京都府でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


京都府でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

京都府内でファクタリングに向いている業種とは?

古都、京都。近年では、外国人観光客によるインバウンド消費の恩恵を最も受けていると言われている京都は、観光業を中心に反映しています。しかし、観光業以外でも歴史ある製造業が多く、日本の文化を支えている職人さんの技術力は世界から高い評価を得ていることも事実です。

しかし、近代化の波と、後継者不足という問題は京都を含め、日本全国が直面していることです。人材不足は、人件費の高騰に繋がり、生産力の低下は、売上の減少にも繋がります。

近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者に人気の金策です。今回は、京都府内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

京都府の特徴

京都府は平安京や長岡京といった歴史がある都市です。近畿地方の中心に位置しており、大阪府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、福井県と隣接しています。

地形は、北部が日本海に面しており、丹後山地や福知山盆地が有名です。中央部は丹波高地、亀岡盆地、南部は京都盆地があり、県全体が標高1000メートル以下の低山地で形成されているのが特徴です。

京都府の事業

京都府は、観光業が県産業のほとんどを占めると思われがちですが、実は製造業が盛んな地域でもあります。次いで不動産業(16.5%)、卸売・小売業(11.6%)と続いています。

京野菜など、特殊な農法で栽培されている第一次産業は、県全体の0.4%しかなく、また後継者不足という問題もあり、全体的に縮小傾向にあります。

京都府で資金繰りが厳しいとされている分野

京都府の企業で資金繰りが厳しいのは、やはり製造業です。京都府には、国が指定する伝統工芸品が17品目もあり、特殊な技術を持った職人さんの手仕事によって作られています。しかし、近年では後継者不足や、職人さんの高齢化などもあり、人件費を中心に経費の圧迫が問題になっていることも事実です。

京都府の製造業(伝統工芸品)の特徴として、1社で全ての工程を完了させるわけではないということが挙げられます。商品を完成させるまでには、いくつもの職人さんの手に渡り、商品として世に出てきます。上流工程の職人さんであれば、売上を直接手にすることが出来ますが、下流工程の職人さんたちは、売掛金として、上流工程の職人さんからの入金を待つしかありません。

この資金サイクルが、個人事業主を中心とした中小企業に大きなダメージを与えています。

製造業にはファクタリングがおススメ

伝統工芸品を中心とした製造業には、資金ショートによる黒字倒産が懸念されています。特に原材料から製作する下流工程を担う企業は、国産の原材料以外にも海外から材料を仕入れることになるため、国際情勢や為替の影響によって資金ショートを起こしやすいと言われています。

売掛金の入金サイクルが遅れると、仕事が出来なくなり、収入がなくなるということにも繋がり、最終的には黒字の状態で倒産するというケースが少なくありません。

そこで注目されている金策が「ファクタリング」です。ファクタリングは、15世紀のイギリスが発祥の歴史ある金融工学の一つです。アメリカやヨーロッパでは、手形取引以上にメジャーな金策として有名です。

ファクタリングのメリットはなんといっても売掛債権を資金化するまでのスピードです。銀行融資や助成金は、申し込んでから入金されるまで長い時間がかかります。ファクタリングは、最短でも即日、遅くても1週間以内に売掛債権を資金化することが出来るため、急な資金不足に対応できるという強みがあります。

資金難で伝統を絶やす心配をする前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

京都府内のファクタリング業者

京都府内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


京都市/福知山市/舞鶴市/綾部市/宇治市/宮津市/亀岡市/城陽市/向日市/長岡京市/八幡市/京田辺市/京丹後市/南丹市/木津川市/

カテゴリー

目次