ファクタリングの手数料が高い理由 一般的な融資よりも大きなリスクを抱えているため

「ファクタリングの手数料は一般的な金融機関の融資に比べれば高い」と思われています。

実際にファクタリング会社の人に話を聞いても、そのように話していました。

そのため手数料を気にするのであれば、金融機関からの融資を待った方がよいでしょう。

しかしそんなに高いのでしょうか?

また

手数料が高いのは大きなデメリットとなるのでしょうか?

そのあたりを考えてみたいと思います。

\ 事業者におススメ!/


ファクタリングの手数料の相場は 5%~30% 高いのにはワケがある

ファクタリングの手数料が高い理由

ファクタリングを利用する際に必要となる手数料の相場は、契約形態にもよりますが5%~30%前後とされています。

2社間で10%~30%、3社間あたりが妥当な線です。

相場であるため、会社によって提示してくる数字は異なります。一般的な金融機関の利息などに比べると高く設定されています。

手数料が高く設定されている理由は、ファクタリング会社は大きなリスクを抱えているためです。

ファクタリングで資金調達をする事業者のリスクが高いわけではありません。ファクタリング会社のリスクが高いのです。

担保や保証人がないというリスク

ファクタリング会社で資金調達する際に、担保や保証人は必要ありません。それはファクタリング会社にとって大きなリスクでしかありません。

 

ファクタリング会社にとって担保や保証人を取れないのはデメリット。ファクタリング会社

担保や保証人が必要ないということは、事業者にとってはメリットですがファクタリング会社にとってはデメリットでしかありません。もし事業者がいなくなってしまったらどこからもお金を回収できなくなってしまうわけですから。

 

金融機関は担保や保証人が必要 リスクは小さい

金融機関から融資を得る際には担保や保証人が必要となります。なぜなら貸したお金が本人から返済されなくなった場合に、担保や保証人から回収するためです。

なので金融機関側からしてみると、貸したお金が戻ってこない可能性は極めて低いのです。

ファクタリング会社は担保や保証人が不要 リスクは大きい

ファクタリングで資金調達する際には、担保や保証人が必要ありません。

そのためもし事業者から売掛債権を買い取り、その後、事業者が倒産してしまったら、もしくは全く連絡が取れなくなってしまったら、売掛債権を購入した金額分マイナスとなってしまうのです。

金融機関は担保や保証人がある限りマイナスはありません。ファクタリング会社は担保や保証人を取れないため、マイナスになる可能性があります。

これだけを考えても、ファクタリング会社がどれだけ高いリスクを負っているのか分かるかと思います。高いリスクを抱えている分、手数料も高くなってしまうのです。

 

ファクタリング会社の多くは、事業者に飛ばれてしまった経験を持っていることが多い。ファクタリング会社

恐らくですが、ほぼすべてのファクタリング会社が事業者に飛ばれてしまった経験を持っているかと思います。つまり売掛債権を購入し、その後回収が1円もできなかったということです。

 

参照 資金調達の方法は複数ある おススメはファクタリング

 

相場といわれても相見積もりは必須

余談ではありますが、Yahoo!知恵袋に以下のような質問がありました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14217112679?__ysp=44OV44Kh44Kv44K%2F44Oq44Oz44Kw

要するに、ファクタリング会社に手数料30%が相場であると言われたということです。

相場内ではあるかと思いますが、少し高いのは間違いないです。この際には複数社に相見積もりを取ったほうがよいでしょう。ファクタリング会社としてもお客を取りたいため、相見積もりされていると思えば手数料を下げて交渉してきます。

また手数料が低いファクタリング会社が必ずしも良いかというとそんなことはありません。手数料以外のお金を請求される可能性がありますし、契約直前に手数料を変更してくる可能性もあります。なので時間に余裕をもって交渉するとよいでしょう。

思っているほどファクタリングの手数料は高くない!?

思っているほどファクタリングの手数料は高くない!?

ファクタリングの手数料が高いと考えている人もいますが、計算してみると思ったほどではないことに気づきます。

確かに他の資金調達で発生する利息に換算すると手数料は高いです。ではファクタリング以外で資金調達した場合、たとえば金融機関から資金調達したほうが驚くほど手数料は低くなるのでしょうか。

実はどちらがどれだけ安いとは言い切れないのです。

結論から言いますと、金融機関からお金を借りてから短い期間で返済するのであれば、利息は低く済みます。しかし利息が低いからといって、長い期間返済を続けるといつの間にか多くの利息を支払っていることに気づくのです。

まず前提としてですが、100万円の売掛債権をファクタリング会社で現金化しようとすると、手数料は約10万円~20万円ほどとなります。そのため手にすることのできる金額は80万円~90万円となります。

このことをまず覚えておいてください。

ある金融機関から100万円を借りた場合

たとえばある金融機関で100万円借りるとします。年利は13%。すると以下のような返済シュミレーションとなります。

返済回数 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月 48ヶ月 60ヶ月
借入金利 13% 13% 13% 13% 13%
返済金額(1ヵ月) 89317円 47541円 33693円 26827円 22753円
合計返済金額 1071804円 1140984円 1212948円 1287696円 1365180円
利息の金額 71804円 140984円 212948円 287696円 365180円

今回のシュミレーションは「元利均等払」を採用しています。つまり毎月の返済額を同じ金額にした場合です。

返済期間が長くなればなるほど、最終的に金融機関に返済する合計金額が高くなることがお分かりいただけたと思います。

ファクタリングの場合は利息や利子といった概念がありません。貸金業ではないためです。その代わり「手数料」という表現となります。

そしてこの手数料ですが、初めに一括で引かれ、手数料が引かれた分を手にすることとなります。つまり金融機関で例えるなら、「初めに利子だけは全て支払ってしまう」といった感じです。

ちなみに金融機関の場合、100万円以下が年利が最も高くなりやすいです。借りる金額が高くなればなるほど年利が下がるようになっています。

そのため100万円を借りる場合には約13%前後の利率となりますが、500万円を借りる場合には約5%前後の年利となります。

銀行で3年借りるとファクタリングを超える!?

銀行で3年返済を続けると、ファクタリングでの資金調達の際に必要となった手数料の金額を超えるのです。

先ほどファクタリング会社で100万円の売掛債権を現金化した場合、手数料が約10万円~20万円。実際に手にする金額は80万円~90万円とお話をしました。

銀行で100万円を借りた場合でも返済期間が1年~3年となると利息は約10万円~20万円となるのです。つまり実質80万円~90万円が使えるということになるのです。

単純に損得だけで考えてみる

単純に損得だけで考えてみると次のようになります。

銀行で100万円調達 1年で返済・・・利息は71804円
2年で返済・・・利息は140984円
3年で返済・・・利息は212948円
ファクタリングで100万円調達 手数料・・・200000円

銀行で100万円の資金調達をしたら1年間で約7万円損となります。2年なら約13万円。5年返済なら約33万円となります。これが利息です。

ファクタリングなら返済するわけではなく初めに手数料を支払うわけであり、20万円の損となります。これが手数料です。

もう一度言いますがあくまでも「損得の面から見るとの話」です。

手数料が高いとされるファクタリングではありますが、金融機関の融資と比べても、そこまで大きな金額の差にならないということがわかるかと思います。

もちろん銀行の場合ですと、どのくらいの返済期間を考えているかにもよります。3年以内で返済予定ということであれば、銀行からの融資の方が良いかと思います。ただし返済の期間中は、常に返済のことで頭がいっぱいになってしまいます。

ファクタリングの場合は、初めに手数料を支払うため、返済のことを考える必要はありません。

※ファクタリングはお金を借りる行為ではないため、そもそも返済という概念がありませんし、利息という概念もありません。説明を分かりやすくするために「返済」という言葉を使いました。

金融機関の融資を待っていられますか?

金融機関の融資を待っていられますか?

金融機関で融資を受ける際には、審査のために約1ヶ月前後待つことになります。なぜこれだけの時間がかかってしまうのかというと、審査を厳しく行っているためです。

金融機関の審査のポイント 例

  • 定期的に一定額を支払う能力はあるのか
  • 今まで返済が滞った借金はないのか
  • 信用情報が傷ついていないのか
  • 万が一返済できなくなった時、返済金に充てられる担保はあるのか
  • 万が一返済できなかった時に代わりに返済してくれる保証人はいるのか

金融機関の審査が厳しい理由は徹底的に調べるためです。何が起ころうとも、融資をした側である金融機関がマイナスになってしまうといったことは絶対にない状態を確保し、大丈夫だと判断できたのちに融資を実行します。

そのため融資をしたお金が回収できないといったリスクはほとんどありません。極論かもしれませんが、事業者がどうなろうとも融資したお金さえ戻ってくれば問題ないのです。金融機関は慈善事業ではありません。金利商売です。当然のことです。

変な表現かもしれませんが、金融機関は負ける勝負は絶対にしません。極力リスクを排除し、絶対に回収できるといった環境を整えてから融資を行います。だからこそその答えを出すまでの審査にとても時間がかかるのです。

ところがファクタリングの場合、担保も保証人も取りません。そのため審査にかける時間はとても短いです。この資金調達までのスピードが魅力の1つでもあります。担保も保証人も取らないため回収できない可能性があるわけです。そのため金融機関よりもリスクが高くなります。

ファクタリングの魅力は何といってもスピード感。ファクタリング会社

ファクタリングの魅力はスピードです。担保や保証人を取らないため審査スピードが早くなり、結果として資金調達までのスピードを速くすることができるのです。

そもそも金融機関から融資を受けられますか?

そもそも金融機関から融資を受けられますか?

ファクタリングを利用する事業者は大きく分けて2パターンです。

ファクタリング利用者 例

  • 事業を拡大するために現金を持ちたいと考える事業者
  • 金融機関から資金調達ができない事業者

正直、資金調達をするのであれば手数料の面を考えると、金利の低い資金調達を選んだ方がよいかもしれません。

ただし金利の低い資金調達を利用できるのは、「審査に通った事業者、審査の条件に当てはまっている事業者のみ」です。だれでも審査に通過するわけではありませんし、その資格があるわけではありません。

それでも資金調達をしなければならないときがあるのです。そういったときの資金調達方法の1つとしてファクタリングがあります。

事業を拡大するために現金を持ちたいと考える事業者

事業を伸ばそうと考える場合、まず必要となるのは資金です。拡大できるチャンスが目の前にある、勝算があると思う事業者はすぐにでも行動に移そうとするものです。

そんなとき必要な資金が社内にあればよいのですが、必ずしもそうとは限りません。金融機関からの資金調達しようにも時間がかかる。でも今すぐ動く必要がある。

そのようなとき、「事業を拡大するために現金を持ちたいと考える事業者」はファクタリングを利用しているのです。
 

ファクタリングは事業拡大のために利用する事業者も多いファクタリング会社

ファクタリングにマイナスのイメージを持つ人もいますが、事業を拡大するために利用される事業者もいます。

 

金融機関から資金調達ができない事業者

もし資金が必要なのに「金融機関から資金調達ができない状況」にある場合、残された資金調達方法は限られてきてしまいます。

そのため不本意だったとしても、事業を継続させるためには必要な行動に出る必要があることでしょう。その1つがファクタリングです。

どちらも状況は違いますが、共通していることは「今すぐ資金調達する必要がある」といった点です。売掛債権さえあれば、すぐにでも資金問題を解決することができるのがファクタリングです。

金融機関の融資で断られたとしてもファクタリングは利用することができる。ファクタリング会社

金融機関から融資NGだったとしてもファクタリング契約には関係ありません。売掛債権さえあれば審査の対象となります。

時間をお金で買うという考え方 時間を節約して利益を得る

時間をお金で買うという考え方

待っている時間に生産性がありませんが、待たずに動くことでもっと大きな利益を得られるとは考えたことはありませんか?

 

仕事を依頼する取引先取引先

お願いしたい仕事があるんだが。

仕事を受けたいが資金不足で受けられない事業者

え!ありがたい話なのですが今仕事を受けることができないんです。(資金が不足していてなんて言えない・・・。)

依頼した仕事を断られ、他の取引先に仕事を振る取引先

分かった。また何かあったときお願いするよ。(他にも同じ仕事をしてくれる業者はあるから、これからは他の事業者に話を持っていこう。)

 

ビジネスの世界ではチャンスは何度か訪れるものです。

たとえばあなたの事業に有利に働くであろう、そして利益を得られるであろうビジネスの話が舞い込んできたとします。そのためにはある程度の投資、もしくは仕入れ等をしなければならないとします。

しかし事業資金が不足しており身動きが取れないとしたら、相手は待ってくれるでしょうか?恐らく他に話は流れてしまうことでしょう。

さらにその時だけではありません。その次からは話すら来なくなる可能性もあります。

つまりビジネスにおいて1度対応できないということは、その後の仕事ももらえなくなる可能性が出てくるということであり、長期目線で考えると大きな損失となるのです。

もしあなたに売掛債権があるのなら、それをファクタリング会社へ譲渡することで、まとまった資金を調達することができることでしょう。それを利用し、チャンスをものにできるかもしれないのです。

成長をする会社の事業者は時間を大切に使う

 

時は金なり。動けるときにどんどん投資するべきだ。取引先

Time is money!
今、この仕事に投資することは間違いなく将来的に会社のためになる!このタイミングを逃してはならない!

 

有能な事業者であればあるほど時間を有効に使います。

もしあなたにビジネスの話を持ってきた人が有能であれば、あなたを認めているということでしょう。ところがすぐに動けないと分かれば、他の人に話を振られてしまうでしょうし、すぐに動けない人間と判断され、その次のビジネスチャンスは来ないといったこともあります。

それが分かっている事業者であれば、多少手数料が取られたとしても、さらに大きな見返りがあると判断できれば、ファクタリングで速やかに資金調達を行なう考えを持つことでしょう。

\ 事業者におススメ!/