売掛債権担保融資とファクタリングは似た資金調達方法 2つの違いは「融資」か「売却」か


売掛債権担保融資とファクタリングは似た資金調達方法 2つの違いは「融資」か「売却」か

「売掛債権担保融資」と「ファクタリング」はとても似た性質を持っています。共に「売掛債権」を利用して資金調達する方法です。決定的に違う点は、「売掛債権担保融資は融資」であり、「ファクタリングは売却」であるということです。

「融資」であるのと「売却」であるのとでは大きく違います。

審査のスピードはファクタリングの方が早いです。早ければ1時間以内で審査は終了します。審査の厳しさから言ってもファクタリングの方が断然緩いです。

ただし手数料や利息といった面からすると、圧倒的に売掛債権担保融資の方が低いです。

参照 融資と借金の違い

 

そのため、まずは売掛金をもっていることが最低条件なのですが、資金調達までの時間がある場合には「売掛債権担保融資」、時間がない場合には「ファクタリング」を選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに売掛債権担保融資は、売掛債権を担保として融資を受けることです。売掛債権のみならず「債権」を担保として融資を受けることも可能です。ここで言う債権とは「動産」のことであり、動産とは「不動産以外の会社の保有する財産」のことです。

売掛債権担保融資とは売掛金を担保にして融資を受けること

売掛債権担保融資とは売掛金を担保にして融資を受けること

売掛債権担保融資は読んで字のごとく、「売掛債権を担保にして融資を受ける」ということです。

一般的に金融機関から融資を受ける際には担保が必要となります。しかし担保を用意することは簡単ではありません。

そこで持っている売掛債権を担保として、融資を受けることができます。

もう少し詳しくお話しします。まず流動資産担保融資保証制度というものがあります。流動資産とは1年以内に現金化できるもののことです。売掛金(売掛債権)であったり受取手形が流動資産に該当します。

参照 流動資産担保融資保証制度(中小企業庁)

 

そして持っている売掛金を担保として融資を受けることを売掛債権担保融資といいます。

つまり売掛債権担保融資というのは流動資産担保融資制度の中の1つ、もしくは同じものという意味合いとして捉えてくれればよいかと思います。

 

取引先に商品を提供した事業者

流動資産担保融資制度というものがある。そしてその中に、売掛債権を担保とした場合は売掛債権担保融資などと呼ぶ。
要するにこれらをまとめて「債権担保融資」と表現したほうが分かりやすいだろう。

 

売掛債権を担保とすることにより、信用保証協会が保証してくれることになります。これにより銀行から融資を受けられるようになるのです。銀行からの融資となるため、審査には1ヶ月前後必要となることもあります。

信用保証協会から受ける保証には「根保証方式」「個別保証方式」の2種類があり選択することができます。どちらかの保証を選び、売掛債権を担保として融資を受けるのが売掛債権担保融資ということになります。

参照 お近くの信用保証協会一覧(全国信用保証協会連合会)

 

2つの保証方式 お金を借りるたびに契約するか否か

根保証方式は、保証する限度額をあらかじめ決め、その限度額の中であれば借りたお金を保証するといったものです。複数ある債務(借金)を保証するといったものです。

個別保証方式、特定の債務に対して保証するといったものです。

つまり根保証で融資を受ければ、限度額内での話ですが、1回の契約で何度でも借金をすることが可能となります。しかし個別保証では、借金のたびに毎回契約をしなければならなくなります。

ファクタリングとは売掛金を売却(譲渡)して資金調達すること

ファクタリングとは売掛金を売却(譲渡)して資金調達すること

ファクタリングとは持っている売掛債権を売却(譲渡)し、その売買益を得るということです。

売掛債権担保融資は売掛債権を担保とし融資を受けるわけですが、ファクタリングは売掛債権を売却(譲渡)してしまうのです。

そしてファクタリングでの審査時間は他の資金調達に比べると極端に短いです。売掛債権担保融資の場合、1ヶ月前後必要となる審査も、ファクタリングであれば1時間以内で終了するケースもあります。

また融資や借金ではないため、月々の返済もありません。

ここまで聞くとかなり優秀な資金調達方法のように思えますが、デメリットは手数料の高さです。数ある資金調達の中でもかなり大会手数料となります。

「審査が早い」「すぐに現金が手に入る」「借金ではないから返済もない」という大きなメリットがある一方、「手数料が高い」というデメリットがあるのです。

 

ファクタリングは今すぐの事業者にはおススメ事業者

なるべく早く資金調達したいと考えていたり、手元にある売掛債権はどんどん現金化し回転率を高めたいと考えるのであれば、ファクタリングは非常におススメな資金調達方法だろう。

 

2つ契約形態

ファクタリングには2種類の契約形態があります。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

2社間の場合の手数料は10%~30%と、比較的高い手数料となります。しかし3社間であれば5%~10%とかなり低くなってきます。この違いは「売掛先にファクタリングを利用したことを通知されるか否か」の違いとなります。

ファクタリング会社からしてみると、売掛先に通知できた方が圧倒的に債権回収の可能性が高くなるのです。

とはいえ、多くの事業者は売掛先にファクタリングを利用したことを知られたくないと考え、ファクタリングを利用する事業者の90%以上が2社間ファクタリングを利用するのが現状です。

参照 2社間ファクタリング

 

参照 3社間ファクタリング

 

債権担保融資の方が担保となる対象範囲が広い

債権担保融資の方が担保となる対象範囲が広い

売掛金のみならず、債権を担保として融資を受けることができます。それが債権担保融資です。

債権というと、売掛金の他には「会社の保有する在庫」や「設備」、「運送料債権」、「診療報酬債権」、「工事請負代金債権」なども含まれています。

つまり、会社で抱えている在庫や、社用車、家畜など、「会社で持つ価値のあるモノ」を担保とすることができるのです。ちなみにファクタリングの場合は、売掛債権のみが対象となります。

このことから、有効な資金調達方法であると関係省庁も発表しています。

参照 ABL(動産・売掛金担保融資)の積極的活用について(中小企業庁)

 

参照 ABLのご案内(経済産業省)

 

 

売掛債権がなくても融資を受けることができる事業者

売掛債権(売掛金)がなくても債権担保融資を受けることは可能だ。
しかし会社で価値のあるといえば資産となる。資産を担保にするということはそれなりのリスクがあるということだ。
会社経営に大きな影響を与えるものを担保にするのはあまりおススメできるものではない。

 

審査とスピードの面では圧倒的にファクタリングが優れている

審査とスピードの面では圧倒的にファクタリングが優れている

債権担保融資とファクタリングを比べたとき、審査と資金調達完了までのスピードの面で言うと、圧倒的にファクタリングの方が早いです。早ければ即日で資金調達が完了できます。

まずファクタリングは審査が早ければ1時間以内で完了します。時間のかかるファクタリング会社でも1日~2日で完了します。

担保や保証人を必要しないため、それらのチェックをする必要がありません。そのため審査に時間を取られないのです。

また審査が圧倒的に緩いです。ファクタリングを利用する条件を満たしていれば、審査通過率は90%以上といわれています。

このことからすぐに資金調達したいと考えるのであれば、ファクタリングを選ぶ方が効率的かもしれません。もし資金調達までの時間が確保できるというのであれば、債権担保融資も視野に入れた方がよいでしょう。

 

圧倒的にスピードの速いファクタリングファクタリング会社

ファクタリングの最大の特徴は圧倒的なスピード感です。
資金調達までのスピードであれば、他の資金調達とは比べ物になりません。すぐに資金が必要であったり、売掛債権回転率を重視した経営を行っているのであればおススメです。

 

債権担保融資の危険性 担保の度合いで会社の存続が・・・

債権担保融資の危険性 担保の度合いで会社の存続が・・・

債権担保融資には大きなデメリットが考えられます。それは会社の資産を担保としているという点です。

基本的に価値があるものであれば担保とすることができ、その結果、資金調達をすることができるわけです。しかしこの資金調達は融資です。融資であるため返済してかなければなりません。

順調に返済ができていければよいのですが、会社を経営していれば時として思いもよらないようなトラブルが発生することがあります。その結果、定期的な返済が滞ってしまったり、返済自体が難しくなってしまったとします。

そのような時のための担保なのですが、担保とした会社の資産が会社にとってどのくらい重要なものであるかが問題です。

たとえば社用車数台を担保としたのであれば、最悪それらを失うだけです。なんとか会社経営は続けられるでしょう。しかしたとえば会社の設備機械を担保としたとします。するとそれらが無くなってしまえば商品を生産することができなくなってしまいます。

商品が生産できなくなってしまうから返してくれないか?は通用しません。それが担保にするという意味です。

 

売掛債権がなくても融資を受けることができる事業者

価値のあるものを担保にすれば、その分、大きな融資を受けられるかもしれない。ただ忘れてはならないことは、借金を計画的に返済できなければ担保を失ってしまうリスクがあるということだ。
くれぐれも計画的に融資は受けるようにしよう。

 

おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ
    総合評価4.5
    スピード4.5
    信頼性5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. 三共サービス

    三共サービス 老舗のファクタリング会社
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.0

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~500万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社三共サービス
    【URL】:https://sankyo-fs.jp/

    管理人のレビュー

    業界内でも老舗のファクタリング会社で安定したサービスを長年提供している安心感があります。手数料もトップクラスで低く設定されています。個人事業を扱っていないことが唯一の欠点です。

    さらに詳しく 公式サイト

目次