都市圏の一角を担っており、行政や経済関連の要所が集まっている地区でもあります。

横浜市と川崎市、相模原市の3市で人口比率の50%以上を形成しています。逆に三浦市や南足利市では人口が5万人を下回っており、町村合併を含めた行政区画の見直しが図られていますが、進展はしていません。

神奈川県の事業

県内の事業所数は2001年の段階で309,441事業所です。全国シェアは4.9%で東京都、大阪府、愛知県に次いで全国第4位にランクインしています。事業所数の40.5%は「卸売・小売業」「飲食店」が占めており、次いでサービス業が29.1%と多くなっています。

工業の事業所数は10,966事業所で、製品出荷額は18兆5,660億円と愛知県に次いで全国2位です。輸出業も盛んです。神奈川県内の横浜港、川崎港、横須賀港の貿易額は輸出額が8兆3,112億円、輸入額が4兆5,389億円と全国港別貿易額ランキングでは全てが上位にランクインしています。

観光資源も豊富で横浜市や川崎市のような市街地から、江の島や鎌倉などの湘南地域を中心としたレジャー施設や観光地が多いことも神奈川県事業の特徴です。

神奈川県で資金繰りが厳しいとされている分野

2019年7月4日の日本経済新聞によると、神奈川県内の2019年1月~6月にかけての企業倒産数は257件でした。前年同月比で28.4%増と厳しい状況がうかがい知れます。倒産事由は「販売不信」による「不況型倒産」が増加していました。

業種別ではサービス業が66件、建設業が64件、製造業が40件と倒産件数の半数以上を、この3業種が占めています。特に建設業は前年同月比48.8%増、製造業は25.0%増と倒産企業全体数を押し上げました。

調査を行なった東京商工リサーチ横浜支店では、今後も不況型倒産件数は増える見込みと発表されています。特に中小企業の資金繰りに対する金融機関の支援状況の変化にも注意が必要と警笛を鳴らしているのです。

建設業にはファクタリングがおススメ

不況型倒産事由には、販売不振以外にも「売掛債権回収不能」も挙げられます。ファクタリングは売掛債権を売却して経営資金を調達する金融サービスです。ファクタリング利用業種で上位にいるのが「建設業」です。

建設業は着工時に人件費などの必要経費を全て支払うという慣習がありました。しかし、仕事の対価を支払ってもらうのは工期後の数ヶ月後というのが一般的です。高額な経費が必要なのにかかわらず、売上金の入金も数ヶ月後になってしまうため、資金力が無い企業は立ち行くかなくなってしまうのです。

ファクタリングで売掛債権を資金化すれば、経費の支払いはもちろん、作業効率化のための設備投資や急な機器の故障などにも余裕を持って対応できます。ほとんどのファクタリング会社で建設業のファクタリングを扱っていますので、少しでも条件の良いファクタリング会社を選んでください。

資金繰りで金融機関に泣きつく前に、まずはファクタリング会社に相談してみてください。

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次