愛媛県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 愛媛県で選ぶならこの3社 /

 

資金ショートしそうな愛媛県内の事業者事業者

すぐに資金が必要な状況に陥ってしまった。あまりにも急すぎて、資金調達の目途が立たない状況だ。
すぐに資金が得られる調達方法はないものだろうか・・・。

 

事業を行っていると、急に資金が必要となるケースはあるものです。時間がある程度あるということであれば、日本政策金融公庫や銀行からの融資を考えることでしょう。ところが時間がないという場合、それらの融資を利用することはできません。

時間がないということで、一気に選択肢は狭くなってしまいます。

ところがそういった事業者に向けた調達方法も世の中には存在します。その1つがファクタリングです。

ファクタリングとは、まだ未収金の状態の売掛金を早期で現金化するサービスです。つまり取引先に請求書を出し、その代金が支払われるのは2ヶ月~3か月後となるところを、ファクタリングを利用することで早ければ即日中に現金化することができるというものです。

その際、取引先にはファクタリングを利用したことは知られません。またこの資金調達方法は借金にもなりません。このように利便性の高いファクタリングは、多くの事業者が資金繰りを安定させるためにも利用しているのです。

\ 愛媛県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


愛媛で確実に資金調達できる方法 それが「ファクタリング」

愛媛県内で確実に資金調達できる方法

「ファクタリング」を利用することで、確実に資金調達することができます。

 

確実に資金調達できる方法事業者

確実に資金調達できる?
そんな上手い方法があるわけないだろ。

 

確実に資金調達ができるというと誇張表現になってしまうかもしれませんが、ファクタリングであればかなりの高確率で資金調達することができます。

もちろん条件があります。誰でもというわけにはいきません。

「3つ条件」

  • 未回収の売掛債権を持っていること
  • 売掛債権の存在を証明する書類があること
  • 売掛先の信用力があること

これらの3つの条件に当てはまっていれば、高確率でファクタリングを利用することが可能です。

次に以下の3つの条件がさらに揃っていれば、ほぼ間違いなくファクタリングを利用し資金調達することが可能です。

「3つ条件」

  • 売掛債権金額が月商以下であること
  • 売掛先との継続的な取引を証明できること
  • 必要書類をすべて提示できること

以上6つの条件をすべて満たしているのであれば、ほぼ間違いなくファクタリングを利用し資金調達をすることが可能でしょう。

売掛債権の価値を証明することができればよい

「ファクタリング」とは、会社経営者(法人経営者・個人事業主)が持つ売掛債権を利用して資金調達する方法です。

つまり「売掛金を受け取る権利」を売却するということです。「権利」であるため形があるものではありません。形がないため、その存在を証明する必要があります。そのために売掛金が発生した経緯の中で生まれるであろう、請求書や納品書、見積書や契約書、取引履歴のある通帳などが必要となってきます。これらの書類を可能な限り提出することができれば、ファクタリング会社としても前向きに買取に応じてくれやすくなります。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

売掛金を受け取る権利を売却するだって?そんなことができるのか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

できます。売掛金を受け取る権利があるからこそ、売掛金が入ってくるということですよね。それはつまり、その権利に売掛金の金額の価値があるということです。
価値のあるモノは売却することができます。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みは難しくとらえられてしまうことがありますが、非常にシンプルです。

ここからは、民間のファクタリング会社を利用するときに多く利用される「2社間契約を利用したファクタリング」についてお話ししていきます。
 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

愛媛県内の事業者だ。
すぐに資金調達をしたいと考えている。
ファクタリングで資金調達を考えているのだが、どのようにすればよいんだ?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

では、請求書と通帳のコピーを提示してください。

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

請求書と通帳のコピー?なぜそのようなものが必要なんだ?

ファクタリングの説明ファクタリング会社

売掛債権があるということは取引先に請求書を渡しているということです。請求書を渡していないのであれば納品書でも構いません。要するに売掛金が存在するという証明ができる書類があればよいです。

うなずく事業者事業者

通帳のコピーは?

継続的な取引が重要ファクタリング会社

取引先と継続的な取引があることは、売掛債権が存在する証明を強めるものになると考えているためです。また取引先がしっかり入金してくれる会社であるのかを判断する材料にもなるためです。

理解する事業者事業者

なるほど。

 

これは審査を受けるための準備段階です。ここでファクタリング会社としては、審査を受けることができるかどうかの判断を行います。

もし売掛債権が存在するという証明を行えない場合、または通帳のコピーなどを提示できない場合には、そもそもファクタリングを利用する対象者ではないということになります。

ただし、まっとうな事業経営を行っている事業者であれば、必ず用意することのできる書類となります。

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

審査にはどのくらいの時間がかかるんだ?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

1時間前後です。審査結果が出で債権が買取可能と判断できましたら、すぐにでも入金させていただきます。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ

もう一度、簡単にファクタリング利用の流れを紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。専用のWEBサイトからでもよいですし、電話やメールでもよいです。

②必要書類を提出

ファクタリング会社によって異なりますが、先ほど説明したような「請求書」と「通帳のコピー」だけでよいケースもあります。

ただしファクタリング会社によって決まりは異なるため、一概には何とも言えません。

最終的に審査までに必要となる書類は以下のものです。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

この書類に関しても、ファクタリング会社によって異なります。

③審査

審査スピードは1時間前後~翌営業日と、ファクタリング会社によって異なります。早ければ約1時間以内で終了します。< ④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金の支払日に、取引先から売掛金が入金されたら、そのままファクタリング業者へ送金します。これによりファクタリング契約が終了となります。

ファクタリングには2つの方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

そもそもですが、ファクタリングを利用する際に関わってくるのは3者となります。

  • 売掛債権を売却したい事業者
  • 買掛金を事業者に支払う予定の取引先
  • 売掛債権を購入するファクタリング会社

この3者が関わっているのですが、契約方法によっては2者が中心となるケースと3者が中心となるケースに分かれてきます。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

ファクタリングを利用する90%以上の事業者は、「2社間ファクタリング」の利用を選択します。それは取引先にファクタリングを利用し資金調達をしたことを知られないためです。

手数料が高い資金調達であるファクタリングを利用したことを知られると、高い手数料を支払ってまで資金調達するほど経営状況が圧迫しているのかと思われてしまうためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約であるためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金として入ってこなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


おススメファクタリング会社

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
OLTA 対象 契約形態 スピード
OLTA

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
anew 対象 契約形態 スピード
anew

法人

2社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。

愛媛県でファクタリング利用する方法

ファクタリングはすぐに資金調達することができるといった面では非常に有効な資金調達方法ではあります。

しかし問題点として挙げるとすると、愛媛県内にはファクタリング会社を見つけることができないという点です。もしかするとあるのかもしれませんが、少なくても有名なファクタリング会社はそのほとんどが東京にあります。

なので直接話を聞きたい、ちょっと行ってみよう・・・ということができないのです。

愛媛県にいながらファクタリングを利用する方法

愛媛県内ではファクタリングを取り扱っている会社を見つけることはできません。

愛媛県内の事業者にとって都合の悪いことなのでしょうか?実はそのようなことはありません。近くにファクタリング会社がなかったとしても、問題なく利用することは可能なのです。

なぜならファクタリングを利用する上で必要な一番のことは、売掛債権の証明と売掛先の信用力です。つまり必要な書類を提出することができればよいのです。

たとえば金融機関から融資を受ける際には、面接が必要となるケースがあります。その際には直接金融機関に足を運ぶ必要があります。そのため金融機関との距離は影響してくることでしょう。

しかしファクタリングの場合には、すべての業者ではありませんが、面接を必要としないで利用できるケースもあります。また面接が必要である場合にはファクタリング会社側が出張してきてくれたりもします。

このようなことからも、愛媛県内にファクタリング会社がないから利用できない・・・ということではなく、問題なく利用することは可能なのです。

これまでの資金調達のデメリット

どのような資金調達にもメリットとデメリットがあります。たとえば資金調達といってまず思い出すのは「金融機関からの融資」だと思います。

しかし金融機関からの融資には大きな3つのデメリットがあります。

「3つのデメリット」

  • 時間がかかる
  • 条件が厳しい
  • 借金として履歴が残る

金融機関からすると、融資する以上は必ず回収しなければなりません。それも利息を上乗せし融資した以上の金額をです。

そのため融資相手に返済能力があるのか、担保はあるのか、保証人はいるのかなど、しっかり調べ上げ融資の判断を下します。そのため審査に時間がかかりますし条件も厳しくなります。

さらに「融資を受ける」ということは「借金をする」ということです。これは貸借対照表に記載されることとなります。

すぐに現金を調達したいと考えている事業者

すぐに資金が必要なんだ。待っている時間はない。
それに今後のことを考え、信用情報を傷つけるわけにはいかない・・・。

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングを利用すると、金融機関からの融資で感じた3つの大きなデメリットを解消することができます。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」

そんな都合の良い資金調達方法があるのかと思われるかもしれませんが、実際あるのです。

資金調達することで資金繰りが改善され、会社の価値は向上します。会社の価値が向上するということは、これから先、金融機関から融資を考える場合にもプラスに働きやすくなるのです。

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことを解決できるのがファクタリングなのです!

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

愛媛県内の銀行事情

伊予銀行

伊予銀行
住所 愛媛県松山市南堀端町1
電話 089-941-1141
URL https://www.iyobank.co.jp/

愛媛銀行

愛媛銀行
住所 愛媛県松山市勝山町2-1
電話 089-933-1111
URL https://www.himegin.co.jp/

愛媛県の銀行シェアは伊予銀行が55.3%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、ゆうちょ銀行が18.2%、愛媛銀行が12.4%となります。半分以上のシェアを伊予銀行が確保していますが、第二地方銀行の愛媛銀行も1割以上のシェアを持っています。

愛媛銀行では債権流動化に関連するサービスにより、資金調達を楽にする方法を用意しています。銀行が提供する債権流動化を使っておけば、今まで時間のかかっていた資金調達も早くなるでしょう。

愛媛県内の主要銀行について

愛媛県内では伊予銀行が主要銀行として利用されており、シェアの半分以上を確保しています。愛媛県内最大の金融機関として利用される伊予銀行は、愛媛県だけでなく四国でも多くの場所に支店を置くほどの経営を実施しています。

伊予銀行は慎重な審査をする銀行として知られ、安易な融資は考えません。特に不動産に関連する投資には慎重な姿勢を見せており、過去の穴吹工務店が起こした経営破綻でも取り立てできない債務等がなく、被害を抑えることに成功しています。

愛媛銀行は地域密着型サービスを実現している銀行で、愛媛県内に多くの支店を置いています。預金額が多い第二地方銀行の1つであり、信頼して預金してもらえるためのキャンペーンや信頼性確保を実現しています。

愛媛の銀行ファクタリングはあるのか

愛媛銀行には債権流動化が存在します。売掛債権を中心に流動化による資金調達を可能にしています。売掛債権を持っていて資金調達を希望している場合は、愛媛銀行に相談するとファクタリングに近いサービスが受けられるかもしれません。

伊予銀行はABLは検討していますが、ファクタリングに関連するサービスは展開していません。ファクタリングを希望している場合は愛媛銀行に相談するか、伊予銀行にABLに関連する相談をするといいでしょう。

まとめ:愛媛の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

愛媛銀行が提供している債権流動化は、ファクタリングに近いサービスです。ファクタリングとの違いは銀行から審査が入るという部分です。審査によって経営状況に問題がないか、本当に債権を流動化させても大丈夫か判断されるのです。審査を受けるために経営状況が悪いとサービスを使えません。

一般企業が展開しているファクタリングの場合、審査は実施せず売掛債権の信用性が確認されるだけです。売掛債権の信用性を確保できれば、経営状況がかなり悪化している場合でもファクタリングが可能で、経営に問題を抱えているなら一般的なファクタリングがおすすめです。

愛媛県内でファクタリングに向いている業種とは?

四国4県の中でも企業数が特に多い愛媛県。日本経済の1%を占めており、「1%経済県」としても知られています。ですが、ここ数年は「既往のしわ寄せ」や、「販売不振」などによる倒産や休廃業が相次いでいます。

近年注目されているファクタリングをご存知でしょうか?売掛債権を早期資金化する金融工学の一つです。今回は、愛媛県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

愛媛県の特徴

愛媛県は四国の北西部から北中部に位置する県で、瀬戸内海に面していることでも知られています。多々羅大橋と岡村大橋の2か所で接続していることもあり、瀬戸内海を挟んで隣県同士の広島県との文化的、経済的は結び付きが強い県です。

元々は隣県である香川県と統合され、四国最大の面積を誇っていましたが、1888年に分離され現在の愛媛県に戻っています。伊予柑という名前の由来でもある伊予国として古代から中世まで反映してきました。江戸時代には地方別に八藩に分けられましたが、廃藩置県により再度一つにまとまりました。

愛媛県の気候は瀬戸内海側と宇和海側に面した地域で大きく異なります。瀬戸内側は温暖で雨が少なく、猛暑になると水不足になる地域もあります。松山などでは給水制限が設けられることも。宇和海側は黒潮の影響で1年を通して温暖な気候ですが、台風の通り道になりやすく、降水量が多いです。

愛媛県の事業

愛媛県の主要産業は、製造業が挙げられます。今治市や西条市など臨海工業地帯を中心とした重化学工業が発展し、工業県としての愛媛県を確立しました。大企業の工場も多く、住友グループなどの財閥系企業の工場も置かれています。

農業では、伊予柑などの柑橘系果物の生産量が多く、日本でも有数の産地として有名です。漁業では燧灘、伊予灘、宇和海というそれぞれ違う性質の海域で独自の漁業が営まれています。

四国では最も観光資源が豊富な県です。ミシュランガイド日本編で二つ星に選定されたこともあり、松山城や道後温泉などを筆頭に多くの文化的観光資源が経済貢献をしています。

愛媛県で資金繰りが厳しいとされている分野

愛媛県の資金繰りが厳しいとされている業種は建設業が挙げられます。倒産や休廃業も四国内では最も多く、愛媛県だけではなく四国地域全体の経済悪化にも繋がっています。倒産や休廃業の原因は、資金繰りの悪化による「既往のしわ寄せ」と「販売不振」が挙げられます。

公共事業自体が減っていることや、資金繰りが悪化しているのに、その対抗策を取れないために黒字倒産するケースも多く、愛媛県全体の問題にもなっています。

建設業にはファクタリングがおすすめ

建設業は、他の業種と違い、資金繰りが悪化しやすい慣習があります。仕事を受注したら経費(人件費など)の支払いは前払いにするという慣習です。その為、工期が台風などの天災で長引けば長引くほど、売掛金の入金が遅れ、資金サイクルが悪化してしまうという悪循環に陥ります。

ファクタリングは売掛債権を早期資金化することができる合法的な金融工学の一つです。古くは15世紀にイギリスで行なわれたファクタリング取引が発祥で、欧米諸国では手形取引よりも認知度が高い金策です。

銀行の融資と違い将来的な負債にならないことや、資金調達を申し込む企業ではなく売掛先の企業の審査で資金化が決まるというメリットもあるため、預金残高が厳しい中小企業の経営者から注目を集めています。

資金調達で困ったら、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。

愛媛県内のファクタリング業者

愛媛県内には登録されているファクタリング業者はありません。



愛媛県でおススメのファクタリング会社

愛媛県でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

北海道青森県岩手県宮城県秋田県福島県茨城県


松山市/今治市/宇和島市/八幡浜市/新居浜市/西条市/大洲市/伊予市/四国中央市/西予市/東温市

\ 事業者におススメ!/