東京都でファクタリング ファクタリングなら最短即日で資金調達可能
\ 東京都で選ぶならこの3社 /
 

ここでは、東京都でファクタリングの利用を考えている経営者に向けてお話ししていきたいと思います。

 

すぐに現金が必要なのに、すぐに用意することができない経営者

東京都で会社経営を行っている。
いろいろなことが重なり、会社の資金繰り状況が悪化してきている。資金調達をしたいと考えているのだが、決算状況に不安があり銀行では融資をしてくれない。
このような状態でも資金調達できる方法はないだろうか?

 

東京都に限らず、このように考える経営者が非常に多くいます。

可能であれば銀行といった金融機関からの資金調達を考えたいところですが、審査は厳しく、経営状態が悪化している中では審査に通るのは難しいものです。

資金繰りが悪化し銀行の審査に通らない状況でも、資金調達の方法は残されています。それが「ファクタリング」です。

ファクタリングであればどのような経営状況であったとしても、最短即日で資金調達が可能となります。審査が緩いという面も人気の理由です。

もちろん誰でも利用することができるというわけではありません。2つの条件が必要となります。1つは経営者の未利用することができるということ。もう1つは未回収の売掛金を持っているということです。

ファクタリングは銀行の融資のような借金ではありません。そのため審査も緩いのが特徴です。さらに審査に時間がかからないため、最短即日での資金調達も可能となってくるのです。

\ 東京都で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


借金ではない資金調達方法 それが「ファクタリング」

ファクタリングは借金ではなく確実な資金調達方法

 

ファクタリングは、スピードに特化した資金調達方法です。未入金の売掛金をファクタリング会社に売却し資金調達する方法となります。

そのため、未入金の売掛金を持っていれば、経営者であれば利用することが可能です。

また売掛金を得る権利である「売掛債権」を売却することであり、それはつまり、経営者の持っている「モノ」を売却することとなります。よって借金には該当しません。お金を借りるわけではないため、担保や保証人は不要となり、その結果、審査に長い時間は取られないのです。このことにより早ければ、即日中に現金を調達することができるのです。

そして何よりも良いポイントとしては、売掛金さえあれば確実に資金調達ができる点です。

ファクタリング会社から見て「この売掛債権は数ヶ月すれば必ず入金される。」と判断できれば購入してくれるのです。逆に言うと、不良債権は購入してくれません。なので売掛債権を何でも購入してくれるかというとそうではないのです。

持っている売掛債権を購入してくれるかどうかは、ファクタリング会社に問い合わせれば短時間で判断してくれます。たとえ1社に断られたとしても、ファクタリング会社は数多くあるため、複数社に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

今までの資金調達のデメリットをファクタリングはメリットに

ファクタリングは、数ある資金調達方法でデメリットとされている要素をメリットとしています。

たとえば金融機関から資金調達をしたいと考えたとします。融資を受けるためには審査が必要となり以下のようなデメリットが発生します。

「金融機関からの融資の3つのデメリット」

  • 時間がかかる
  • 条件が厳しい
  • 借金として履歴が残る

金融機関の性格は、「必ず返済できる人にのみ融資を実行する」というものとなります。そのため、必ず返済できる能力があるかを徹底的にチェックします。

また万が一返済できなくなってしまう可能性があるため、担保や保証人といった別のところから補填しようと考えます。よって担保に価値はあるのか、保証人は代わりとなって返済できるのかをチェックするのです。

これらチェックするためには時間がかかります。そのため金融機関の審査には時間がかかることとなり、実際に融資を受けるまでに時間がかかってしまうのです。

さらに「融資を受ける」ということは「借金をする」ということです。借金をするということは借金の履歴が記録として貸借対照表に記載されます。

 

経営者経営者

借金をして負債を増やしてしまうと、もし将来、金利の低い銀行から融資を受けたいと考えたときに審査に不都合となる可能性がある。

 

経営者としては、資金調達はしたいが返済できない、もしくは返済が見通せない負債はなるべく増やしたくないというのが本音です。

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングは借金をして資金調達をするわけではありません。そのため金融機関からの融資で感じた3つの大きなデメリットを解消することができます。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」

今までの資金調達のデメリットをメリットにしたものがファクタリングです。

資金繰りが改善されることにより、企業価値は上がります。結果として将来的に銀行からの融資が受けやすくなることにもつながるのです。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことを解決できるのがファクタリングなのです!

 

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

ファクタリングには2つの方法がある

ファクタリングにもいくつか種類があるのですが、経営者が利用するタイプは2つとなります。それは2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

約90%の経営者は「2社間ファクタリング」を利用します。ファクタリングを利用したことを取引先に知られたくないためです。

手数料が高い2社間ファクタリング それでも人気の理由

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べ、手数料が高く設定されています。理由はファクタリング会社にとって2社間ファクタリングの方が、リスクの高い契約となるためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし経営者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし経営者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ここからはファクタリングを利用する経営者の9割が利用するとされる「2社間ファクタリング」について詳しく説明したいと思います。

 

経営者経営者

取引先から入金予定の売掛金が1000万円ほどある。
しかし現在手元に資金がなく、仕入れをすることができない。仕入れをすることができなければ売り上げが立たなくなってします。
取引先から売掛金をすぐにもらいたいが先方にも都合がある。銀行から融資を受けたいが審査に時間がかかるし、そもそも融資してくれるか分からない・・・。困った・・・。

ファクタリング会社ファクタリング会社

そういったことでしたらファクタリングを利用してみてはいかがですか?

経営者経営者

ファクタリングとは何なんだ?

ファクタリング会社ファクタリング会社

簡単に言いますと、未入金の売掛金を売却するサービスです。売掛金があるということは売掛金を受け取る権利である売掛債権を持っているということです。
売掛債権はファクタリング会社に売却することが可能なのです。

経営者経営者

そんな方法があったとは・・・。ちなみに現金を手にするまでにどのくらいの時間がかかるんだ?

ファクタリング会社ファクタリング会社

早ければ申し込みをしたその日の内に現金が手に入ります。手数料はファクタリング会社によって異なりますが、売掛金の10%~30%ほどであると考えてください。

経営者経営者

手数料が高いな・・・でも他に資金調達の方法は存在しない。資金繰りの問題を解決するためにも利用する価値はあるかもしれない。

 

取引先から売掛金が入金されるまで待つことができれば、ファクタリングを利用する必要はないことでしょう。そのため売掛金の全額を手にすることができます。

しかしそれまでの間に会社が倒産してしまう、いわゆる「黒字倒産」は倒産理由の約半数を占めているほど多いのです。倒産をするくらいであれば、高い手数料を支払ってでもファクタリングを利用し資金調達するのも選択肢といえます。

またファクタリングを利用する際に相見積もりをしたり、手数料の低い会社を探せば、それほど手数料を取られずに利用することも可能です。

資金調達をすることさえできれば倒産を回避することができ、再び経営を立て直すことができます。また負債を増やさない資金調達方法を選択することで、貸借対照表に悪影響をもたらすことがないため、将来的に利息の低い銀行融資を受けやすくもなります。

参照 ファクタリングの仕組み

 

経営者経営者

ファクタリングは借金になるのか?

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリングは借金にはなりません。なぜなら経営者の持ち物を購入しただけですから。そのため信用情報に影響することもありませんし、貸借対照表に借金の記載が入ることもありません。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ

一般的なファクタリング利用の流れを紹介します。ファクタリング会社によって多少異なります。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡は、電話でもメールでも大丈夫です。

②必要書類を提出

まず審査を受けられるかどうかを確認したほうがよいでしょう。そのためには以下の2つを用意しておきましょう。

審査前に用意したい書類

  • 売掛金の存在を確認できる書類(請求書、納品書など)
  • 直近3ヶ月の通帳

ファクタリングは持っている売掛債権を取引するため、売掛債権の有無を確認する必要があります。売掛先への請求書であったり納品書など、売掛金の存在を確認することができる書類を用意しましょう。

参照 請求書を売却し現金化!請求書買取サービスで資金調達

 

審査のために必要な書類を準備します。ファクタリング会社により審査方法が異なりますが、以下のものを用意しておくとよいでしょう。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

③審査

審査スピードはファクタリング会社によって異なります。早いところで約1時間以内。遅くとも3営業日以内には終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、そのままファクタリング業者へ送金し、一連のファクタリング契約は終了となります。


[the_ad id="3232"]

東京都の銀行 ファクタリング事情

東京都内の銀行では、ファクタリングと似たサービスを行っています。

しかし一般的なファクタリングのサービスは行っていません。また銀行のグループ会社ではファクタリングを行っているのですが、やはり民間のファクタリングとは少しサービス内容であったり、審査内容が異なってきます。

きらぼし銀行

きらぼし銀行
住所 東京都港区南青山3-10-43
電話 03-6447-5794
URL https://www.kiraboshibank.co.jp/

きらぼし銀行では、ファクタリングの取り扱いは見つけられませんでしたが、債権を売却するのではなく債権を担保として融資を受ける「債権担保融資」は行われています。

東日本銀行

東日本銀行
住所 東京都中央区日本橋3-11-2
電話 03-3273-6221
URL https://www.higashi-nipponbank.co.jp/

東日本銀行では、クラウドファンディングを行うOLTAとつながることでファクタリングサービスを提供しています。また「でんさいサービス」を行っています。

東京スター銀行

東京スター銀行銀行
住所 東京都港区赤坂2-3-5
電話 03-3586-3111
URL https://www.tokyostarbank.co.jp/index.html

東京スター銀行では売掛債権担保ローンといった、債権を担保としたローンを行っています。

東京都内の銀行としては、上記した3つの銀行となるわけですが、東京都の銀行シェアとしては以下のようになります。

  • 三菱UFJ銀行→30.4%
  • みずほ銀行→24.8%
  • 三井住友銀行→17.2%

(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)

日本三大メガバンクが全体のシェアの大部分を占めていることが分かります。そしてこの3つの銀行は、それぞれグループ会社にファクタリング会社をもっています。つまり銀行でのファクタリングサービスは取り扱っていませんが、グループ会社では取り扱っているということです。ただし民間ファクタリング会社のサービスとは少し毛色が異なります。

銀行としてはファクタリングは扱っていない

きらぼし銀行、東日本銀行、東京スター銀行でいえることですが、ファクタリングのサービス自体は提供しているという情報を見つけることはできませんでした。

ファクタリングでの資金調達の長所はなんといっても資金調達までのスピードです。しかし銀行のサービスすべてでいえることですが、銀行の審査は非常に慎重でありどうしても時間が必要となります。

結果として、スピードに特化することは難しくなるのです。つまりスピードの面からすると、民間のファクタリング会社には劣ってしまいます。

このようなことからも、スピードに特化したファクタリングサービスの提供は行いづらいのかもしれません。

ただし、債権を担保とした融資は行っています。民間のファクタリング会社はお金を貸す行為はできません。そして担保を取ることもできません。ここで差別化ができるというわけです。

似たサービスは扱っている

メガバンク3行は、直接的なファクタリングサービスは行っていませんが、グループ会社でファクタリング会社を設立し、売掛債権を売却して資金調達するという従来のファクタリングを行なっています。

各銀行のグループ内でファクタリングを取り扱っている会社は以下の通りとなります。

三菱UFJ銀行 三菱UFJファクター
みずほ銀行 みずほファクター
三井住友銀行 SMBCファイナンスサービス

1つ注意したいことは、三井住友銀行のSMBCファイナンスサービスは売掛債権の買取ファクタリングは行なっていない点です。

ファクタリングという名前のサービスではありますが、内容は貸倒リスクヘッジと、元請け企業の倒産などによる債権回収不能リスクヘッジが主なサービスとなっています。

売掛債権を資金化するという目的にはそぐわない為、申し込む際には注意が必要です。

一般のファクタリングとの相違点

三菱UFJファクターとみずほファクターでは、一般のファクタリングと同じような売掛債権の買取による資金調達サービスを行っています。

分かりやすいように、一般的なファクタリングサービスとの違いをまとめました。

  • 契約形態は3社間ファクタリングのみ
  • 譲渡禁止条約がある売掛債権の場合は別途書面による承諾が必要
  • 申し込み企業の審査がある

もっとも影響があるのが1つ目の「契約形態」と3つ目の「審査」ではないでしょうか。

民間のファクタリング会社で多く利用される契約形態は「2者間契約」です。つまり取引先にファクタリングを利用したことを知られない契約となります。

また民間のファクタリング会社では、売掛債権を売却しようとする経営者に対する審査は重要視されませんが、銀行系の場合はチェックされることとなります。メガバンクのファクタリングでは、申し込み企業の与信情報もチェックされるため、申し込みの段階では銀行融資と同程度のハードルがあるということを覚えておきましょう。

東京都の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングは異なる

以上のように、銀行系のファクタリングと民間のファクタリングは異なった点が多く見受けられます。

1つ言えることは、銀行系の方が資金調達までの時間がかかりますし、審査は厳しいです。

  • すぐにでも資金調達をしたい
  • 売掛先にファクタリングを利用したことを知られたくない
  • 赤字決算、税金滞納している状態でも資金調達したい

このような場合には、民間を選んだ方がよいでしょう。

  • 少しでも手数料を低く抑えたい

このように考えるのであれば、銀行系のファクタリングを検討してみても良いと思います。

東京都内でファクタリングに向いている業種とは?

日本の首都であり、日本経済の中心地でもある東京都には、大企業の本社などが軒を連ねる中で、中小零細企業も多く存在しています。

近年、行政主導の経済介入は中小零細企業の経営状況にも影響を与えています。金融緩和となって、銀行から融資されやすくなったというポジティブな一面もありますが、将来的な見通しは立っていない企業が多いのが現状です。

近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者に人気の金策です。今回は、東京都内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

東京都の特徴 国民の34%が生活

東京都は大きく分けて23区の地域と市郡である多摩地域、そして島しょ部の3つの地域に分けられます。人口も日本で最も多い1億3843万人が暮らしています。日本国民の34%が東京都で暮らしていることになります。

地形は関東平野の中心に位置しており、東京湾に面しています。このほかに伊豆諸島や小笠原諸島、沖ノ鳥島や南鳥島も東京都の行政区域に含まれています。東京都の行政自治体は、23区26市5町8村となっています。

東京都の事業 実は小規模企業が大半

卸売業と小売業が全体の4分の1にあたる24.7%を占め、それ以外では製造業、不動産業、建設業と続きます。

企業規模では大企業が全体の18%を占めており、小規模企業がそれ以外の80%を占めています。ニュースなどでは大企業が東京都に集まっているイメージではありますが、東京都の経済は小規模企業が大半を担っているということになります。

東京都で資金繰りが厳しいとされている分野

東京都の企業で資金繰りが厳しいとされている分野は卸売業・小売業が真っ先に挙げられます。最近では、海外からのインバウンド消費や、海外向けのeコマース事業などを手掛ける企業が多くなり、為替の状況によって資金繰りが悪化するという状態が多いようです。

また為替の影響によっては、建設業や製造業といった材料を諸外国から購入している業界も資金繰りにあえいでいるとも言われています。

卸売業・小売業にはファクタリングがおススメ

販売業は売れるものを仕入れる必要があります。しかし、万が一読みが外れてしまった場合、仕入れた商品は安く売りさばくか、不良在庫として手元に残ってしまいます。また、次のビジネスチャンスのための仕入れ資金も新たに確保しなければならず、まるでギャンブルのような状態になってしまいます。

そこで注目されているのが、売掛債権を資金化するファクタリングです。第3者であるファクタリング業者に売掛債権をモノとして買い取ってもらい資金化する方法で、古くは15世紀から行なわれている立派な金融工学です。

卸売業や小売業では、安定的な資金サイクルが必須です。例え勝負を仕掛けたくても経費などに使う運転資金が無ければ、ビジネスチャンスのステージに立つことすらできません。

そこで活用されているのが「ファクタリング」です。銀行融資と違い将来的な負債にはなりませんし、入金期日よりも前に資金を手にすることが出来ます。

銀行融資を検討する前に、まずはファクタリングを検討することをおススメします。

東京都内のファクタリング業者

東京都内に登録されているファクタリング業者は数多くあります。そのため5件を抜粋して紹介します。

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
OLTA 対象 契約形態 スピード
OLTA

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
anew 対象 契約形態 スピード
anew

法人

2社間

最短即日

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料は業界最低水準。買取金額制限なし。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。



東京都でおススメのファクタリング会社

東京都でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

よくある質問

東京都内にファクタリング業者はありますか?

非常に多くのファクタリング業者が東京都内にあります。とくに上野、新宿、池袋あたりに集中しています。

なぜ東京にファクタリング会社が集中しているのですか?

東京都内にファクタリング会社が集中している理由は数多くあります。 「都内には多くの企業がある」「契約の際に来店してもらいやすい」「出張して面接しやすい」などです。

東京都内のファクタリング対象地域は?

千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/青梅市/府中市 /昭島市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/多摩市/稲城市/羽村市/あきる野市/西東京市

\ 事業者におススメ!/