京都府でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 京都府で選ぶならこの3社 /

 

確実に資金調達できる方法事業者

京都府で長く事業を行っている。
最近になり事業資金に不安を感じるようになってきた。
資金調達を考えているのだが、銀行融資や補助金などのほかにはないものだろうか?
可能であれば、すぐにでも資金調達できる仕組みを知りたい。

 

資金調達の方法は数多くあります。ところが一般的に知られている方法は金融機関からの融資であったり補助金であったりです。これらの調達方法はかなり優秀であることは間違いありません。

なぜなら金融機関からの融資であれば、利息が低く設定されています。補助金であれば、基本的には返済する必要がないためです。

非常に優秀ではあるのですが、大きな問題があります。それは「お金を調達するまでにかなり時間を要し、さらに審査が厳しい」という点です。

事業を長く行っていれば一度は経験したことがある方もいるかと思いますが、資金繰り悪化は突然やってくることがあります。その際に、すぐに資金調達できる方法を選択肢として持っておくことは、事業運営する上で必要なことでしょう。

しかしすぐに資金調達することができる方法というのは、意外と少ないのが現状です。たとえば1週間以内に資金調達が可能な方法としては「ファクタリング」「ビジネスローン」のどちらかが有力でしょう。

ファクタリングは持っている売掛債権を売却して資金調達する方法です。売掛債権がなければ利用できないという弱点はありますが、逆に、売掛債権があるのならそれを利用してすぐに資金調達することができるというのが大きな利点でもあります。

\ 京都府で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


京都で高確率で資金調達できる方法 それが「ファクタリング」

京都府内で確実に資金調達できる方法

「ファクタリング」は非常に高い確率で資金調達できる方法として注目されています。

 

確実に資金調達できる方法事業者

高い確率?資金調達の審査は厳しいものだ。そんなに簡単にお金を手に入れられるわけがない!

 

確かに誰でも資金調達することができるわけではありません。ファクタリング会社が提示する条件を満たしていればの話となります。

ただしファクタリング会社が提示する条件は、金融機関の融資審査の条件に比べると断然容易なものとなります。

「3つ条件」

  • 未回収の売掛債権の保有
  • 売掛債権の存在を証明する書類があること
  • 売掛先の信用力・支払い能力があること

普通に事業を行っているのであれば、基本的にこれらの条件は揃っているかと思います。そのためそれほど難しい条件ではありません。

ただし資金繰りが悪化し、資金調達を考えている事業者からしてみると、これら3つの条件のうちいずれかに支障を期待している可能性があります。そのような状態であれば利用を断ってくるファクタリング会社が仲にはあるかと思いますが、全部ではないことでしょう。

売掛債権というのは「売掛金」のことです。おって取引先から入金予定であるということを証明することができればよいのです。

 

確実に資金調達できる方法事業者

取引先から売掛金が入金される予定だが、その予定日がまだ来ない。でも今資金が欲しい。

 

このように考えているのであれば、ファクタリングは非常に都合のよい資金調達方法となることでしょう。

ただしですが、ここまで説明している通り売掛金がある場合には利用することは可能ですが、もしも売掛金がないようであればファクタリングを利用することはできません。

また、ファクタリング会社によってはお客を選びます。基準となるポイントが以下の3つとなります。

「3つ条件」

  • 売掛債権金額が月商以下であること
  • 売掛先との継続的な取引を証明できること
  • 必要書類をすべて提示できること

3つ目の「必要書類をすべて提示できること」は最低条件だと思ってください。それ以外は、ファクタリング会社によって異なります。利用できるかもしれませんし、そうではないかもしれません。ファクタリング会社の考え方次第というところです。

ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングの仕組みは複雑そうに捉えられることがありますが、意外とシンプルです。

わかりやすいように対話文形式で紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

京都府内の事業者だ。
今すぐに取引先に買掛金の支払いをしなければならない。しかし資金がない。
ファクタリングの利用は可能か?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

はい。可能です。「請求書」と「通帳のコピー」を提示することは可能でしょうか?

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

問題ない。

ファクタリングの説明ファクタリング会社

書類を見させていただいたところ、売掛債権は存在しているようですね。さらにその取引先と今までの取引があるようですね。では正式な審査に入らせていただきます。

うなずく事業者事業者

審査の時間はどの程度必要なのだ?私には時間がないのだ。

継続的な取引が重要ファクタリング会社

ご安心を。1時間程度で終了します。

理解する事業者事業者

分かった。

 

ここで再度まとめます。

ファクタリングを利用するためには、売掛債権の存在の証明と、取引先との取引のやりとりを証明することが必要となります。これらを証明するためには、取引先へ渡した「請求書」や「見積書」、さらには取引先からもらった「発注書」などでも売掛金の証明をすることが可能となります。

また取引先とこれまでも取引を行ってきたという証明、つまりは銀行の入金履歴あたりが重要となってくるのです。

「売掛債権は本物であり、売掛先はしっかりとお金を支払う能力を持っている」

ということをファクタリング会社としては知りたいのです。

少し複雑そうに感じるかもしれませんが、普通に事業を行なっていれば、これらの書類の提示は難しいことではありませんし大した手間でもありません。

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

審査に通ったらどのくらいで入金されるんだ?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

弊社の場合でしたら今日中にお振り込みいたします。

ファクタリング会社によって、審査時間や入金の時期は異なります。また書類を提出した曜日によっても異なってきます。

もしできるだけ早くファクタリングで資金調達をしたいと考えるのであれば、以下のことに注意してみるとよいでしょう。

3つのポイント

  • 必要書類をあらかじめ揃えておく
  • 即日に対応しているファクタリング会社に問い合わせる
  • 週末には問い合わせない

これを意識することで、少しでも早く資金を得ることができます。

また後で詳しくお話ししますが、ファクタリングを利用する際に一般的に必要となる書類は以下の通りとなります。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

請求書と通帳履歴は「ファクタリングを利用できる対象者かどうか」を判断され、これらの書類は「本審査や契約の段階」で必要となるケースがほとんどです。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ

もう一度、簡単にファクタリング利用の流れを紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。専用のWEBサイトからでもよいですし、電話やメールでもよいです。

②必要書類を提出

ファクタリング会社によって異なりますが、先ほど説明したような「請求書」と「通帳のコピー」だけでよいケースもあります。

ただしファクタリング会社によって決まりは異なるため、一概には何とも言えません。

最終的に審査までに必要となる書類は以下のものです。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

この書類に関しても、ファクタリング会社によって異なります。

③審査

審査スピードは1時間前後~翌営業日と、ファクタリング会社によって異なります。早ければ約1時間以内で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。これで一連のファクタリング契約は終了となります。

ファクタリングには2つの方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


[the_ad id="3232"]

京都府でファクタリング利用する方法

京都府内では、ファクタリング会社を見つけることができません。そのためファクタリング利用を希望する事業者は、愛知や東京といった大都市圏のファクタリング会社を利用するケースがほとんどです。

とはいえ、ファクタリング会社までの距離はそこまで関係がありません。最近ではインターネットや電話を利用するだけでファクタリングを利用することができます。一昔前まではファクタリングを利用するためには面談が必要となるケースが多かったのですが、最近では必要としない会社も増えてきました。

知名度のあるファクタリング会社を選んだ方がよい

ファクタリングを利用する際に重要となるのは、「ファクタリング会社選び」です。単純に手数料に大きな違いがあるためです。

また、ファクタリング会社を始めようと思えばだれでも始めることができてしまいます。結果として、一部、実際には貸金業のような営業形態をとっているファクタリング会社も存在すると聞きます。

このようなこともあり、ファクタリング会社選びは重要となってくるわけですが、どこがよいのかなかなか判断しづらいと思います。

一番わかりやすい方法としては「知名度のあるファクタリング会社を選ぶこと」でしょう。知名度があるということは長く経営を続けているということです。つまり顧客がついているということです。顧客はすべて事業者です。つまり会社の代表というわけです。そのような人たちに支持されているファクタリング会社を選んだ方が、大きくハズレないということになるのです。

面談を希望すれば対応してくれる

ファクタリングを利用する際に面談するケースもありますが、最近では必須ではなくなってきました。ただし利用するファクタリング会社によって異なります。

また売掛債権の金額によっても異なります。もし売掛債権の金額が大きければ、ファクタリング会社にとっては利益にはなりますがリスクにもなります。そのリスクを軽減させるために面談を行うことはあります。また初めて付き合う事業者の場合、どのような人かわからないため、やはり面談をするケースがあります。

しかしこれもファクタリング会社の考え方次第です。

また事業者の方が面談を希望するケースもあることでしょう。その場合、多くのファクタリング会社は面談に応じてくれます。そして事業者がファクタリング会社の本社へ足を運ぶ分には何も問題はありません。もしそれを拒否されるようなことがあれば、その業者の利用は考え直した方が良いかもしれません。

参照 直接会おうとしない 顔を合わせることを拒否する業者は注意が必要

 

逆に、ファクタリング会社のスタッフに出張してもらうことも可能です。ただしこの際には別途出張料金を請求される可能性が高いです。また売掛債権の金額がファクタリング会社で定めている基準の金額よりも低い場合には、出張を断られてしまう可能性があります。あくまでもファクタリング会社の考え方により異なってきますので、一度聞いてみると良いでしょう。

ファクタリングで資金調達 3つのメリットがある

ファクタリングを利用して資金調達することは、一般的な融資で資金調達で感じでいたデメリットを解消することができます。

ファクタリング 銀行
時間 最短即日 1ヶ月前後
審査 緩め 厳しい
その他 借金ではない 借金となる

銀行の資金調達は、大きな金額を比較的低い金利で借りることができるといった大きなメリットがあります。利用できるのであればそちらの方が良いのですが、申し込みをしてから入金までに時間がかかります。そして審査は厳しめです。また借金となるため毎月の返済が必要となり、尚且つ、バランスシートには借金の履歴が残ることとなります。

一方ファクタリングは、申し込みから入金まで最短即日で完了します。審査は緩めですし借金とはなりません。そのためバランスシートに借金の履歴は残りません。

このようなことがあり、すぐに資金調達を考えている、もしくはしなければならないということであれば、ファクタリングが資金調達の選択肢に入ってきても良いかとは思います。

ファクタリングのデメリット 売掛債権金額内で手数料が高め

ファクタリングはメリットばかりではありません。売掛債権金額内でしか資金調達ができませんし、手数料が高めです。

例えば取引先に対して500万円の債権がある場合には、500万円を超える資金調達はファクタリングではできません。契約形態にもよりますが手数料が5%〜30%に設定されているケースが多いため、たとえば手数料が20%であった場合には、100万円の手数料を支払うこととなります。つまり400万円しか手元に入って来なくなるのです。

そのため手数料が高いと判断するのであれば、ファクタリングの利用は避けた方が良いでしょう。

3社間契約であれば10%未満でも契約可能かもファクタリング会社

3社間契約であれば手数料が5%〜10%に設定されている場合もあるので、手数料を抑えることはできます。

手数料が高めのファクタリングですが、3社間契約という契約形態であれば、手数料を大きく下げることができます。それでも5%〜10%です。今回のように500万円の売掛債権を5%の手数料で契約した場合には、25万円が手数料になります。そのため調達できる金額は475万円となります。

ただし3社間契約を行う場合には、売掛債権をファクタリング会社に譲渡したことを、取引先に通知することになります。つまり取引先に対して自分の会社は資金がショートしていると伝えるようなものなのです。

このようなこともあり、ファクタリング利用者のおよそ90%以上が、今後のことも考えて2社間契約を行います。どちらを選ぶかは事業者の考え次第となります。

京都府内でファクタリングに向いている業種とは?

古都、京都。近年では、外国人観光客によるインバウンド消費の恩恵を最も受けていると言われている京都は、観光業を中心に反映しています。しかし、観光業以外でも歴史ある製造業が多く、日本の文化を支えている職人さんの技術力は世界から高い評価を得ていることも事実です。

しかし、近代化の波と、後継者不足という問題は京都を含め、日本全国が直面していることです。人材不足は、人件費の高騰に繋がり、生産力の低下は、売上の減少にも繋がります。

近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者に人気の金策です。今回は、京都府内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

京都府の特徴

京都府は平安京や長岡京といった歴史がある都市です。近畿地方の中心に位置しており、大阪府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、福井県と隣接しています。

地形は、北部が日本海に面しており、丹後山地や福知山盆地が有名です。中央部は丹波高地、亀岡盆地、南部は京都盆地があり、県全体が標高1000メートル以下の低山地で形成されているのが特徴です。

京都府の事業

京都府は、観光業が県産業のほとんどを占めると思われがちですが、実は製造業が盛んな地域でもあります。次いで不動産業(16.5%)、卸売・小売業(11.6%)と続いています。

京野菜など、特殊な農法で栽培されている第一次産業は、県全体の0.4%しかなく、また後継者不足という問題もあり、全体的に縮小傾向にあります。

京都府で資金繰りが厳しいとされている分野

京都府の企業で資金繰りが厳しいのは、やはり製造業です。京都府には、国が指定する伝統工芸品が17品目もあり、特殊な技術を持った職人さんの手仕事によって作られています。しかし、近年では後継者不足や、職人さんの高齢化などもあり、人件費を中心に経費の圧迫が問題になっていることも事実です。

京都府の製造業(伝統工芸品)の特徴として、1社で全ての工程を完了させるわけではないということが挙げられます。商品を完成させるまでには、いくつもの職人さんの手に渡り、商品として世に出てきます。上流工程の職人さんであれば、売上を直接手にすることが出来ますが、下流工程の職人さんたちは、売掛金として、上流工程の職人さんからの入金を待つしかありません。

この資金サイクルが、個人事業主を中心とした中小企業に大きなダメージを与えています。

製造業にはファクタリングがおススメ

伝統工芸品を中心とした製造業には、資金ショートによる黒字倒産が懸念されています。特に原材料から製作する下流工程を担う企業は、国産の原材料以外にも海外から材料を仕入れることになるため、国際情勢や為替の影響によって資金ショートを起こしやすいと言われています。

売掛金の入金サイクルが遅れると、仕事が出来なくなり、収入がなくなるということにも繋がり、最終的には黒字の状態で倒産するというケースが少なくありません。

そこで注目されている金策が「ファクタリング」です。ファクタリングは、15世紀のイギリスが発祥の歴史ある金融工学の一つです。アメリカやヨーロッパでは、手形取引以上にメジャーな金策として有名です。

ファクタリングのメリットはなんといっても売掛債権を資金化するまでのスピードです。銀行融資や助成金は、申し込んでから入金されるまで長い時間がかかります。ファクタリングは、最短でも即日、遅くても1週間以内に売掛債権を資金化することが出来るため、急な資金不足に対応できるという強みがあります。

資金難で伝統を絶やす心配をする前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

京都府内のファクタリング業者

京都府内には登録されているファクタリング業者はありません。



京都府でおススメのファクタリング会社

京都府でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

京都府内の銀行事情

京都銀行

京都銀行
住所 京都府京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700
電話 075-361-2211
URL https://www.kyotobank.co.jp/

近隣のファクタリング事情

大阪府奈良県和歌山県三重県


京都市/福知山市/舞鶴市/綾部市/宇治市/宮津市/亀岡市/城陽市/向日市/長岡京市/八幡市/京田辺市/京丹後市/南丹市/木津川市/

\ 事業者におススメ!/