岐阜県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法
\ 岐阜県で選ぶならこの3社 /

 

“岐阜県で確実に資金調達できる方法はファクタリング”事業者

確実に資金調達できる方法を岐阜県内で探している。しかし確実となるとなかなか見つからないのだ。
確率高く資金調達できる方法は何かないのか?

 

岐阜県内で資金調達をしたいと考えている事業者は非常に多いです。しかしそのような事業者全てが、資金調達をすることができているかというとそのようなことはありません。

資金調達というと、銀行からの融資を真っ先に思い浮かべるかと思うのですが、審査が厳しく、なかなか審査に通らないという現実があります。

そこで審査が緩い資金調達方法を探すことになるのですが、審査の緩い資金調達というのは意外と少ないものです。それもそのはず、お金を貸す方からすると、絶対返せる人にしか貸したくないものであり、絶対に返せるかどうかを審査で見ているのです。

ただし審査の緩い資金調達方法は存在します。それが「ファクタリング」「ビジネスローン」です。

どちらも審査は緩いとされていますが、審査のポイントが異なります。

ファクタリング
  • 持っている売掛債権を売却してするタイプの資金調達。
  • 売掛債権を持っていなければ利用することができない。
  • 事業状況が悪くても利用することは可能。
ビジネスローン
  • お金を借りるタイプの資金調達。
  • 事業者自身が保証人とならなければならない。
  • 事業状況があまり思わしくなければ審査に通ることはできません。

この2つは審査の緩い資金調達方法として有名です。審査に緩いため、手数料や利息の面からすると高めに設定されています。

基本的に審査が厳しい資金調達方法は、手数料や利息は低く設定されるものです。逆に審査の緩い資金調達方法は、手数料や利息が高く設定されています。

審査が緩く手数料や利息が低いといったものは存在しないと考えた方が良いです。

\ 岐阜県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


岐阜で簡単に資金調達する方法 ファクタリングで売掛金を現金化

岐阜県内で確実に資金調達できる方法

 

岐阜県内の事業者で、簡単に資金調達をしたいと考えているのであれば、ファクタリングという選択肢もあります。

「簡単に資金調達」というのは、他の資金調達に比べての話です。特定の条件を満たしている必要があります。ただ満たすべき条件のハードルが低いのです。

まずファクタリングとはどのような資金調達方法であるのかをお話ししたいと思います。簡単に説明しますと、「これから入金予定の売掛金を早期に現金化するサービス」です。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金の入金予定日は来月だ・・・。
しかし取引先への支払いは3日後だ・・・。
3日以内に支払いのお金を用意しなければならない・・・。

 

掛け取引を行なっていれば、取引先からの売掛金の入金もありますし、取引先への買い掛け金の支払いもあります。

取引先から支払われる売掛金は、基本的には入金予定日にならなければ入金されません。しかし、そのほかの取引先への支払いは待ってはくれません。

そのため「売り上げはあるのに支払いをすることができない」という状態、つまりは「資金ショート」の状態に陥ってしまう会社があります。その結果、資金ショートが原因となり黒字倒産をしてしまうケースがあるのです。

だからこそ、もし会社に資金が少ない状況であれば、売掛金をなるべく早く現金化する必要があるのです。その方法がファクタリングなのです。

ファクタリングを利用したことは知られない

ファクタリングを利用するということは、資金を手元に確保しようと考えているということです。つまり見る人から見ると、「あの会社は資金ショートを起こしている可能性がある」と思われてしまうこともあります。そう思われてしまうと、今後の付き合いに影響が出てしまうこともあるのです。

そのため、なるべく資金ショートを起こしている事実を社外には隠しておきたいと考えるものですが、ファクタリングを利用したことは基本的に周りの会社には知られません。

それはファクタリング会社は債権登記を基本的には行わないためです。債権登記とは、「◯◯が売掛金を受け取る権利である売掛金を持っている」と法務局に登録することです。これを行うと、誰が債権の持ち主であるのかを調べようと思えば調べることができてしまうのです。

債権登記を行わないケースが多いため、ファクタリングを利用したことがわからないという仕組みとなるのです。

※ファクタリング会社の判断で、売却した債権を登記されるケースもあります。

ファクタリングの仕組み 権利を売却するというもの

ファクタリングの仕組みは非常にシンプルです。取引先から受け取る予定の売掛金を早めに受け取ることです。

イメージしやすいように以下に対話文形式で紹介していきます。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

岐阜県内で会社経営を行なっている。
来月になれば取引先から売掛金100万円が入金される。つまり来月になれば事業資金に余裕ができる。
しかし今月、お金がない・・・。そのため取引先への支払いができないし、従業員の給料も支払えない状況だ・・・。
銀行からの融資を受けるにも時間がかかってしまう・・・。どうしたものか・・・。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

来月入金予定の売掛金があるのなら、ファクタリングを利用して資金調達すれば良いのではないでしょうか

タイムリミットまで時間がない事業者

売掛金を利用して資金調達するとは?

岐阜県の業者が即日中にファクタリングで資金調達ファクタリング会社

取引先から売掛金が入ってくる予定ということは、「売掛金を受け取る権利」を持っているということです。「権利」というものは価値があるものであるため、売却することができます。

うなずく事業者事業者

いくらぐらいになるのだ?そしてどのくらいの時間がかかるものなのだ?

まずはファクタリング会社にコンタクトを取るファクタリング会社

売掛金の金額の20%が手数料として必要になります。そのため入金予定の売掛金が100万円である場合、20万円前後がファクタリング会社の手数料となります。つまり80万円前後を資金調達することができるということになります。
そして早ければ、即日で現金を手に入れることができます。

連絡してみる事業者

手数料が高めだな。しかし即日で資金調達できるというのは大きな魅力だな。銀行ではそうはいかないからな。

 

以上が簡単ではありますがファクタリングの仕組みとなります。つまり「権利の売買」を行うということです。

例でも挙げたように、たとえば100万円の債権、つまりは売掛金を受け取る権利をファクタリング会社に売却するとします。するとファクタリング会社に手数料を取られることになりますので、80万円前後の資金を手にすることができます。そして後日、取引先から100万円が入金されたら、ファクタリング会社に全額送金します。

結果として事業者は早期に80万円の現金を手に入れることができましたし、ファクタリング会社として20万円の手数料を得ることができたということになります。

ファクタリングで利用される契約形態は主に2つです。「2社間」と「3社間」です。2社間での契約であれば、取引先に債権を売却したことを知られることはありません。

当サイトでは、5つのファクタリング会社をおススメとして紹介しているため、参考にしてみてください。

参照 おススメのファクタリング会社5社を徹底比較

 

決算状況が思わしくない事業者

言いにくいのだが、決算状況が近年好ましくない状況になってしまっている。そんな状況でも利用することは可能なのか?

ファクタリングは融資ではないファクタリング会社

融資を受けるわけではないため、そのあたりはあまり心配する必要はありません。

 

ファクタリング利用の流れ 5つのステップ

ファクタリング利用の流れを5つのステップで紹介します。

ファクタリング利用の流れ

  • ファクタリング会社に連絡
  • ファクタリングを利用できるかの条件確認
  • 審査
  • 契約
  • 入金

①ファクタリング会社に連絡
ファクタリング会社への連絡します。電話でもサイトに設置された問い合わせフォームなどでよいです。できれば2社~3社に連絡をして手数料を比べたほうがよいでしょう。

②ファクタリングを利用できるかの条件確認

ファクタリングを利用することができるかを初めにチェックします。

2つの条件

  • 売掛金を持っていることの証明書類を提出
  • 取引履歴のある通帳を提出できること

請求書や納品書など、売掛金の存在を証明できる書類を提出します。また取引先との取引履歴のある書類も提出します。

また、これらの書類を持っているのは事業の代表であるため、ファクタリングは事業者しか利用できません。

③審査

条件確認が終了したら、ファクタリング会社による審査が開始されます。その際に必要となるのは以下のような書類です。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

必要な書類はファクタリング会社によって異なり、審査時間も異なります。早ければ1時間以内で審査は終了します。

④契約

審査に通過すると契約となります。契約の際に面接を行うケースもあります。出張をしてくれるファクタリング会社もあります。

⑤入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

申し込みをしたその日に契約まで完了することが可能であるため、その日の内に入金される場合もあります。

ただしこれは、即日ファクタリングに対応している会社の話です。

ファクタリングを利用するための3つの条件

ファクタリングを利用するためには3つの条件があります。

「3つ条件」

  • 未回収の売掛債権の保有
  • 売掛債権の存在を証明する書類があること
  • 売掛先の信用力があること

これらの条件を満たしていなければ、どのような状況であろうとも利用することができません。

ファクタリングは近年では少しずつ知名度が上がっては来ているのですが、あまり知られていない資金調達方法です。そのため「ファクタリングを利用すれば資金調達できる」というイメージが独り歩きしてしまい、事業者ではない人や、売掛債権を持っていない人からの問い合わせが増えているのです。

「取引先から売掛金が入金される予定だが、その予定日がまだ来ない。でも今資金が欲しい。」

このように考える事業者に対して向いている資金調達方法となります。

 

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

売掛債権を持っている事業者限定のサービスです。それ以外のサラリーマンやアルバイトの人、無職の人は利用することができません。

 

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの契約方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

契約方法によって手数料が大きく変わってきます。

まずファクタリングを利用する際のには「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

つまり売掛債権を売却したい「事業者」。その売掛債権を購入する「ファクタリング会社」。事業者に対して売掛金を支払う予定の「取引先」といった感じです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化することができなければ、買い取った金額分、損失を出してしまうこととなります。実はこのようなことは十分に考えられる話なのです。そもそもファクタリング契約は償還請求権がない契約となるケースが多くなっています。これは「売掛債権を買い取った後、売掛金が入ってこなかったとしても、売掛債権を売却した事業者には何の責任もない」といった内容のものです。つまりお金を戻さなくても良いということなのです。

このようなことからも、ファクタリング会社のリスクは高いとされているのです。このことから手数料は高くなってしまいがちです。

ところが3社間契約である場合には、ファクタリング会社としても売掛先とつながることができます。審査の段階で売掛先の状況をさらに詳しく把握することができます。よって、売掛先が買掛金を支払う能力があるのか否かを判断しやすいのです。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


[the_ad id="3232"]

岐阜県でファクタリング利用する2つの方法

岐阜県でファクタリング、もしくはファクタリングの類似サービスを利用する方法としては2つ考えられます。

1つは銀行系のサービスを利用する。もう1つは民間系のサービスを利用するです。

たとえば岐阜県内にある「常陽銀行」「筑波銀行」では、ファクタリングに類似するサービスを取り扱っています。ファクタリングに類似するサービスとして「債権流動化(ABL)」があります。

このサービスは売掛債権を担保として融資を受けるタイプとなります。当サイトで紹介しているのは、売掛債権を売却して資金調達するタイプですので、債権を利用して資金調達をするといった面では同じですが、借金をするのか、売却益を得るのかの違いになります。

常陽銀行

常陽銀行
住所 岐阜県水戸市南町2-5-5
電話 029-231-2151
URL http://www.joyobank.co.jp/

筑波銀行

筑波銀行
住所 岐阜県土浦市中央2-11-7
電話 029-821-8111
URL https://www.tsukubabank.co.jp/

債権を担保として融資を受けるABLを選択するのも1つの方法であると考えます。ただし銀行系のサービスですので、どうしても資金調達完了までに時間がかかってしまいます。

岐阜県内のファクタリング会社を利用したい 見つけられない・・・

岐阜県内の事業者であれば、資金調達をするのであれば県内の金融機関からと考えている人もいることでしょう。

銀行や信用金庫から融資を受けるのであればそれでよいと思います。しかしファクタリングの場合は、岐阜県内で取り扱っている組織や会社を見つけるのは難しいことでしょう。民間系のファクタリング会社のほとんどが、大都市圏に集中しているためです。

ただしファクタリングを利用する際にとくに距離は影響しません。インターネットや電話が利用できる環境であれば、どこにいても利用することは可能なのです。

 

ファクタリングの距離は関係ない事業者

ファクタリングを利用する際には、面接が必要となるケースもある。しかし免除しているケースもある。よってどこにファクタリング会社があったとしても、対して問題ではない。

 

ファクタリングで資金調達する3つのメリット

ファクタリングでの資金調達には3つメリットがあります。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

つまり「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」ということになるのです。この3つを満たす資金調達方法は、ほかには見当たりません。

たとえばもし今後、金融機関からの資金調達を考えているのなら、「借金として履歴が残らない」というのは大きなポイントとなります。

 

時間がない人のための資金調達ファクタリング会社

ファクタリングはスピードに特化した資金調達ですので、資金調達までに時間がない!という事業者からお声がけをいただくことが多いです。利用された方のリピート率も高いです。

 

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

岐阜県内でファクタリングに向いている業種とは?

日本の中部地方に位置し、内陸県の一つでもある岐阜県。かつては日本の中央に位置していた所から、戦国時代には滋賀県を巡って多くの戦乱が起こった地域でもあります。近年では製造業や繊維業が盛んでしたが、近年では大都市にシェアを奪われつつあります。

その弊害が滋賀県内の中小企業に影響を与えているのは言うまでもありません。近年注目されている金融工学「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する方法として日本全国の中小企業の経営者が新しい金策として利用し始めている金策です。

今回は、岐阜県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

岐阜県の特徴

岐阜県は旧美濃国、旧飛騨国で構成されていました。戦国武将の多くが、岐阜県を領土とするために戦乱を起こした場所でもあります。岐阜県という名前は、戦国武将である織田信長がつけたという説があります。織田信長が美濃国を領土とした際に、太平と学問の地であるようにという願いを込めて「岐阜」と名付けたという由来があります。

岐阜県は、美濃地方と飛騨地方の大きく二つに分けられます。標高差がある為、県内でも寒暖差が大きく、一部では豪雪地帯になる場所もあります。夏は美濃地方において、内陸性気候に加えてヒートアイランド現象やフェーン現象の影響で、日本で最も気温が高い地点としても有名です。飛騨地方は、本州で最も気温が低くなる場所として有名で、最低気温がマイナス25.4度を記録したこともあります。

岐阜県の事業

岐阜県の主要産業は、製造業が全体の23.5%で、サービス業が20.0%と続きます。製造業では輸送用機械器具製造業、金属製品加工業、化学工業が盛んで、それらに関連した企業の工場が多く立ち並びます。有名な会社では三菱重工業や、川崎重工業が挙げられています。

美濃焼で有名な陶磁器・窯業・土石製品製造業も盛んで、県を代表する産業の一つになっています。農業などの第一次産業は、1.0%とかなり低く、減少傾向にあります。担い手不足や、厳しい気候ということもあり、年々就業者が減っています。

岐阜県で資金繰りが厳しいとされている分野

岐阜県の資金繰りが厳しいと言われている業種は、県の主要産業でもある製造業の下請け、孫請けを担当する中小零細企業です。近年では原材料費や物流費の高騰により、売掛金回収不能による資金ショートが起こり、黒字倒産が増えています。

製造業にはファクタリングがおススメ

特に下流工程を担当する企業にとって、売掛金は、次の仕事を受注するためにも必要な経費です。金属加工業などは、鉄などの原材料を輸入に頼ります。しかし、近年の貿易摩擦や、関税問題が影響し、徐々に原材料費が高騰しているのは社会問題として報道されることも多くあります。

ファクタリングは、売掛債権を資金化する金融工学として、流動資金が少ない中小企業の経営者から注目を集めています。銀行融資と違って将来的な負債にならないというメリットの他に、申し込みから資金化までのスピードが融資よりも早く済ませられるというメリットもあります。

予算編成の時点で、ファクタリング費用を必要経費に含めている会社も増えてきています。

資金難に困ったら、まずはファクタリングを検討してみることをおススメします。

岐阜県内のファクタリング業者

岐阜県内には登録されているファクタリング業者はありません。

岐阜県内でファクタリングに向いている業種とは?

伊勢志摩サミットが行なわれ、美麗で豊かな自然が世界中から注目を集めている三重県。紀伊半島の東側に位置し、観光立県としても有名です。

近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者に人気の金策です。

今回は三重県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

三重県の特徴

三重県は海や山といった自然に恵まれており、第一次産業である農業や漁業が盛んな県です。古くは江戸時代から観光を産業として成り立たせている県でもあり、近畿地方の観光県としても有名です。

地形は、北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5つの地域に分かれています。伊勢平野などの平野部と、鈴鹿山脈、青山高原などの高地、盆地、低地と様々な地形で形成されています。東側は伊勢湾や、熊野灘があり、西側は山地を隔てて、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県と接しています。

三重県の事業

三重県の主要産業は、製造業、小売業、サービス業がそのほとんどを占めています。第一次産業である農業と漁業は全体の5%弱です。近年では、医療福祉業も徐々に伸びてきており、高齢化の影響が徐々に出始めているのが現状です。

三重県で資金繰りが厳しいとされている分野

三重県の企業で資金繰りが厳しいとされている分野は農業などの第一次産業が挙げられます。就業者数も年々減少傾向にあり、とくに山間部では、高齢化による担い手不足が問題になっています。担い手不足は、生産量の低下にもつながり、最近では外国人労働者を雇用する動きも出始めています。

農業にはファクタリングがおススメ

農業は「水物」と言われるほど、天候に大きく左右される産業です。また、後継者不足も全国的に問題になっているのが現実です。農業を取り巻く環境は年々悪化しており、行政も支援をする動きが見られていますが、あまり効果に繋がっていません。近年では他業種の企業が、農業分野に進出して産業の衰退化を食い止めていますが、今後の生産量によっては、農業自体が立ち行かなくなるケースも予想されています。

農業で利益を得るために注目されているのが、「ファクタリング」です。売掛債権を資金化する合法的な金融工学です。ファクタリングのメリットは何と言っても、将来的な負債にならないことです。農協(JA)などの金融機関による融資は、その場しのぎにはなりますが、将来的な負債として残ってしまうため、経営規模の拡大や、設備投資などが行いづらい原因にもなってしまいます。

ファクタリングを活用すれば、利益をきちんと確保できる他、運転資金として、タイムリーに資金が調達できます。

農業での資金難に困ったら、まずはファクタリングを検討することをおススメします。

岐阜県内のファクタリング業者

ここでは岐阜県内には登録されているファクタリング業者はありません。


[the_ad id="3232"]


岐阜市/大垣市/高山市/多治見市/関市/中津川市/美濃市/瑞浪市/羽島市/恵那市/美濃加茂市/土岐市/各務原市/可児市/山県市/瑞穂市/飛騨市/本巣市/郡上市/下呂市/海津市/

\ 事業者におススメ!/