佐賀県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


佐賀県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

佐賀県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

唐津や伊万里、有田など日本でも有数の陶磁器の産地である佐賀県。玄界灘と有明海という二つの海に面しており、水産業も盛んです。近年の調査では、日本で最も倒産件数が少ない県として、景気向上の機運が高まっている県でもあります。しかし、資金難による倒産や休廃業は依然として起こっており、さらなる経済対策が急務となっています。

近年中小企業の経営者を中心に話題になっているのが、売掛債権を資金化する「ファクタリング」という資金調達方法です。今回は、佐賀県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

佐賀県の特徴

佐賀県は九州の北西部にある県で、隣接している県は、福岡県と長崎県です。人口や面積は九州の中では最も少なく、全国では42位となっています。

佐賀県地域は大きく二つに分けられます。唐津市を中心にした北部と、佐賀市を中心にした南部です。北部にはリアス式海岸と砂浜の玄界灘があり、南部には干潟と干拓地の有明海という全く異なる海に接しています。それぞれで独自の水産業が行なわれています。

地形は北部が丘陵地帯(玄海灘から佐賀平野西部まで)で占められおり、北東部には背振山地、南西部には多良岳山系という標高が1000m級の産地が広がっています。

気候は全体的に温暖ですが、冬の気温は東京よりも低く、寒さが厳しいことでも知られています。地域によって季節ごとの特徴が異なります。夏に降水量が多い南西平野部は雪が降りません。逆に北部や山間部では雪が降ることもあります。

佐賀県の事業

佐賀県の産業は、2010年度の従事者別に見ると、第一次産業が9.3%、第二次産業が23.5%、第三次産業が64.2%となっています。県経済の主力になっているのは、第二次産業です。

その中でも食料品製造業の割合が高いです。地場産業である陶磁器製造業では年間出荷額が200億円~300億円となっており、インバウンド消費の影響もあって、年々増加傾向にあります。佐賀市や鳥栖市などでは重化学工業が発展しており、多くの大企業の工場が進出しています。

佐賀県で資金繰りが厳しいとされている分野

佐賀県の資金繰りが厳しい産業は、中小企業の建設業が挙げられます。2017年度に佐賀県内で休廃業した業種は建設業が79件で最も多く、次点のサービス業が53件であることから、建設業の休廃業が目立った形になって居ます。

倒産件数も業種別では建設業が最も多く、県経済の衰退が懸念されています。また、資金繰り以外の原因では、後継者不足による経営者の高齢化も問題になっており、倒産や休廃業した経営者の年齢が60代以上ということも懸念材料になっています。

中小企業の建設業にはファクタリングがおすすめ

中小企業の建設業には、ファクタリングが有効的です。ファクタリングは、売掛債権を早期資金化する合法的な金融工学です。建設業は経費の支払いを前払いするのが慣習となっており、工事が完了するまでは売上が入金されないという事がネックになっています。

大企業では問題ありませんが、流動資産である預金が少ない中小企業は、売掛金の入金サイクルが思わぬ事態に発展することも珍しくありません。

金融緩和によって、融資返済猶予が伸びましたが、結局は融資=負債です。高齢化した経営者にとっては、借金を抱えたまま、後継者に事業を引き渡すよりも、休廃業を選択した方が経済的にも体力的にも楽になるというのが本音でしょう。

融資返済による困難な資金繰りを改善するためにもファクタリングを検討することをおすすめします。

佐賀県内のファクタリング業者

佐賀県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


青森市/弘前市/八戸市/黒石市/五所川原市/十和田市/三沢市/むつ市/つがる市/平川市/

カテゴリー

目次