広島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 広島県で選ぶならこの3社 /

 

確実に広島県内で資金調達できる方法事業者

広島県の事業者です。
取引先から売掛金が入金されてきません。しかし他の取引先には買掛金を支払わなければならない状況です。
そのためすぐにでも現金が必要なのですが、何か良い方法はないでしょうか?

 

「売掛金が入ってこないが、買掛金を支払わなければならない」

このような状況に遭遇した事業者は多いことでしょう。買掛金を取引先にしっかりと支払わなければ信用問題となり、その後の取引に影響が出てしまう可能性があります。

そのため売掛金の入金を当てにしていたのに、突然入金が遅れることが分かると、何とかして現金を調達しなければならなくなります。

そのような時の資金調達方法として適しているのが「ファクタリング」です。買掛金の支払いまでに1ヶ月程度時間の余裕があるのなら、銀行融資を利用した方がよいとは思いますが、それほど時間がない状況ならば、ファクタリングの利用をおススメします。

ファクタリングとは、取引先から入金されない売掛金を代わりにファクタリング会社から受け取る方法です。早ければ即日で現金を手にすることができます。

売掛金は入金されなければ未確定の利益、お金なのです。そのため利益を確定されるためにもファクタリングを利用する事業者は非常に多いです。

\ 広島県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


広島で確実に資金調達できる方法 それが「ファクタリング」

広島県内で確実に資金調達できる方法

「ファクタリング」は確実に資金調達できる方法として注目されています。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金を売却する?
そんな方法、聞いたこともない。新手の詐欺かなんかじゃないのか?

 

ファクタリングは、取引先から入金される予定の売掛金を、入金される前に現金化する方法です。

この仕組み自体は、かなり以前から存在するものです。ただあまり日本では普及しなかった理由は、日本の場合、手形取引が主流であったためです。諸外国では一般的な資金調達手段として活用されています。

ここ何年かで日本国内でも利用者が増え、それに伴いファクタリングを扱う業者も増えてきました。結果さらに利用者が増えてきている状況です。

売掛金=売り上げを受け取れる権利 権利は売却できる

売掛金をファクタリング会社に売却することで、売却益を得ることができます。つまり資金調達ができるわけです。

疑問に感じるのは「売掛金を売却することができるのか?」という点かと思います。結論から言いますと可能です。一部の銀行でも行っていますし、さらには似たサービスも銀行で取り入れられています。

そもそもですが、「売掛金とは売り上げを取引先から受け取る権利」です。権利というものは売却することができます。例えるなら、スーパーにある商品はお金を支払うまではスーパーに所有権があります。お金を支払うことで所有権が移るわけです。

それと同じです。

そのためなるべく早く売掛金を手にしたいと考えている事業者からすると、使い勝手の良いサービスとなるのです。

ファクタリングを利用するための3つの条件

ファクタリングを利用するためには、以下の3つの条件を最低でもクリアしていなければなりません。

「3つ条件」

  • 未回収の売掛金を持っていること
  • 売掛金が存在することを証明する書類があること
  • 売掛金を支払う取引先の信用力があること

売掛金というのは、たとえば切手や株券のような「形」で存在するものではありません。そのため、「取引先から受け取る予定の売掛金が存在する」ということを証明しなければならないのです。

ファクタリング会社からしてみると、「売掛金があるよ」と事業者から言われたとしても、それを信用するわけにはいかないのです。なぜなら嘘をついて資金調達する事業者が中に入るためです。

そこで売掛金の存在を証明するためには、売掛金が発生する過程で必要となる書類の存在が重要になってくるのです。それが「請求書」であったり「発注書」であったり「納品書」であったりするのです。

つまり取引が実際に行われていたという証明さえできればよいのです。

ファクタリングの審査に通りやすくするための3つのポイント

ファクタリングを利用する際には、必ず審査があります。

この審査の際に、先ほど挙げた書類を提示することになるのですが、書類がすべてそろっていても審査に通らないことがあります。審査に通りやすくするためには、以下のような条件が整っていると通りやすいです。

「3つ条件」

  • 売掛債権金額が月商以下であること
  • 売掛先との継続的な取引を証明できること
  • 必要書類をすべて提示できること

これらの条件をクリアしていなかったとしても、ファクタリング会社によっては審査に通ることはあります。

ただ常にファクタリング会社が気にしていることは、「この売掛金は本物なのか否か」ということです。逆に言うと、それだけ偽物の売掛金を持ち込む事業者がいるということでもあります。

 

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリングは手数料商売です。1度でも詐欺に引っかかってしまうと、ファクタリング会社自体の経営が大きく傾いてしまいます。そのため慎重にチェックを行います。

 

ファクタリングの仕組みが知られるにつれ、その裏をかこうという人たちが出てきました。実際に多くのファクタリング会社が、1度は偽物の売掛金を購入した経験があるかと思います。

参照 ファクタリング利用者は気を付けよう

 

ファクタリング会社に偽装した売掛金を売却した場合には、詐欺に該当する可能性が十分にありますので、注意しましょう。

ファクタリングを利用するときの流れを簡単に解説

ここまでファクタリングを利用した資金調達の話をしてきましたが、いまいちピント来ない人もいることでしょう。

ここからはもう少しわかりやすく対話文形式で紹介していきたいと思います。自分が「事業者」の立場と考えて読み進めてみてください。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

広島県内で数年前から事業を行っています。
取引先からの入金がまだ先の状態であり、他の取引先には買掛金を支払わなければならない状態です。
現金がすぐにでも必要なのですが、ファクタリングを利用することは可能でしょうか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

はい、可能です。まず初めに、取引先への「請求書」と取引先からの入金履歴のある「通帳のコピー」をご用意ください。

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

わかりました。はいどうぞ。

ファクタリングの説明ファクタリング会社

チェックさせていただきましたが、確かに取引先から入金予定の売掛金は存在するようですね。そして、その取引先とは何度も取引があるようですね。
では正式な審査に入らせていただきます。

うなずく事業者事業者

審査が終わるまでにどのくらいの時間がかかりますか?

継続的な取引が重要ファクタリング会社

1時間程度となります。そのため審査に通過すれば早ければ今日中、もしくは明日までには振り込みをさせていただきます。

理解する事業者事業者

どんな資金調達よりも早いですね。お願いします。

 

売掛債権の存在の証明と、取引先との取引のやりとりを証明することができれば、ファクタリングの審査を受けることは可能です。

取引先からの入金履歴をチェックする意味は、取引先が入金予定日にしっかり入金をしてくる会社であるのかをチェックしているのです。逆に言うと、支払いが遅れるような取引先であったり、初めて取引を行う会社である場合には、審査時間が伸びてしまったり、審査で落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

手数料はどのくらいになるのですか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

契約形態によります。2者間契約という契約方法であれば10%~30%が相場、3社間契約という契約方法であれば5%~10%が相場と考えてください。

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

それであれば、手数料の安い3社間契約を誰もが選ぶのではないでしょうか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

ほとんどの事業者は2者間契約を選択します。手数料は高くなりますが、取引先にファクタリングを利用したことを知られないためです。つまり資金難であることを知られないため、今後も変わらず取引を続けることができます。

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

確かに。こちら側にお金がないことが知られてしまうと、仕事をもらえなくなる可能性がありますね。

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

3社間契約の場合、ファクタリング会社にとってのリスクが減るのです。だから手数料を低く設定することができます。

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

わかりました。そういったことであれば2者間契約の方がよいですね。
本審査を受ける際には、どのような書類が必要となるのですか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

3社間契約の場合、ファクタリング会社によって異なるのですが、一般的には以下のような書類が必要となります。

 

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

審査に通った後は、どのような流れとなるのですか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

指定した口座に入金させていただきます。その際には手数料をすでに抜いている金額での振り込みとなります。取引先より売掛金が入ってきたら、そのままファクタリング会社の口座に入金してください。これで一連の契約は終了となります。

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

わかりました。
もしの話ですが、取引先から売掛金が入金されないなんてことになったら、お金を戻さなければならないのですか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

いえ、そのリスクを含めて売掛金を購入させてもらっています。
そのため万が一のことが起こった場合でも、資金調達をした事業者側としてはファクタリング会社に対して弁済をする必要はありません。償還請求権がない契約をしているためです。

 

償還請求権ナシの契約が事業者にとっては有利

償還請求権は、お金を返還してもらう権利のことです。

つまり、事業者がファクタリング会社に対して100万円分の売掛金を売却したとします。ファクタリング会社は手数料を引いた金額、たとえば80万円を事業者に入金したとしましょう。

この段階ではファクタリング会社は80万円のマイナスの状態です。

その後、事業者の元に取引先から売掛金の100万円が入金されてきた段階で、事業者はその100万円をファクタリング会社に送金します。これによりファクタリング会社としては手数料分の20万円の利益を確定することができるわけです。

ところが、取引先の会社が倒産してしまい、事業者の元に売掛金が入ってこなかったとします。そのような時に、事業者はファクタリング会社へ受け取った80万円を返さなければならないのか否かということが問題となります。

もし償還請求権ナシの契約をしているのであれば、返す必要はありません。

もし償還請求権アリの契約をしていれば、返さなければなりません。

一般的なファクタリング契約では、償還請求権ナシの契約となっているケースが多いです。だからこそ手数料が高く設定されているという理由もあります。

ファクタリングには2つの方法がある

ここまでにもお話ししてきましたが、ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


[the_ad id="3232"]

広島県でファクタリング利用する方法

広島県内の事業者がファクタリングを利用する際には、広島県内でファクタリング会社を探すことは難しいため、東京や大阪、福岡といった首都圏のファクタリング会社を利用することがほとんどです。

そして基本的には民間のファクタリング会社を利用することになります。銀行でもファクタリングサービスを行っていることはありますが、審査に時間がかかるという点と、ファクタリングとは少し異なったサービス形態(債権流動化、債権担保融資)であることが多いです。

いずれにせよ、銀行系のサービスを利用する際には審査に時間がかかってしまうため、すぐに資金調達をしたいということでファクタリングを選ぶのであれば、民間のファクタリング会社を利用した方がよいでしょう。

ファクタリング会社の拠点がどこにあっても問題ない

ファクタリングを利用する際に、ファクタリング会社の事務所がどこにあったとしても大きな問題にはなりません。

とくに最近では、非対面での契約を行うファクタリング会社が増えてきています。つまり事務所に足を運ぶ必要がないのです。電話やメールで事足りるのです。

面談を希望すれば対応してくれる

ファクタリングを利用する際に面談するケースもありますが、最近では必須ではなくなってきました。ただし利用するファクタリング会社によって異なります。

また売掛債権の金額によっても異なります。もし売掛債権の金額が大きければ、ファクタリング会社にとっては利益にはなりますがリスクにもなります。そのリスクを軽減させるために面談を行うことはあります。また初めて付き合う事業者の場合、どのような人かわからないため、やはり面談をするケースがあります。

しかしこれもファクタリング会社の考え方次第です。

また事業者の方が面談を希望するケースもあることでしょう。その場合、多くのファクタリング会社は面談に応じてくれます。そして事業者がファクタリング会社の本社へ足を運ぶ分には何も問題はありません。もしそれを拒否されるようなことがあれば、その業者の利用は考え直した方が良いかもしれません。

参照 直接会おうとしない 顔を合わせることを拒否する業者は注意が必要

 

逆に、ファクタリング会社のスタッフに出張してもらうことも可能です。ただしこの際には別途出張料金を請求される可能性が高いです。また売掛債権の金額がファクタリング会社で定めている基準の金額よりも低い場合には、出張を断られてしまう可能性があります。あくまでもファクタリング会社の考え方により異なってきますので、一度聞いてみると良いでしょう。

 

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

最近のファクタリング会社は、非対面での契約や、対面が必要だったとして出張をしてきてくれます。
ただし出張を求めた場合、売掛金の金額が小さい場合には断られてしまうケースもあります。

 

ファクタリングで資金調達する際の3つのメリット

ファクタリングを利用して資金調達することは、かなり多くのメリットがあります。とくに「時間」「審査」の面から考えると、他の資金調達に比べかなり大きなメリットがあるといえます。

ファクタリング 銀行
時間 最短即日 1ヶ月前後
審査 緩め 厳しい
その他 借金ではない 借金となる

銀行の資金調達は、大きな金額を比較的低い金利で借りることができるといった大きなメリットがあります。利用できるのであればそちらの方が良いのですが、申し込みをしてから入金までに時間がかかります。そして審査は厳しめです。また借金となるため毎月の返済が必要となり、尚且つ、バランスシートには借金の履歴が残ることとなります。

一方ファクタリングは、申し込みから入金まで最短即日で完了します。審査は緩めですし借金とはなりません。そのためバランスシートに借金の履歴は残りません。

このようなことがあり、すぐに資金調達を考えている、もしくはしなければならないということであれば、ファクタリングが資金調達の選択肢に入ってきても良いかとは思います。

ファクタリングのデメリット 売掛債権金額内で手数料が高め

ファクタリングはメリットばかりではありません。売掛債権金額内でしか資金調達ができませんし、手数料が高めです。

例えば取引先に対して500万円の債権がある場合には、500万円を超える資金調達はファクタリングではできません。契約形態にもよりますが手数料が5%〜30%に設定されているケースが多いため、たとえば手数料が20%であった場合には、100万円の手数料を支払うこととなります。つまり400万円しか手元に入って来なくなるのです。

そのため手数料が高いと判断するのであれば、ファクタリングの利用は避けた方が良いでしょう。

 

3社間契約であれば10%未満でも契約可能かもファクタリング会社

3社間契約であれば手数料が5%〜10%に設定されている場合もあるので、手数料を抑えることはできます。

 

手数料が高めのファクタリングですが、3社間契約という契約形態であれば、手数料を大きく下げることができます。それでも5%〜10%です。今回のように500万円の売掛債権を5%の手数料で契約した場合には、25万円が手数料になります。そのため調達できる金額は475万円となります。

ただし3社間契約を行う場合には、売掛債権をファクタリング会社に譲渡したことを、取引先に通知することになります。つまり取引先に対して自分の会社は資金がショートしていると伝えるようなものなのです。

このようなこともあり、ファクタリング利用者のおよそ90%以上が、今後のことも考えて2社間契約を行います。どちらを選ぶかは事業者の考え次第となります。

広島県内でファクタリングに向いている業種とは?

広島県に限らず、掛け取引を行っている業種であればファクタリングでの資金調達に向いていると考えます。

事業を行う上で避けたいこととしては、売掛金回収不能による資金ショートが原因の黒字倒産です。黒字倒産はが年々増加しています。

この黒字倒産を防ぐ最も有効な方法がファクタリングではないでしょうか。

今回は、広島県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

広島県の特徴

広島県は中国地方の中央部に位置し、九州や関西へのアクセスが便利なことでも知られています。海上では、四国の香川県と愛媛県とも繋がっており、それぞれの地域の交流地点としても栄えてきました。

地形は、瀬戸内海沿岸部に向かって階段状の地形をしていることが特徴です。北に行くほど海抜が高くなります。海抜自体は高くないものの、河川を中心に山地が広がっていることもあり、河川水害(土石流など)が多い県としても知られています。

人口は2000年頃をピークに横ばいの状態が続いていますが、地方では人口流出が顕著で、逆に市街地(広島市など)への人口増が増えています。

広島県の事業

広島県の産業は、製造業が主要産業です。江戸時代には、たたら製鉄による日本有数の鉄の産地であったこともあり、戦時中には日本陸軍・海軍の主要拠点も置かれていました。呉の海軍工廠をはじめとした多くの軍需施設が置かれ、戦後は軍需産業に携わった技術者が、その技術を利用したモノづくりが栄えました。広島県に本社を置く自動車メーカー「マツダ」も、戦時中には自社工場が軍需工廠に指定されています。

厳島神社や、原爆ドームなどの世界遺産の影響もあり、国際的な観光資源が豊富な県でもあります。観光客向けのサービス業も盛んで、製造業に次いで県民総生産の大半を占めています。

瀬戸内海の豊富な海洋資源や、瀬戸内海気候を利用した、柑橘類の栽培も盛んで、第一次産業も大きな収入源となっています。

広島県で資金繰りが厳しいとされている分野

広島県の資金繰りが厳しい産業は、特に製造業が挙げられます。原材料から機械部品を製造する企業の倒産が相次いでおり、上流工程の企業に大きなダメージを与えています。

原材料費や物流費の高騰による資金ショートが主な原因です。近年では日本政府の金融緩和によって、融資などが以前に比べて申し込みやすくなったと言われてはいますが、広島県では企業倒産の歯止めにはなっていないようです。

製造業にはファクタリングがおススメ

製造業で最も困るのが、売掛金の入金サイクル遅延や、売掛金回収不能による資金ショートです。せっかく仕事を受注しても、原材料費が支払えなければ、仕事ができませんし、受注した仕事を完了できないという負のスパイラルに陥ることもあります。

ファクタリングは、売掛債権を期日前に資金化することが出来る合法的な金融工学で、広島県内に本社を置く大企業も予算編成の時点でファクタリング費用を計上するなど、注目が集まっています。ファクタリングのメリットは、売掛債権を早期資金化できるというだけでなく、将来的な負債にならないということも挙げられます。融資と違って、申し込みから資金化までのスピードが比較的早いこともメリットです。

資金難で破産申告をする前に、まずはファクタリングを検討してみることをおススメします。

広島県内のファクタリング業者

広島県内でファクタリング業者を見つけることはできません。



広島県でおススメのファクタリング会社

広島県でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

広島県内の銀行ではファクタリングの扱いは行っていない

広島県内には「広島銀行」と「もみじ銀行」がありますが、ファクタリングのサービスは行っていないようです。

もみじ銀行に関してはファクタリングと性質の似た債権流動化(ABL)であれば行っているようですが、債権を担保とした融資となるため、そして担保となる債権を評価する時間もかかるため、今すぐに資金調達を行いたいと考える事業者向きではないかと思います。

広島銀行

広島銀行
住所 広島県広島市中区紙屋町1-3-8
電話 082-247-5151
URL https://www.hirogin.co.jp/

もみじ銀行

もみじ銀行
住所 広島県広島市中区胡町1-24
電話 082-241-3131
URL https://www.momijibank.co.jp/

広島県内の銀行のみならず、他の銀行でもファクタリングに似たサービスを展開しているケースがあります。しかし銀行のサービスとなるとどうしても審査に時間がかかってしまい、ファクタリングの良さが無くなってしまいます。

そのため、すぐに資金調達を考えているのなら、民間のファクタリング会社に連絡をしたほうが早めに現金を手に入れられることでしょう。

ただし手数料の面からすると、銀行の方が圧倒的に低いのは間違いのないことですので、そのあたりをよく考えてみるとよいと思います。

近隣のファクタリング事情

兵庫県島根県鳥取県岡山県山口県


広島市(中区/東区/南区/西区/安佐南区/安佐北区/安芸区/佐伯区)/呉市/竹原市/三原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/

\ 事業者におススメ!/