香川県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


香川県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

香川県内でファクタリングに向いている業種とは?

四国地方北東部に位置し、瀬戸内海に面している香川県。日本で最も面積が小さい県ですが、「うどん県」など、地域の名産品を使った観光誘致活動も積極的な県でもあります。県民総生産が徐々に上昇してはいますが、法人や個人事業という大きなグループで見ると、まだまだ伸びしろがあるともいわれています。

近年中小企業の経営者から注目を集めている金融工学、「ファクタリング」はご存知ですか?今回は、香川県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

香川県の特徴

香川県は日本で最も面積が小さい県ではありますが、そのデメリットをメリットとして整備したことによって、大きく発展した都市でもあります。災害が少なく、コンパクトな都市設計の中に利便性と自然が調和した生活環境を持っているのが特徴です。

本州と四国をつなぐ瀬戸大橋が有名で、香川県は、四国の玄関口としても有名です。県土のほとんどが平地で占められており、可住地面積比率や人口密度、居住室畳数が全国でも10位に入っています。

気候は瀬戸内海式気候で、晴れの日が多く、雨量が少ないのが特徴です。日照時間が長いことから、塩の生産に適しており、古くから「塩田王国香川」ともいわれていました。

香川県の事業

香川県の主要産業は、サービス業が20.4%を占め、次いで製造業の19.4%、不動産業の13.8%となっています。

県行政の戦略もあり、「うどん県」「アート県」としてのイメージ戦略に成功した珍しいタイプの県で、日本の中でも主要都市を除いて、観光目的で来県する人が多いことでも知られています。

産業自体は、第一次、第二次、第三次産業がそれぞれバランスよく配分されており、平地を生かした米作りや、瀬戸内海の海の幸、養殖産業が有名です。第二次産業では、瀬戸内工業地帯の一翼を担っており、造船や石油関連企業が多く立地されています。

香川県で資金繰りが厳しいとされている分野

香川県の資金繰りが厳しい産業は、主要産業であるサービス業が挙げられます。平成29年度に比べ、平成30年度は倒産件数が倍以上になっています。破産申告を行った企業の内、およそ6割がサービス業です。特に小売業が厳しい状況にあり、郊外にある大型ショッピングセンターの進出により、影響が大きくなっていることが原因の一つとも指摘されています。

小売業にはファクタリングがおススメ

小売業は商品を仕入れないと、売上や利益に結び付きません。しかし、売れ残った在庫が蓄積されることで、流動資産である預金が食いつぶされてしまうことも事実です。大口の取引先がある企業であっても安心はできません。

香川県では、郊外に大型ショッピングセンターが多く建てられたこともあり、県の消費先が徐々に大型ショッピングセンターにシフトしています。しかし、県指定の商品などは安定した収入減となることもあり、辛うじて営業が続けられている小売業も少なくありません。

そんなギリギリの状態で営業している小売業にこそ、ファクタリングを検討する余地があります。ファクタリングは、売掛金を期日前に資金化できる合法的な金融工学です。売掛債権の一部、または全てを資金化することができ、個人事業主でも利用することが可能な業者もあります。

確実な利益確保と、仕入れのための資金づくりをしたいのであれば、まずはファクタリングを検討することをおススメします。

香川県内のファクタリング業者

ここでは香川県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


高松市/丸亀市/坂出市/善通寺市/観音寺市/さぬき市/かがわ市/三豊市/

カテゴリー

目次