秋田県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


秋田県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 秋田県で選ぶならこの3社 /
 

秋田県内ですぐに資金調達をしたい事業者

運転資金が足りなくなりそうだ。取引先からの売掛金の入金はまだ先。銀行に融資を掛け合っている時間はない・・・。
すぐに資金調達できる方法は秋田県内に何かないものだろうか・・・。

事業経営を行っていれば、予期せぬ資金不足に見舞われてしまうこともあることでしょう。

あらかじめ資金ショートが予想で来ているのであれば、早めに行動を起こせるため、様々な資金調達の中から検討することができます。しかし「今すぐに資金が必要」という状況になってしまった場合には、利用できる資金調達方法が限られてきてしまうのです。

すぐに資金調達できるメジャーな方法として挙げられるのは「ビジネスローン」と「ファクタリング」です。どちらも審査が緩くスピードが速いのが特徴です。ビジネスローンは借金であり継続的な返済が必要となります。ファクタリングは事業者の持つ債権を売却し資金を調達するため、借金ではありません。そのため返済というもの自体がありません。

そのため、取引先から売掛金の入金が遅れている、もしくは売掛金が入ってくれば運転資金を確保できるというのであれば、ファクタリングを利用してみるのもよいかもしれません。

\ 秋田県で選ぶならこの3社 /
 

\ 事業者におススメ!/


秋田で借金ではない資金調達方法 それが「ファクタリング」

秋田県でのファクタリング 借金ではなく確実な資金調達方法

売掛金を受け取る権利である「売掛債権」を売却し資金調達するシステムを「ファクタリング」といいます。

「事業者の持ち物を売却する」といったものです。

たとえば社用車や自社ビルを持っていたとします。事業資金が足りなくなったらそれらを売却し、事業資金に充てる事業者もいることでしょう。

ファクタリングもそれと同じ行為です。

借金ではないため担保や保証人を必要としません。つまり審査時間が短くなります。これによりファクタリング会社の中には1時間以内に審査を終了するケースも珍しくないのです。これにより、即日中の資金調達が実現することになるのです。

参照 経営者が利用する9つの資金調達方法

 

税金滞納・赤字決済・ブラックでも問題なし

一般的な資金調達を行う上でネックとなるのが「審査」です。審査は「お金をしっかり返してくれるのか。返す能力があるのか。」を数字から見て客観的に判断されます。そのため、今までにお金に関する問題を抱えている場合には、審査に通らなくなってしまいます。

たとえば税金を滞納していた過去があったり、赤字決済であったりした場合、それらの記録は残っているため、それが原因となり審査に通らないということはよくある話です。また事業者自身の信用情報に傷がついてしまっている場合にも、やはり審査に通らないといったことがあります。

ところがファクタリングにおいての審査は「税金滞納」、「赤字決済」、「ブラック」はあまり影響を与えません。むしろ審査においては気にしないファクタリング会社もあるほどです。

ファクタリング会社が注目しているのは「事業者の持ち込んだ売掛債権が本物であり、さらに事業者の取引先は対象となる売掛金を払う能力があるのかどうか」という点なのです。

そのため債権を持ち込む事業者よりも、その事業者の取引先である、売掛金を支払う側の能力に注目するのです。

このような点からしてみても、事業者からしてみれば売掛金さえあれば資金調達自体はそれほど難しくはないのです。

秋田県でファクタリング会社を見つけにくい

秋田県内でファクタリングを利用しようと考えても、近隣で見つけることは難しいかもしれません。

ファクタリング会社の多くは、東京、北海道、福岡に集中しているためです。

では、秋田県内の事業者はファクタリングを利用していないのか?というとそのようなことはありません。県内の多くの事業者がファクタリングを利用しています。

なぜならファクタリングに距離は関係ないためです。

秋田県にいながら電話やメールでやり取り

秋田県内に有名なファクタリング会社を見つけることはできません。しかしファクタリングを利用する際に「距離」はほとんど影響がありません。

理由は必要書類はメールや郵送で問題ないためです。また必要に応じて、ファクタリング会社のスタッフがすぐに秋田県まで来てくれます。

動産担保融資は銀行で利用できる

秋田県内でファクタリング会社を見つけることはできませんが、秋田県内の銀行でABLを利用することは可能です。

ABLとは「動産担保融資」や「流動資産担保融資」のことです。流動資産を担保として資金調達することです。流動資産とは商品在庫であったり売掛金のことを指します。

つまり売掛金があるのなら、それを担保として資金調達することのできる仕組みを銀行では用意しているのです。

ただし大きな問題があります。資金調達までに時間がかかってしまうのです。そのためすぐに資金調達をしたいと考える事業者には不向きかもしれません。

これまでの資金調達のデメリット 借金が経営に影響を与える

資金調達方法は数多くあり、それぞれに必ずメリットとデメリットがあります。

たとえば一般的に資金調達といえば「融資」となります。つまり「借金」です。銀行や日本政策金融公庫からの融資を受けることは、金利が低いという面において大きなメリットといえます。

もし利用できるのであれば利用した方が良いと思いますが、利用するためにはハードルを乗り越える必要があります。

3つのデメリット

  • 融資実行までに時間がかかる
  • 条件や審査が厳しい
  • 借金として履歴が残る

選ぶ金融商品にもよりますが、大抵これらがデメリットとなりえます。、

たとえば銀行は、預金者のお金を利用して商売を行っています。事業者に融資をする際にも、預金者から預かったお金を融資するのと同等のことを行っています。そのため、どのような状況に陥ったとしても損失を出すわけにはいかないのです。

損失を出さないために慎重な審査が行われます。もし融資した事業者が返済できない状況に陥ってしまったとしたら、担保や保証人でカバーすることになります。その担保や保証人でカバーできるかどうかを、事前にしっかりと確認を取る必要があります。

だからこそ金融機関からの融資はどうしても時間がかかってしまうのです。

 

すぐに現金を調達したいと考えている事業者

すぐに資金が必要だ。厳しい条件は通過できない可能性がある。借金の履歴は残したくない。

 

このように考えているのであれば、金融機関からの融資は選択肢に入らないのかもしれません。

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングを利用すると、金融機関からの融資で感じた3つの大きなデメリットを解消することができます。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日で資金調達可能
  • 条件が緩い・審査ポイントが異なる
  • 借金として履歴が残らない

「資金調達までの時間が短く、審査も比較的緩く、さらに借金としての履歴が残らない。」

都合がよさそうではあるのですが、これがファクタリングなのです。

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

数ある資金調達の中でもスピードに特化したのがファクタリングです。

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

ファクタリングの3つのデメリット 

ファクタリングは、急いで資金調達したいと考えている事業者には向いていると思います。

また自社が保有している債権を売却して資金調達するため、外部の金融機関に頼らず、自社の体力内で資金調達できるという点もメリットといえます。

ところが大きく分けて3つのデメリットがあります。

「ファクタリングの3つのデメリット」

  • 手数料が高い
  • 売掛債権がなければ利用できない
  • 売掛債権以上の金額の資金を調達することはできない

手数料は債権金額の5%~30%前後となります。契約形態や債権金額、債権回収サイト、選ぶファクタリング会社によっても異なりますが、大抵この範囲内の手数料となります。

さらに売却(譲渡)する債権がなければ利用することができません。債権を持っているのは事業者であるため、事業を行っている人間しか利用できないことでもあります。

さらに債権金額以上の調達は行うことができません。債権金額が100万円であれば、100万円未満の資金調達しか行えません。

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングには大きく分けて2つの契約方法があります。

2社間契約3社間契約です。

どちらの契約方法を選ぶのかは事業者自身が決めることができますが、約90%以上の事業者は「2社間契約」を選択します。理由は2者間契約の場合、売掛先に債権を譲渡したことが知られないためです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間契約 3社間契約
取引先への通知 通知なし 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。資金難であることを取引先に知られたくないためです。

3社間契約をすると、ファクタリング会社は取引先に対して「債権の持ち主が変更になった」と通知をします。これにより取引先からしてみると、「あの会社は資金繰りが上手くいっていないんだな」と思われることとなります。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

結論をいいますと、90%以上の事業者が2社間契約を希望します。取引先に資金難であることを知られたくないためです。

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ファクタリングでよく利用される「2社間契約」について詳しく説明したいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

秋田県内の事業者なんだが、すぐにできる資金調達を県内で見つけることができない。
今週中には何とかしなければならないのだが、どうしたらよいものか・・・。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

すぐに資金が必要ということであればビジネスローンか、弊社の取り扱うファクタリングがよいかと思います。

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

ビジネスローンはもう利用しているんだ。これ以上の利用は厳しい。
ファクタリングとはどのような仕組みなんだ?

ファクタリングの説明ファクタリング会社

取引先から入金予定の売掛金はありますか?もしあるのなら、それをファクタリング会社がすぐにお渡しできます。

うなずく事業者事業者

ああ、100万円分の売掛金が取引先にある。再来月には入金される予定だが、それまで待たなければならない。

ファクタリングは事業者向けファクタリング会社

でしたらファクタリングを利用することは可能です。債権の金額から手数料を引いた金額をお渡しできます。

うなずく事業者事業者

ではファクタリングを利用すれば、売掛金を予定よりも早く手にすることができる・・・という認識でよいのか?

ファクタリングは事業者向けファクタリング会社

そうですね。100万円分の債権であれば手数料を引いて、約80万円前後を手にすることができることでしょう。

 

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

ちなみにもし取引先に売掛金がない場合には、ファクタリングを利用することはできるのか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

できません。あくまでもファクタリングは債権を買い取るサービスです。

 

秋田県内でファクタリング利用するときの流れ

秋田県内にいながらファクタリングを利用するときの一般的な流れを紹介します。

※ファクタリング会社によって審査の方法は異なり、提出書類も異なることがあります。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。電話でもメールでOKです。

②必要書類を提出

まず審査を受けられるかどうかの確認から始まります。「取引先への請求書」と「取引先との取引履歴のある通帳」の提出が求められます。請求書以外で「納品書」あたりでも良い場合もあります。

つまり取引先に売掛金がある、取引先と継続的な仕事を行っている、さらには毎月継続的な収入があるなどの情報を証明することができれば問題ありません。

つまりほとんどの事業者に当てはまることです。

ただし季節的要因が絡む事業などのように、年間の特定のシーズンのみ売り上げが大きくなり、それ以外はそれほど収入がない・・・といった場合にも取り扱ってくれるケースもあるため、問い合わせだけはしてみるとよいでしょう。

審査が受けられるということになれば、以下の書類が必要となります。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

③審査

審査スピードはファクタリング会社によって異なりまが、早ければ約1時間以内で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。
※ファクタリングには3つの即日があるため初めに確認しておきましょう。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。これで一連のファクタリング契約は終了となります。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

秋田県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

秋田県内に限らず、売掛金が発生する事業であればファクタリングを利用することは可能です。

売掛金の回収サイトが3カ月以内であれば、ほとんどのファクタリング会社が話を前向きに聞いてくれるでしょう。ただし回収サイトがそれ以上長い場合には、利用を断るファクタリング会社はあります。

しかしこれもケースバイケースとなります。

公共事業を扱う場合は回収サイトが長くても利用できる可能性あり

建設業の場合は、売掛金の回収サイトが半年や1年以上先ということも珍しくはありません。本来であれば回収サイトが長い案件はファクタリング会社としてはあまり扱いたくはないところではありますが、その建築業が公共事業を扱っているということであれば話は別です。

公共事業であれば、ほぼ間違いなく売掛金は入ってきます。ファクタリングの審査において重要視されるのは売掛先の経営状況です。これが公共事業となれば経営状況に関していうと申し分ありません。

天候により左右される農業や林業

農業や林業は、生産量に比例して収入が上下します。また、市場価格やその年の天候なども収入に大きく影響します。収入が不安定となってしまうため、たとえば金融機関から融資をなかなか受けられないという話もあります。

ところがファクタリングの場合は、審査基準が金融機関とは異なり独自の審査を行っています。そのため金融機関から融資が断られてしまったとしても、ファクタリングであれば資金調達することが可能なケースもあるのです。

秋田県内のファクタリング業者

秋田県内ではファクタリング会社を見つけることができませんでした。



秋田県でおススメのファクタリング会社

秋田県でファクタリング会社を探す   ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 

※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

北海道青森県岩手県宮城県山形県福島県茨城県


秋田市/能代市/横手市/大館市/男鹿市/湯沢市/鹿角市/由利本荘市/潟上市/大仙市/北秋田市/にかほ市/仙北市/

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次