福井県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 福井県で選ぶならこの3社 /

 

福井県で確実に資金調達できる方法はファクタリング事業者

福井県内で銀行融資以外の資金調達方法を探している。
金利手数料の低い融資先を利用したいと考えているが、審査に時間がかかってしまう。
しかし現金が必要なのは来週の話だ。
何か上手い方法はないだろうか・・・。

 

金利手数料が低く、さらには現金を手に入れるまでに時間が短いという資金調達方法は存在しません。強いて言うのであれば「誰かからもらう」くらいではないでしょうか。現実的ではないですが・・・。

金利や手数料が低いのであれば、資金調達までの時間が長めにかかります。審査を慎重にするためです。

すぐに資金調達する方法は存在するのですが、資金を提供する側にとってはリスクが高くなるため、どうしても金利手数料は高くなってしまいます。

今回は「資金調達までの時間が短い」に焦点を当てていきたいと思います。

資金調達までの時間が短いのは「ノンバンクや民間のビジネスローン」、もしくは「民間のファクタリング」のどちらかとなってくることでしょう。

どちらも比較的審査が緩く、早ければ即日で資金調達することが可能です。ただしどちらが良いと比べることはできません。なぜなら全く違った資金調達方法だからです。ビジネスローンは借金であり、ファクタリングは債権を売却し資金調達をする方法となります。

どちらを選ぶか、もしくは選べるのかは事業状況次第となることでしょう。

\ 福井県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


福井ですぐに資金調達するならファクタリングが便利 ファクタリングで売掛金を現金化

福井県内で確実に資金調達できる方法

「ファクタリング」を利用することができれば、すぐに資金調達をすることが可能です。

持っている「売掛金を受け取る権利を売却するだけ」だからです。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金を受け取る権利を売却する?そんなことが可能なのか?
売掛金は、取引先が入金予定日に入金してくるものだ。
入金予定日まで待つのが当たり前だろ?

 

確かに売掛金は、取引先が入金予定日に入金してくるものです。それが一般的でしょう。

ところが急に、事業資金が不足してしまうといったこともあるでしょう。そのようなときどのようにして資金を都合しますか?

取引先に、今すぐに売掛金を支払って欲しいと交渉したとしても、なかなか応じてはくれないことでしょう。さらにそのような交渉をしたとしたら、こちら側が資金に困っている、資金難であると言っているようなものです。

資金難である会社と、これからも今まで通りのような取引を行ってくれるでしょうか?

このようなことがあるため、取引先に知られないように資金調達を行う必要があるのです。それもスピーディーにです。

このような場合において、ファクタリングが非常に利用しやすいのです。

たとえば以下のような問題はありませんか?

「3つ悩み」

  • 売掛先(取引先)に売掛金催促がしづらい
  • 資金難であることは取引先に知られたくない
  • すぐに現金が必要

これらのいずれか、もしくは該当する箇所が多ければ多いほど、ファクタリングを資金調達の選択肢に入れるのも良いかと思います。

ファクタリングは以下のような状況を期待することができます。

「3つ状況」

  • 売掛先(取引先)に売掛金催促をする必要がない
  • 資金難であることは取引先に知られない
  • すぐに現金を調達することができる

つまりファクタリングの仕組みを簡単に説明すると、「売掛金をもらえるという権利を売却し、現金調達する。」というものなのです。

売掛金をもらえる権利を「売掛債権」といい、権利であるため売却可能なのです。

売却して資金調達するため、売却するものの価値さえ証明することができれば売却することができます。この「売却するものの証明」にかかる時間は最短1時間ほどとなるのです。

ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説

簡単にファクタリングの仕組みに触れましたが、もっとわかりやすく紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

福井県内でIT系の事業を行っている。
取引先に制作物を納品したのだが、その代金の支払いをまだ受けていない。
その結果、運転資金が底をつきそうで来月支払う分の家賃や人件費の支払いができそうもない・・・。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

それでしたらファクタリングを利用したらいかがでしょうか?

タイムリミットまで時間がない事業者

来月までにもう時間があまりないが資金調達可能なのか?

福井県の業者が即日中にファクタリングで資金調達ファクタリング会社

早ければ即日中に資金調達可能です。書類を提出してもらう必要がありますが、それらを揃えるのもそんなに時間がかからないと思います。なので現在書類がなかったとしても、数日中には資金調達可能かと思います。

うなずく事業者事業者

わかった。ではまず何から始めればよいんだ?

まずはファクタリング会社にコンタクトを取るファクタリング会社

ファクタリング会社にコンタクトを取るところからですね。電話でもよいですし、ホームページから問い合わせても良いと思います。24時間動いている業者もあるため、そういったところであれば、すぐに折り返しの連絡が来ますよ。

連絡してみる事業者

よし、連絡してみよう。

 

今回はIT系の事業者についての話しをしましたが、ファクタリングを利用する際には業者を選びません。ただし売掛金があることが最低条件となります。

まずはファクタリング会社に連絡を取るところから始まります。ファクタリング会社は日本国内に100社以上あるとされています。おススメとしては、実績があり長く業界にいる業者を選んだ方がよいでしょう。とはいってもどの業者がそれに該当するかは分からないと思います。

当サイトでは、5つのファクタリング会社をおススメとして紹介しているため、参考にしてみてください。

参照 おススメのファクタリング会社5社を徹底比較

 

決算状況が思わしくない事業者

決算状況がよくなく、金融機関からの融資審査に落ちてしまったのだが、そんな状況でも利用することは可能なのか?

ファクタリングは融資ではないファクタリング会社

ファクタリングは融資ではありません。審査するポイントが異なります。そのため利用できる可能性は十分あります。

ファクタリング利用 流れを簡単に紹介

ファクタリング利用の流れを今一度簡単にお話しします。

ファクタリング利用の流れ

  • ファクタリング会社に連絡
  • ファクタリングを利用できるかの条件確認
  • 審査
  • 契約
  • 入金

①ファクタリング会社に連絡
ファクタリング会社への連絡します。手数料や条件が異なるため、複数に問い合わせをして相見積もりをしたほうがよいでしょう。
相見積もりをすることで、手数料を低くできる可能性があります。

②ファクタリングを利用できるかの条件確認

ファクタリングを利用することができるのは「事業者」つまり「事業の代表」のみです。そして「未回収の売掛金(売掛債権)があること」が条件となります。

そのため、売掛債権の有無を証明するために「取引先への請求書」であったり「取引先との取引履歴のある通帳のコピー」が必要となることが多いです。

③審査

条件確認が終了したら、ファクタリング会社による審査が開始されます。その際に必要となるのは以下のような書類です。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

ただし必要な書類はファクタリング会社によって異なります。

④契約

審査に通過すると契約となります。

⑤入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

申し込みをしたその日に契約まで完了することが可能であるため、その日の内に入金される場合もあります。

ただしこれは、即日ファクタリングに対応している会社の話です。

ファクタリングを利用するための3つの条件

ファクタリングはまだ入金されていない売掛金を早期で手にすることができる便利な方法ではあるのですが、利用するためには条件があります。

「3つ条件」

  • 未回収の売掛債権の保有
  • 売掛債権の存在を証明する書類があること
  • 売掛先の信用力があること

売掛債権というのは、簡単にいうと「売掛金」のことです。つまり取引先から売上をもらう権利を持っているかどうかという話です。

「取引先から売掛金が入金される予定だが、その予定日がまだ来ない。でも今資金が欲しい。」

このように考える事業者に対して向いている資金調達方法となります。

逆に、売掛金がないのであればファクタリングを利用することはできません。

さらに以下の3つの条件が揃っていれば、ファクタリングを利用し資金調達できる可能性がさらに高まります。

「3つ条件」

  • 売掛債権金額が月商以下であること
  • 売掛先との継続的な取引を証明できること
  • 必要書類をすべて提示できること

ファクタリング会社から審査の際に注目されやすいのが「売掛債権金額が月商以下であること」です。

たとえばある事業者が経営する会社の月商が100万円だったとします。それにもかかわらず、事業者がファクタリング会社に持ち込んだ売掛債権が500万円だったとしましょう。これを不自然と感じるわけです。その不自然さが払拭できない場合には、ファクタリング会社は売掛債権を買い取ることはしません。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリング会社はリスクを嫌います。そのため疑問に感じた場合、そしてその疑問が解決できそうにない場合には、基本的には買取はお断りします。逆に疑問が解決できるのであれば、積極的に買取をします、

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの契約方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

契約方法によって手数料が大きく変わってきます。

まずファクタリングを利用する際のには「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

つまり売掛債権を売却したい「事業者」。その売掛債権を購入する「ファクタリング会社」。事業者に対して売掛金を支払う予定の「取引先」といった感じです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


[the_ad id="3232"]

福井県内の銀行事情

福井銀行

福井銀行
住所 福井県福井市順化1-1-1
電話 0776-24-2030
URL https://www.fukuibank.co.jp/

福邦銀行

福邦銀行
住所 福井県福井市順化1-6-9
電話 0776-21-2500
URL https://www.fukuho.co.jp/

福井県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

福井県は日本列島の中央に位置しており、北陸工業地帯の南部に属している工業の盛んな地域です。そのため、繊維や楽器、刃物、漆器など、さまざまな種類の産業が行われており、製造業を行っている企業が特に多く集まっています。

その他、建設業や原子力発電関係などの企業もたくさんあります。ものづくりに長けている福井県の企業の多くは、全国でもトップクラスの腕を持ちながら、現在では安くてよいものを販売しようという考えの企業に押されてきているのが現状です。

もちろん、伝統の技術を駆使した商品を必要とするお客さんもたくさんいますが、高品質よりもコストを重視するお客さんも多く、経営悪化に繋がることも少なくありません。そんな企業の技術を守るため、今必要とされているのはお客さんの新しいニーズに答えられる柔軟性です。

そのためには、新しい事業や従来の商品のコスト面の見直し、素材の再検討など、企業によってお客さんのニーズに答えられる体制を整える必要があります。まず、重要なのがそのために必要な資金の調達です。

新しいことを始めるためには資金が必要不可欠で、資金調達には銀行の融資や貸金業者からの借り入れといった方法が一般的です。しかし、どちらの方法も負債が増え、月々の返済というリスクが発生してしまいます。

リスクを最小限に抑えて資金調達をしたい企業におススメなのが「ファクタリング」という資金調達の方法です。ファクタリングは支払い待ちの売掛金を有効活用することで、資金を得ることができます。

ファクタリング会社は、企業の売掛金から手数料を差し引いた金額で買い取り、即日から2週間ほどといった短期間で現金化してくれるサービスです。完全買い取りのため、万が一回収不能になった場合でも支払いを請求される心配もありません。

審査が厳しく、時間のかかる銀行の融資などに比べ、ファクタリングは用意する書類もすくなく、企業の経営状態やさまざまな支払いに対する滞納があっても、審査の対象にならないので銀行の融資を断られた企業の方でも安心して相談することができます。

まだまだ新しいサービスのため認知度は低いですが、大手ファクタリング会社はどこもたくさんの実績を積んでいます。さまざまな業種に対応しているファクタリング会社もあるので、急な資金調達にはぜひファクタリングを活用してみてください。

福井県内のファクタリング業者

ここでは福井県内には登録されているファクタリング業者はありません。


福井市/敦賀市/小浜市/大野市/勝山市/鯖江市/あわら市/越前市/坂井市/

\ 事業者におススメ!/