長野県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 長野県で選ぶならこの3社 /

 

“長野県で確実に資金調達できる方法はファクタリング”事業者

長野県内で銀行融資以外の資金調達方法を探している。
銀行から融資を受けたいのだが、すでに借り入れをしていて追加の融資は難しい。
なにより1週間以内にお金が必要なんだ。
何か上手い方法はないだろうか・・・。

 

長野県内で資金調達をしたいと考えている事業者は非常に多いです。

すぐに資金調達をする必要があるということであれば、選択肢は限られてきます。現実的な資金調達方法は「ビジネスローン」、「ファクタリング」のどちらかとなることでしょう。

どちらも比較的審査が緩く、早ければ即日で資金調達することが可能です。ただしどちらが良いと比べることはできません。なぜなら全く違った資金調達方法だからです。どちらを選ぶか、もしくは選べるのかは事業状況次第となります。

\ 長野県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


金融機関の審査は時間がかかってしまう 1ヶ月前後は覚悟をする必要あり

銀行や日本政策金融公庫の融資は融資を受けた後の条件面としては優遇されています。大きな金額を低い金利で利用することができるためです。

しかしそれらをすでに利用している場合、追加で融資を受けるのは意外とハードルが高くなってしまいます。事業状況やこれまでの返済状況にもよりますが、追加融資のハードルはかなり高いと考えてもよいでしょう。

このような状況で、すぐに資金が必要ということであればスピード重視の資金調達方法を選ぶ必要があります。その選択肢として考えられるのが、ファクタリングビジネスローンとなります。

どちらも比較的審査が緩く、早ければ即日で資金調達することが可能です。ただしどちらが良いと比べることはできません。なぜなら全く違った資金調達方法だからです。どちらを選ぶか、もしくは選べるのかは事業状況次第となります。

ノンバンク系のビジネスローンは、スピーディーに資金調達をすることができます。もちろん審査はあり、この審査はスコアリングシステムといったコンピューターによる審査とされています。決算状況を数値化し審査を下します。

つまり決算状況が悪ければ利用することができません。

ファクタリングは決算状況はほとんど影響を与えないとされています。赤字決済でも税金滞納をしていたとしても利用することができます。

\ 長野県で選ぶならこの3社 /

長野で即日で資金調達する方法 ファクタリングで売掛金を現金化

長野県内で確実に資金調達できる方法

「ファクタリング」を利用することで、まだ入金されていない売掛金をすぐに手にすることができます。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金をすぐに現金化することができる?それは難しいだろ。
売掛金は、取引先が入金予定日に入金してくるものだ。
今すぐ支払ってくれっていったとしても、応じてもらえるはずがない。

 

確かに売掛金は、取引先が入金予定日に入金してくるものです。大抵の場合は、翌月、もしくは翌々月となることでしょう。

今すぐに支払って欲しいと交渉したとしても、応じてくれるかどうかはわかりません。さらにそのような交渉をしたとしたら、こちら側が資金に困っているといっているようなものです。資金難と予想できる会社に対して、これから先も仕事を振ってくるでしょうか?

しかしファクタリングを利用することで、売掛金をすぐに現金化することが可能なのです。

たとえば以下のような問題はありませんか?

「3つ悩み」

  • 売掛先(取引先)に売掛金催促がしづらい
  • 資金難であることは取引先に知られたくない
  • すぐに現金が必要

このような場合において資金調達を希望するのであれば、ファクタリングが適しているかと思います。

ファクタリングを利用すれば、以下のような状況を期待することができます。

「3つ条件」

  • 売掛先(取引先)に売掛金催促をする必要がない
  • 資金難であることは取引先に知られない
  • すぐに現金を調達することができる

さきほど「ファクタリングを利用することで、まだ入金されていない売掛金をすぐに手にすることができます。」と表現していますが、厳密にいうと違います。

売掛金を受け取る権利である売掛債権をファクタリング会社に売却します。結果、ファクタリング会社からお金を受け取ります。これは売却益となります。そして取引先からは売掛金の入金予定日になったら売掛金が入金されてきます。ただし売掛金を受け取る権利である売掛債権はファクタリング会社に売却している状況です。そのため、入金された売掛金はファクタリング会社に送る必要があります。

このように、実際には売掛金が早く入ってくるわけではなく、形としてはそのようになっているというだけです。

ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングの仕組みは複雑そうに捉えられることがありますが、意外とシンプルです。

わかりやすいように対話文形式で紹介していきたいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

長野県内でIT系の事業を行っている。
取引先に制作物を納品したのだが、その代金の支払いをまだ受けていない。
その結果、運転資金が底をつきそうで来月支払う分の家賃や人件費の支払いができそうもない・・・。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

それでしたらファクタリングを利用したらいかがでしょうか?

タイムリミットまで時間がない事業者

来月までにもう時間があまりないが資金調達可能なのか?

長野県の業者が即日中にファクタリングで資金調達ファクタリング会社

早ければ即日中に資金調達可能です。書類を提出してもらう必要がありますが、それらを揃えるのもそんなに時間がかからないと思います。なので現在書類がなかったとしても、数日中には資金調達可能かと思います。

うなずく事業者事業者

わかった。ではまず何から始めればよいんだ?

まずはファクタリング会社にコンタクトを取るファクタリング会社

ファクタリング会社にコンタクトを取るところからですね。電話でもよいですし、ホームページから問い合わせても良いと思います。24時間動いている業者もあるため、そういったところであれば、すぐに折り返しの連絡が来ますよ。

連絡してみる事業者

よし、連絡してみよう。

 

今回はIT系の事業者についての話しをしましたが、ファクタリングを利用する際には業者を選びません。ただし売掛金があることが最低条件となります。

まずはファクタリング会社に連絡を取るところから始まります。ファクタリング会社は日本国内に100社以上あるとされています。おススメとしては、実績があり長く業界にいる業者を選んだ方がよいでしょう。とはいってもどの業者がそれに該当するかは分からないと思います。

当サイトでは、5つのファクタリング会社をおススメとして紹介しているため、参考にしてみてください。

参照 おススメのファクタリング会社5社を徹底比較

 

決算状況が思わしくない事業者

言いにくいのだが、決算状況が近年好ましくない状況になってしまっている。そんな状況でも利用することは可能なのか?

ファクタリングは融資ではないファクタリング会社

融資を受けるわけではないため、そのあたりはあまり心配する必要はありません。

ファクタリング利用 流れを簡単に紹介

ファクタリング利用の流れを今一度簡単にお話しします。

ファクタリング利用の流れ

  • ファクタリング会社に連絡
  • ファクタリングを利用できるかの条件確認
  • 審査
  • 契約
  • 入金

①ファクタリング会社に連絡
ファクタリング会社への連絡します。手数料や条件が異なるため、複数に問い合わせをして相見積もりをしたほうがよいでしょう。
相見積もりをすることで、手数料を低くできる可能性があります。

②ファクタリングを利用できるかの条件確認

ファクタリングを利用することができるのは「事業者」つまり「事業の代表」のみです。そして「未回収の売掛金(売掛債権)があること」が条件となります。

そのため、売掛債権の有無を証明するために「取引先への請求書」であったり「取引先との取引履歴のある通帳のコピー」が必要となることが多いです。

③審査

条件確認が終了したら、ファクタリング会社による審査が開始されます。その際に必要となるのは以下のような書類です。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

ただし必要な書類はファクタリング会社によって異なります。

④契約

審査に通過すると契約となります。

⑤入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

申し込みをしたその日に契約まで完了することが可能であるため、その日の内に入金される場合もあります。

ただしこれは、即日ファクタリングに対応している会社の話です。

ファクタリングを利用するための3つの条件

ファクタリングはまだ入金されていない売掛金を早期で手にすることができる便利な方法ではあるのですが、利用するためには条件があります。

「3つ条件」

  • 未回収の売掛債権の保有
  • 売掛債権の存在を証明する書類があること
  • 売掛先の信用力があること

売掛債権というのは、簡単にいうと「売掛金」のことです。つまり取引先から売上をもらう権利を持っているかどうかという話です。

「取引先から売掛金が入金される予定だが、その予定日がまだ来ない。でも今資金が欲しい。」

このように考える事業者に対して向いている資金調達方法となります。

逆に、売掛金がないのであればファクタリングを利用することはできません。

さらに以下の3つの条件が揃っていれば、ファクタリングを利用し資金調達できる可能性がさらに高まります。

「3つ条件」

  • 売掛債権金額が月商以下であること
  • 売掛先との継続的な取引を証明できること
  • 必要書類をすべて提示できること

ファクタリング会社から審査の際に注目されやすいのが「売掛債権金額が月商以下であること」です。

たとえばある事業者が経営する会社の月商が100万円だったとします。それにもかかわらず、事業者がファクタリング会社に持ち込んだ売掛債権が500万円だったとしましょう。これを不自然と感じるわけです。その不自然さが払拭できない場合には、ファクタリング会社は売掛債権を買い取ることはしません。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

ファクタリング会社はリスクを嫌います。そのため疑問に感じた場合、そしてその疑問が解決できそうにない場合には、基本的には買取はお断りします。逆に疑問が解決できるのであれば、積極的に買取をします、

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの契約方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

契約方法によって手数料が大きく変わってきます。

まずファクタリングを利用する際のには「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

つまり売掛債権を売却したい「事業者」。その売掛債権を購入する「ファクタリング会社」。事業者に対して売掛金を支払う予定の「取引先」といった感じです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


[the_ad id="3232"]

長野県でファクタリング利用する2つの方法

長野県でファクタリングを利用する方法としては主に2つ考えられます。

1つは銀行系のサービスを利用する。もう1つは民間系のサービスを利用するです。

まず長野県内には「八十二銀行」「長野銀行」があります。

八十二銀行

八十二銀行
住所 長野県長野市大字中御所字岡田178-8
電話 026-227-1182
URL https://www.82bank.co.jp/

長野銀行

長野銀行
住所 長野県松本市渚2-9-38
電話 0263-27-3311
URL http://www.naganobank.co.jp/

この2つの銀行では、ファクタリングに似たサービスである「流動資産担保融資保証制度」を取り扱っています。

「流動資産担保融資保証制度(通称:ABL)」は「流動資産を担保としてお金を借りる」といったものです。この「流動資産」の中に「売掛債権」が含まれているのです。

売掛債権を利用して資金調達するといった面では、ファクタリングと似ているのですが、どうしても資金調達完了までのスピードが民間に比べて遅くなってしまうのが難点です。

ただしこのサービスは、民間のファクタリング会社よりもスピードが劣ってしまうのが欠点です。

長野県内に民間ファクタリング会社はない でも・・・

長野県内ではなファクタリング会社を見つけることはできませんでした。以前はあったのですが、最近ではその情報を見付けることができませんでした。

しかしですが、そもそも民間のファクタリングを利用している事業者のほとんどは、都市圏にあるファクタリング会社を利用しています。ファクタリングを利用する際に距離は関係ないということもありますし、都市圏は数多くのファクタリング会社があり競争しているため、交渉すること手数料を下げることができるためです。

 

ファクタリングの距離は関係ない事業者

ファクタリングを利用するのなら、相見積もりは必須だ。逆にしないと足元を見られ、手数料を高めに設定されてしまう可能性がある。

 

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングには3つメリットがあります。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

つまり「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」ということになるのです。この3つを満たす資金調達方法は、ほかには見当たりません。

 

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

金融機関での資金調達でデメリットに感じていたことがメリットになっているのがファクタリングなのです!

 

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

長野県内でファクタリングに向いている業種とは?

長野県内でファクタリングに向いている業種に特定の業種はありません。

つまり売掛金が発生するような業種であれば、どのような業種であっても利用することは可能です。

売掛金の回収サイトの長さで決める

どのような資金調達方法を利用するのかは、売掛金の回収サイトによって判断したほうがよいでしょう。つまり「何日後に売掛金が取引先から入金されるのか?」と「どれだけ事業が持ちこたえることができるのか?」ということがポイントとなるのです。

売掛金の回収サイト、つまり「売掛金を回収するまでにかかる時間」は「業種」や「取引先との契約方法」によって異なります。
売掛金が入ってくるまでの時間の長さから逆算し、いつまでに資金が必要であるのかを考えます。つまりタイムリミットです。

タイムリミットまでの時間が1ヶ月もないということであれば、審査に時間のかかる銀行融資の利用は難しくなってくることでしょう。さらにタイムリミットまでの時間が1週間~2週間ということであれば、選択できる資金調達はスピード重視のファクタリングやビジネスローンくらいに選択肢が狭くなってくることでしょう。

長野県で資金繰りが厳しいとされている分野

長野県の企業で資金繰りが厳しいとされている分野として、たとえばですが農業などの第一次産業が挙げられます。

なぜなら気候に出荷額や市場価格が変動してしまうためです。さらに人材不足による人件費の高騰も資金繰り悪化の原因ともされています。

JAを中心とした金融機関も農業従事者に対する支援を行なってはいますが、農業で生計を立てている人のほとんどは、個人事業主か、組合グループ(互助グループ)で農作物を育てている人がほとんどです。農機具の購入といった設備投資を行なうことがなかなか厳しいため、収穫量は従事している人の高齢化に比例して減少しているのが事実でしょう。

そこで近年注目されているのが、ファクタリングによる安定的な資金繰りです。行政などもファクタリングを推奨しており、利益の確実な確保と、安定した資金繰りができる合法的な金策として、個人経営の農家さんにも注目されています。

JAや銀行融資を検討することも資金調達の1つの方法であることに変わりはないのですが、もしすぐにでも資金を調達したいと考えている場合には、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

長野県内のファクタリング業者

以前は長野県内にもファクタリング会社があったようですが、廃業してしまったようです。



長野県でおススメのファクタリング会社

長野県でファクタリング会社を探す

 

ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 



※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

富山県山梨県岐阜県静岡県東京都埼玉県愛知県


長野市/松本市/上田市/岡谷市/飯田市/諏訪市/須坂市/小諸市/伊那市/駒ヶ根市/中野市/大町市/飯山市/茅野市/塩尻市/佐久市/千曲市/東御市/安曇野市

\ 事業者におススメ!/