奈良県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法
\ 奈良県で選ぶならこの3社 /
 

すぐに現金が必要なのに、すぐに用意することができない事業者

取引先への支払いと税金の支払いをするお金がない。
支払い期日は迫っている。
すぐに資金調達できないものか・・・。

事業を行っていれば、時として「今すぐに現金が必要」となるケースも起こりえる問題です。

取引先への支払いや税金の支払いは、会社の信用問題にかかわることであり、さらにはこの先、金融機関から融資を受けたいと考えている場合には、この辺りのトラブルが原因で審査に影響してしまうこともあります。

しかしすぐに資金調達できる方法というのは非常に限られています。

すぐに資金調達できる方法として考えられる方法が「ファクタリング」です。ファクタリングは持っている売掛債権を売却し資金調達することです。他の資金調達方法に比べるとあまり知られていない方法ではあるのですが、多くの事業者が利用しているのも事実です。

\ 奈良県で選ぶならこの3社 /
 

\ 事業者におススメ!/


奈良ですぐに資金調達できる方法 それが「ファクタリング」

ファクタリングは借金ではなく確実な資金調達方法

事業者の持つ売掛債権を売却し資金調達することを「ファクタリング」といいます。

「持っているモノを売却しお金を得る」という行為であるため、その「持っているモノ」が価値のあるモノと判断されればよいのです。

つまり今回の場合は「売掛債権」となるわけです。

売掛債権を買い取る業者からすると、「本当に取引先に売掛金があるのか?」「売掛先は売掛金を支払う能力があるのか?」が判断できれば良いわけであり、債権を売却しようとしている事業者よりも、事業者の取引先の信用力が審査の焦点となります。

よって債権を売却する側の経営状況はあまり審査に影響しないというのが大きなポイントとなります。極端な話、税金を滞納していたとしても赤字決算だったとしても大きな問題とはならないのです。

さらにファクタリングのメリットとしては担保や保証人を必要としません。だからこそ審査も短くなります。

単純に、「売掛金やそれが存在するという証明である請求書や納品書があれば資金調達することができるのです。

ただし担保や保証人を必要としないということは、それだけファクタリング会社側にとってはリスクとなります。よって手数料が他の資金調達に比べ高く設定されることにつながっているのです。

有名なファクタリング会社は大都市圏に集中している

奈良県内の事業者がすぐにファクタリングを利用しようと考えた場合、奈良県周辺ではファクタリング会社を見付けることは難しいでしょう。

それはファクタリング会社の多くが大都市圏である東京や愛知、大阪、福岡に集中しているためです。

そのため「複数社に直接話を聞きたい、ちょっと行ってみよう・・・」ということができないのです。

奈良県にいながらファクタリングを利用する方法

多くの事業者はファクタリングを利用する際には、電話、インターネット、郵送を利用します。

つまりどこに住んでいたとしてもファクタリングを利用することにそれほど支障をきたすことはありません。

先ほどもお話しした通り、ファクタリング会社としては売掛債権が本物であることさえ証明できれば問題ないのです。つまりそれを証明するための書類の提出ができればよいのです。

たとえば銀行融資であれば、提出書類のほかに面談が必要となるケースがあります。ところがファクタリングの場合、ファクタリング会社によって方法は分かれるのですが、面談が必要とならないケースがどんどん広まってきています。

もしも面談をしたいと考えるのであれば、ファクタリング会社に足を運ぶことも可能です。さらには出張面談をお願いすることも可能です。

これまでの資金調達のデメリットを覆した

世の中にはさまざまな資金調達方法がありますが、そのどれにもメリットとデメリットがあります。ファクタリングは他の資金調達のデメリットを覆した資金調達方法となります。

たとえば資金調達で有名なのは「金融機関からの融資」でしょう。金利が低く、大きな金額を調達しやすいです。非常に優秀な資金調達方法ではありますがデメリットもあります。

「3つのデメリット」

  • 時間がかかる
  • 条件が厳しい
  • 借金として履歴が残る

これらは意外と大きなデメリットです。しかし金融機関としてはこれらはどうしても譲れない条件なのです。

金融機関側とすれば、融資の財源は預金者のお金であるため必ず回収しなければなりません。それも利息を上乗せした金額をです。

そのため融資相手に返済能力があるのか、もし返済できない場合には担保や保証人を利用して回収することができるのかということをしっかり調べた上で融資の判断をします。そのため審査に時間がかかりますし条件も厳しくなってしまいます。

さらに「融資」「借金」です。経営者であれば知っているかと思うのですが、借金は貸借対照表に記載されることとなります。

 

すぐに現金を調達したいと考えている事業者

借金の履歴を残すのは都合がよくない。
これから先、金融機関から融資を受けたいと考えているからだ。場合によっては審査にマイナスの影響を及ぼす可能性がある。

 

この辺りは、状況によって変わるため士業の方に相談してみるとよいと思いますが、借金の種類によっては融資の審査に影響を与えることは考えられます。だからこそ、借金ではない資金調達方法のファクタリングを利用する事業者は多くいるのです。

ファクタリングで資金調達する3つのメリット

ファクタリングを利用して資金調達する場合、これまで金融機関からの融資で感じた大きな3つのデメリットを解消することができます。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

つまり「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」ということになります。

参照 経営者が利用する9つの資金調達方法

 

資金調達することで手元資金が増えれば、資金繰りが改善されることになります。それにより会社の価値が向上することにつながります。結果として金融機関から融資を受ける際には審査に好影響を与えることにつながりやすくなります。

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことを解決できるのがファクタリングなのです!

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

もちろんデメリットもある

ファクタリングにもデメリットはあります。たとえば以下の3つが挙げられます。

「ファクタリングの3つのデメリット」

  • 手数料が高い
  • 売掛債権がなければ利用できない
  • 売掛債権以上の金額の資金を調達することはできない

先ほどもお話ししましたが、すべての資金調達方法にデメリットは存在します。

ただ言えることは「金利手数料が低くてすぐにお金を手にすることのできる方法は存在しない」ということです。あえて挙げるならば「親族、友人・知人から借りる・もらう」でしょうか。しかし現実的ではないことでしょう。

お金が必要な時までに時間があるのなら、金融機関や補助金などを利用した方がよいでしょう。しかしすぐにということであればファクタリングであったり、ビジネスローンという方法が有力となってくることでしょう。

ファクタリングには2つの契約方法がある

実はファクタリングには契約方法がいくつか存在します。多くの事業者が利用する契約方法は2社間ファクタリングです。それに次いで3社間ファクタリングを利用することになるでしょう。

民間のファクタリング会社の多くは「2社間契約」が主流となっていますが、「3社間契約」を取り扱っていることもあります。

どちらの契約方法を選ぶのかは、事業者自身が決めることができます。

ファクタリングの簡単な概要

ファクタリングを簡単な概要からお話しします。

まず全体を通して「3社」が登場することになります。「事業者」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。もう少し詳しくすると以下のようになります。

  • 事業者
    売掛金(売掛債権)を売却して資金調達をしたい
  • 取引先
    事業者に対して売掛金を支払う予定
  • ファクタリング会社
    売掛金(売掛債権)を購入したい

このように3社が登場することになります。その上で契約方法が以下のように分かれます。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

大きな特徴としては「取引先へ通知されるか否か」という点ではないでしょうか。これにより「2社間」か「3社間」のどちらを選ぶのかが分かれます。

結論を言ってしまうと、ファクタリングを利用する約90%以上の事業者は「2社間」を選択する傾向にあります。理由は資金難であることを取引先に知られたくないためです。

3社間契約をすると、ファクタリング会社は取引先に対して「債権の持ち主が変更になった」と通知をします。つまり取引先からしてみると、「あの会社は資金繰りが上手くいっていないんだな」と思われることとなります。資金繰りが上手くいっていない会社との取引をリスクと考えることがあり、今まで通りの取引ができなくなってしまう可能性があります。つまり仕事がなくなってしまう可能性があるのです。

よって2社間を選択する事業者が圧倒的に多いのです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

取引先にファクタリングを利用して資金調達を知られない方法である2社間ですが、こちらの契約方法を選択した場合には手数料が高くなります。

なぜなら、ファクタリング会社にとってリスクが一気に高くなるためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。

簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ここからは主に利用される2社間ファクタリングの仕組みについて詳しくお話ししていきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

奈良県内の事業者だ。取引先から来月、売掛金が入金されることになっている。しかし今月資金が不足し待っている。
御社は東京にあるとのことだが、ファクタリングの利用をすることは可能なのか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

問題ありません。ではまず、必要書類をご提出ください。

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

どの種類の書類を提出すれば良いんだ?

ファクタリングの説明ファクタリング会社

取引先への提出した請求書と取引履歴のある通帳のコピーをお願いします。

うなずく事業者事業者

そのほかに必要な書類はないのか?

未入金の売掛債権を入金予定日前に購入するのがファクタリングだと説明ファクタリング会社

そのほかの書類も契約の際には必要となりますが、まずはこれら2つの書類をご用意いただき、弊社として審査対象であるかをチェックさせていただきます。その際に問題がないようでしたら、本審査をさせていただきます。審査が完了するまでに早ければ1時間ほどとなります。そのため早ければ即日中に、そちらの口座に入金させていただきます。

うなずく事業者事業者

では請求書と通帳のコピーを提出しようと思う。どのように提出すればよいのだ?

未入金の売掛債権を入金予定日前に購入するのがファクタリングだと説明ファクタリング会社

メールで送ってくれれば問題ありません。

新たな資金調達方法を見つけた事業者

ありがとう。早速送らせてもらう。

 

基本的にはこのような流れとなります。請求書や通帳を携帯電話で撮影してその画像を送るか、スキャンをしてその画像データを専用のクラウドサービスに読み込ませるといった方式が主流でしょう。

ただこれら2つの書類を提出するのはあくまでも「ファクタリングを利用できる条件を満たしているかという確認」の意味が大きいです。問題がなければ本審査を受けることができることとなります。

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

ちなみにファクタリングとは借金になるのか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

借金にはなりません。ファクタリング会社はお金を貸しているわけではなく、売掛債権を買い取っているためです。そのため信用情報に影響することもありませんし、貸借対照表に借金の記載が入ることもありません。

行かなければならないのですか?事業者

あと、契約の際には御社まで足を運ばなければならないのか?

必要であればスタッフが出張しますファクタリング会社

いえ、必要ありません。必要とあれば弊社のスタッフが奈良県まで足を運ばせていただきます。もちろん来ていただいてもかまいません。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ 提出書類一覧

一般的なファクタリング利用の流れを提出書類の焦点を当てて紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。電話でもメールでOKです。

②必要書類を提出

まず審査を受けられるかどうかを確認から始まります。以下の2つを用意しておきましょう。

審査前に用意したい書類

  • 売掛金の存在を確認できる書類(請求書、納品書など)
  • 直近3ヶ月の通帳

審査が受けられるということになれば、以下の書類が必要となります。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

提出書類はファクタリング会社によって異なります。ここで紹介しているのはあくまでも一例です。

③審査

審査スピードはファクタリング会社によって異なりますが、おおよそ30分~1時間程度で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると指定口座に入金されます。早ければその日の内に、遅くとも3営業日以内となります。

ただしファクタリング会社によって、いつ入金されるのかがかなり異なってきますので、契約前、そして契約書で必ず確認をしておくようにしましょう。

※ファクタリングには3つの即日があるため初めに確認しておきましょう。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

取引先より売掛金が入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。以上でファクタリングの流れは終了となります。


[the_ad id="3232"]

奈良県内でファクタリングを利用する際には

奈良県内でファクタリングを利用するなら、銀行系、ノンバンク系、民間系のいずれかを選択することになるでしょう。

多くの事業者は民間のファクタリング会社を利用することと思います。なぜならファクタリングを利用する事業者の多くはすぐに資金調達をしたいと考えており、すぐの対応をしているのが民間のファクタリング会社であるためです。

ファクタリング会社の多くが大都市圏に集中しており、奈良県内では見つけることは難しいかと思います。しかし基本的に書類提出はインターネットを利用することで可能であるため、距離は問題ないことでしょう。

どうしてもファクタリング会社のスタッフと直接会い話をしたい、契約をしたいということであれば、ファクタリング会社に直接行くことも可能ですし、ファクタリング会社のスタッフに出張をしてもらうことも可能です。

1点だけ気を付けてもらいたいことは、ファクタリング会社の中には直接会いたがらない、さらには事務所を構えていないといったケースも少数ながら存在するとされています。そのような会社との付き合いは避けたほうがよいでしょう。基本的に長年ファクタリング業務を行っているような有名な会社は事務所を構えているため、そういった会社のサービスを利用した方がよいかと思います。

奈良県内の銀行事情 ファクタリングを利用できる銀行

奈良県の銀行である南部銀行ですが、ファクタリング業務を行っているという情報を見つけることはできませんでした。

他県の銀行ではファクタリングを扱っているところもあるため、南部銀行の場合も公表をしていないだけであり取り扱っている、もしくは他の機関を紹介してくれる可能性はあります。

ただし取り扱っていたとしても、銀行系のサービスとなるため審査に時間がかかってしまうのは覚悟する必要があるでしょう。

南部銀行

南部銀行
住所 奈良県奈良市橋本町16
電話 0742-22-1131
URL http://www.nantobank.co.jp/

奈良県内でファクタリングに向いている業種とは?

奈良県は、関西地方の和歌山県、京都府、大阪府、三重県の4つの件に囲まれた場所に位置しています。東大寺や金閣寺、銀閣寺など、歴史的建造物が多く残っているところなので、観光産業がとても盛んに行われています。

その他にも、いちごや柿、スイカといった果物、大和茶の茶葉が有名で、農業を行っている企業もたくさんあります。地域の特性を活かして、吉野地域での林業や農業が多いことでの草履や雪駄などの生産、墨や筆などの生産も盛んです。

観光産業が盛んなのにも関わらず、奈良県には宿やホテルなどの宿泊施設が全国でも非常に少なく46位という結果もでています。そのため、観光地に訪れる人は多いものの宿泊客は大阪や京都などに流れてしまい、観光産業の発展が伸び悩んでいるのが実情です。

たくさんの産業が盛んな奈良県ですが、他県でも新種や価格の安い商品が販売されるなど、県外に押されている企業も少なくありません。多くの企業がさらに成長を遂げるためには新しい一手を打つ必要があり、それには少なからず資金が必要となります。

奈良県の中小企業におススメなファクタリング

そこで、奈良県の中小企業の強い味方となるのが「ファクタリング」という資金調達の方法です。企業にとってさまざまなメリットがあり、まだ知名度はそれほど高くありませんが、実績を伸ばしたくさんの企業を救済しているファクタリング会社も増えてきています。日本での知名度は高くはないのですが、欧米では古くから活用されてきた方法です。

ファクタリングを簡単に説明をすると、企業が所有している売掛金をファクタリング会社が買い取り、企業が資金を調達するといったシステムです。銀行の融資や貸金業者からの借り入れと大きく違う点は、調達資金が「借入金」ではないという点です。

借入金の場合は月々返済をしていく必要があり、一時的に資金を調達してその場はしのげるものの、利息や返済面での負担はぬぐいきれません。それに比べてファクタリングは、ファクタリング会社が売掛金を買い取るので、返済の必要もなく資金調達をすることができます。

借金のような金利や利息はありませんが、手数料は存在します。売掛金の支払い期日よりも早く現金化することができるため、売掛金の一部が手数料として差し引かれます。これがファクタリング会社の利益となります。ファクタリング会社によって一定の手数料を定めており、売掛金やクライアントの信用性などをもとに決められるので、それぞれの企業にあった条件のファクタリング会社を選ぶ必要があります。

銀行の融資を断られたという企業でも、売掛金を所有しているだけで対象となり審査も緩いため、資金調達が必要な企業は利用を考えてみるとよいでしょう。

奈良県内のファクタリング業者

ここでは奈良県内には登録されているファクタリング業者はありません。



奈良県でおススメのファクタリング会社

奈良県でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

京都府大阪府兵庫県岡山県三重県和歌山県滋賀県


奈良市/大和高田市/大和郡山市/天理市/橿原市/桜井市/五條市/御所市/生駒市/香芝市/葛城市/宇陀市/

\ 事業者におススメ!/