黒字倒産を回避する方法!売掛金さえあれば売却し黒字倒産を回避可能


黒字倒産を回避する方法!売掛金さえあれば売却し黒字倒産を回避可能

黒字倒産を回避できる可能性のある方法は数多くあります。一番シンプルな方法は資金調達をすることでしょう。しかし一言で「資金調達」と言ってもさまざまな方法があります。

また事業状況により、利用できる資金調達方法とそうではないものがあります。

ここで紹介したいのは、黒字倒産の危機を回避する方法として相性が良いとされるファクタリングという資金調達方法です。

黒字倒産の危機ということは売掛金があるということです。ただしその売掛金が今すぐ手にできないから経営の危機になっているのだと思います。そうであるのなら、持っている売掛金を売ることで黒字倒産を回避することができるかもしれません。

売掛金(売掛債権)は売ることができます。それがファクタリングです。

ファクタリングとは売掛金を今すぐ現金化する方法

ファクタリングとは売掛金を今すぐ現金化する方法

黒字倒産とは「売掛金はあるが入ってくるのが数ヶ月先であり、今、資金が無ければ倒産してしまうこと」です。

そのため言い方を変えると、「売掛金がすぐに入ってくれば黒字倒産は回避することができる可能性がある」ということです。そのような会社は非常に多く、実は黒字倒産をすることは珍しくはありません。

参照 2018年「倒産企業の財務データ分析」調査

 

そこで、将来的に入ってくる予定の売掛金を、今すぐ現金化することができれば黒字倒産を回避できる可能性があるのです。

知っておいてほしいことは、売掛金(売掛債権)は売却することができます。その方法を「ファクタリング」といいます。これを知っているのか知らないのかだけで、黒字倒産の危機を回避できるか否かにつながる可能性が十分にあるのです。

参照 図解で分かるファクタリングの仕組み 仕組みは単純だが効果は絶大!

 

売掛け債権が売却できることはあまり知られていない。事業者

売掛債権(売掛金を受け取る権利)が売れるということは、実はあまり知られていないんだ。

売掛金(売掛債権)や請求書は売却することができる

売掛金(売掛債権)や請求書は売却することができる

売掛金は将来的に入ってきます。将来的に入ってくることがある意味約束されているため、価値があるのです。

たとえば2ヶ月後、売掛先から100万円の売掛金が入ってくる予定になっていたとします。それはつまり100万円分の売掛債権(売掛金をもらえる権利)を持っているということになります。つまり持っている売掛債権には100万円分の価値があるということです。

価値のあるものは欲しがる人は世の中にはたくさんいます。価値のある売掛債権を欲しがる人も当然います。それがファクタリング会社です。

そのため、もし売掛金があり、それをすぐに現金化したいと考えているのなら、ファクタリング会社に連絡を取ってみることをおススメします。

 

売却しようとしている売掛け債権に価値があると判断されれば売却して資金調達することが可能です。ファクタリング会社

審査の結果次第ですが、価値のある売掛債権であれば基本的には買い取らせていただきます。

 

参照 請求書を売却し現金化!請求書買取サービスで資金調達

 

売掛金を現金化する仕組みと流れ 最短即日で現金化可能

売掛金を現金化する仕組みと流れ 最短即日で現金化可能

先述した通り、売掛債権には価値があります。それをファクタリング会社は買い取ってくれます。

たとえば100万円分の売掛債権があったとします。ファクタリング会社に連絡をし、審査をしてもらいます。審査といっても早くて1時間以内、遅くても3日~1週間程度です。(契約形態により審査時間が変わる)

多くの場合、審査にかかる時間は1日前後です。

審査をパスすると売掛債権を買い取ってくれます。その際、そのままの金額で買い取ってしまってはファクタリング会社には何の利益も残りません。そのため手数料を引いた金額で買い取ってくれることとなります。

手数料はファクタリング会社によって、そして契約形態によって異なりますが、5%~30%の間と考えておいた方がよいでしょう。

参照 ファクタリングの手数料が高い理由

 

その後、売掛先から売掛金が入ってきた段階で、ファクタリング会社に送金します。この段階でファクタリング会社は手数料分の利益を確定することができるのです。

ファクタリング会社の手数料は安いとは言えませんが、手数料が以外はメリットが多い資金調達方法です。ファクタリング会社

お世辞にもファクタリングの手数料が安いとはいえません。ただし「借金ではなく、担保や保証人もいらず、すぐに資金調達できる」ということで多くの事業者が利用していることは事実です。

会社の持ち物を売る行為と同じ だから借金とはならない

売掛金を現金化する仕組みと流れ 最短即日で現金化可能

売掛金を売却するという行為自体、少しわかりにくいかもしれませんので違った説明をしたいと思います。

たとえば今すぐ現金が必要になった会社があるとします。その会社には使用していない社用車があったとしましょう。それを売却すればまとまった現金を手に入れられ、それにより資金ショートを回避することができるとします。

あなたが経営者ならどうしますか?

会社で持っていても価値はないが売ることができるものを持っていて、さらに今現金が必要ということであれば、売って現金を調達しませんか?

ファクタリングはそれと同じです。会社の持ち物を売却し現金を調達することなのです。

売掛債権は持っていても、決められた期日にならなければ現金を得ることはできません。でも現金が必要なのは今。今、現金がないと倒産してしまう。ならば売掛債権を売却し現金を調達するのは、黒字倒産を回避するための方法として考えられるのではないでしょうか。

キャッシュフローの改善は大事 でも即効性のある解決方法が必要なことも

キャッシュフローの改善は大事 でも即効性のある解決方法が必要なことも

「黒字倒産 回避する方法」といったキーワードで検索すると、黒字倒産を回避するための方法がいろいろ出てきます。正直難しい内容ばかりです。しかし共通していることは「キャッシュフローを改善させる必要がある」ということを主に説明しているサイトが多いです。

確かに黒字倒産を回避するためにはキャッシュフローの改善は必要なことでしょう。しかしそれは資金ショートを起こす前の話です。すでに資金ショートを起こしている状態で、キャッシュフローの改善をしたところで、すぐに効果が出るわけではありません。

つまり、現在起こっている資金問題を解決できるわけではありません。一旦資金問題を解決し、その上で今後の経営を改善するためにキャッシュフローの改善に着手するのです。

会社の根本的なキャッシュフローを改善させることは重要なことだが、今はとにかく資金調達したい。事業者

キャッシュフローを改善させなければならないことはわかっている。だが、直近の資金問題を解決させることが今は一番大事なんだ。

売掛金があるのなら直近の問題は解決できるかも

売掛金があるのなら直近の問題は解決できるかも

ファクタリングで資金調達することができるのは、売掛金があるときだけです。もし売掛金(売掛債権)があるのならそれを売却することで、直近の資金難は回避することができるかもしれません。

ただキャッシュフローを改善させなければ、何度でも資金ショートは起こり得ます。その時売掛金があれば再び一時的にピンチを脱することができるかもしれませんが、もし売掛金がなければ本格的にまずい状態となります。

そのため、売掛金があるのは考え方を変えるとチャンスでもあります。ファクタリングで資金調達し、一時的にでも経営を安定させ、その上でキャッシュフローも改善させる必要があります。

また、金利の安い金融機関とも交渉し、資金調達の交渉を進めていくとよいでしょう。

ファクタリングで資金調達をし、経営を安定させ、その後、金融機関からの融資を得るという方法もある。ファクタリング会社

経営を安定させることで、金融機関の審査が通りやすくなるとされています。経営を安定させるためにも、目の前の資金問題を解決させる必要があるでしょう。

ファクタリングは知名度が低くかった 徐々に知られつつある優秀な資金調達方法

ファクタリング会社は日本に約100社ほどあるとされています。しかしファクタリングの知名度はいまだにそれほど高くはありません。経営者の中でも知らない人もいます。

ファクタリングの存在を知らず、黒字倒産を招いてしまうといったこともあるのです。

最近では少しずつファクタリングの知名度は上がってきました。それに伴いこれから先、黒字倒産をする会社の数も減っていくことでしょう。

参照 優良ファクタリング会社3選

 

よくある質問

黒字倒産とは何ですか?

売り上げがあり、将来的に取引先から売掛金が入ってくる予定だが、それまでに会社の資金繰りが上手くいかず倒産してしまうことです。

黒字倒産は回避することができますか?

売掛金がある状態で、その売掛金が入ってくれば会社の経営を持ち直すことができる状態であれば、回避できる可能性はあります。

黒字倒産はよくあることですか?

倒産する会社の約半数が黒字倒産と言われるほど多いとされています。 黒字倒産をするということは、損益計算書上では黒字となっているはずですので、上手く対応することができれば倒産自体を回避できる可能性はあります。

おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ
    総合評価4.5
    スピード4.5
    信頼性5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. 三共サービス

    三共サービス 老舗のファクタリング会社
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.0

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~500万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社三共サービス
    【URL】:https://sankyo-fs.jp/

    管理人のレビュー

    業界内でも老舗のファクタリング会社で安定したサービスを長年提供している安心感があります。手数料もトップクラスで低く設定されています。個人事業を扱っていないことが唯一の欠点です。

    さらに詳しく 公式サイト

目次