大分県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


大分県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

大分県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

九州の北東部に位置する大分県。別府温泉や由布院温泉をはじめとした日本有数の温泉街は、日本一の湧出量を記録しています。産業と温泉を上手くマッチングした県として「日本一のおんせん県おおいた」をキャッチフレーズにして県産業の中心である温泉をアピールしています。

そんなおんせん県大分にも不況の波が襲っています。資金繰りの悪化により倒産や休廃業をする企業が少なくありません。資金繰りを改善する手立てとして注目を集めているのが、金融工学「ファクタリング」です。

今回は、大分県の主要産業でファクタリングが特に有効な業種について解説していきます。

大分県の特徴

九州北東部にある大分県は福岡県、熊本県、宮崎県と隣接しており、海を挟んで四国の愛媛県と中国地方の山口県と隣り合わせになっています。山地が県面積のほとんどを占めており、平野部は中津平野、大分平野、佐伯平野など限定的な地域に分布しています。

瀬戸内海と太平洋に面していることや、山地が多いため、地方によって気候分布が異なります。瀬戸内海に面している地方では年間降水量が少なく、地域によっては稀に積雪が見られる所もあります。山地側では降水量が多く、積雪も見られます。太平洋に面している南海地方では、山地の気候同様降水量が多く、台風シーズンには大雨が降りやすくなります。

キリシタン大名であった大友氏が有名で、1593年に島津氏の侵攻があるまで長い間、守護職として君臨していました。江戸時代には、全部で八藩に分けられ、独自の文化を築いていました。当時の武家屋敷は現在でも保存されています。

大分県の主要産業

県内総生産の割合は、平成26年度の調査によると、第一次産業が2.2%、第二次産業が28.9%、第三次産業が68.0%となっています。

第一次産業では農業と漁業が盛んで、干しシイタケやカボス、ブリやカンパチなどは全国でも上位の産出量を誇ります。

第二次産業では特に製造業が盛んで、高度成長期に大分市が新産業都市の指定を受けて大分臨海工業地帯を形成しました。最近では、大分市を中心に電子工業系の立地が進み、県北部では隣接している福岡県と共に自動車関連企業が集まっています。全国平均に比べ、第二次産業の割合は高めです。

第三次産業では、温泉を中心にした観光業、宿泊業、小売業が盛んで、大分県経済の中心になっています。

大分県で資金繰りが厳しい産業は?

大分県で資金繰りが難しいとされている産業は建設業が挙げられます。2017年の調査では86件の倒産が起こりました。県経済自体は好景気を迎えていますが、資金繰りが元から厳しい中小企業の建設業は、黒字倒産をするケースが多くなっています。

建設業にはファクタリングがおすすめ

中小企業の建設業の泣き所はその特殊な経費支払いの慣習です。仕事を受注した場合、最初に人件費などの経費を前払いする慣習があります。仕事を受注しても経費が支払えずに仕事が出来ず、結果的に負債を多く抱え込んでしまうというケースが見受けられます。

そこで注目されているのがファクタリングです。ファクタリングは売掛債権を早期資金化することが出来る合法的な資金調達方法です。確実な利益確保と、資金繰りの健全化が図れるとあって、日本全国の建設業経営者から注目を集めています。

銀行融資などの金策に行き詰まったときには、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

大分県内のファクタリング業者

大分県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!おススメの5社 /


大分市/別府市/中津市/日田市/佐伯市/臼杵市/津久見市/竹田市/豊後高田市/杵築市/宇佐市/豊後大野市/由布市/国東市

カテゴリー

目次