徳島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


徳島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

徳島県内でファクタリングに向いている業種とは?

四国東部に位置する徳島県。観光資源が豊富で、阿波踊りなど全国的にも有名な県の一つです。今回は、徳島県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

徳島県の特徴

徳島県は四国東部に位置し、兵庫県の淡路島と大鳴門橋でつながっています。全体的に山地の割合が高く、徳島平野の南側に広がる四国山地は西日本でも有数の険しい山地として知名度が高いです。山間部からは吉野川や勝浦川など水量の豊富な河川が流れており、豊かな水資源を持っています。

徳島県の気候は、地域によって異なります。徳島平野がある県北東部は全体的に温暖な海洋性気候で、放射冷却などが起きにくく、冬でも氷点下まで気温が下がることはほぼありません。日照時間が全国的に比較しても長い地域です。県西部は内陸性気候で、放射冷却による寒暖差が大きく雪も積もりやすい地域です。山間部では路面凍結も起こります。県南部は、太平洋側気候ですが、降水量が多く、台風などによる冠水が起こりやすい地域でもあります。

徳島県の事業

徳島県の主要産業は第二次産業である製造業です。産業別総生産では製造業だけで26%を占めています。最近では第三次産業が主要産業の割合を伸ばしています。

第一次産業の割合は2.08%(2013年)と全国平均よりも高めです。特に畜産業が盛んで、阿波畜産ブランドとして阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏が有名です。

徳島県で資金繰りが厳しいとされている分野

徳島県の資金繰りが厳しい分野は、建設業です。2015年の調査によると、徳島県内の企業倒産数では建設業が69件、小売業が42件、サービス業が38件、卸売業が24件、製造業が18件でした。建設業の中でも中小規模の企業倒産が多く、経営者の高齢化や後継者不足、業績の低迷が主な原因として挙げられています。

また帝国データバンク徳島支店の担当者の話では「法的整理をする体力がなく、倒産と断定できないながらも実質的に経営破綻に陥っている企業も多い」という指摘もあります。トータルの倒産件数では全国平均よりも下回っていますが、潜在的な倒産寸前の企業も多くあるということです。

建設業にはファクタリングがおすすめ

建設業の資金繰りにはファクタリングがおすすめです。ファクタリングとは売掛債権を早期資金化することを目的とした合法的な金融工学です。入金期日よりも前に資金化することにより、資金サイクルを健全化させ、会社の資金繰りを改善させることに繋がります。

また金融機関の融資と違って将来的な負債にならないという点も注目を集めている理由の一つでしょう。国や県といった行政からの助成金よりもスピーディーに資金調達ができるため、中小企業の経営者を中心に利用者を増やしています。

建設業の資金繰りに困ったら、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

徳島県内のファクタリング業者

徳島県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


徳島市/鳴門市/小松島市/阿南市/吉野川市/阿波市/美馬市/三好市/

カテゴリー

目次