鹿児島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


鹿児島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

鹿児島県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

世界遺産の屋久島をはじめ、桜島や霧島山など豊富な観光資源がある鹿児島県。しかし、そんな鹿児島県も、資金繰りの悪化によって倒産や休廃業をする企業が後を絶ちません。

最近中小企業の経営者を中心に注目されている資金調達方法「ファクタリング」をご存知ですか?売掛債権を早期資金化できる方法として、融資に替わる金策として人気を集めています。

今回は、鹿児島県の中小企業で、ファクタリングに向いている業種についてまとめていきます。

鹿児島県の特徴

鹿児島県は九州の最南端に位置している県で、熊本県と宮崎県、海を挟んで沖縄県と隣接しています。主に本土と呼ばれる九州島の部分と、離島と呼ばれる薩南諸島に分かれています。島数は有人無人合わせて605島があります。活火山である桜島の影響で温泉の数も多く、大分県に次いで全国2位となる温泉数です。

気候は、本土と離島で大きく異なります。本土の北部では積雪がある地域もあります。離島の南部である奄美群島では沖縄県と同じ亜熱帯気候です。南国のイメージが強いですが、薩摩半島は東シナ海の影響で大陸からの寒気の影響を受けやすく、冬でも厳しい寒さになる場合もあります。

鹿児島県の事業

鹿児島県の主要産業は農業などの第一次産業です。農業産出額は九州で1位、全国では3位に入ります。サツマイモや、サヤインゲン、お茶などが有名です。また焼酎も製造も盛んで、県内のほとんどの酒造業者は焼酎を中心商品にしています。

養豚が盛んで、高級豚の代名詞でもある鹿児島の黒豚は、820億円もの収益を記録したことがあります。漁業では鰹節の生産が有名ですが、大隅地方ではうなぎの養殖も盛んです。

また特に成長が顕著なのが、医療・福祉業です。就業者割合では14.4%もの人が従事しています。鹿児島県は全国的に見ても人口10万人あたりの病院数が多いことが要因です。

鹿児島県で資金繰りが厳しいとされている分野

鹿児島県の資金繰りが厳しい産業は、建設業です。公共工事が増加したことで倒産数は徐々に減少傾向ではありますが、毎年のように倒産件数のトップに上がる業種です。

主な倒産原因は、資金繰りと後継者不足によるもので、県全体の経済に影響を与えています。建設業の倒産件数は全国でも多く、資金繰りや後継者不足は、日本全体の問題として鹿児島県と同じように懸念されています。

中小企業の製造業にはファクタリングがおすすめ

ファクタリングは売掛債権を早期資金化できる合法的な金融工学です。売掛債権をモノとして扱い、第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金化する方法です。建設業の資金繰りは、大企業であれば問題ありませんが、中小企業にとっては大きな死活問題になりかねません。

金融緩和により銀行などの融資が受けやすくなりましたが、将来的な負債にも繋がってしまうため、後継者不足に悩む経営者は、融資を受けずにそのまま倒産や休廃業を選択してしまうことが多いようです。

資金繰りで融資を利用したくないという方は、まずはファクタリングを検討してみるべきではないでしょうか?

鹿児島県内のファクタリング業者

鹿児島県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


鹿児島市/鹿屋市/枕崎市/阿久根市/出水市/指宿市/西之表市/垂水市/薩摩川内市/日置市/曽於市/霧島市/いちき串木野市/南さつま市/志布志市/奄美市/南九州市/伊佐市/姶良市

カテゴリー

目次