愛媛県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


愛媛県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

愛媛県内でファクタリングに向いている業種とは?

四国4県の中でも企業数が特に多い愛媛県。日本経済の1%を占めており、「1%経済県」としても知られています。ですが、ここ数年は「既往のしわ寄せ」や、「販売不振」などによる倒産や休廃業が相次いでいます。

近年注目されているファクタリングをご存知でしょうか?売掛債権を早期資金化する金融工学の一つです。今回は、愛媛県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

愛媛県の特徴

愛媛県は四国の北西部から北中部に位置する県で、瀬戸内海に面していることでも知られています。多々羅大橋と岡村大橋の2か所で接続していることもあり、瀬戸内海を挟んで隣県同士の広島県との文化的、経済的は結び付きが強い県です。

元々は隣県である香川県と統合され、四国最大の面積を誇っていましたが、1888年に分離され現在の愛媛県に戻っています。伊予柑という名前の由来でもある伊予国として古代から中世まで反映してきました。江戸時代には地方別に八藩に分けられましたが、廃藩置県により再度一つにまとまりました。

愛媛県の気候は瀬戸内海側と宇和海側に面した地域で大きく異なります。瀬戸内側は温暖で雨が少なく、猛暑になると水不足になる地域もあります。松山などでは給水制限が設けられることも。宇和海側は黒潮の影響で1年を通して温暖な気候ですが、台風の通り道になりやすく、降水量が多いです。

愛媛県の事業

愛媛県の主要産業は、製造業が挙げられます。今治市や西条市など臨海工業地帯を中心とした重化学工業が発展し、工業県としての愛媛県を確立しました。大企業の工場も多く、住友グループなどの財閥系企業の工場も置かれています。

農業では、伊予柑などの柑橘系果物の生産量が多く、日本でも有数の産地として有名です。漁業では燧灘、伊予灘、宇和海というそれぞれ違う性質の海域で独自の漁業が営まれています。

四国では最も観光資源が豊富な県です。ミシュランガイド日本編で二つ星に選定されたこともあり、松山城や道後温泉などを筆頭に多くの文化的観光資源が経済貢献をしています。

愛媛県で資金繰りが厳しいとされている分野

愛媛県の資金繰りが厳しいとされている業種は建設業が挙げられます。倒産や休廃業も四国内では最も多く、愛媛県だけではなく四国地域全体の経済悪化にも繋がっています。倒産や休廃業の原因は、資金繰りの悪化による「既往のしわ寄せ」と「販売不振」が挙げられます。

公共事業自体が減っていることや、資金繰りが悪化しているのに、その対抗策を取れないために黒字倒産するケースも多く、愛媛県全体の問題にもなっています。

建設業にはファクタリングがおすすめ

建設業は、他の業種と違い、資金繰りが悪化しやすい慣習があります。仕事を受注したら経費(人件費など)の支払いは前払いにするという慣習です。その為、工期が台風などの天災で長引けば長引くほど、売掛金の入金が遅れ、資金サイクルが悪化してしまうという悪循環に陥ります。

ファクタリングは売掛債権を早期資金化することができる合法的な金融工学の一つです。古くは15世紀にイギリスで行なわれたファクタリング取引が発祥で、欧米諸国では手形取引よりも認知度が高い金策です。

銀行の融資と違い将来的な負債にならないことや、資金調達を申し込む企業ではなく売掛先の企業の審査で資金化が決まるというメリットもあるため、預金残高が厳しい中小企業の経営者から注目を集めています。

資金調達で困ったら、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。

愛媛県内のファクタリング業者

愛媛県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


松山市/今治市/宇和島市/八幡浜市/新居浜市/西条市/大洲市/伊予市/四国中央市/西予市/東温市

資金調達診断

数ある資金調達の方法の中で、どれがおススメか簡易的に診断。
資金調達までの時間
いつまでに資金調達を完了させなければなりませんか?
 

簡易チェック

ファクタリングを利用した場合、どのくらいの金額を資金調達できるか簡易チェック。

    売掛金の金額
    ご希望金額
    事業形態法人個人事業
    売掛先が法人か否かはいいいえ
    氏名(企業名)
    連絡先番号
    メール

    カテゴリー

    目次