熊本県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


熊本県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法

\ 熊本県で選ぶならこの3社 /

 

熊本県内の事業者事業者

熊本県内で事業を行っている。
最近資金繰りが上手くいかなくなってきた。銀行の融資を申し込んだのだが、融資NGと言われてしまった。
他に資金調達する方法はないものか・・・。

 

資金繰りが悪化してしまってから銀行に融資の申し込みに行っても、厳しい結果が待ち受けているというケースがあります。理由は単純で、銀行としては返済能力のある事業者に対して融資を実行するためです。貸したお金が戻ってこない可能性がある事業者に対しては融資は難しくなってしまいます。

しかし事業者としては、事業を継続させるためには資金調達をしなければなりません。

そこで他の資金調達方法を探すわけですが、事業状況が悪化してから行動を起こすとなると、選択肢が少なくなってしまいます。

事業状況の悪化の程度にもよりますが、どのような状況でも利用できる資金調達方法として、当サイトでおススメしているファクタリングがあります。ただしファクタリングを利用するためには、取引先に対し売掛金がある状態でなければなりません。

ファクタリングとは、「まだ取引先から入金されていない入金予定の売掛金を現金化するサービス」であるためです。

そのため誰でも利用できるというわけではありませんが、売掛金さえ入ってくれば事業状況がよくなるという事業者にとっては利用価値があるといえます。

\ 熊本県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


熊本で確実に資金調達できる方法 それが「ファクタリング」

熊本県内で確実に資金調達できる方法

 

「ファクタリング」は確実に資金調達できる方法として注目されています。

 

確実に資金調達できる方法事業者

確実に資金調達できる方法なんて存在するわけないだろ?

 

もちろん誰でも資金調達できるというわけではありません。条件を満たしている必要があります。

ただしこの条件は、普通に事業経営を行っていれば基本的には満たしているためあまり心配する必要はないでしょう。

3つ条件

  • 未回収の売掛金があること
  • 売掛金が存在するという証明ができること
  • 売掛先である取引先の社会的信用力があること

これらの条件に当てはまっていれば、ファクタリング会社側としては興味を持ってくれ、前向きに話を聞いてくれることでしょう。

未回収の売掛金があること

ファクタリングとは、未回収の売掛債権を購入するサービスです。そのため、売掛債権が存在しなければなりません。売掛債権とは売掛金を受け取る権利のことです。

つまり売掛金が存在しなければならないのです。

売掛金にもいろいろあり、すでに回収済みの売掛金、将来的に発生するであろう将来債権といったものがありますが、これらは対象外となります。

売掛金が存在するという証明ができること

未回収の売掛金が存在するという証明をしなければなりません。そのために取引先に対して送っているであろう請求書や、取引先から受け取っているであろう発注書などを提示する必要があります。

「売掛債権」というものは、手形のように形があるわけではありません。だからこそ存在を証明するために請求書や発注書、さらには納品書といった書類が必要となるのです。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

実は偽物の売掛債権をファクタリング会社に売却しようとする事業者、もしくは事業者に成りすます人が多いのです。経験のあるファクタリング会社であれば見破るのですが、それでも一部は審査をすり抜けてしまうケースがあります。
するとファクタリング会社としては大きな損害を出してしまい、場合によっては一度の失敗でファクタリング会社の経営が傾いてしまうのです。

ちなみにですが、偽装された債権をファクタリング会社に譲渡した場合には、詐欺罪に該当する可能性があります。

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

売掛先である取引先の社会的信用力があること

ファクタリングの審査の最重要ポイントは、売掛先の信用力です。つまりは「必ず売掛金を支払う能力があるか?」という点が重要なのです。

ファクタリング会社が事業者から売掛債権を購入したとします。しかし事業者の取引先が資金ショートしてしまい売掛金が入ってこなかったとしましょう。その際には、ファクタリング会社としては泣き寝入りするしかないのです。これは償還請求権のない契約を事業者と取り交わしているためです。

ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングの仕組みは複雑そうに捉えられることがありますが、意外とシンプルです。

わかりやすいように対話文形式で紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

熊本県内の事業者だ。
今すぐに取引先に支払いをしなければならないのだが、手元に資金がない。
ファクタリングを利用できるだろうか?

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

はい。では「請求書」と「通帳のコピー」を提示してください。

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

わかった。

ファクタリングの説明ファクタリング会社

取引先と取引があり売掛債権がありそうですね。では正式な審査に入らせていただきます。

うなずく事業者事業者

審査にはどのくらいの時間がかかるんだ?

継続的な取引が重要ファクタリング会社

早ければ1時間程度で終わります。

理解する事業者事業者

そんなに早く!では頼む。

 

売掛債権の存在の証明と、取引先との取引のやりとりを証明することができれば、ファクタリングの審査を受けることは可能です。

これらの証明をする理由は複数あるのですが、「売掛債権は本物であり、売掛先はしっかりとお金を支払う能力を持っている」ということをファクタリング会社としては知りたいのです。

普通に事業経営を行なっていれば、これらの情報はすぐに出すことができるため、とくに難しいことではないでしょう。

参照 ファクタリングの仕組み

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

審査に通ったらどのくらいで入金されるんだ?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

弊社の場合でしたら今日中にお振り込みいたします。

ファクタリング会社によって、提出する書類や審査の方法は異なってきます。ただしそこまで大きくは変わらないかと思います。

ちなみにファクタリングでの資金調達ですが、売却して資金を得るため借金にはなりません。よって返済することもありません。ファクタリング会社により手数料は異なりますが、売却する売掛債権金額の5%〜30%前後が手数料となっています。手数料に大きな開きがありますが、これはファクタリング会社によってだったり、売掛先の信用力、契約形態などによって変わってきます。

もし手数料を大きく減らしたいのであれば、売掛債権の金額が数億円単位であり、契約形態が3社間であればかなり低い手数料となることでしょう。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ

もう一度、簡単にファクタリング利用の流れを紹介します。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡します。専用のWEBサイトからでもよいですし、電話やメールでもよいです。

②必要書類を提出

必要書類はファクタリング会社によって異なります。取引先に渡した「請求書」と取引先からの入金履歴のある「通帳のコピー」だけでよいケースもあります。

しかしこれらの書類は、あくまでも審査を受けるために揃える必要最低限の書類です。最終的に審査までに必要となる書類は以下のものです。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

この書類に関しても、ファクタリング会社によって異なります。

③審査

審査スピードは1時間前後~翌営業日と、ファクタリング会社によって異なります。早ければ約1時間以内で終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、入ってきた売掛金をそのままファクタリング業者へ送金します。これで一連のファクタリング契約は終了となります。

ファクタリングには2つの方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

熊本県でファクタリング利用する方法

熊本県内の事業者がファクタリングを利用する際には、福岡、大阪、愛知、東京のファクタリング会社を利用するケースがほとんどです。

なぜなら熊本県内に拠点を置いているファクタリング会社を見つけることができないためです。

そもそもですが、ファクタリングを利用する際にファクタリング会社の拠点がどこにあったとしても影響はありません。なぜならファクタリングを契約するときに、面談が必要とならないケースが最近では多くなってきたためです。

面談を希望すれば対応してくれる

ファクタリングを利用する際に面談するケースもありますが、最近では必須ではなくなってきました。ただし利用するファクタリング会社によって異なります。

また売掛債権の金額によっても異なります。もし売掛債権の金額が大きければ、ファクタリング会社にとっては利益にはなりますがリスクにもなります。そのリスクを軽減させるために面談を行うことはあります。また初めて付き合う事業者の場合、どのような人かわからないため、やはり面談をするケースがあります。

しかしこれもファクタリング会社の考え方次第です。

また事業者の方が面談を希望するケースもあることでしょう。その場合、多くのファクタリング会社は面談に応じてくれます。そして事業者がファクタリング会社の本社へ足を運ぶ分には何も問題はありません。もしそれを拒否されるようなことがあれば、その業者の利用は考え直した方が良いかもしれません。

参照 直接会おうとしない 顔を合わせることを拒否する業者は注意が必要

 

逆に、ファクタリング会社のスタッフに出張してもらうことも可能です。ただしこの際には別途出張料金を請求される可能性が高いです。また売掛債権の金額がファクタリング会社で定めている基準の金額よりも低い場合には、出張を断られてしまう可能性があります。あくまでもファクタリング会社の考え方により異なってきますので、一度聞いてみると良いでしょう。

ファクタリングで資金調達 3つのメリットがある

ファクタリングを利用して資金調達することは、一般的な融資で資金調達で感じでいたデメリットを解消することができます。

ファクタリング 銀行
時間 最短即日 1ヶ月前後
審査 緩め 厳しい
その他 借金ではない 借金となる

銀行の資金調達は、大きな金額を比較的低い金利で借りることができるといった大きなメリットがあります。利用できるのであればそちらの方が良いのですが、申し込みをしてから入金までに時間がかかります。そして審査は厳しめです。また借金となるため毎月の返済が必要となり、尚且つ、バランスシートには借金の履歴が残ることとなります。

一方ファクタリングは、申し込みから入金まで最短即日で完了します。審査は緩めですし借金とはなりません。そのためバランスシートに借金の履歴は残りません。

このようなことがあり、すぐに資金調達を考えている、もしくはしなければならないということであれば、ファクタリングが資金調達の選択肢に入ってきても良いかとは思います。

ファクタリングのデメリット 売掛債権金額内で手数料が高め

ファクタリングはメリットばかりではありません。売掛債権金額内でしか資金調達ができませんし、手数料が高めです。

例えば取引先に対して500万円の債権がある場合には、500万円を超える資金調達はファクタリングではできません。契約形態にもよりますが手数料が5%〜30%に設定されているケースが多いため、たとえば手数料が20%であった場合には、100万円の手数料を支払うこととなります。つまり400万円しか手元に入って来なくなるのです。

そのため手数料が高いと判断するのであれば、ファクタリングの利用は避けた方が良いでしょう。

3社間契約であれば10%未満でも契約可能かもファクタリング会社

3社間契約であれば手数料が5%〜10%に設定されている場合もあるので、手数料を抑えることはできます。

手数料が高めのファクタリングですが、3社間契約という契約形態であれば、手数料を大きく下げることができます。それでも5%〜10%です。今回のように500万円の売掛債権を5%の手数料で契約した場合には、25万円が手数料になります。そのため調達できる金額は475万円となります。

ただし3社間契約を行う場合には、売掛債権をファクタリング会社に譲渡したことを、取引先に通知することになります。つまり取引先に対して自分の会社は資金がショートしていると伝えるようなものなのです。

このようなこともあり、ファクタリング利用者のおよそ90%以上が、今後のことも考えて2社間契約を行います。どちらを選ぶかは事業者の考え次第となります。

熊本県内でファクタリングを利用するなら 売掛債権があればだれでもOK

熊本県内でファクタリング利用が向いている業種は、売掛金を抱えるタイプの事業であり、売り掛け金の回収までに時間がかかるような事業となります。

そのため、かなり多くの事業が対象となることでしょう。

たとえば取引先から売掛金が回収できないことが原因で資金繰りや資金調達の必要性が出てきているような業種は、利用の検討をしてもよいかもしれません。

また金融機関からの融資をすでに受けており、さらに追加融資の申請が難しいという事業においても利用を検討してもよいでしょう。

黒字倒産をしてしまうということは、売掛金が入って来ないことが原因です。つまり売掛金は存在しているわけです。そのため売掛金をもらえる権利である売掛債権は持っているわけですので、それをファクタリング会社に売却してしまえば、お金が手元に入ってくることになります。それを事業資金に充てることで倒産を防ぐことが可能となるのです。

熊本県の特徴

熊本県は九州中央部に位置し、福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県と隣り合っています。有明海を挟んで長崎県とも接しています。九州でも指折りの火山県で、阿蘇地方には日本で2位となる大きさの阿蘇カルデラが有名です。

元々は「隈本」という表記でしたが、肥後熊本藩初代藩主の加藤清正が「隈」という感じには「畏れる」(おそれる、かしこまる)という文字が入っており、武将の居城の名前に相応しくないという理由で現在の「熊」の字が充てられたとされています。

熊本県の地形は、東部の阿蘇地方を中心に山地が広がり、西部は熊本平野や八代平野が有明海、不知火海に面しています。熊本市は人口70万人を誇る大都市ですが、水道水が全て地下水でまかなわれている世界でも珍しい都市として世界各国から注目されています。

熊本県の事業

熊本県の主要産業は、上位から製造業、卸売・小売業、医療・福祉業が並びます。この3業種で熊本県経済の半分以上が占められています。

製造業では電子部品・デバイス製造業が全体の25%を占めており、次いで食料品製造業、輸送用機械器具製造業と続きます。

第一次産業では農業産出額が全国7位(九州3位)で、トマト、い草、葉タバコ、宿根カスミソウ、スイカが全国1位の出荷数を誇ります。畜産業も盛んで、全国ランキングのトップ5に毎年入っているのも特徴です。漁業では有明海の海苔、車海老、真珠の養殖が有名です。

第三次産業である医療・福祉業は、全国的に増加傾向ですが、熊本地震の復興需要によって観光業での経済効果が高まっているのも事実です。

熊本県で資金繰りが厳しいとされている分野

熊本県の資金繰りが厳しい産業は、後継者不足が叫ばれている農業の中小零細企業及び個人事業主です。熊本県は長寿県として常に上位にランクインしていますが、労働生産力が年々低下していることも指摘されています。

担い手不足は人件費の高騰を生み、企業の利益を圧迫します。平成28年度の熊本県内の企業倒産、休廃業数は324件となっており、その内の7割以上の経営者が60代以上という事実も、熊本県の将来的な経済状況に影を落とすリソースになっています。

中小零細企業の農業や製造業にはファクタリングがおすすめ

ファクタリングは、売掛債権を早期資金化する合法的な資金調達方法です。製造業や農業のように、運転資金のサイクルが不安定な業種程、健全な資金サイクルは重要なファクターです。ファクタリングを利用することで、売掛金の入金サイクルを改善し、確実な利益の確保と、運転資金の確保が同時に出来ることから、日本全国の多くの中小企業経営者から注目を集めています。

銀行融資を断られて途方に暮れる前に、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。

熊本県内のファクタリング業者

熊本県内には登録されているファクタリング業者はありません。



熊本県でおススメのファクタリング会社

熊本県でファクタリング会社を探す   ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 

※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

銀行でもファクタリングに似たサービスがある しかし・・・

熊本県内にある銀行「福岡銀行」と「西日本シティ銀行」「筑邦銀行」などでは、ファクタリングと似たサービスを取り扱っています。

福岡銀行

福岡銀行
住所 福岡県福岡市中央区天神2-13-1
電話 092-723-2131
URL https://www.fukuokabank.co.jp/

西日本シティ銀行

西日本シティ銀行
住所 福岡県福岡市博多区博多駅前3-1-1
電話 092-476-1111
URL https://www.ncbank.co.jp/

筑邦銀行

筑邦銀行
住所 福岡県久留米市諏訪野町2456-1
電話 0942-32-5331
URL https://www.chikugin.co.jp/

北九州銀行

北九州銀行
住所 福岡県北九州市小倉北区堺町1-1-10
電話 093-513-5200
URL https://www.kitakyushubank.co.jp/

福岡中央銀行

福岡中央銀行
住所 福岡県福岡市中央区大名2-12-1
電話 092-751-4431
URL https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/

福岡県の銀行ファクタリング事情

福岡県の銀行シェアは福岡銀行が36.2%(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)、西日本シティ銀行が26.1%、ゆうちょ銀行が19.8%となります。福岡銀行と西日本シティ銀行がしぇあのはんぶんいじょうを確保しており、ゆうちょ銀行も合わせると80%のシェアがあります。

福岡県内の銀行では債権流動化に関連するサービスを提供しています。債権流動化を活用すると、銀行でもファクタリングと同じようなサービスが使えるのです。

福岡県内の主要銀行について

福岡県は福岡銀行と西日本シティ銀行の2つがシェアを多く確保しています。福岡銀行は多方面での展開を実施している銀行として、西日本シティ銀行は貸金等のつながりが強い銀行としてシェアを確保しています。

福岡銀行は九州全域に支店を設けている銀行で、九州では最も大きな銀行です。本州にも山口県をはじめとして支店を展開しており、関東でも東京都で銀行サービスを利用できます。九州地方の銀行とつながりが深く、不良債権処理などで健全な経営をサポートしています。

西日本シティ銀行は西日本銀行と福岡シティ銀行が統合して生まれた銀行です。2004年に誕生した銀行のため歴史は浅いものの、北九州地区を中心に銀行を展開しています。消費者金融とのつながりがあり、消費者金融のカードをATMで利用可能にしています。

福岡の銀行ファクタリングはあるのか

福岡銀行では売掛債権流動化を実施しています。これは売掛債権を現金化することで資金調達を可能にしている方法です。一般的なファクタリングと似たようなサービスを銀行が提供しており、短時間で資金調達を希望している企業におすすめの方法です。

西日本シティ銀行では金融債権流動化というサービスを展開しています。名称が少し違うだけで、実際に展開しているサービスは福岡銀行の売掛債権流動化とほぼ同じです。

どちらの場合も審査が必要であり、審査結果によっては利用できない場合があります。

熊本の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングに違い

銀行が提供しているファクタリングは、一般企業が展開しているファクタリングと違い審査を受けなければなりません。銀行は信用できる企業にだけ売掛債権流動化のサービスを提供しているため、どうしても審査をして信用を確認しなければなりません。

一方で一般的なファクタリングの場合、経営状況に関係なくファクタリングが使えます。経営状況に左右されず、赤字経営が続いていたとしても利用できるのは安心できるポイントかもしれません。

近隣のファクタリング事情

福岡県宮崎県佐賀県大分県


熊本市/八代市/人吉市/荒尾市/水俣市/玉名市/天草市/山鹿市/菊池市/宇土市/上天草市/宇城市/阿蘇市/合志市

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次