沖縄県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


沖縄県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

沖縄県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

日本最南端の県で、多くの観光資源が経済の中心になっている沖縄県。しかし、経営不振による倒産や、休廃業の件数は毎年合計で300件前後と横ばい傾向にあります。倒産を救う手立てとして注目を集めている資金調達方法が「ファクタリング」です。今回は、沖縄県の産業でファクタリングに向いている業種について解説していきます。

沖縄県の特徴

沖縄県は日本の最南端にある県で、沖縄本島、宮古島、石垣島など多くの島で構成されています。県面積は2281㎢と香川県、大阪府、東京に次いで小さい県です。

ほぼ全域が亜熱帯気候で、一部地域は熱帯に属します。年間を通して温暖な気候で、標高が高い山も無いため、気温が氷点下になることはほぼありません。

国土地理院、国土交通省の発表では、沖縄県には363島で構成されており、49の有人島とそれ以外の無人島が存在します。県域は東西約1000km、南北で約400kmと広大です。

政治的、外交的にも重要な地域で、米軍基地問題など連日ニュースで取り上げられることが多い県です。太平洋戦争時には、戦場にもなった県で、戦争の爪痕が至る所に残っているのも特徴です。

沖縄県の事業

沖縄県の主要産業は、観光業などのサービス業が経済の根幹を担っています。宿泊業や、観光業などは県内総生産の80%を超えており、製造業などの第二次産業は他県に比べるとあまり発展していません。

農業や漁業などの第一次産業における割合は県内総生産の1.5%で、沖縄県産の野菜や果物といった地場野菜や果物は日本全国で人気の商品です。亜熱帯気候で獲れる水産資源も豊富で、日本ではあまり知られていない魚介類なども多く、沖縄独自の食文化にも繋がっています。

また、日本で最も長寿な県としても有名で、医療・福祉業の発展も顕著です。高齢化にともない、介護関係の求人が増えており、今後も増加傾向にあるだろうと予測されています。

沖縄県で資金繰りが厳しいとされている分野

沖縄県の資金繰りが厳しい産業は、小売業が挙げられます。沖縄県の小売業は製造費などのコストの他に、本土から輸送するためのコストが割高になります。全ての原材料が沖縄で手に入れば問題ありませんが、本土から入荷しなくてはならない商品は、経費が高くなるため資金繰りが悪化しやすい傾向にあります。

最近ではネット通販が主流となっており、沖縄県内で小売店を営む中小企業や、個人事業主の売上に影響を与えています。

中小企業の小売業にはファクタリングがおすすめ

ファクタリングは売掛債権を早期資金化する資金調達方法で、欧米では手形取引よりもメジャーな金策です。小売店の資金繰りは基本的に流動資産である預金を使いますが、商品の売れ残りなどで預金額の残高が少なくなると、今以上に売上に影響します。

ファクタリングは、売掛債権を入金日より前に資金化することが出来るため、確実な利益確保と、運転資金の確保が同時に出来るのが特徴です。

資金繰りに困ったら、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。

沖縄県内のファクタリング業者

沖縄県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


那覇市/宜野湾市/石垣市/浦添市/名護市/糸満市/沖縄市/豊見城市/うるま市/宮古島市

資金調達診断

数ある資金調達の方法の中で、どれがおススメか簡易的に診断。
資金調達までの時間
いつまでに資金調達を完了させなければなりませんか?
 

簡易チェック

ファクタリングを利用した場合、どのくらいの金額を資金調達できるか簡易チェック。

    売掛金の金額
    ご希望金額
    事業形態法人個人事業
    売掛先が法人か否かはいいいえ
    氏名(企業名)
    連絡先番号
    メール

    カテゴリー

    目次