売掛金を現金化する仕組みと流れ 最短即日で現金化可能

結論から言いますと、来店不要でファクタリング契約をすることのできるファクタリング会社は存在します。

ファクタリングの契約をする際には、利用する事業者がファクタリング会社のスタッフと顔を合わせる対面式を多くのファクタリング会社が取ってきました。事業者がファクタリング会社に足を運ぶケースもありますし、ファクタリング会社のスタッフが事業者の元へ出張するケースもあります。

双方が対面するということは、そこに時間的なロスが発生するのは否定できません。人も動くため人件費もかかります。

しかしファクタリング会社の中には、まったく対面せずに契約を結べるシステムを導入しているファクタリング会社があります。

ここでは、来店不要で資金調達することのできるファクタリング会社の紹介と、来店することのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

\ 事業者におススメ!/

代表的なのはOLTA ネットですべて完結できる

代表的なのはOLTA ネットですべて完結できる

まず来店不要の代表的なファクタリング会社として「OLTA」が挙げられます。

OLTAの特徴はネット完結型です。申し込みから資金調達まですべてオンライン上で完結させることができるのです。ファクタリングを利用する際には必要書類を提出するわけですが、その書類も会社内で揃えられるものだけですし、さらにそれらの提出もオンラインで行うことができます。

早ければ最短即日で資金調達まですることができ、手数料も業界内では低めに設定されているためおススメのファクタリング会社の1つと言えます。

先進的のための不安点も

非常に魅力的なサービスではあるのですが、不安点もあります。

1つ目の不安点はOLTAが採用しているクラウドファクタリングです。これはAIが活用されています。つまりすべて数字で見ています。一般的なファクタリング会社であれば、審査に通らなかったとしてもその後の話し合いで資金調達が可能になるケースもあります。しかしAIの場合は、それが可能なのかは疑問です。

もう1つの不安点は、お金のやり取りを行なうのに、まったく顔を合わせないということです。互いの素性が分からない状態でお金だけが動くのです。「知らない」というのはとても怖いことであり、とくにお金が絡んでいると予想もできない事態に巻き込まれてしまう可能性があります。

このように不安な点はありますが、OLTAが現在ファクタリング業界でも注目されており、利用者が多いということに変わりはありません。登録だけしておいて、どのようなサービスなのかを事前に知るだけでもよいかもしれません。

\ 事業者におススメ!/

一部のファクタリング会社は大差のないサービスを行っている

一部のファクタリング会社は大差のないサービスを行っている

ここまでの話で「ネット完結型のファクタリング会社は来店不要ですぐに資金調達できる」という印象を持ったかもしれません。

しかし即日資金調達することのできるファクタリング会社は普通にあります。

たとえばえんナビ。当サイトでも一押しとして紹介していますが、最短即日で資金調達が可能です。また24時間365日スタッフが対応しているため、ネットだけでのやり取りよりもスムーズに手続きができるメリットがあります。

参照 即日対応しているファクタリング会社一覧

 

ファクタリングで大事なのは「相見積もり」

ここで大事なのは「相見積もりをすること」でしょう。一言で「ファクタリング会社」と言っても、手数料や資金調達までに必要となる時間が大きく変わってきます。そのため相見積もりをすると、手数料や資金調達までに必要となる時間の違いが分かると思います。

また「相性」というのも重要なポイントです。

ファクタリング会社は本当にさまざまです。直接スタッフと話すことで、相性が合う合わないは何となくでもつかみ取ることができると思います。事業者の方であれば分かると思いますが、相性、フィーリングというのはビジネスを行なう上で非常に大切なポイントです。

相見積もりは手間がかかる作業です。しかし大切な会社の資金を調達するわけですから、少しの手間は惜しまないでほしいと思います。その「ほんの少しの手間」が、会社に大きな影響を与える可能性が十分にあるためです。

\ 事業者におススメ!/

面談アリナシ 3つのタイプのファクタリング会社

3つのタイプのファクタリング会社

ファクタリング会社の面談には、3つのタイプがあります。

3タイプの面談

  • 面談不要
  • 初回時は面談アリ その後はなし
  • 毎回面談が必要
面談不要 面談不要なファクタリング会社は非常に少ないです。
初回時は面談アリ
2回目以降はナシ
初めて利用する際には面談を行い、次回以降の利用は互いの人となりを多少なりとも知っているということもあり、面談を省くといったファクタリング会社は多いです。
毎回面談が必要 毎回面談をするファクタリング会社もあります。毎回どのような状況で資金ショートしたのかを事業者からヒアリングすることが、ファクタリング会社にとって自分を守ることにつながるためです。

おススメは「少なくても1度は面談アリ」

個人的なおススメとしては「少なくても1度は面談アリを採用しているファクタリング会社」です。

まずお金を扱うわけですから、少しの時間でも相手と直接顔を合わせて話をすることはとても大事だと思うためです。

あとファクタリング会社の中には正直怪しいとされる会社も存在すると言われています。「悪質なファクタリング業者を見極める7つのポイント」でも紹介していますが、以下のようなファクタリング会社には気を付けるべきです。

ファクタリング会社を選ぶ7つのポイント

  • 直接会おうとしない 顔を合わせることを拒否する業者は注意が必要
  • 手数料があいまい 契約直前に変更してくることも
  • 会社の所在地が不明確 会社の実態がないということも
  • 電話番号が怪しい 固定電話・フリーダイアルが基本
  • 業者の口座を必ずチェック 個人口座を指定されたらNGを
  • 話の内容が2転3転する業者は避けたほうがよい
  • 強引・分かりにくい説明

今回挙げた7つのポイントの中の「直接会おうとしない 顔を合わせることを拒否する業者は注意が必要」「会社の所在地が不明確 会社の実態がないということも」をクリアするためにも、ファクタリング会社で直接顔を合わせた方が良いと思います。

参照 こんなファクタリング業者には気を付けよう

 

大きなお金を動かすのに相手を知らないのはアリ?ナシ?

ある事業者が知り合いの経営者に相談をしています。

経営する会社で資金ショートが起こり、資金調達をファクタリングでおこなおうと考えています。それに対して知り合いの経営者が意見をしています。

客観的に読み進めてみてください。

事業者事業者

私の経営している会社が資金ショートを起こしているんだ。資金調達したいんだが銀行融資を待つ時間はない。そこでファクタリングを利用しようと思っている。

知り合い知り合い

なるほど。で、どのファクタリング会社を利用しようと考えているんだ?

事業者事業者

またまたインターネットで見つけたファクタリング会社にしようと思っているんだ。面談がないらしいし即日で資金調達することができるようなんだ。時間がない私にはピッタリだと思うんだ。

知り合い知り合い

いやいや、ちょっと待て。そのファクタリング会社大丈夫なのか?面談がないということは顔を合わせないということなんだろ?面談がないということがメリットのように言っているが、会社の命運をかけた資金調達を顔も知らない相手とやり取りをするのか?

事業者事業者

いや、それは・・・。多くの事業者が利用しているというし・・・。

知り合い知り合い

それはどこの情報なんだ?まさかインターネットの情報を鵜呑みにしているのか?ビジネスの基本は相手との信頼関係だろ?顔も知らない相手との取引に信頼関係は成り立つのか?それにな、面談が無いということは相手の会社が実際に存在するかどうか分からないじゃないか。架空の会社ということもあり得るんだぞ。

事業者事業者

いや、公式ホームページには会社の外観が掲載されていたから大丈夫だと・・・。

知り合い知り合い

外観の写真なんて何とでもなる話だろ?いいか、ファクタリングはまだ利用したことがないが、調べたことはある。中には悪徳業者もいるらしいじゃないか。
なんにせよビジネスの基本は相手との信頼関係だ。顔も分からない相手と、それも会社の明暗をかけた取引をするのは私なら避ける。

事業者事業者

ではどうすればよいと思うんだ?

知り合い知り合い

まず基本は相見積もりだな。3社分は欲しいところだ。そして必ずファクタリング会社の人間と会うことだ。それも相手の会社で。
顔を見て直接話すことで信頼できそうか何となくでもわかるだろ?さらに会社内を見渡せば、どのような経営を行っているかも把握できるだろ?それが大事なんだ。
それらが手間だと感じるのであれば、会社を背負う経営者としては疑問があるぞ。

事業者事業者

そうだな。会社のために経営者が動くのは当然だよな。

あくまでも個人的な意見ですが、ビジネスは信頼関係だと思います。信頼関係を築くためには、まず直接話をすることだと思うのです。

まったく顔を合わせず全てネットで完結するというのは、一見聞こえは良いですし魅力的にも感じます。しかし会社が資金ショートを起こしている、もしくは起こすかもしれない状態の中、余計なリスクを取る必要はないのではないでしょうか?

たとえば何度もファクタリングを利用しており、複数のファクタリング会社のことを理解している上であれば、面談なしの業者を利用するのも1つの方法かもしれません。しかし初めて利用するというのであれば、スタッフと直接コンタクトの取れるファクタリング会社を利用したほうがよいかと思います。

相見積もりで条件交渉をしてみるのは重要なこと

ネット完結型のファクタリング会社は人件費を削減できるため、手数料も安く設定されやすいです。それが理由でネット完結型のファクタリング会社を選ぼうと思っているのなら、相見積もりを行なってからでもよいかと思います。

ファクタリングの利用に慣れている事業者は、相見積もりをします。

なぜ相見積もりをするのか?それは「手数料が下がることを期待しての行動」なのです。

ファクタリング会社は手数料商売です。利益を上げるためになるべく高い手数料を取りたいと考えるものです。しかし事業者とファクタリング契約をできないことには、1円も手数料が入ってきません。

そのためある程度手数料を下げてでも、ファクタリング契約を結びたいと考えるものです。もちろん限度はあります。

事業者事業者

ファクタリングをお願いしたいと思うのだが、手数料はどのくらいなんだ?

ファクタリング会社ファクタリング会社

2社間ファクタリングの場合ですと、20%の手数料をいただいております。

事業者事業者

ネット完結型のファクタリング会社にも問い合わせてみたが、向こうは10%という話だったのだが・・・。

ファクタリング会社ファクタリング会社

そうですが・・・。では10%は難しいのですが、15%でならいかがでしょうか?

簡潔に表現しましたが、ファクタリングを利用する上でこの程度のやり取りは必要不可欠だと思います。ただしあまり複数のファクタリング会社と相見積もりをしていては、資金調達までに時間がかかってしまうため、3社程度にしておくとよいかもしれません。

またここで注意点ですが、たとえば3社と相見積もりをした際に、3社すべてに売掛債権を譲渡することができてしまいます。おかしな感じに思えるかもしれませんが、ファクタリングにおいては可能なんです。つまり売掛債権の重複譲渡です。この行為自体が詐欺罪に問われてしまう可能性が十分にあるため絶対に避けてください。

参照 同じ債権で複数のファクタリング業者と契約(二重譲渡)

 

\ 事業者におススメ!/

来店不要のメリットとデメリット

来店不要のメリットとデメリット

「来店不要」というとメリットが大きいように聞こえがちですが、本当にそうなのでしょうか?

「来店しなくても契約することも可能だが、基本的には来店、もしくは出張して直接顔合わせをする」といったファクタリング会社の方がおススメだと思います。

「メリット」 - 資金調達までの時間を大きく短縮 –

ファクタリングを利用する事業者にとって重要なポイントの1つが、「いつまでに現金を手にすることができるのか?」ということです。ファクタリングを利用する事業者の多くは、なるべく早く資金調達したいと考えています。

来店不要のファクタリング会社を利用することで、双方のスケジュールを合わせる必要もないですし、足を運ぶ必要もありません。その分の時間を短縮することができるため、少しでも早く資金調達することが可能となります。

ファクタリング会社側にとってみても、来店不要にすることは同じように時間短縮ができ、同じ時間でより多くの仕事をすることができます。これにより売り上げを上げられる可能性が高まってきます。

事業者 事業者にとって早く資金調達することができるのは嬉しいこと

ファクタリングを利用する事業者の多くは、なるべく早く資金調達をしたいと考えています。来店不要であれば、その分の時間を節約することができるため、時間的に早く資金調達が可能となります。

 

ファクタリング会社 どんどん仕事を回せる

ファクタリング会社としてみれば、1人のお客さんに時間をかけてもかけなくても取れる手数料は同じです。それであれば、次から次へと多くのお客さんと契約を取っていった方が利益になります。

つまり結果として、来店不要となることで利益を上げられるチャンスを増やすことができるのです。

「デメリット」 - 相手を知らないのは怖いこと –

事業者 どのようなファクタリング会社と取引をしているのかが分からない

会社のために資金調達するのに、その資金調達先がどのようなファクタリング会社であるのか知らないというのは、とても怖いことです。

 

ファクタリング会社 どのような事業者と取引をしているのか分からない

ファクタリング会社にとって、どのような事業者であるかを分からずに契約をするのはリスクの大きいことです。ファクタリング会社には初めから騙そうと思って、架空の売掛債権や架空の売掛先を作り上げてコンタクトを取ってくる事業者がいるためです。そのため少しでもリスクを減らす必要があり、直接顔を合わせ話をすることが大事なのです。

\ 事業者におススメ!/

基本的には対面の面談をしている リスクを減らすため

ファクタリング会社にとって一番恐れることは「出したお金が戻ってこないこと」です。

事業者から売掛債権を購入した段階ではマイナスです。売掛先から売掛金が事業者に入ってきて、それを送ってもらうこと(戻してもらうこと)で初めて利益が確定します。

いずれにせよ、初めの段階では大きな金額のマイナスからスタートするわけです。そのため事業者とファクタリング会社の間で信頼関係を築くことが非常に大切となるのです。

ファクタリング会社の抱えるリスク

  • 事業者と連絡が取れなくなってしまうかも
  • 売掛先が倒産してしまうかも
  • 売掛債権が二重譲渡されているものかも
  • 売掛債権が架空のものかも
  • 売掛先が架空のものかも
  • そもそも事業者自身が本当は偽物かも

など。

実は売掛債権を購入した分の金額が、すべて一気に飛んでなくなってしまうリスクを常に抱えているのがファクタリング会社なのです。だからこそ手数料も高くなるのです。

常にリスクがあるわけです。そのリスクを少しでも減らすためにも、初回時の面談を行い、顔を直接会わせていることで相手を知り、上手く取引をできるかどうかを判断するファクタリング会社は少なくないのです。ファクタリング会社は数字だけを見て審査をしているわけではありません。事業者の人間性も見ているのです。それが大事だと思っているためです。

「人間性?利益さえ上がればよいのでは?」

そう思う人もいるかもしれませんが、人間性を見極めることこそ一番利益に直結することだと考えているのです。

\ 事業者におススメ!/

一度は顔を合わせておいた方が良いと思う

「来店不要」というのは聞こえは良いと思います。とくにファクタリングを利用したいと考えている事業者の多くは、なるべく早く資金調達したいと考えているため時間が短縮できる来店不要は嬉しいものであると考えることでしょう。

しかしよく考えてみてください。会社のために資金調達をするのです。大切な会社のために顔を合わせたこともない人間から資金調達するのは、客観的に考えても余計なリスクを増やすだけだと思います。

「会社のために資金調達したいと思っているんだ。会ったことないし、会社が存在している分からないけど、インターネットでは良いって言っていたから。」

このように誰かから言われたとして、あなたならどのように答えますか?私なら止めます。もっとよく確認したほうがよい、もしくは少なくても顔合わせをしファクタリング会社の所在が確かなことを確認したほうがよいとアドバイスするでしょう。